2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キビタイコノハドリ・・・久かたぶりの新種が撮れました

昨夜は、昼間に久かたぶりの新種が撮影できたので勇んでBLOGの更新をしようとしたら、なんと楽天BLOGは、トラブルがあって緊急メンテナンス中、とのことで管理画面が開けませんでした。
今朝は回復していますが、管理画面には昨夜からのサービス停止については何も告知が見えません。
「管理スタッフBLOG」というところを覗いてみたらちょっとだけお詫びがありましたが、どんなトラブルがあったのかについてはここにも記載がありません。ちょっと変です。
まあ、無料で便利に使わせていただいているので、文句はほどほどにして、
主題に入りましょう。

昨日は、午前中は山は雲に覆われていて、野鳥も飛行機もとても撮影にでかけるような天候ではなかったのですが、昼ごろからどんどん晴れ間が広がってきて、山もわりと上の方まで見えてきたので、ちょっとカメラを持って出かけてみました。

一昨日飛行機を撮影した場所でしばらく飛行機がやってくるのを待っていたら、
目の前をコウラウンくらいの大きさの緑色の野鳥が横切りましたので、
周囲の木立の中に注意してみると、どうもこの周囲の木立の中にこの緑色の野鳥が潜んでいるらしく、ときどきチラッとその姿らしいものが見えるのですが、到底写真を撮影できるレベルではありません。
(コウラウンはチェンマイではとてもポピュラーな野鳥なので大きさの引き合いに出しましたが、日本の皆さんにはピンと来ないでしょうね。
日本の野鳥で言うと・・・・・ヒヨドリくらいと言ったらお分かりいただけるでしょうか。じつはコウラウンもヒヨドリの仲間ですけれど)

実は、この野鳥は数日前にも目撃していたのですが、そのときは正体は確認できませんでした。
何とか確認したいものだ、とその後は飛行機はそっちのけでその野鳥を探しましたが、なかなか写真が撮れる状況にはなりません。

かなりの時間がたった頃、一羽の緑色の野鳥が私の背後から私の真上を超えて行ったと思ったら、20mほど先の枝に止まりました。

おっ、チャンス!と早速撮影を開始しましたが、みごとな保護色で、肉眼では殆ど存在が分かりません。
カメラのズームを望遠側最大にセットしてファインダーを覗いても、かろうじて居るのが分かる程度でしたので、とにかく見当でシャッターを切りまくりました。

2~3分で飛び去ってしまったので、チャンスはそのとき一回だけでしたが、
幸い何枚かのショットが使えそうな感じです。

キビタイコノハドリ

多分以前に一度だけ撮影したことのあるアオバネコノハドリだろうと思ったのですが、
帰宅して各ショットを拡大して精細にチェックしてみたら、一枚のショットに、この野鳥の顔面が・・・
それも顔面だけがが写っているのがあって、なんと額が濃い黄色です。

キビタイコノハドリ(2)

早速図鑑を調べたら、やはりアオバネコノハドリではなく、キビタイコノハドリのようです。
やったー、久しぶりの新種追加です。

このコマは、野鳥は何も写っていないと思って、削除寸前だったのですが、
削除をクリックする前に、念のため、と思ってもう一度拡大してみたら顔面だけが小さく写っているのに気がついた、というわけで幸運でした。
このコマを捨てていたら、キビタイコノハドリということは分からなかったわけですから。

ちなみに、一枚目の写真の何も加工しない前のものを載せておきますね。
どこに野鳥がいるかお分かりですか?
420mm相当の望遠レンズにテレコンバーターを装着して、約700mm相当の望遠レンズで撮影しても、こんな大きさにしか写らないんです。
野鳥の撮影は本当に難しいです。
キビタイコノハドリ(3)

というわけですが、その後その場所では飛行機の離着陸も数回撮影して、
良い気分で帰宅にかかったのですが、帰宅した直後夕立が来まして、
間一髪、ヌレネズミにならずにすみました・・・・というわけでちょっとツイていたような感じの一日でした。

蛇足ですが、
以前、SARAPHI(チェンマイの南の小さな町です)に住んでいた頃は、
山は遠くて、気楽にちょっと覗きに行ってみる、と言うことは出来ませんでしたが、今はドイステープのふもとに住んでいるようなものですから、
いつでも気楽に、山や森に散歩のような気分で出かけています。

チェンマイ大学のそばと言うことで便利さもまずまずで、
今回の引越し(と言ってももう半年が経過しましたが)は成功だったようです。








「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?


タイランドハイパーブログランク




スポンサーサイト

コメント

確かに保護色

三枚目の写真など、かつて流行した「ウォーリーを探せ」のようなもので、ちょっと見には鳥が居るとは解りませんね。
世の中にはこのような色合いの鳥が居る一方、とても奇抜で派手な色合いの鳥が居ますが、これらの鳥たちがどんな理由で色を選ぶ(進化する)んでしょうね。不思議です。鳥にも「内向性」と「外向性」の気質があるんでしょうか?

ところで、二回目の飛行機撮影場所探しは反響無かったですね。Google Earthにもう一度活躍してもらおうかとも思ったのですが、今週は出張やらなにやらで超多忙だったので諦めました。

Re:確かに保護色(08/31)

Ashgardenさん、こんにちは。
>三枚目の写真など、かつて流行した「ウォーリーを探せ」のようなもので、ちょっと見には鳥が居るとは解りませんね。
☆ 本当に、見えなくて困ったのですよ。
>世の中にはこのような色合いの鳥が居る一方、とても奇抜で派手な色合いの鳥が居ますが、これらの鳥たちがどんな理由で色を選ぶ(進化する)んでしょう?
鳥にも「内向性」と「外向性」の気質があるんでしょうか?
☆ 造物主と言うようなものがおられるのなら、いつかお尋ねしてみたいですね。
>ところで、二回目の飛行機撮影場所探しは反響無かったですね。Google Earthにもう一度活躍してもらおうかとも思ったのですが、今週は出張やらなにやらで超多忙だったので諦めました。
☆ そう仰らずに、ぜひ挑戦してみてくださいませ。
-----

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://marut944.blog.fc2.com/tb.php/649-e02fbf33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Khun Marut

Author:Khun Marut
"クン・マルッ"は、タイ人の友達がつけてくれたタイ名前です。チェンマイで質素に隠居生活をしています。タイ生活の色々を出来るだけ写真入りで綴って行きたいと思います。色々な話題がありますので、検索してみて下さいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (100)
食 (22)
タイ生活 (120)
パソコン・インターネット (54)
交通 (11)
チェンマイの気候・天候 (132)
北タイの伝統と文化 (19)
熱帯魚 (40)
チェンマイの野鳥 (663)
チェンマイの自然 (143)
日本語ボランティア (2)
チェンマイという町 (12)
日常の科学 (5)

開設者にコンタクトする

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。