2017-05

一年ぶり(?)のメジロヒヨドリです

野焼きの煙によるスモッグのひどく、降雨の待たれていたチェンマイですが、昨夜から今日の昼ごろにかけて断続的にシトシト雨がふりました。
日記を調べたら、チェンマイでマトモな雨が降るのは昨年の12月26日以来で、ほとんど三ヶ月ぶり、今年になって初めての雨ということになります。

日本の方には信じがたいことでしょうけれど、チェンマイでは(北タイでは)
乾季、つまり11月から三月くらいまで滅多に雨は降りませんので、今年の
気象が特に異常というわけではありません。

でも、時々このBLOGにも書いていますように、このところのチェンマイ
(本当はチェンマイだけではなくて北タイ全体でそうなっているようです
けれど)のスモッグはかなり深刻になっていますので、皆さん、降雨を心待ちにしていました。

今日は、雨がやんだあとも曇り空が続いて青空を見ることはありません
でしたが、明日は久しぶりのスカッとした青空が見えるのではないかと、
楽しみにしています。

とは言いながら、カラっと晴れると、今度は厳しい日差しが戻ってきて
暑さのほうが大変厳しくなるので、それは嬉しいことではないのですが、
1000m以上の山に登っても青空が全然見えなくて、晴れているのに
野鳥の写真を撮ったら背景が真っ白になってしまう異常な状態が解消
されるほうがはるかに嬉しいことです。

そんなわけで、今日はお天気が良くなく撮影には出ず、過去の写真を整理していましたので、その中から、メジロヒヨドリをご紹介しましょう。

チェンマイ周辺にはいろいろな種類のヒヨドリがいて、今までに、
コウラウン、ミミジロヒヨドリ、コシジロヒヨドリ、エボシヒヨドリ、
ミヤマヒヨドリ、カオジロヒヨドリ、メジロヒヨドリ、ズグロヒヨドリ、
シロガシラクロヒヨドリ、キバネヒヨドリ、ノドジロカンムリヒヨドリ、など
確認できただけで11種のヒヨドリグループを撮影していますが、
コウラウンからミヤマヒヨドリまでの五種は比較的良く見かけるのに対して
カオジロヒヨドリから後のヒヨドリにはなかなか会うことはありません。

でも、チェンマイの山々には野鳥のエサとなるような実のなる木が
たくさんありますので、そういう木に実のなっているところには
珍しい野鳥がやってくる可能性が少なくありませんので、
そういうところを見かけたときには注意するように心がけています。
サクラの花の咲いた二ヶ月後には小さなさくらんぼが赤く熟しますので
これも野鳥のよい餌場になっているようです。

メジロヒヨドリは昨年の二月に一度ご紹介しておりますので、今回は二度目
ということになります。

実を申しますと、メジロヒヨドリは特徴に乏しく同定が難しいので、
良く似たほかのヒヨドリ族、つまり、ミヤマヒヨドリ、ミミジロヒヨドリ、
カオジロヒヨドリ、などからそれらの特徴を除外する消去法で、
メジロヒヨドリと判定していますので、あるいは間違った判定をしている可能性が無いとはいえませんので、そのあたりのことにつきましては大目に見てくださいませ。


メジロヒヨドリ(Grey-eyed Bulbul) IMGP23962_R
メジロヒヨドリ(Grey-eyed Bulbul) IMGP23962_R posted by (C)MARUT


メジロヒヨドリ(Grey-eyed Bulbul) IMGP103664_R
メジロヒヨドリ(Grey-eyed Bulbul) IMGP103664_R posted by (C)MARUT


メジロヒヨドリ(Grey-eyed Bulbul) IMGP103712_R
メジロヒヨドリ(Grey-eyed Bulbul) IMGP103712_R posted by (C)MARUT


メジロヒヨドリ(Grey-eyed Bulbul) IMGP103924_R
メジロヒヨドリ(Grey-eyed Bulbul) IMGP103924_R posted by (C)MARUT


メジロヒヨドリ(Grey-eyed Bulbul) IMGP105862_R
メジロヒヨドリ(Grey-eyed Bulbul) IMGP105862_R posted by (C)MARUT





























☆ 当BLOGの写真は450ピクセルX338ピクセル と小さめですが
写真をクリックしていただくと、この写真の原画を保存している「PHOTO蔵」の
サイトにジャンプします。そこでもう一度写真をクリックしていただくと
原寸大の大きなサイズの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、
ぜひ「PHOTO蔵」の方の写真もごらんいただければ、と思います。
 楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、
やむを得ずこういう方法をとっていますが、
結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。
 今までに当BLOGに掲載した野鳥の写真の殆どは、すでに「PHOTO蔵」の方にも
大きなサイズでアップロードしております。
 「PHOTO蔵」の写真には、すべてに野鳥の名前を「タグ」としてつけておりますので、
野鳥名(和名)で簡単に検索していただけますので、ご利用くださいませ。

スポンサーサイト

コメント

ヒヨドリのシリーズ

早速、11種のヒヨドリを図鑑でチェックしました。シーラチャは分布に入っていない種類も多いんですね。メジロヒヨドリなんかは、図鑑だけ見ていたらミミジロヒヨドリと区別が付きそうにありませんね。色んな角度の写真を見せていただけるので、出会う機会があれば、きっとピン!と来るはずだと期待しています。

Re:ヒヨドリのシリーズ(03/18)

yossyさん、こんにちは。いつも有難うございます。
異国で独り鳥見をしていますと、同定に苦労しますね。
カオジロヒヨドリなどは、いつも最初に参考にする本に、特徴の一致する野鳥が見つからず、当分同定できませんでしたが、たまたまほかの本を見たらピッタリの野鳥が見つかりました。その名前を、最初の本で探したらあったのですが、その本のイラストはどう考えてもカオジロとは思えないものでした。考えてみれば一人の研究者が何百種類の野鳥の特徴を全部研究できるはずは無いので、ほかの本からの借用は当然あるでしょうし、間違いの結構あるように思います。
チェンマイにはいてもシーラチャでは見られない野鳥は結構いるでしょうね。でも私は、その逆のほうが多いのではないかと羨ましく思っています。(笑)
-----

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://marut944.blog.fc2.com/tb.php/940-bac97877
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Khun Marut

Author:Khun Marut
"クン・マルッ"は、タイ人の友達がつけてくれたタイ名前です。チェンマイで質素に隠居生活をしています。タイ生活の色々を出来るだけ写真入りで綴って行きたいと思います。色々な話題がありますので、検索してみて下さいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (100)
食 (22)
タイ生活 (120)
パソコン・インターネット (54)
交通 (11)
チェンマイの気候・天候 (132)
北タイの伝統と文化 (19)
熱帯魚 (40)
チェンマイの野鳥 (663)
チェンマイの自然 (143)
日本語ボランティア (2)
チェンマイという町 (12)
日常の科学 (5)

開設者にコンタクトする

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR