2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

White-browed Shrike Babblerアカバネモズチメドリ(♂)が撮れました

先日ドイステープで撮影した写真を整理していましたら、今まで Little Pied Flycatcher(ハジロマユヒタキ)と分類していた野鳥の、新しいアングルの写真が撮れていて、その写真から分かる特徴は、Little Pied Flycatcher(ハジロマユヒタキ)の特徴とは明らかに矛盾することがわかりました。

では、この野鳥の正体は?と、手持ちの資料をあさってみましたら、 アカバネモズチメドリ(White-browed Shrike Babbler)の♂と、特徴がほぼ一致しました。
つまり、先日Little Pied Flycatcher(ハジロマユヒタキ)としてご紹介した写真の野鳥もアカバネモズチメドリ(White-browed Shrike Babbler)の♂だった、と言う事のようです。

アカバネモズチメドリの♀は、先日ご紹介したばかりですが、♂と♀はずい分違うのですね。

そんなわけで、私のPHOTOライブラリーの中に、明らかにLittle Pied Flycatcher(ハジロマユヒタキ)と断定できる写真はなくなってしまいました。


White-browed Shrike Babblerアカバネモズチメドリ(♂)

White-browed Shrike Babblerアカバネモズチメドリ(♂)




















BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?

タイ・ブログランキング

「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。
スポンサーサイト

コメント

Re:White-browed Shrike Babblerアカバネモズチメドリ(♂)が撮れました(03/30)

おはようございます。
確かに鳥は雌雄の違いや幼鳥、婚姻色など、図鑑での区別は非常に困難ですよね。私の場合、撮影機材がないので、記憶だけが頼りですが、黄色だったか緑だったかさえ怪しい場合も多々あります。
僭越ですが、最近ネットで下記の野鳥データベースを見つけました。(既にご存知かもしれませんが)
私は一応図鑑でめぼしをつけて、学名を入力して確認しています。雨季に入れば、葉も茂り観察が難しくなると思いますが、がんばってください。yossy
http://orientalbirdimages.org/index.php" target="_blank">http://orientalbirdimages.org/index.php
http://www.bsc-eoc.org/avibase/avibase.jsp?pg=home&" target="_blank">http://www.bsc-eoc.org/avibase/avibase.jsp?pg=home& ;lang=EN

Re[1]:White-browed Shrike Babblerアカバネモズチメドリ(♂)が撮れました(03/30)

yossyさん、こんにちは。
>確かに鳥は雌雄の違いや幼鳥、婚姻色など、図鑑での区別は非常に困難ですよね。私の場合、撮影機材がないので、記憶だけが頼りですが、黄色だったか緑だったかさえ怪しい場合も多々あります。
☆ 私の場合は、一応撮影した画像を元に分類するのですが、それでも記憶力が不確かなために間違いを犯すことがしばしばです。せめて、これ以上年はとりたく無いもんだた、思うのですが、こればっかりは・・・。
>僭越ですが、最近ネットで下記の野鳥データベースを見つけました。(既にご存知かもしれませんが)
>私は一応図鑑でめぼしをつけて、学名を入力して確認しています。
http://orientalbirdimages.org/index.php" target="_blank">http://orientalbirdimages.org/index.php
http://www.bsc-eoc.org/avibase/avibase.jsp?pg=home&" target="_blank">http://www.bsc-eoc.org/avibase/avibase.jsp?pg=home& ; ;lang=EN

☆ 有難うございます。一番目の方は存じておりましたが、二番目の方は初めてです。
早速、利用させていただきますね。
> 雨季に入れば、葉も茂り観察が難しくなると思いますが、がんばってください。yossy
☆ そうなんです。もうすでに、二月ごろまでに比べると、ずいぶん葉が多くなっていまして、野鳥は発見しても写真が撮れない状況が多くなっています。
まあ、時間だけはたっぷりとある隠居の身ですから、根気だけを武器に頑張っていこうと思います。
これからもよろしくお願いいたします。MARUT
-----

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://marut944.blog.fc2.com/tb.php/775-42e5ab82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Khun Marut

Author:Khun Marut
"クン・マルッ"は、タイ人の友達がつけてくれたタイ名前です。チェンマイで質素に隠居生活をしています。タイ生活の色々を出来るだけ写真入りで綴って行きたいと思います。色々な話題がありますので、検索してみて下さいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (100)
食 (22)
タイ生活 (120)
パソコン・インターネット (54)
交通 (11)
チェンマイの気候・天候 (132)
北タイの伝統と文化 (19)
熱帯魚 (40)
チェンマイの野鳥 (663)
チェンマイの自然 (143)
日本語ボランティア (2)
チェンマイという町 (12)
日常の科学 (5)

開設者にコンタクトする

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。