FC2ブログ

2019-10

ずいぶん久しぶりの雨です

今朝、5時に起床して外を見たら、シトシトと雨が降っていました。
乾季に入って以来、約二ヶ月ほどになると思いますが、その間チェンマイで
雨らしい雨が降ったのは、私の記録では12月17日(タイ気象庁の発表
では5ミリ)だけです(観測できない程の僅かなキリ雨は二度ほど
降った様な気がしますけれど)。

今年のチェンマイの乾季(寒季)は「暖冬(冬と言う字を使うと
日本の皆様には笑われそうですが)」のようで、今までに、ある程度
気温の低い日が続いたのは、11月初旬に5日間ほど(朝の最低気温は
16-17度ほど)と、クリスマスごろから二週間ほど(朝の最低気温は
14度~17度ほど)の二回だけです。

乾季が終わるまでにもう一度くらいは寒波(日本人の感覚では涼波!)が
あるかもしれませんが、このままジリジリと気温が上がっていって
そのまま暑季に移行してしまうこともあるかもしれません。

とは言いながら、やはり今は乾季ですので、特に寒波のやってきて
いない日でも一日の最低気温は18-19度くらい、最高気温は30度
前後で、空気は乾燥していますので、とても快適で、他の季節よりも
はるかに過ごしやすいのは間違いございませんので、チェンマイに
お見えになる予定のおありの方は、出来るだけ2月中旬以前に
お見えになることをお勧めします。

二月が終わる頃から、日ごとに気温が高くなり、日中の最高気温は
35-37度くらいが当たり前になり、4月には最高気温が40度に
近くなることもまれではありませんので(タイ気象庁発表の最高気温が
40度を超えることはマレですが)、よほど暑いのがお好きな方以外は、
3月後半ごろから5月末ごろにかけての北タイ旅行はお避けになるのが
宜しいかと存じます。

ちなみに、イサーン地方と呼ばれる東北タイも気候はほぼ北タイと
同じですが、バンコクやフアヒン・プーケットなどの中部南部タイは、
赤道が近くなるのと海洋性気候のため、北タイほどの季節の変化はなく、
太陽の高度の違いで時期による気温の差はあるものの、簡単に言って
年中、高温多湿です(北タイほど涼しい季節はない代わりに、北タイや
イサーン地方のような厳しい暑季もありません)。

今日は久しぶりの雨(9時過ぎ現在、もう降雨は止んで、空が明るく
なってきていますが)で、気分が変わりましたので、ちょっと北タイの
気候について書いてみました。

「中秋の名月」は曇りでしたので、一日前のお月様を・・・

今年の「中秋の名月」は、9月22日だということでで、レンズの
性能チェックを兼ねて満月の写真を撮影してみるつもりでしたが、
当夜、チェンマイではあいにくの曇り空で、ときどき月のあるあたりの
雲が明るく光っているのが分る程度で、写真は撮影できませんでした。

ということで、その前夜にたまたまベランダから見えた月を撮影
していましたので、「中秋の名月マイナス一日」の月をお届けします。

月は世界中どこでも同じように見える(と、MARUTは信じている
のですけれど・・・そうですよね?)ので、月を撮影した写真を見ると
カメラやレンズの性能、そして撮影者の技量も良く分るそうです。

そう言えば、私も、ずっと以前から、ときどき月の写真を撮っていますが、
昔撮影した写真と今回の写真を比べてみると、今回の写真では
以前の写真と比べて随分細かいところまで写っています。

飽きもせずに、毎日毎日カメラやレンズばっかり触っていますが、
少しは進歩してるんだなぁ、と、ちょっと安心しました。


お月様(2010.09.21) IMG_4142_R
お月様(2010.09.21) IMG_4142_R posted by (C)MARUT














にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

↑ よろしかったらクリックをお願いいたします。
野鳥に関するBLOGがたくさんありますよ!!


