2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また、身元不明の野鳥が撮れました( 4/19 タイワンセッカと判明)

今朝、5時半ごろ目が覚めて、外を見たら雲は少なく朝焼けがとてもきれいだったので、手早く朝食と身支度をすませて、最近定番フィールドのようになっている10kmほど離れたフアイ・トゥン・タオ公園に向かいました。

ところが、現地についた頃から雲がかなり厚くなり、青空も殆ど見えなくなってきて、陽も殆ど射さなくなってきました。
これは困ったなあ、と思いながらも一応は撮影の支度をして公園内を歩き始めたのですが、あまり野鳥の姿は多くありません。
そうしているうちに、なんとポツポツと雨が落ちてきました。
これでは撮影にならんなあ、帰ろうかしら、と思いながらも、雨は酷くならないのでカメラにハンカチを掛けて辛抱していたら、そのうち雲は去り青空が戻ってきたので撮影を続けました。

というわけで、今日は、稲刈りのすんだ田んぼでクロノビタキのペアが撮れたほか、ミドリちゃん(ミドリハチクイ)、先日新顔野鳥としてご紹介したキンメセンニュウチメドリ、ハイムネハウチワドリ、コウラウン、ハチクマ、オオバンケン、などを撮影しました。

今日は、ここ2-3日のうちにフアイ・トゥン・タオ公園で撮影した写真のうちから、一昨日撮影した身元の確認できていない野鳥、前回よりは少しましな写真が撮れたキンメセンニュウチメドリ、ハイムネハウチワドリ、昨日撮影したアカトンボを捕まえてよろこんでいるミドリハチクイなどの写真をお届けします。

今日の写真はどれも、明るさが十分でなかったり、逆光が酷かったりで、あまり鮮明に撮れているとは言えませんが、いずれ条件のよいときに良い物が撮れましたら改めて発表させていただきたいと考えておりますので、きょうのところはこれにてお許しを頂きたいと存じます。

なお、クロノビタキのペアの写真は、もう少しじっくりと選別して後日ご紹介させていただこうと思っています。

追伸(4/19)
この身元不明の野鳥は、シーラチャ在住のYOSSYさまより、タイワンセッカ(
Bright-headed Cisticola)ではないか、とのご指摘を頂きました。
私もその通りだと思います。
YOSSYさま、有難うございました。

身元不明 IMGP114066_R
身元不明 IMGP114066_R posted by (C)MARUT


身元不明 IMGP114065_R
身元不明 IMGP114065_R posted by (C)MARUT


キンメセンニュウチメドリ(Yellow-eyed Babbler) IMGP114404_R
キンメセンニュウチメドリ(Yellow-eyed Babbler) IMGP114404_R posted by (C)MARUT<


キンメセンニュウチメドリ(Yellow-eyed Babbler) IMGP114386_R
キンメセンニュウチメドリ(Yellow-eyed Babbler) IMGP114386_R posted by (C)MARUT


ハイムネハウチワドリ(Grey-breasted Prinia) IMGP114211_R
ハイムネハウチワドリ(Grey-breasted Prinia) IMGP114211_R posted by (C)MARUT


ハイムネハウチワドリ(Grey-breasted Prinia) IMGP114210_R
ハイムネハウチワドリ(Grey-breasted Prinia) IMGP114210_R posted by (C)MARUT


ミドリハチクイ(Green Bee-eater) IMGP114277_R
ミドリハチクイ(Green Bee-eater) IMGP114277_R posted by (C)MARUT


ミドリハチクイ(Green Bee-eater) IMGP114292_R
ミドリハチクイ(Green Bee-eater) IMGP114292_R posted by (C)MARUT
























☆ 当BLOGの写真は450ピクセルX338ピクセル と小さめですが、写真をクリックしていただくと、この写真の原画を保存している「PHOTO蔵」のサイトにジャンプします。

そこでもう一度写真をクリックしていただくと原寸大の大きなサイズの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、ぜひ「PHOTO蔵」の方の写真もごらんいただければ、と思います。

 楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、やむを得ずこういう方法をとっていますが、結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。

 今までに当BLOGに掲載した野鳥の写真の殆どは、すでに「PHOTO蔵」の方にも大きなサイズでアップロードしております。
 「PHOTO蔵」の写真には、すべてに野鳥の名前を「タグ」としてつけておりますので、野鳥名(和名)で簡単に検索していただけますので、ご利用くださいませ。


スポンサーサイト

コメント

タイワンセッカでは?

こんばんは。身元不明の鳥は、タイワンセッカではないでしょうか?先日、私も始めて出会いました。
http://blog.goo.ne.jp/yossy-thai/e/dd2e452a9995b2bfe0ed8da8f7e9dfd4" target="_blank">http://blog.goo.ne.jp/yossy-thai/e/dd2e452a9995b2bfe0ed8da8f7e9dfd4

Re:タイワンセッカでは?(04/18)

yossyさん、こんにちは
いつも有難うございます。
> 身元不明の鳥は、タイワンセッカではないでしょうか?
◎ 有難うございます。
早速、参考書を調べてみましたが、仰るとおりタイワンセッカの特徴が良く一致しますね。
ただ、生息域が少し違うのですが、参考書の情報は結構間違いがありますからね・・・。
これほど特徴の合致する野鳥は、ほかに見つかりませんので、タイワンセッカでまず間違いないのでは、と思います。
有難うございました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://marut944.blog.fc2.com/tb.php/957-0d70e5cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Khun Marut

Author:Khun Marut
"クン・マルッ"は、タイ人の友達がつけてくれたタイ名前です。チェンマイで質素に隠居生活をしています。タイ生活の色々を出来るだけ写真入りで綴って行きたいと思います。色々な話題がありますので、検索してみて下さいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (100)
食 (22)
タイ生活 (120)
パソコン・インターネット (54)
交通 (11)
チェンマイの気候・天候 (132)
北タイの伝統と文化 (19)
熱帯魚 (40)
チェンマイの野鳥 (663)
チェンマイの自然 (143)
日本語ボランティア (2)
チェンマイという町 (12)
日常の科学 (5)

開設者にコンタクトする

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。