2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フアイ・トゥン・タオ公園で再び新顔をゲットです

タイのソンクラーン(水掛け祭り)は、例年4月12日から15日ごろと決まっているようで、今年もカレンダーは12日(日)から15日(水)までが赤い字で印刷されています。
しかし、今年のチェンマイ県はちょっと違うようで、10日から14日までがソンクラーンという広報をしていて、ソンクラーン関係の行事もその間に集中しているようです。
と言うわけで、市内の水掛けの名所ではすでに10日から猛烈な水掛けバトルが始まっており、そういう場所はいうまでもありませんが他の場所でもまったく油断はできません。

ということで、ソンクラーンの期間はドラキュラ(昼間は日光を避けて暗いところでじっとしている)を決め込むことにしていたMARUTですが、昨日の午後まあまあ本格的な降雨があったため今朝はとても涼しく(気温は約23度でした)、先日野鳥はたくさんいたけれどとても蒸し暑かったフアイ・トゥン・タオ公園に、水掛けの始まる前にちょっとだけ出かけることにしました。

7時少し前には公園に着いたのですが、期待通りまったく暑くはなく快適で、足取りも軽く野鳥の探索を開始しました。
今日の一番の目的は前回全身のアップの撮れなかったキビタイヒヨドリでしたが、今日は姿を見ることはありませんでした。
でも、平地の常連さんのコシジロヒヨドリやコウラウンなどのほかに、ミドリちゃん(ミドリハチクイ)、やモズ(たぶんアカモズ)、ハイムネハウチワドリなどの久しぶりの顔が次々に現れてくれて、まったく退屈はしませんでした。

そうしているうちに、赤い目の美しい12-3センチの小型の茶色の野鳥を発見しました。小型の赤い目の野鳥と言うとオナガサイホウチョウくらいしかすぐには思い浮かばなかったのですが、オナガサイホウチョウではないことはすぐにわかりましたので、これはおニューかも!とすぐに撮影にかかりました。

しかし、距離が30mほどもあり、今日は水掛軍団に遭遇したときに備えて機動力を失わないために装備を軽くしたため、三脚は持っておらず、その上レンズは小型の300mmにテレコンしかなく、あまり鮮明な写真は撮れませんでしたが、帰宅して調べてみたら キンメセンニュウチメドリ(Yellow-eyed Babbler) のようです。

まあ、三脚を使用して、レンズももっと焦点距離の長いレンズを使用してアップを狙うのは次回ということで、今回は存在が分かっただけで良しとしましょう。

あまりゆっくりとしていると帰り道で水掛け軍団の待ち伏せに遭遇する恐れがあるので、早めに切り上げてバイクを駐めたところまで戻る途中で、目の前をちょっと大き目の(30センチくらい?)の野鳥が横切ったので、反射的にカメラを構えてシャッターを切りました。

AF(オートフォーカス)などという気の利いたものはついていませんので、マニュアルフォーカスではちょっとピントを合わせきれず、鮮明には撮れませんでしたが、なんとか様子くらいは分かる写真が撮れました。
帰宅して調べてみたらインドトサカゲリのようです。
ケリの仲間の写真は初めてですが、鳴き声は良く聞こえていましたので、これも次回以降アップの撮影に期待したいと思います。

では、キンメセンニュウチメドリとインドトサカゲリの写真を暫定公開(負け惜しみです・・・・涙)させていただきます。


キンメセンニュウチメドリ(Yellow-eyed Babbler) IMGP113763_R
キンメセンニュウチメドリ(Yellow-eyed Babbler) IMGP113763_R posted by (C)MARUT


キンメセンニュウチメドリ(Yellow-eyed Babbler) IMGP113758_R
キンメセンニュウチメドリ(Yellow-eyed Babbler) IMGP113758_R posted by (C)MARUT


キンメセンニュウチメドリ(Yellow-eyed Babbler) IMGP113739_R
キンメセンニュウチメドリ(Yellow-eyed Babbler) IMGP113739_R posted by (C)MARUT


インドトサカゲリ(Red-wattled Lapwing) IMGP3905_R
インドトサカゲリ(Red-wattled Lapwing) IMGP3905_R posted by (C)MARUT




付録  
以前ご紹介したハイムネハウチワドエリの写真の画像処理をやり直してみました。
お気づきの点がございましたら、コメントをいただけると嬉しいです。

ハイムネハウチワドリ(Grey-breasted Prinia) IMGP40997_R2
ハイムネハウチワドリ(Grey-breasted Prinia) IMGP40997_R2 posted by (C)MARUT














☆ 当BLOGの写真は450ピクセルX338ピクセル と小さめですが、写真をクリックしていただくと、この写真の原画を保存している「PHOTO蔵」のサイトにジャンプします。

そこでもう一度写真をクリックしていただくと原寸大の大きなサイズの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、ぜひ「PHOTO蔵」の方の写真もごらんいただければ、と思います。

 楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、やむを得ずこういう方法をとっていますが、結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。

 今までに当BLOGに掲載した野鳥の写真の殆どは、すでに「PHOTO蔵」の方にも大きなサイズでアップロードしております。
 「PHOTO蔵」の写真には、すべてに野鳥の名前を「タグ」としてつけておりますので、野鳥名(和名)で簡単に検索していただけますので、ご利用くださいませ。

スポンサーサイト

コメント

サワディピーマイクラップ

草原や田畑のフィールドも開拓されて、続々と新顔が登場していますね!
今年もご活躍を期待しております。

Re:サワディピーマイクラップ(04/12)

yossyさん、こんにちは。
いつも有難うございます。
◎ ソンクラーンの期間は、安全のために、鳥見はほぼ休業ですので、手持ちの資料をよくよく眺めていたら、いままで正体不明だった野鳥の正体が何種か明らかになりました。たまには立ち止まって足元を固めることも必要ですね。
>草原や田畑のフィールドも開拓されて、続々と新顔が登場していますね!今年もご活躍を期待しております。
◎ おかげさまで、少しずつ増えていますが、反面、だんだん新種の発掘が難しくなってきていますので、新しいフィールドの開拓が必須になってきます。
でも、今の季節は暑さが厳しいので、ついつい涼しくて快適な山間部に足が向いてしまいます(笑)。
お互いに、今年も頑張りましょうね。

-----

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://marut944.blog.fc2.com/tb.php/954-3754c894
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Khun Marut

Author:Khun Marut
"クン・マルッ"は、タイ人の友達がつけてくれたタイ名前です。チェンマイで質素に隠居生活をしています。タイ生活の色々を出来るだけ写真入りで綴って行きたいと思います。色々な話題がありますので、検索してみて下さいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (100)
食 (22)
タイ生活 (120)
パソコン・インターネット (54)
交通 (11)
チェンマイの気候・天候 (132)
北タイの伝統と文化 (19)
熱帯魚 (40)
チェンマイの野鳥 (663)
チェンマイの自然 (143)
日本語ボランティア (2)
チェンマイという町 (12)
日常の科学 (5)

開設者にコンタクトする

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。