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

最近当BLOGに掲載した写真の殆どは、「PHOTO蔵」と「FLICKR」の方にもアップロードしてあります。
そのどちらにアクセスしていただいても、アップロードした際のオリジナルサイズの大きな画像をご覧頂くことができます。
「PHOTO蔵」の方は、BLOG上の写真をクリックしていただくだけでPHOTO蔵のサイトにジャンプしますので、
そこでもう一度写真をクリックしていただくと、より大きな画像が表示されると思いますが、
その写真の上部に何種類かの表示サイズを選べるリンクがありますので、その中の「元画像」をクリックしていただくと、
アップロードした際の大きさの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、ぜひ「PHOTO蔵」の写真を大きなサイズでご覧いただければ、と思います。
楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、やむを得ずこういう方法をとっていますが、結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。

「FLICKR」のほうは、直接BLOGとはリンクさせておりませんが、下記のURLにアクセスしていただくと、今までにアップロードした画像が一覧でご覧いただけます。
大きいサイズでご覧頂きたい写真があればその写真をクリックしていただいて、次の画面で、写真のすぐ上にある語群の中ほどにある「ALL SIZES」をクリックしていただくと、大きなサイズの写真が表示されます。
今までに野鳥の写真を130点ほどアップロードしておりますので、よろしかったらちょっと覗いてみて頂いて、ご意見など頂戴できたらと思います。
URLは下記の通りです。

 http://www.flickr.com/photos/marut944


7月26日の満月の写真です

最近のチェンマイは雨季の上に天候不順で、ぐずぐずした天気が続いて
いて、きれいなお月様を見ることは少ないのですが、先日の26日は
珍しく雲の間から暫くの間見事な満月を見ることが出来ましたので、
ちょっとカメラをセットして写して見ました。

お月様は、世界中の何処から見ても同じ大きさに見えますので、お月様を
撮影した写真を比べるとレンズの良し悪しが大変良く分ると思うのです。
WEBや雑誌などで、野鳥の羽毛の細部まできれいに写っていて感心
させられる写真をよく拝見しますが、私の化石博物館級レンズでも
近距離であればかなり細かいところまでハッキリと写りますので、
野鳥の写真などでは、野鳥の大きさと撮影距離を揃えないかぎりは、
いくら綺麗に写っていても(あるいは写っていなくても)レンズの優劣の
厳密な比較は出来ないと思うのです。

と言うことで、今回の私の写真はマイクロフォーサーズ規格のカメラに、
約30年ほど前に製造された400mmMFレンズと1.4倍の
テレコンバーターをつけて撮影したものです。
その日は、比較的大気の揺らぎが安定していましたので、口径71mmの
560mmレンズとしてはまあまあ良く撮れたのではないかなあ、と
思います。でも、WEBなどで見かける口径が10センチを超える
ようなレンズで撮影したお月様は、やはり細部の写りが全然違います
ので、私もいつかはもう少し大口径のレンズを手に入れたい
ものだなあ、と夢見ております。



2010年7月26日 チェンマイの満月 P1190880_R
2010年7月26日 チェンマイの満月 P1190880_R posted by (C)MARUT















にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

↑ よろしかったらクリックをお願いいたします。
野鳥に関するBLOGがたくさんありますよ!!


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

最近当BLOGに掲載した写真の殆どは、「PHOTO蔵」と「FLICKR」の方にもアップロードしてあります。
そのどちらにアクセスしていただいても、アップロードした際のオリジナルサイズの大きな画像をご覧頂くことができます。
「PHOTO蔵」の方は、BLOG上の写真をクリックしていただくだけでPHOTO蔵のサイトにジャンプしますので、
そこでもう一度写真をクリックしていただくと、より大きな画像が表示されると思いますが、
その写真の上部に何種類かの表示サイズを選べるリンクがありますので、その中の「元画像」をクリックしていただくと、
アップロードした際の大きさの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、ぜひ「PHOTO蔵」の写真を大きなサイズでご覧いただければ、と思います。
楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、やむを得ずこういう方法をとっていますが、結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。

