2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムナフジチメドリ・・・身元不明が一件解決しました

今チェンマイはソンクラーン(水掛け祭り)の真っ最中で、昼間外出すると、どこで水掛け軍団が待ち伏せしているか分かりませんので、うかつに外出はできませんので、もっぱら家にこもって今までに撮影した写真の整理や、身元の分からない野鳥の身元調べなどをしています。

その成果として、3月8日付けの当BLOGで、身元不明の野鳥としてご紹介していた野鳥の身元が分かりましたので改めてご紹介させていただきます。

撮影したときは、草地とヤブの境目にあたるところで一生懸命エサを探してついばんでいましたので、マキノセンニュウなどと同じWarbler(ムシクイ)の仲間の可能性が高いと考えていたのですが、最近チメドリの仲間が何種か撮影できて、手持ちの資料のチメドリのページを見ているうちに、ひょっとしてこれは例の身元不明では!!??と思える野鳥があるのに気付いて、もう一度良く比べてみたら、やはりこの野鳥でした。

もっぱらムシクイの仲間を主体に探していたのと、メインで参考にしている本のこの野鳥のイラストはちょっとヘンだったため、なかなか見つかりませんでしたが、別の本ではまさにこの野鳥にそっくりなイラストがあり、もっと早くそちらの本も入念に調べるべきでした。そちらの本では「しばしば胸の羽毛が立っている」とか、「普通は地上でえさを食べている」などという記述があり、それらもピッタリです。

もう一度この野鳥をご紹介するに当たって、前回の写真はちょっと暗すぎるような感じがしますので、もう一度画像処理をRAW現像からやり直しました。

このときの撮影場所はあまり明るさが十分ではなかったのですが、カメラのISO感度の設定を変える余裕がなく、まあRAW撮影だから少々の露出不足は何とかなるだろうと、ISO感度の設定を400にしたまま撮影したら、なんと現像のときに3EV以上の増感をせざるを得なくなり、ノイズがかなりひどくなってしまいました。

でも、幸い撮影距離があまり長くなく、ひどいトリミングをする必要がなかったので、なんとか見られる程度の写真が残りました。それと、以前(1月1日のBLOGで)ご紹介したノイズ除去ソフト Neat Image も使って処理しています。

ちょっと脱線しますが、昨年12月にパソコンのモニターを液晶タイプに交換して以来、写真をお店にプリントに出すと殆どが暗くくすんだ写真になってしまい、出すお店を変えても結果は変わらないので原因は私の方にあるに違いないと、模索が始まりました。

いろいろなところからカラーチャートやコントラストチャートをダウンロードして、飽和に近い明るさから、ツブレに近い黒までちゃんと再生できるようにモニターを調整して、ガンマーはWINDOWS標準の2.2にほぼ調節できて、本格的な調整機械なしでできる限界と思えるところまで手は尽くしたつもりで、
JPGファイルに自動的に付加されるカラープロファイルがS-RGBになっていることも確認しましたが、それでも写真屋さんに出すとくすんだ色調の写真が戻ってきますので、これ以上もう打つ手は思い浮かばない・・・と頭を抱えていたのですが、ふとしたことから原因に思い当たりました。

と言うのは、それまで使っていたブラウン管のモニターは2003年の三月の購入したもので、昨年の暮には6年近く使っていたわけで、知らず知らずのうちにかなり明るさが暗くなっていたはずです。
それに比べて液晶モニター、しかも中古品とはいえまだそれほど使っていないモノでは明るさが全然違いますので、画像処理をする際に、自分では気付かないまま、画像をずいぶん暗めに仕上げていたようです。

それに気付いて、意識的に少し明るすぎるくらいに仕上げた画像を、もう一度写真屋さんにプリントに出してみたら、今度はほぼまともな色調の写真が返ってきました。

ということで、昨年の暮ごろから三月ごろまでの写真は少し暗めのものが多いのではないかと思います。
最近は液晶モニターにもほぼ慣れてきたようで、あまり意識的に明るく仕上げなくても、ほぼまともの色調の写真がプリントしてもらえるようになりました。

なんでもっと早く気付かなかったんだろう!と思いますが、長年の癖(習性)と思い込み(モニターが変わってから色調がおかしくなったのは、モニターの調整に問題があるに違いないと言う)、それに、相談する人が誰もいないと言う環境のせいですね。

