2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノビタキがチェンマイに帰ってきました

今朝は、夜明け頃目が覚めて外を見たら、雲がかなり多くて、あまり良い天気には
見えなかったので、ゆっくりと食事をしてメールをチェックして、
一段落して8時頃、もう一度外を見たら、今度はかなり青空が見えて結構良い天気に
なったように見えました。

8時過ぎてからの鳥見は暑いので、出かけようか、やめておこうかと、迷ったのですが、
9月末と言えばそろそろ渡り鳥の戻ってくる時期です。
昨年良い写真の撮れなかった渡り鳥や、まだ出会ったことの無い渡り鳥が来ているかも
知れませんが、家でのんびりしていたのでは会えるものも会えなくなってしまいますので、
少々暑いのは覚悟の上で支度をして出かけました。
と言っても、ドイステープに上がるにはちょっと時間的に遅すぎるので、
近場のSuan Luang R9 公園です。

公園に着いて、三脚を広げカメラをセットしたと思ったら、50mほど先の道路に
セキレイのような野鳥が見えました。
やはり渡り鳥が帰って来る時期なんですね。このセキレイらしき野鳥は近くに行くまでもなく
すぐに飛び去ってしまいましたが、その後、すぐに今季初めてのノビタキに出会い、
撮影に成功、その後キセキレイも撮影できました。
最初に見かけたセキレイらしい野鳥は、このキセキレイだったようです。
キセキレイは昨年の今頃、ちょっとだけ撮影できましたが、木の枝に邪魔されて
完全には写っていなかったので、再度の機会を待っていたのですが、漸く
全身の揃った写真が撮れてHAPPYな気分です。

また、撮影は出来ませんでしたが、コサメビタキのギーギーという特徴のある鳴き声も
何度も聞きました。
肌身に感じる気候はまだ雨季なのですが、野鳥の世界では着実に季節が変わりつつあるようです。

他に、キバラタイヨウチョウではない、しかしセアカハナドリでもない10センチに満たない
小型の野鳥が二羽、戯れ合っているのに出会い、これはひょっとして新顔かも、と
期待に胸を膨らませながら撮影したのですが、帰宅して調べたらこれは新顔ではなくて、
セアカハナドリの若鳥でした。

他にも、オウチュウ、セアカハナドリの♂、ネムの花の蜜を吸いに来ている
キバラタイヨウイチョウ、などなど、今日は色々な野鳥の写真が撮れて、
暑いのを我慢して出かけた甲斐がありました。

とは言いながら、二時間ほどの撮影行で汗びっしょりになり、帰宅したらすぐに
シャワーに直行でした。
やはり、今の季節、平地での撮影行は、朝早く出かけて9時ごろには帰宅するような
スケジュールでないと、暑さが厳しすぎます。

キセキレイ(Grey Wagtail) IMGP48124_R
キセキレイ(Grey Wagtail) IMGP48124_R posted by (C)MARUT

キセキレイ(Grey Wagtail) IMGP48132_R
キセキレイ(Grey Wagtail) IMGP48132_R posted by (C)MARUT

キセキレイ(Grey Wagtail) IMGP48119_R
キセキレイ(Grey Wagtail) IMGP48119_R posted by (C)MARUT

キバラタイヨウチョウ(Olive-backed Sunbird) IMGP48013_R
キバラタイヨウチョウ(Olive-backed Sunbird) IMGP48013_R posted by (C)MARUT
「PHOTO蔵」の方の大きな画像を」見ていただくと、キバラタイヨウチョウ(♂)の
口から胸にかけてネムの花の花粉が一杯ついているのが見えると思います。

セアカハナドリ(若)Scarlet-backed Flowerpecker IMGP48146_R
セアカハナドリ(若)Scarlet-backed Flowerpecker IMGP48146_R posted by (C)MARUT

セアカハナドリ(若)Scarlet-backed Flowerpecker IMGP48168_R
セアカハナドリ(若)Scarlet-backed Flowerpecker IMGP48168_R posted by (C)MARUT

ノビタキ(Stonechat) IMGP48215_R
ノビタキ(Stonechat) IMGP48215_R posted by (C)MARUT

ノビタキ(Stonechat) IMGP48233_R
ノビタキ(Stonechat) IMGP48233_R posted by (C)MARUT

オウチュウ(Black Drongo) IMGP47918_R
オウチュウ(Black Drongo) IMGP47918_R posted by (C)MARUT
このオウチュウはちょっと大柄で、全身から漂ってくる雰囲気もちょっと貫禄があるみたいで
なんとなくこの公園の主のような雰囲気が感じられました。


インドコムクドリ(Chestnut-tailed Starling) IMGP47923_R
インドコムクドリ(Chestnut-tailed Starling) IMGP47923_R posted by (C)MARUT

セアカハナドリ♂(Scarlet-backed Flowerpecker) IMGP48184_R
セアカハナドリ♂(Scarlet-backed Flowerpecker) IMGP48184_R posted by (C)MARUT

セアカハナドリ♂(Scarlet-backed Flowerpecker) IMGP48186_R
セアカハナドリ♂(Scarlet-backed Flowerpecker) IMGP48186_R posted by (C)MARUT

セアカハナドリ♂(Scarlet-backed Flowerpecker) IMGP48191_R
セアカハナドリ♂(Scarlet-backed Flowerpecker) IMGP48191_R posted by (C)MARUT

IMGP48064_R
IMGP48064_R posted by (C)MARUT
オマケです。











☆ 当BLOGの写真は450ピクセルX338ピクセル と小さめですが
写真をクリックしていただくと、この写真の原画を保存している「PHOTO蔵」の
サイトにジャンプします。そこでもう一度写真をクリックしていただくと
原寸大の大きなサイズの写真をご覧いただけます。
楽天さんの写真の限度を使い切ってしまったために、仕方なくこういう方法をとりましたが、
結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。
また、「PHOTO蔵」には、今までに楽天BLOGに掲載した野鳥の写真の殆どを、
大きなサイズでアップロードしましたので、どうぞご覧くださいませ。



