2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トビモノ(マミジロタヒバリ?)に挑戦してみました。

チェンマイは、もう雨季に入ったのでしょうか、先日のサイクロン崩れの低気圧が去ってからも、
あまりすっきりした天気は戻って来ていません。
晴れ間の出ていることは多いのですが、晴れているようでも雲が多く湿度が高いですし、
最近夕立もよく降ります。

と言う事はまさに雨季の気候のようです。
例年通りであれば、まだ雨季には少し早いような気がするのですが、
今年は雨季の始まりが少し早いようだと言う予報もありましたし、
北タイはすでに雨季に入っているのかもしれません。

この調子だと、カラッと晴れる日はいくら待っても当分はやって来ないかもしれませんので、
今朝もスカッとした天気ではありませんでしたが、
カメラを持ってSuan Luang公園(ラマ9世記念公園)に出かけました。
早朝の気温は24-5度くらいで、それ程高くは無いのですが、
湿度がかなり高いようで、ちょっと動き回るとじっとりと汗が出ますがそれがなかなか乾かなくて、
不快指数はかなり高い感じです。

そんな事を言っていても始まらないので、とにかく野鳥の姿を求めて公園内を徘徊していたところ、
いつもツバメ(日本のツバメと同じツバメのようです)がエサを求めて飛び回っている辺りで、
ツバメではない野鳥が一羽、チチチ、チチチ、と囀りながら上空20-30mくらいのところを
行ったり来たりしているのを見つけました。

しばらく観察していたら、しばらく上空で行ったり来たりしたあとは、草原に降りて、
しばらく何かしていますが、すぐにまた飛び立ちます。
そういうところは日本のヒバリに良く似ているようですが、日本のヒバリのように、
上空の高いところで連続的に囀るのではなく、比較的低い高度のところを
行ったり来たりしていますし、
囀りも、ヒバリに比べると断続的です。
行ったり来たりしている範囲は100m位の中のようでしたので、ちょっと飛行中の写真
(俗に言うトビモノですね?)に挑戦してみました。

私の撮影機材は、大変オールドファッションのもので、露出もピントも完全な手動(マニュアル)ですから、
最近のロボットカメラのように、いちど目標を捕捉してピントを合わせたら、後はカメラが目標に
喰らいついて放さない(ロックオン!です)、という最近のハイテクミサイル顔負けのような
機能は当然のことながらありませんので、自分の目と腕だけが頼りなのですが、
何せとうに減価償却の済んでしまったような老体ですから、
気ばかり焦ってもどうなるものでもありません。

悪戦苦闘をしばらく続けてきましたが、やはりMFの600m(相当)の望遠レンズでトビモノを狙うのは
無謀のようで、極甘の採点でも合格点のつけられるショットは一枚もありませんでした。

でも、中には何とかピントも露出も合ったショットが数点ありましたので、
単発銃で必中を狙うのは無理としても、バルカン砲(一秒間に60発くらい弾が出るそうです)並に
連写すれば、中にはマグレで使える写真が混じってくれる可能性が見えてきました。
幸い、私の機材でも、一秒当たり三コマ(60コマには程遠いですが)くらいの連写は可能なので、
文字通りの下手な鉄砲、を当分の間実践してみようかと考えているところです。

と言うわけで、今日は写真としては落第なのですが、かろうじてピントは合っているという
トビモノ写真(ピクセル等倍に切り取ったもの)を一点と、その野鳥が野原に下りたときに撮影した
ショット(これも、やっと20mくらいまで寄ったところで飛び立ってしまったので、
あまり鮮明とはいえないのですが)の二点をご紹介します。

さて、この野鳥の名前ですが、以前にもご紹介したことのあるRichard's Pipit(マミジロタヒバリ)
だと思いながら、念のために資料を確認してみたら、もう一種良く似た種Paddyfield Pipit
(ヒメマミジロタヒバリ)と言う種がいて、どちらか分からない、というよりも、
どちらかと言えばPaddyfield Pipit(ヒメマミジロタヒバリ)のほうが近い感じがします。

と言う事で、今日のところは、とりあえず
Paddyfield Pipit(ヒメマミジロタヒバリ)とさせていただきます。

トビモノ(ヒメマミジロタヒバリ?)