「FLICKR」のほうは、直接BLOGとはリンクさせておりませんが、下記のURLにアクセスしていただくと、今までにアップロードした画像が一覧でご覧いただけます。
大きいサイズでご覧頂きたい写真があればその写真をクリックしていただいて、次の画面で、写真のすぐ上にある語群の中ほどにある「ALL SIZES」をクリックしていただくと、大きなサイズの写真が表示されます。
今までに野鳥の写真を130点ほどアップロードしておりますので、よろしかったらちょっと覗いてみて頂いて、ご意見など頂戴できたらと思います。
URLは下記の通りです。

 http://www.flickr.com/photos/marut944

満月の写真

野鳥の写真を撮るようになって以来、少しでも鮮明な写真を撮りたいので、
ずっとカメラやレンズの性能や撮影技法の向上に力を入れてきました。

NET上で先輩方の撮影された素晴らしい写真を見るたびに、一体どんな
機材を使っておっれるのだろうか? また、もし同じ状況で私が
私の機材で撮影したらどんな写真が撮れるのだろう、などと考えることも
ありますが、それを実践することはまず不可能です。

でも、自分の撮影機材がどの程度のレベルにあるのか、出来れば
ちょっと知ってみたい気がしますが、そこで気がついたのがお月様です。
世界中何処にいてもお月様は同じ大きさに見えているはずですので、
お月様の写真を撮影してみると撮影機材の性能がかなり良く分るのでは
ないかと考えて、ときどきお月様を撮影してはその画像保存しています。

今夜は丁度満月ですし、この一ヶ月ほど撮影機材のことでちょっと
悩んでいたことがあったのですが、それが最近ほぼ解決した、と
言うこともあるので、久しぶりにお月様を撮影してみました。

満月の時は、クレーターの影がほとんど見えませんので、ある程度
欠けた月のほうがクレーターが鮮明に見えて、いかにも月の写真
らしく見えるのですが、それをさておいて過去に撮影した月の写真と
比べると、今回の写真のほうが明らかに細部まで写っています。

400mm(F5.6)レンズに1.4倍テレコンバーターをつけて
撮影したものですが、レンズの問題以外にも少しは工夫したことがあって
そのことも多少は鮮明度にプラスになっているかもしれません。

このBLOGをご覧頂いている方で、お月様の写真を撮っておられる方が
おられましたらご意見をいただけると嬉しいです。
(もちろん、そうでない方からの書き込みも大歓迎ですが)

ちなみに、近日中に(天候が許せば)、少し欠けた状態のお月様も撮影して
比較して見ていただけるようにしたいと考えております。

満月2010-02-28 P1050747_R
満月2010-02-28 P1050747_R posted by (C)MARUT
















にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

最近当BLOGに掲載した写真の殆どは、「PHOTO蔵」と「FLICKR」の方にもアップロードしてあります。
そのどちらにアクセスしていただいても、アップロードした際のオリジナルサイズの大きな画像をご覧頂くことができます。
「PHOTO蔵」の方は、BLOG上の写真をクリックしていただくだけでPHOTO蔵のサイトにジャンプしますので、
そこでもう一度写真をクリックしていただくと、より大きな画像が表示されると思いますが、
その写真の上部に何種類かの表示サイズを選べるリンクがありますので、その中の「元画像」をクリックしていただくと、
アップロードした際の大きさの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、ぜひ「PHOTO蔵」の写真を大きなサイズでご覧いただければ、と思います。
楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、やむを得ずこういう方法をとっていますが、結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。

「FLICKR」のほうは、直接BLOGとはリンクさせておりませんが、下記のURLにアクセスしていただくと、今までにアップロードした画像が一覧でご覧いただけます。
大きいサイズでご覧頂きたい写真があればその写真をクリックしていただいて、次の画面で、写真のすぐ上にある語群の中ほどにある「ALL SIZES」をクリックしていただくと、大きなサイズの写真が表示されます。
今までに野鳥の写真を130点ほどアップロードしておりますので、よろしかったらちょっと覗いてみて頂いて、ご意見など頂戴できたらと思います。
URLは下記の通りです。

 http://www.flickr.com/photos/marut944


花見に行ってまいりました

昨年の正月に初めて訪れてたいへん感激したのですが、チェンマイの西山
ドイステープの奥山ドイプイの、そのまた奥まったところに、山岳民族
モン族の部落があり、なぜかそこにはサクラの木がたくさんあって、
今の時期それが一斉に開花してたいへん見事なのです。