スポンサーサイト

コメント

すごいですね♪

わずか2時間で、これだけの野鳥を綺麗に撮れるとはスゴイの一言です^^
キセキレイ、とても綺麗に撮れていますね。
キセキレイは、こちらでも結構見かけるのですが、動き回るので、なかなか綺麗に撮れません。
キバラタイヨウチョウは、面白い姿をしていますね^^
花の大きさから見て、かなり小さいのでしょうか?
セアカハナドリもユニークな鳥さんです。

Re:すごいですね♪(09/30)

milky4843さん、こんにちは
>わずか2時間で、これだけの野鳥を綺麗に撮れるとはスゴイの一言です^^
◎ 今日は幸運にも色々な野鳥に次々に出会えましたが、サッパリ!の日もしばしばですよ。
>キセキレイ、とても綺麗に撮れていますね。
>キセキレイは、こちらでも結構見かけるのですが、動き回るので、なかなか綺麗に撮れません。
◎ 有難うございます。今季初めての出会いでしたが、何とか撮影できて喜んでいます。
何とか10m以内に接近したかったのですが、無理でした(今日の写真は20mくらいだったと思います)。
>キバラタイヨウチョウは、面白い姿をしていますね^^
>花の大きさから見て、かなり小さいのでしょうか?
>セアカハナドリもユニークな鳥さんです。
◎ キバラタイヨウチョウもセアカハナドリも10センチに満たない小型の野鳥です。キバラタイヨウチョウは数が多いし、茂みに隠れることは少ないので撮影はそれほど難しくは無いのですが、セアカハナドリの方は、殆ど止まらないで動き続けていますし、それも木の葉の茂みの中にいることが多いので、撮影は大変難しいです。背中の真紅な部分をしっかりと撮影したいのですが、ブレがひどかったり、頭が写っていなかったり、で今日も無理でした(涙)。
-----

Re:ノビタキがチェンマイに帰ってきました(09/30)

相変わらず色鮮やかに撮られますね。

キセキレイもそちらへ渡るのですか? 黄色が綺麗。

ノビタキもこちらよりも精悍な感じがします。
まだこちらを入れ替わり立ち替わりで通過中ですよ。

Re[1]:ノビタキがチェンマイに帰ってきました(09/30)

ラッコ2722さん、お早うございます。
> 相変わらず色鮮やかに撮られますね。
◎ 腕も道具も良くないのですが、色のきれいな鳥さんが多いもので・・・(アセアセ)。
> キセキレイもそちらへ渡るのですか? 黄色が綺麗。
◎はい、日本と共通の渡り鳥は多いのですよ。
セキレイだけでなく、ツバメ、メジロ、モズ、ヒタキ類・・・・、チェンマイでは見掛けませんが水鳥は殆どが渡り鳥ですよね。そうそう、カワセミもそうらしいです。
>ノビタキもこちらよりも精悍な感じがします。
>まだこちらを入れ替わり立ち替わりで通過中ですよ。
◎ 日本のバードウォッチャーのあいだでは、ノビタキは人気もののようですね(BLOGなどで記事を良く見かけます)
こちらではこういう地味なノビタキしか見ないのですが、冬にはまるで違う姿になるそうですね。一度見て見たいものです。

-----

季節の移り変わりを感じますね

もう、ノビタキが戻ってきましたか?
きっと、第一陣なんでしょうね。
もうすぐ晩秋⇒冬と、日本では辛い季節が始まります。チェンマイの冬は過ごしやすいのでしょうか?

キセキレイも居るんですね!。
でも、まさかセグロセキレイまで(日本固有種)は居ないですよね。(笑)

Re:季節の移り変わりを感じますね(09/30)

Ashgardenさん、こんにちは
> もう、ノビタキが戻ってきましたか?
> きっと、第一陣なんでしょうね。
◎ そうだと思います。ノビタキはこちらでは結構良く見られますよ。 
>もうすぐ晩秋⇒冬と、日本では辛い季節が始まります。チェンマイの冬は過ごしやすいのでしょうか?
◎ チェンマイは北緯19度辺にありますので、11月12月は秋、冬は飛び越して1月2月は春です(MARUTの説ですが、ははは)。
と言うわけで、11月から2月、特に12月1月はとても快適ですよ。
>でも、まさかセグロセキレイまで(日本固有種)は居ないですよね。(笑)
◎ セグロセキレイはいませんが、セアカセキレイがいますよ(ウソです、セアカハナドリはいますけれどね)
◎ チェンマイで見かける渡り鳥には、日本と共通の種が結構いるんですよ。ヒタキの仲間、モズ、ツバメ、メジロ、カワセミ、水鳥の多く、などなど。
-----

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://marut944.blog.fc2.com/tb.php/857-8f36860d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Khun Marut

Author:Khun Marut
"クン・マルッ"は、タイ人の友達がつけてくれたタイ名前です。チェンマイで質素に隠居生活をしています。タイ生活の色々を出来るだけ写真入りで綴って行きたいと思います。色々な話題がありますので、検索してみて下さいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (100)
食 (22)
タイ生活 (120)
パソコン・インターネット (54)
交通 (11)
チェンマイの気候・天候 (132)
北タイの伝統と文化 (19)
熱帯魚 (40)
チェンマイの野鳥 (663)
チェンマイの自然 (143)
日本語ボランティア (2)
チェンマイという町 (12)
日常の科学 (5)

開設者にコンタクトする

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。