2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本からの荷物

昨年の正月明けごろから、野鳥の写真撮影はじめたのですが、
今ではこれが日課のようになり、カメラに触らない日は殆どなくなりました。

BLOGに少しでもマシな写真を掲載したいものだと、いろいろと勉強しておりますが、やはり機材の方もある程度は揃えてやらないと、気持ちだけでは如何ともしがたい場面が多くあります。

写真の機材に関しては、経済的なゆとりがあれば、いくらでもすばらしい撮影機材が手に入りますが、貧乏隠居の私にとっては目の毒になるようなものばかりで、なかなか思うようにはなりません。
そこで考えたのが、昔よくお世話になっていたYAHOOオークションです。

幸いなことに、写真の世界では20年も30年も前に製造された機材で今も現役で使えるものがたくさんあります。
私が現在メインで使っている望遠レンズも実はオークションで購入した20年前の製品で、しかも発売当時から財布に優しい価格の製品で、決して高級品ではありませんでした。

それでも、レンズとしての性能はまあまあで、使いこなせればそこそこの画質の写真が撮れます。
でも、最近それだけでは撮影できる機会が限定されてしまって、折角のチャンスを歯軋りしながら見逃すようなことがしばしばあり、どうしてももう少し機材を充実したいものだと考えるようになり、この一ヶ月ほどの間でオークションで2-3の撮影機材を補充することが出来ました。

今回購入した品物もまた、10年~20年くらい以前に製造されたものばかり、しかも安い製品ばかりで、もし、それらの購入価格を当BLOGをご覧いただいている皆様に公表したら笑われるのは間違いなさそうなので、公表は控えさせていただきますが、とにかく、とても安い価格である程度の撮影機材のレベルアップが図れました。

オークションでは殆どの出品者が海外発送はしてくれませんので、落札した品物はとりあえず日本にいる友人にお願いして代理で受け取って保管しておいて頂いて、先日まとめて私に向けて発送していただきましたが、心配だったのは、タイの税関です。

日本むけの荷物は、現在までに関税の引き下げが相当進んできているので、
昔と違ってよほど高額な品物とか販売用に大量に送るのでなければ、税金の心配は余りしなくて良いのですが、タイでは(昔は日本もそうでしたが)先進国からの荷物に関税を掛けることに大変熱心(貪欲と言ったほうが適切?)です。

タイでは何事につけて、マニュアルが整備されていなくて「担当者の裁量による」と言うことが多くて、それで泣かされる人が多いのですが、私の今回の買い物でも、実際の購入額は低くても、タイの税関職員が高額な品物、または課税率の高い品物だと認定したら、それによって課税されてしまいます。

そういう懸念から、今使っている望遠レンズは、ちょうどその頃日本からチェンマイに来られる方がおられたので、その方にご無理をお願いして運んでいただいたのですが、あまりしばしば他人様を当てにするのは申し訳ありませんので、今回は郵送してみることにしました。

とはいえ、今回の品物の中には一見きれいなものもありますし(どれも古いものばかりなのですけど)、写真関係に知識の無い人が見たら高価そうに見えてしまう可能性は無いとは言えませんので、運が悪ければ購入額と同額またはそれ以上の関税や消費税を課されてしまう畏れも否定できません。

かと言って、万が一にもそのような事になっては堪らないので、
なけなしの知恵をしぼったのですが、今までその品物を預かってくれていた友人にお願いして、中古品販売業者として中古品販売の納品書を作って頂いてパッケージの中に同梱していただくようにして、EMSのラベルを書くときに、内容物、価額の申告欄にはその納品書と同じ品名や金額を記入してもらうようにお願いしました。

こうしておけば、税官吏が内容物を見たときに、EMSの申告欄に書いている内容が正直なものであると言う「さりげない・・・・つまりワザとらしくない」証明になると考えたのです。
EMSの申告欄に記入するだけだと、安めに記入しているだろう、と考えられてしまうでしょうし、現実に正直な金額を記入する人は少ないでしょう(笑)。

でも、こうしておけば、最低でも何がしかの税金(関税)は免れないかわりに、不当な課税をされる可能性は下がるのではないか、と考えたわけです。

昨日の土曜日、課税荷物が届いているので郵便局まで受け取りに来るように、という通知書が郵便局から届いたのですが、土日は郵便局の窓口は開いていないので、明日、受け取りに行ってこようと考えていますが、果たして税金はどうなっているでしょうか。
ちょっとハラハラドキドキです。









「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?


タイランドハイパーブログランク


スポンサーサイト

コメント

新兵器が増えるんですね

増えた新兵器で、新しい切り口の写真をたくさん見えてくださいね。
ところで、MARUTさんはワルサーの照準器はお使いですか?

http://members6.tsukaeru.net/otomi/yatyou/a20726-1.html" target="_blank">http://members6.tsukaeru.net/otomi/yatyou/a20726-1.html

長いレンズで鳥を追いかけている時には、ファインダーで捕らえるのにもたついてしまって、チャンスを逃しがちですが、これが在るととても便利です。
またもや隠居生活のお方の物欲を刺激してしまい、申し訳ありません(笑)

ちなみにAshが使っているのはレンズが四角いモデルです。

Re:新兵器が増えるんですね(10/14)

Ashgardenさん、こんにちは。
早速、昨日より新兵器のテストと習熟に取り掛かりましたが、今回の新兵器の使いこなしはなかなかの難物で、これらの効果がBLOGに現れるには、今しばらくの時間が必要なようです。
>ところで、MARUTさんはワルサーの照準器はお使いですか?
☆ 私は今のところ常に手持ち撮影ですので、
ターゲットをファインダーに捕まえられなくて慌てる、ということはめったにありませんので、照準器の必要性は感じていないんですよ。
でも、将来もっと長いタマを使うようになったら必要になるでしょうね。情報を有難うございました。

実は(ナイショですが)、むかしエアピストルの早撃ち競技をやっておりましたので、照準器のことはよく知っているんですよ。あれを使うようになってターゲットを捕まえるのがずいぶん早く正確になりました。


-----

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://marut944.blog.fc2.com/tb.php/674-91346d55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Khun Marut

Author:Khun Marut
"クン・マルッ"は、タイ人の友達がつけてくれたタイ名前です。チェンマイで質素に隠居生活をしています。タイ生活の色々を出来るだけ写真入りで綴って行きたいと思います。色々な話題がありますので、検索してみて下さいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (100)
食 (22)
タイ生活 (120)
パソコン・インターネット (54)
交通 (11)
チェンマイの気候・天候 (132)
北タイの伝統と文化 (19)
熱帯魚 (40)
チェンマイの野鳥 (663)
チェンマイの自然 (143)
日本語ボランティア (2)
チェンマイという町 (12)
日常の科学 (5)

開設者にコンタクトする

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。