2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日も新顔ゲット!メジロチメドリです。

今朝もチェンマイはとてもよい天気でしたので、昨日に続いてドイステープに出撃です。
昨日調子の悪かったヘリポートですが、今日は良いかもしれないとの期待を持って真っ先に向かったのですが、今日も野鳥の影は薄く、手ぶらで撤収して昨日ハイノドモリチメドリをゲットしたポイントに向かいました。

今日もそのポイントは割りと賑やかでオナガサイホウチョウ、カオジロヒヨドリ、エボシヒヨドリ、オウチュウ、ハイイロオウチュウ、ノドグロタイヨウチョウ、メジロ、キマユムシクイなどが入れ替わり立ち替わり姿を見せてくれましたが、私の狙いは昨日のハイノドモリチメドリのもう少し鮮明な写真なので、常連さんには悪いのですがあまり相手にしないで、じっとハイノドモリチメドリやその他のまだお目にかかったことのない新顔さんを待ちました。

そうしているうちに近くの藪のなかから馬のイナナキのようなけたたましい鳴き声、それもたくさん聞こえてきました。
あまり野鳥の鳴き声らしくはないのですが、ほかにこの辺りにそんな鳴き声の動物がいるとも思えませんので多分野鳥だろうけれど、いったいどんな野鳥かしら・・・と一生懸命探したのですが姿は見えません。

そうしているうちに、また別の藪の中から同じような声が聞こえてきて、その辺りに数羽のスズメくらいの茶色の野鳥が動き回っているのが見えました。
おっ、これがあの馬のイナナキの主か!とカメラを構えて姿を確認したら頭の部分が灰色で目の周りにメジロと同じようなはっきりした白いリングが見えました。

メジロ以外に目の周りにこんなにはっきりした白いリングのある野鳥は知りませんが、メジロよりはかなり大きいし、体の色が全然違います。
よし!おニューだぞ!と俄然力が入りましたが、この野鳥君は暗いところが大好きなのか、明るいところに全然出てきてくれないので、なかなかピントを合わせることが出来ないし、カメラの感度を800に上げても速いシャッタは切れませんので、なかなか写真になりません。

ついに音を上げて、良い画質で撮影することはあきらめて、とにかく撮影することが一番だと開き直って、露出不足は覚悟の上で、露出のたりない分はRAW現像の際に増感処理をすることにして、少々早めのシャッター速度でバシバシとシャッターを切りました。幸いデジカメでは有難いことに、何百枚シャッターを切ってもフィルム代も現像代もかかりません(笑)。

結局、相当な枚数撮影しましたが撮影後にカメラの後部液晶モニターで確認しても、覚悟はしていたものの殆どがひどい露出不足で、野鳥の姿はおぼろげにしか確認できません。

帰宅してパソコンに取り込んで確認しても、この野鳥を撮影した写真はどれもひどく暗くてそのままでは色もピントも確認できません。
JPGでの撮影だったらおそらく全部お手上げだったろう、と思いますが、RAW現像ソフトで増感処理をしてやると、何枚か贅沢を言わなければ使えそうな写真が撮れていました。

図鑑を調べたらメジロチメドリ(Grey-cheeked Fulvetta) と分かりました。
というわけで、三日連続の新顔ゲットでとても気を良くしていますが、昨日も今日も暗い藪の中の野鳥を何とかものにすることが出来たのはRAW撮影のお陰で、まさにRAWさまさまです。

RAW撮影をすることになったために、カメラのメモリーは高速大容量のものに交換、パソコンのハードディスクは大容量化、パソコン本体もパワーアップ、と、いろいろ大変でしたが、その価値はあったようです。

メジロチメドリ(Grey-cheeked Fulvetta) IMGP103354_R
メジロチメドリ(Grey-cheeked Fulvetta) IMGP103354_R posted by (C)MARUT


メジロチメドリ(Grey-cheeked Fulvetta) IMGP103343_R
メジロチメドリ(Grey-cheeked Fulvetta) IMGP103343_R posted by (C)MARUT


メジロチメドリ(Grey-cheeked Fulvetta) IMGP103341_R
メジロチメドリ(Grey-cheeked Fulvetta) IMGP103341_R posted by (C)MARUT
































☆ 当BLOGの写真は450ピクセルX338ピクセル と小さめですが
写真をクリックしていただくと、この写真の原画を保存している「PHOTO蔵」の
サイトにジャンプします。そこでもう一度写真をクリックしていただくと
原寸大の大きなサイズの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、
ぜひ「PHOTO蔵」の方の写真もごらんいただければ、と思います。
 楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、
やむを得ずこういう方法をとっていますが、
結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。
 今までに当BLOGに掲載した野鳥の写真の殆どは、すでに「PHOTO蔵」の方にも
大きなサイズでアップロードしております。
 「PHOTO蔵」の写真には、すべてに野鳥の名前を「タグ」としてつけておりますので、
野鳥名(和名)で簡単に検索していただけますので、ご利用くださいませ。
スポンサーサイト

コメント

さすがですね!

露出不足の撮影でも RAW現像ソフトでの増感処理でこのような写真になるのですか?
すばらしいですね。
そのソフトを使いこなす技量をお持ちのマルットさんに感服いたします。まさしく“鬼に金棒”!
今後も大いに期待しています。

Re:さすがですね!(01/23)

linliiさん、こんにちは
いつも有難うございます。
◎ RAW撮影で、現像時に増感すればいつもこういう風に出来るというわけではありません。
やはり露出不足の程度によりますね。あまりひどい露出不足だと増感するとノイズだらけになって見るに耐えなくなります。
今回はかなり近距離で撮影できたのでいつもほど激しいトリミングをしておりませんが、大きくトリミングすると今回の写真でもかなりノイズが目立ちます。
>そのソフトを使いこなす技量をお持ちのマルットさんに感服いたします。まさしく“鬼に金棒”!
◎ いえいえ、どなたでもちょっと練習すれば出来ることですよ。
あまり褒めないでくださいね。褒められるとすぐに舞い上がって、とんでもないことを始める恐れのある人なんです(笑)。
>今後も大いに期待しています。
◎ 有難うございます。頑張ってはまいりますが、腕よりも運頼みの人なので、過大には期待しないでくださいませ。
-----

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://marut944.blog.fc2.com/tb.php/920-439a3de2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Khun Marut

Author:Khun Marut
"クン・マルッ"は、タイ人の友達がつけてくれたタイ名前です。チェンマイで質素に隠居生活をしています。タイ生活の色々を出来るだけ写真入りで綴って行きたいと思います。色々な話題がありますので、検索してみて下さいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (100)
食 (22)
タイ生活 (120)
パソコン・インターネット (54)
交通 (11)
チェンマイの気候・天候 (132)
北タイの伝統と文化 (19)
熱帯魚 (40)
チェンマイの野鳥 (663)
チェンマイの自然 (143)
日本語ボランティア (2)
チェンマイという町 (12)
日常の科学 (5)

開設者にコンタクトする

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。