2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は40度を超えたかな? 多分この暑季で一番暑い日!!

チェンマイは、今暑季の真っ只中ではありますが、例年であればそろそろピークを過ぎて少しは凌ぎやすくなってくる頃ではないかと思いますが、今年はちょっと例年と感じが違うようで、ソンクラーン(水掛祭り)の時期にはそれほど酷く暑いとは感じなかったのですが、今日はこの暑季一番の暑さのようで、午後ちょっとバイクで町に出たのですが、あまりの暑さに目がくらみそうでした。
日ごろサングラスなどまったく必要としない丈夫な私の目ですが、今日はあまりの暑さに目が乾きチカチカしてきましたが、こんなことは初めてです。
今の季節、北緯19度付近に位置するチェンマイでは、お昼前後には太陽が文字通りの真上にありますので、紫外線の強さも半端ではないのでしょう。

さて、これで気温はいったい何度位なんだろうと思いましたが、以前郊外に住んでいた頃と違って、最近は街中のコンクリート作りの高層アパートに住んでいるので、空からの赤外線や、地面からの照り返し、などの影響を受けないように気温を測る方法が思いつきません。
ということで、タイ気象庁のウェブサイトを覗いてみたところ、チェンマイの現在の気象状況を詳しく書いたページが見つかりました。

http://www.tmd.go.th/en/province.php?id=2

それによると、今日午後1時現在のチェンマイの気温は38.7度だそうで、
ひょっとして今日はこの暑季初めての40度突破ではないかとの思いは当たりませんでした。
でも、この先一週間の予報によれば、私の予感どおり、今日が一番暑い日になりそうです。

あちこちで、チェンマイでは最高気温がしばしば40度を超えている、と言う情報を見かけますが、タイ気象庁のデーターではこの暑季、まだチェンマイの気温が40度に達した記録はなく、実際の観測による記録ではそうかんたんには40度は超えないみたいです。

(チェンマイのどこかで、何かの理由で、気温がしばしば40度に達する場所があるかもしれない可能性までを否定するわけではございません)

以前、チェンマイ郊外に住んでいた頃、ひと夏通して、最高気温を観測したことがありますが、その年(2006年)の暑季も、ついに一度も40度を越えることはありませんでした。
2006年4月ごろの当BLOGを見ていただけると、殆ど毎日の最高気温の記載がありますので、興味のおありの方はどうぞ。



蛇足:これより先は、
「ウチの温度計は正確な温度計だと信じているのだが、その温度計が40度以上を指しているのに公的な機関の発表する最高気温はそれよりもかなり低いのはなぜだ」という疑問をもたれる方のために、ちょっと余談を書かせていただきます。興味のないお方は無視してくださいませ。

公的機関の観測する気温と言うのは、温度計が、正しくその付近の空気の温度を測れるように、空からの赤外線や、地面からの照りかえし、その他の熱源からの影響を受けないような設置基準に基づいて設置された正確な温度計によって測定されたものですが、現実にわれわれの周りの温度計の指示は、まわりに照り返し熱源があるかないか、直射日光を受ける受けない、温度計の設置されている建物の構造、換気の状況、などによって大いに影響を受けます。

良く誤解されることですが、いくら正確な温度計であっても、温度計の指している数字はその温度計のセンサー部分(アルコール温度計であればアルコール溜りの球形の部分)の温度を示すものであり、それは必ずしもそのセンサーの周りの空気の温度とは一致しない、と言うことも忘れてはならないことだと思います。

それはどういうことかと申しますと、たとえば、焚き火からは強力な熱線(つまり赤外線ですが)が発生しており、焚き火のそばに立つと焚き火に面した側の皮膚は赤外線を受けて大変暖かく感じますが、その熱線を何かでさえぎった瞬間に暖かさは感じなくなります。

熱線(赤外線)は黒いものには吸収されやすく、白いものには良く反射されます。鏡ならば100%近く反射することしょう。
赤外線が吸収されれば、赤外線のエネルギーが熱に変って、赤外線を吸収したものの温度が上がります。
つまり黒いものは焚き火の影響を受けやすく、白いものは焚き火の影響を受けにくく、鏡ならばもっと受けにくい。つまり鏡は焚き火に面して置かれても焚き火からの赤外線を殆ど反射してしまうので熱くならないわけで、いいかえれば、暖かく感じる付近の空気が暖かいわけではなく、赤外線を吸収した物の温度だけが上がっているわけです。