ヒメマミジロタヒバリ(?)


(追伸)Richard's Pipit(マミジロタヒバリ)の過去記事にリンクを貼ろうと思って、
探してみたのですが、見つかりません。
どうも、写真が気に入らないので、ご紹介はもう少しマシな写真が撮れてからにしよう、と考えながらそのままになってしまっているようです。
近日中にご紹介しようと思います。申し訳ございません。
















BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?

タイ・ブログランキング

「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。
かろうじて
スポンサーサイト

コメント

やりましたね!

いきなり小さなマミジロタヒバリをターゲットにするとは流石です。個人的にはハチクイの飛翔姿が好きなので、次は狙ってみてください。
ところで、以前の記事でルリコノハドリの♀がありましたが、雄のほうはどうですか? インドブッポウソウをルリコノハドリだと思っていた時期もあって、私にとっては、是非会って見たい鳥のひとつです。

Re:やりましたね!(05/09)

yossyさん、こんにちは。
トビモノはこれが初めて、と言うわけでも無いんですよ。滅多にやりませんけれど、たまにTRYしてみる事はあるんです(大成功はまだありませんけれど)。
> 個人的にはハチクイの飛翔姿が好きなので、次は狙ってみてください。
☆ それはまた難しいご注文ですね!ハチクイの仲間は、トマリモノでさえも滅多にお目にかかれないんですから。
>ところで、以前の記事でルリコノハドリの♀がありましたが、雄のほうはどうですか? 
☆ ルリコノハドリは、まだ鮮明な写真が撮れていなくてクエスチョンマークがついているのですが、その後もまだ再会できていないんですよ。
> インドブッポウソウをルリコノハドリだと思っていた時期もあって、私にとっては、是非会って見たい鳥のひとつです。
☆ インドブッポウソウも私はまだお目にかかっていないんです。ぜひ、対面したいものです。
-----

2008.02.16の件

今ごろでなんですが、「面白い植物です」の名がわかりましたのでコメントしました。

高難易度にチャレンジですね

ヒバリは定位置でホバリングしているように見えても、小刻みに動いてるんで、撮るのは難しいですよね。

Re:2008.02.16の件(05/09)

あおみさん、こんにちは。
>今ごろでなんですが、「面白い植物です」の名がわかりましたのでコメントしました。
☆ 有難うございました。
これからも、よろしくお願いいたしますね。
-----

Re:高難易度にチャレンジですね(05/09)

Ashgardenさん、こんにちは。
>ヒバリは定位置でホバリングしているように見えても、小刻みに動いてるんで、撮るのは難しいですよね。
☆ ヒバリのようにホバリングしてくれればもう少し楽に撮影できるのではないかと思うのですが、この「タヒバリ」は、まるでツバメのような飛び方をするんですよ(ツバメほど高速では無いですが)。
というわけで、撮影は大変困難でした。
でも、近いうちにまたTRYしてみますね。
-----

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://marut944.blog.fc2.com/tb.php/798-7aab6537
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Khun Marut

Author:Khun Marut
"クン・マルッ"は、タイ人の友達がつけてくれたタイ名前です。チェンマイで質素に隠居生活をしています。タイ生活の色々を出来るだけ写真入りで綴って行きたいと思います。色々な話題がありますので、検索してみて下さいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (100)
食 (22)
タイ生活 (120)
パソコン・インターネット (54)
交通 (11)
チェンマイの気候・天候 (132)
北タイの伝統と文化 (19)
熱帯魚 (40)
チェンマイの野鳥 (663)
チェンマイの自然 (143)
日本語ボランティア (2)
チェンマイという町 (12)
日常の科学 (5)

開設者にコンタクトする

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。