もう若くはないので、これから先ますます思い込みがきつくなって行くことでしょうから、努めて柔軟な思考を心がけて行かなければ・・・・と思いました。

では、昨年の12月9日に撮影して四ヶ月ぶりに身元の判明した
ムナフジチメドリ(Puff-throated Babbler)をどうぞ。

ムナフジチメドリ(Puff-throated Babbler) IMGP56115-3R_(NI)
ムナフジチメドリ(Puff-throated Babbler) IMGP56115-3R_(NI) posted by (C)MARUT


ムナフジチメドリ(Puff-throated Babbler) IMGP56113-3R_(NI)
ムナフジチメドリ(Puff-throated Babbler) IMGP56113-3R_(NI) posted by (C)MARUT


ムナフジチメドリ(Puff-throated Babbler) IMGP56085-3R_(NI)
ムナフジチメドリ(Puff-throated Babbler) IMGP56085-3R_(NI) posted by (C)MARUT


ムナフジチメドリ(Puff-throated Babbler) IMGP56116-3R_(NI)
ムナフジチメドリ(Puff-throated Babbler) IMGP56116-3R_(NI) posted by (C)MARUT


ムナフジチメドリ(Puff-throated Babbler) IMGP56117-3R_(NI)
ムナフジチメドリ(Puff-throated Babbler) IMGP56117-3R_(NI) posted by (C)MARUT


ムナフジチメドリ(Puff-throated Babbler) IMGP56120-3R_(NI)
ムナフジチメドリ(Puff-throated Babbler) IMGP56120-3R_(NI) posted by (C)MARUT

















☆ 当BLOGの写真は450ピクセルX338ピクセル と小さめですが、写真をクリックしていただくと、この写真の原画を保存している「PHOTO蔵」のサイトにジャンプします。

そこでもう一度写真をクリックしていただくと原寸大の大きなサイズの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、ぜひ「PHOTO蔵」の方の写真もごらんいただければ、と思います。

 楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、やむを得ずこういう方法をとっていますが、結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。

 今までに当BLOGに掲載した野鳥の写真の殆どは、すでに「PHOTO蔵」の方にも大きなサイズでアップロードしております。
 「PHOTO蔵」の写真には、すべてに野鳥の名前を「タグ」としてつけておりますので、野鳥名(和名)で簡単に検索していただけますので、ご利用くださいませ。

スポンサーサイト

コメント

Re:ムナフジチメドリ・・・身元不明が一件解決しました(04/13)

先程、ブログの書き込みに不慣れなため「01.27.エメラルドの・・・」の欄に初コメントを書き込みした続きです。以前に”J”でカラーマネージメントの話題になりアドバイスを頂きましたが本当に難しいですね。それ以来ず~と気になっていて、無謀にも機械を購入しました。只今、色々とトライしてます。多少なり理解してまともな話し相手になれるように頑張ります。

Re[1]:ムナフジチメドリ・・・身元不明が一件解決しました(04/13)

お酒の友さん、こんにちは
>先程、ブログの書き込みに不慣れなため「01.27.エメラルドの・・・」の欄に初コメントを書き込みした続きです。
◎ そちらも読ませていただきました。ご安心ください
> 以前に”J”でカラーマネージメントの話題になりアドバイスを頂きましたが本当に難しいですね。
◎ 私のつたない経験が少しでもお役になったとすれば望外の幸せです。
何時も独りで悪戦苦闘しておりますので、聞いていただける人が現れてすごく多弁になってしまったのではないかと赤面の思いです。
> それ以来ず~と気になっていて、無謀にも機械を購入しました。只今、色々とトライしてます。多少なり理解してまともな話し相手になれるように頑張ります。
◎ また、Jで私の姿を見かけたらお声をかけてくださいね。いろいろとお話を聞かせてくださいませ。

-----

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://marut944.blog.fc2.com/tb.php/955-35448d39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Khun Marut

Author:Khun Marut
"クン・マルッ"は、タイ人の友達がつけてくれたタイ名前です。チェンマイで質素に隠居生活をしています。タイ生活の色々を出来るだけ写真入りで綴って行きたいと思います。色々な話題がありますので、検索してみて下さいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (100)
食 (22)
タイ生活 (120)
パソコン・インターネット (54)
交通 (11)
チェンマイの気候・天候 (132)
北タイの伝統と文化 (19)
熱帯魚 (40)
チェンマイの野鳥 (663)
チェンマイの自然 (143)
日本語ボランティア (2)
チェンマイという町 (12)
日常の科学 (5)

開設者にコンタクトする

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。