ここまでは焚き火の話でしたが、じつはすべての物質はその温度に応じた赤外線を放射していますので、暑い日には、焼けた道路のアスファルト、近くのビルのコンクリート壁、近所のおうちの屋根、空の雲などからたっぷりと赤外線が放射されていて、温度計のセンサー部分にこの赤外線があたると、その温度計のセンサー部分は周囲の空気よりも温度が高くなり、つまり周囲の空気よりも高い示度を示します。
赤外線を反射しやすい水銀温度計であれば、その影響(つまり誤差)は小さく、センサー部が黒く塗ってあれば誤差は大きくなることでしょう。

というわけで、正しい気温測定のためには、気温測定に誤差を発生させる要素が出来るだけ少なくなるような配慮が必要で、そうでない場合には、正しい方法にもとづいて測定した結果とは違いが出る可能性があると言うことです。


また、これまでに述べたことのほかに、
人間の体の感じる暑さ寒さは、風の有り無し、皮膚の乾燥状態、運動中か安静状態か、また体調などによって変わってきますので、それによっても気温が体の感覚とひどく違うと感じられることもあるでしょう。

具体的には、湿った体に風が当たれば、風の温度が体温よりも少々高くても涼しく感じるのは皆さん良くご存知と思いますし、運動している時と安静状態では、暑い寒いの感覚はまったく変わってきます。
また、風邪などで熱の高いときには暖かい日でもさむけを感じますね。

と言うわけで、人間の体の感じる(体感)温度と、気象で言う気温とはずいぶん違うこともご理解いただけたでしょうか?

では、読者の皆様にクイズを差し上げましょう。

◎ 寒い日に温度計を毛布で包んでやったら温度計の示度は上がるでしょうか?
◎ 暑い日に温度計を団扇であおいでやったら示度は下がるでしょうか?



















☆ 当BLOGの写真は450ピクセルX338ピクセル と小さめですが、写真をクリックしていただくと、この写真の原画を保存している「PHOTO蔵」のサイトにジャンプします。

そこでもう一度写真をクリックしていただくと、画像の大きさが少し大きくなりますが、その写真の上部に何種類かの表示サイズを選べるリンクがありますので、「元画像」をクリックしていただくと、アップロードした際の大きさの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、ぜひ「PHOTO蔵」の方の写真もごらんいただければ、と思います。

 楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、やむを得ずこういう方法をとっていますが、結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。

 今までに当BLOGに掲載した野鳥の写真の殆どは、すでに「PHOTO蔵」の方にも大きなサイズでアップロードしております。
 「PHOTO蔵」の写真には、すべてに野鳥の名前を「タグ」としてつけておりますので、野鳥名(和名)で簡単に検索していただけますので、ご利用くださいませ。
スポンサーサイト

コメント

Re:今日は40度を超えたかな? 多分この暑季で一番暑い日!!(04/25)

マルット様、お久し振りです。

クイズの答えは、両方共不変と思います。
理由はどちらも熱移動が発生してないと思えるからです。

Re[1]:今日は40度を超えたかな? 多分この暑季で一番暑い日!!(04/25)

チェンマイPCオタクさん、こんにちは。
ご回答をお寄せいただき、ありがとうございます。
◎ ピンポンーン! 正解です。
実は、子供の頃、寒いときに毛布に包まるととても暖かく感じるのに、温度計を毛布で包んでもぜんぜん示度が上がらないのがとても不思議に思っていました。

-----

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://marut944.blog.fc2.com/tb.php/960-2bd07a76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Khun Marut

Author:Khun Marut
"クン・マルッ"は、タイ人の友達がつけてくれたタイ名前です。チェンマイで質素に隠居生活をしています。タイ生活の色々を出来るだけ写真入りで綴って行きたいと思います。色々な話題がありますので、検索してみて下さいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (100)
食 (22)
タイ生活 (120)
パソコン・インターネット (54)
交通 (11)
チェンマイの気候・天候 (132)
北タイの伝統と文化 (19)
熱帯魚 (40)
チェンマイの野鳥 (663)
チェンマイの自然 (143)
日本語ボランティア (2)
チェンマイという町 (12)
日常の科学 (5)

開設者にコンタクトする

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。