2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しいフィールドで新しい野鳥に出会えました

昨日は、新しい鳥見フィールド、フアイ・トゥン・タオ(Huai Tueng Tao)に出かけてみました。

フアイ・トゥン・タオは、三年ほど前に「素敵な日帰りリゾート HUAY TUENG TAO」としてご紹介したことがありますが、チェンマイの町の西部を南北に縦断する運河に沿って北に7-8km行ったところにある、大きな貯水池を中心にした公園で、貯水池の周りにはバンガローがたくさんあり、そのそばにある各種の簡易食堂から色々な食事や飲み物を取り寄せることが出来るようになっていますので、とても便利でまたリラックスできます。

公園に隣接して田園地帯が広がっていて、どこまでが公園なのか、どこからが私有地なのかわからないのですが、そんなことは気にしなくて良さそうな雰囲気なので、気楽にカメラを担いで野鳥の姿を探しながら歩き回ってみることにしました。

まだ日の出から30分ほどの朝7時過ぎでしたが、昨日は朝っぱらから蒸し暑く、多分気温も28-9度あったのでしょう、少し歩いただけでじっとりも汗ばんでしまいました。
朝早く行くと長袖シャツを着ていてもうすら寒く感じるドイプイとは大変な違いですが、野鳥の方もかなり違うようで、ノビタキ、ムラサキタイヨウチョウ、シロハラクイナ、アカガシラサギ、シマキンバラ、など新顔ではありませんが山では見かけることの少ない野鳥が次々と姿を見せてくれました。

そうしているうちに、30mほど先の背の低い木に黒っぽい中型の野鳥が止まるのが見えました。
何だろう?と思いながらカメラを向けてファインダーを覗いてみたら、黒っぽい体に、頭の回りに黄色のタテガミのようなもののある野鳥が見えました。
参考書のヒヨドリの仲間にそんな感じの野鳥を見たことがあるような気がしましたが、とにかく新顔なので、すぐに撮影に掛かりました。

ちょっと距離が遠いなあ、と数枚撮影しては少しずつ距離を縮めて行ったのですが、すぐに飛び立ってしまいました。
でも、またそう遠くない木の、今度は少し高い枝に止まってくれましたので、気を取り直して再び撮影を開始しました。
今度は先ほどよりも近距離まで接近させてくれたのですが木の葉が邪魔で全身がきれいに揃った写真は残念ながら撮影させてくれませんでした。

というわけで、初対面で全身のきれいな写真、と言うわけには行きませんでしたが、とにかく新種が一種追加できました。
帰宅して調べてみたら、やはりヒヨドリの仲間で、Stripe-throated Bulbulキビタイヒヨドリで、ヒヨドリの仲間としては、確認出来ている種としては12種目ということになります。

キビタイヒヨドリ(Stripe-throated Bulbul) IMGP113513_R
キビタイヒヨドリ(Stripe-throated Bulbul) IMGP113513_R posted by (C)MARUT


キビタイヒヨドリ(Stripe-throated Bulbul) IMGP113518_R
キビタイヒヨドリ(Stripe-throated Bulbul) IMGP113518_R posted by (C)MARUT


キビタイヒヨドリ(Stripe-throated Bulbul) IMGP113519_R
キビタイヒヨドリ(Stripe-throated Bulbul) IMGP113519_R posted by (C)MARUT



ほかには、新顔の追加は出来ませんでしたが、やはり山ばかりではなくて、たまには平地のフィールドも攻めてみるのが大事だなあ、と認識させられました。
今の季節、平地のフィールドでの鳥見は暑さとの戦いになりますが、日の出とともに活動を開始して日が高くなったら切り上げるようにすれば、それほど辛くは無いかもしれませんので、このフィールドには近日中にもう一度行って見ようと考えております。













☆ 当BLOGの写真は450ピクセルX338ピクセル と小さめですが、写真をクリックしていただくと、この写真の原画を保存している「PHOTO蔵」のサイトにジャンプします。

そこでもう一度写真をクリックしていただくと原寸大の大きなサイズの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、ぜひ「PHOTO蔵」の方の写真もごらんいただければ、と思います。

 楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、やむを得ずこういう方法をとっていますが、結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。

 今までに当BLOGに掲載した野鳥の写真の殆どは、すでに「PHOTO蔵」の方にも大きなサイズでアップロードしております。
 「PHOTO蔵」の写真には、すべてに野鳥の名前を「タグ」としてつけておりますので、野鳥名(和名)で簡単に検索していただけますので、ご利用くださいませ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://marut944.blog.fc2.com/tb.php/953-9c0a7ebe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Khun Marut

Author:Khun Marut
"クン・マルッ"は、タイ人の友達がつけてくれたタイ名前です。チェンマイで質素に隠居生活をしています。タイ生活の色々を出来るだけ写真入りで綴って行きたいと思います。色々な話題がありますので、検索してみて下さいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (100)
食 (22)
タイ生活 (120)
パソコン・インターネット (54)
交通 (11)
チェンマイの気候・天候 (132)
北タイの伝統と文化 (19)
熱帯魚 (40)
チェンマイの野鳥 (663)
チェンマイの自然 (143)
日本語ボランティア (2)
チェンマイという町 (12)
日常の科学 (5)

開設者にコンタクトする

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。