昨年は丁度お正月ごろに出かけて、サクラは大変見事だったのですが、
狭い山道に多くの観光客が一斉に訪れたために、渋滞がひどくて、
たいへん難儀したため、今年はお正月の混雑が過ぎたと思われる7日に
出かけました。

今の時期チェンマイは乾季で、毎日カラッと晴れた良いお天気が続くのが
普通なのですが、今年はなぜか6日ごろから天気が下り坂になり、
6日の夜からは今の季節には珍しい本格的な雨になり、7日も一日中
断続的に降り続きました。

早くから友人たちと約束をしていましたので、予定通り出発しましたが、
あいにくの雨模様で、遠くの景色は雨にかすみ、空はどんよりと
雨雲ばかりで、最高の花見日和とは言えませんでしたが、それでも
何百本と言うサクラが一斉に咲き誇るさまは大変見事でした。

昨年は、野鳥撮影用のついでにちょっと足を伸ばしただけだったので
野鳥用の超望遠カメラしかもっていなかったため、折角の見事なサクラを
写真に収めることが出来ず悔しい思いをしたので、今年は忘れないように
コンパクトなデジカメも持って行ったのですが、天気が良くなくて
あまりきれいな写真は撮れませんでした。


もう一度訪問して、写真を撮り直したい思いがありますが、今年は7日に
すでにかなり葉が出て葉桜になっていましたので、来年再度TRYしようと
思います。

申し遅れましたが、このサクラは、山桜の一種のヒマラヤサクラと
いうのだそうで、日本のサクラ(ソメイヨシノ)と比べるとかなり花が
小さくて、満開になってもあまりボリューム感がありません。
でも、色はかなり濃いので、ソメイヨシノの満開とは又別の、
素朴な趣があるように思います。

では、チェンマイ西山の奥山のサクラをご覧くださいませ。


ドイプイの奥山のサクラ DSCN5431_R
ドイプイの奥山のサクラ DSCN5431_R posted by (C)MARUT


ドイプイの奥山のサクラ DSCN5468_R
ドイプイの奥山のサクラ DSCN5468_R posted by (C)MARUT



























にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

最近当BLOGに掲載した写真の殆どは、「PHOTO蔵」と「FLICKR」の方にもアップロードしてあります。
そのどちらにアクセスしていただいても、アップロードした際のオリジナルサイズの大きな画像をご覧頂くことができます。
「PHOTO蔵」の方は、BLOG上の写真をクリックしていただくだけでPHOTO蔵のサイトにジャンプしますので、
そこでもう一度写真をクリックしていただくと、より大きな画像が表示されると思いますが、
その写真の上部に何種類かの表示サイズを選べるリンクがありますので、その中の「元画像」をクリックしていただくと、
アップロードした際の大きさの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、ぜひ「PHOTO蔵」の写真を大きなサイズでご覧いただければ、と思います。
楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、やむを得ずこういう方法をとっていますが、結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。

「FLICKR」のほうは、直接BLOGとはリンクさせておりませんが、下記のURLにアクセスしていただくと、今までにアップロードした画像が一覧でご覧いただけます。
大きいサイズでご覧頂きたい写真があればその写真をクリックしていただいて、次の画面で、写真のすぐ上にある語群の中ほどにある「ALL SIZES」をクリックしていただくと、大きなサイズの写真が表示されます。
今までに野鳥の写真を130点ほどアップロードしておりますので、よろしかったらちょっと覗いてみて頂いて、ご意見など頂戴できたらと思います。
URLは下記の通りです。

 http://www.flickr.com/photos/marut944




«  | ホーム |  »

プロフィール

Khun Marut

Author:Khun Marut
"クン・マルッ"は、タイ人の友達がつけてくれたタイ名前です。チェンマイで質素に隠居生活をしています。タイ生活の色々を出来るだけ写真入りで綴って行きたいと思います。色々な話題がありますので、検索してみて下さいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (100)
食 (22)
タイ生活 (120)
パソコン・インターネット (54)
交通 (11)
チェンマイの気候・天候 (132)
北タイの伝統と文化 (19)
熱帯魚 (40)
チェンマイの野鳥 (663)
チェンマイの自然 (143)
日本語ボランティア (2)
チェンマイという町 (12)
日常の科学 (5)

開設者にコンタクトする

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR