2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(最終回)長く使わなかったニッケル水素電池の復活

四年間使わなかったニッケル水素電池の復活大作戦ですが、
不活性化現象の起きていると見られる、四年以上使わなかった今回の電池二本と、まだ新品同様のニッケル水素電池二本で四本セットを作り、これでデジカメを駆動してみる、という次の作戦はうまく行きませんでした。

一応、デジカメは作動するのですが、正常な満充電の電池を使用した時の撮影可能枚数の三分の一くらいしか撮影できず、しかも電池の残量表示がとても不安定で、電池切れ間近を指したあとで、また満充電を指したり、半量表示になったりで、この結果は、もう一度これらの電池を完全放電、完全充電をしたあとも変わりませんでした。

ということで、これ以上の実験継続は時間の無駄、ということで、「この電池を私の現有デジカメに活用する」という目的に関してはギブアップという結果をご報告せざるを得なくなりました。

当初この電池を購入した際の説明書も見つかり、じっくりと読んでみましたが、
メモリー効果や長い間使わなかったときに起きることのある不活性化については何も記述はなく、最初に使うときと長く使わなかったときには数回の放電と充電を繰り返すてください、としか記述がありません。

もしも取扱説明書に「長期間使わないときには最低x年に一度はx回の完全放電、満充電を実施しないと、不活性化により使用不能になる恐れがある」と言うような記述があれば、今回のトラブルはなかったと思いますし、もしもそれを行わずにこうなっていても私の責任なのですが、メーカーの商品取扱説明書に説明がない場合は、ユーザーとしては未然に防ぐ手立てはないので、むざむざと使えるはずの電池を無駄にしてしまったと言うことです。


こういうメーカーの態度はとても不親切なものと言う感じがしたので、
メーカーに苦情を言うことも検討してみようかと思いましたが、その前にもう少し調べてみることにしました。

まずメーカーのSANYOのWEBSITEにこういうことに関する記述がないかどうか調べてみましたら、このようなものがありました。

(ニッケル水素電池に関する)よくある質問

不活性化については何も記述はないのですが、メモリー効果(と俗に呼ばれている現象)についてはかなり詳しい記述があり、これを読んで分かったことは、
電池を使用する機器(デジカメなど)の設計が、電池の側の希望する使用条件とがうまく合っていないとこういうことが起き得ると言うことです。

今回の私の実験では、単三型電池二本を使用した懐中電灯の点灯可能時間は、古い電池も新しい2300mAHの電池もほぼ同じでした。
ということは、この古い電池は電池の容量は新品のときと大差は無いということです。
これが私のデジカメでは満足に使用できないと言のは、この古い電池は、電流容量においては新品と大差はなくても、起電力(または内部抵抗値に)において差が出来てしまっていて、この差が私のデジカメの、電池に関する基準を満たしていないと言うことでしょう。

では、仮に私がメーカーであるSANYOに苦情を申し立てたらどうなるでしょう?
おそらく「電池は当社の基準内では正常で、これが使えないのはカメラの電池に対する要求が厳しすぎるからで、電池メーカーとしては責任はありません」と逃げられるでしょう。

では、デジカメのメーカーに苦情を申し立てたら?
「正常な状態のニッケル水素電池を使用する限り、どのメーカーのどの製品を使ってもこういう現象は起きないので、電池側に問題がおきているとしか言いようがない。したがって当デジカメに問題があるとは認めません」と言う回答でしょうね。

というわけで、今回の問題は電池メーカー、デジカメのメーカーどちらに苦情を言っても取り上げてもらえる可能性は少ないでしょう。
ということで今回はまことに不本意ながらギブアップといたします。

でも、こういう現象に関して、電池メーカーもデジカメメーカーももう少し消費者の身になって親切な取扱説明書を作っていただきたいと切に思います。










「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?


タイランドハイパーブログランク






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://marut944.blog.fc2.com/tb.php/657-8cb2be5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Khun Marut

Author:Khun Marut
"クン・マルッ"は、タイ人の友達がつけてくれたタイ名前です。チェンマイで質素に隠居生活をしています。タイ生活の色々を出来るだけ写真入りで綴って行きたいと思います。色々な話題がありますので、検索してみて下さいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (100)
食 (22)
タイ生活 (120)
パソコン・インターネット (54)
交通 (11)
チェンマイの気候・天候 (132)
北タイの伝統と文化 (19)
熱帯魚 (40)
チェンマイの野鳥 (663)
チェンマイの自然 (143)
日本語ボランティア (2)
チェンマイという町 (12)
日常の科学 (5)

開設者にコンタクトする

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。