2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミヤマヒメアオヒタキが近くで撮れました

このところ、チェンマイは少し涼しさが戻ってきているようで、朝の最低気温は18度くらいまで下がっていて、暑さの方も昼頃まではあまり厳しくありません。

というわけで、最近一つ新しい鳥見フィールドを開拓したと言うこともあって、このところ毎朝のようにドイステープに出撃しています。
その新しい鳥見フィールドというのは、ドイステープの登山道から山道を少し入ったところにあって、森の中でそこだけがポッカリと広場になっていて、周囲の木々に野鳥が来るととても撮影しやすく、おまけに足場も良いのです。
そこは人も車も全く入ってくることのない場所なので、今度はゴザを持っていってゴザの上に寝そべって野鳥の出現を待つのも良いかなあ、などと横着なことを考えています。

そこでは、まだ、撮影済み野鳥リストに追加できる写真の撮影は出来ていませんが、今日は新顔らしい野鳥を見かけて証拠写真程度の写真は撮影できましたし、ミヤマヒメアオヒタキのアップも撮れました。
また、時々見かけることはあってもなかなかちゃんとした写真が撮れず、未だに宿題になっている野鳥のハイムネヒタキに、昨日今日と連続して出会っています。
今回もまだハイムネヒタキの満足できる写真は撮れませんでしたが、このフィールドで屡々見かけることが出来そうなので、近日中にはまともな写真をご披露できるのではないかと期待しています。

では、今日の写真としてミヤマヒメアオヒタキと、おまけとして先月撮影したヒイロサンショウクイの写真をお届けします。

ミヤマヒメアオヒタキは、先日ご紹介していますが、その時は比較的近距離からの撮影は出来たのですが、明るさが十分でなかったのでカメラの感度をかなり上げて撮影したために、画質が良くありませんでした。
今日も、明るさが十分でないと言う条件は同じだったのですが、時々場所は移動しながらも、なぜか私から近いところにかなり時間留まっていてくれたので、ある程度の枚数を撮影した後で、カメラの感度を下げて絞りもかなりしぼって、画質重視の写真にTRYしてみました。
当然の結果としてシャッター速度はひどく遅くなるのですが、二秒セルフタイマーを利用して、ミラーショックによるカメラブレの起きないように撮影したらバッチリで、前回の写真よりもかなりクリアーな写真が撮れました。

ミヤマヒメアオヒタキ(Hill Blue Flycatcher) IMGP107708_R
ミヤマヒメアオヒタキ(Hill Blue Flycatcher) IMGP107708_R posted by (C)MARUT


ヒイロサンショウクイ(Scarlet Minivet) IMGP102080_R
ヒイロサンショウクイ(Scarlet Minivet) IMGP102080_R posted by (C)MARUT



























☆ 当BLOGの写真は450ピクセルX338ピクセル と小さめですが
写真をクリックしていただくと、この写真の原画を保存している「PHOTO蔵」の
サイトにジャンプします。そこでもう一度写真をクリックしていただくと
原寸大の大きなサイズの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、
ぜひ「PHOTO蔵」の方の写真もごらんいただければ、と思います。
 楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、
やむを得ずこういう方法をとっていますが、
結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。
 今までに当BLOGに掲載した野鳥の写真の殆どは、すでに「PHOTO蔵」の方にも
大きなサイズでアップロードしております。
 「PHOTO蔵」の写真には、すべてに野鳥の名前を「タグ」としてつけておりますので、
野鳥名(和名)で簡単に検索していただけますので、ご利用くださいませ。
スポンサーサイト

コメント

素晴らしい解像感ですね

セルフタイマーを使うなど、様々な工夫をされているんだなって感心しています。私も、もう少し気持ちの余裕が生まれたときに、是非参考にさせていただきたいと思います。
2枚ともバックのボケ具合もいい感じで、特にヒイロサンショウクイの黒い部分と濃いオレンジ色の部分の濃淡が素晴らしいですね♪ 新顔でなくとも、綺麗な写真は沢山見せてください。

Re:素晴らしい解像感ですね(02/28)

yossyさん、こんにちは
いつもありがとうございます。
☆ セルフタイマーを使うのは、私の使っているカメラでは「二秒セルフタイマー」を使うと、シャッターを切った瞬間にミラーが上がって、そのショックが収まったころシャッターが切れるというわけで、低速シャッターのときにミラーのショックで写真がぶれるのを防ぐことができます。
コンデジを使うデジスコの場合は、もとからミラーがありませんので、ミラーショックを防ぐ意味では効果はないと思いますが、シャッターを手で押して切っておられる場合は有効かもしれませんね。
>セルフタイマーを使うなど様々な工夫を・・・
☆ 残念ながらこれは私のオリジナルではなくて、カメラの説明書に書いてありました(笑)。
>2枚ともバックのボケ具合もいい感じで、特にヒイロサンショウクイの黒い部分と濃いオレンジ色の部分の濃淡が素晴らしいですね♪ 新顔でなくとも、綺麗な写真は沢山見せてください。
☆ ありがとうございます。そう言って頂くと更新に励みが出ます。
頑張って更新してまいりたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。
-----

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://marut944.blog.fc2.com/tb.php/930-d4d43644
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Khun Marut

Author:Khun Marut
"クン・マルッ"は、タイ人の友達がつけてくれたタイ名前です。チェンマイで質素に隠居生活をしています。タイ生活の色々を出来るだけ写真入りで綴って行きたいと思います。色々な話題がありますので、検索してみて下さいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (100)
食 (22)
タイ生活 (120)
パソコン・インターネット (54)
交通 (11)
チェンマイの気候・天候 (132)
北タイの伝統と文化 (19)
熱帯魚 (40)
チェンマイの野鳥 (663)
チェンマイの自然 (143)
日本語ボランティア (2)
チェンマイという町 (12)
日常の科学 (5)

開設者にコンタクトする

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。