2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wat Doi Kham (ドイカム寺) in Chiangmai

先日、チェンマイ空港に着陸しようとしている飛行機の写真を掲載して、
この写真は何処から撮影したものでしょうか?とクイズを差し上げたのですが、
今日は朝から雨季には珍しい良い天気で、昼になっても雲の高さは高く、
雨の降りそうな感じはまったく感じられなかったので、
その写真の撮影場所・・・チェンマイ花博の会場の西の山にあるドイカム寺・・・に再取材に行ってきました。

ドイカム寺は昨年開催されたチェンマイ国際花博覧会の会場のすぐ西の小高い丘の上にある古いお寺ですが、規模はあまり大きくはありません。
でも、つくりは有名なドイステープ寺に良く似ていて、境内には金色のパゴダがあり、たくさんの仏像のおかれた小屋がそのパゴダを囲んでいます。
月曜日の昼間ということで、参詣者も少なく閑散としていました。

ドイカム寺

ドイカム寺(2)


ご本尊でしょうか、巨大な仏像が屋外にありますが、私にはそのお顔は普通のタイの仏様に比べてずいぶん優しい親しみやすい表情のように思えました。

ドイカム寺(3)


境内を通り抜けると集会場をかねた展望広場に出ますが、
そこはとても見晴らしが良くて、花博の会場を眼下に見下ろせるだけでなく、
チェンマイ空港、チェンマイの南部一帯、その向こうの山並みまでが
一望でき、この眺望の見事さは、ドイステープからの眺望に勝るとも劣らないように思います。
そこにはテントつきのベンチがたくさんあって、テントの下に入れば
強烈な日差しを避けて、森の中から吹いてくるそよ風がとても快適です。

チェンマイ国際花博

曇り勝ちの天気の日は憂鬱ですが気温はあまり上りません。でも今日は久しぶりの良い天気で、熱帯の強烈な日差しが情け容赦なく照りつけてきます。
気温は35度を超えていたのではないかと思いますが、こういう設備はとても有難く感じられます。

そこで、飛行機の離着陸を待っていましたら、間もなく遠くから一機がやってきましたので早速着陸風景を撮影してみました。

Thai Air Asia


拡大してみたら、Thai Air Asia の機体です。
今年の初めごろ、バンコクに用事かあったときに利用させてもらいましたが、なんと座席指定が無くって、先に搭乗した人から好きな座席に座るようになっていました。
でも、考えてみればたった一時間ほどのフライトですから、それで何にも問題はありませんね。

続いてもう一機がやってきましたので、これも撮影しました。

ラオス航空


こちらはラオス航空のようですが、私はまだ利用したことが無いので
書き込むネタがありません。
ご存知の方がいらっしゃいましたらよろしくお願いいたします。

ちなみに、Google Earth でドイカム寺からチェンマイ空港の滑走路までの距離を見てみたら約4.5kmありました。
Google Earth については、以前
チェンマイ空港の衛星写真(GOOGLEの新サービス)
GOOGLEの新しい衛星写真閲覧ソフト
でご紹介しております。


ということで、
今日は、久しぶりの文句ない晴天でしたが、このところ何となく、
天気の様子が少し変わってきているようで、そろそろ雨季も終わりが近くなってきているしるしなのかもしれません。
本当にそうなら嬉しいのですが・・・・。








「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?


タイランドハイパーブログランク


スポンサーサイト

コメント

きれいなお寺ですね

ドイカム寺の写真見ました。仏教のお寺とは言っても日本のお寺よりも、ずっときらびやかできれいですね。二枚目の写真の左側には日本の十二天(例えば毘沙門天)のような像が建っていますが、ここらの武神の由来も日本と似ているのでしょうかね?

Re:きれいなお寺ですね(08/27)

Ashgardenさん、こんにちは。
> ドイカム寺の写真見ました。仏教のお寺とは言っても日本のお寺よりも、ずっときらびやかできれいですね。
☆ そうですね。タイのお寺は日本のお寺よりもずいぶん華やかです。でも日本でも昔はそうだったのではないでしょうか?
宇治の平等院の鳳凰堂など、建設当時はずいぶんきらびやかなものではなかったかと聞きます。
> 二枚目の写真の左側には日本の十二天(例えば毘沙門天)のような像が建っていますが、ここらの武神の由来も日本と似ているのでしょうかね?
☆ タイの仏教は日本のものとはかなり違って、ヒンドゥー教の影響が濃いと聞きます。
あの像は日本で言う「夜叉」・・鬼ですね・・のようですが、こちらでもYAKSYAと呼ばれている神ではないかと思います。たぶん語源は同じだと思います。
-----

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://marut944.blog.fc2.com/tb.php/647-0d13cbe5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Khun Marut

Author:Khun Marut
"クン・マルッ"は、タイ人の友達がつけてくれたタイ名前です。チェンマイで質素に隠居生活をしています。タイ生活の色々を出来るだけ写真入りで綴って行きたいと思います。色々な話題がありますので、検索してみて下さいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (100)
食 (22)
タイ生活 (120)
パソコン・インターネット (54)
交通 (11)
チェンマイの気候・天候 (132)
北タイの伝統と文化 (19)
熱帯魚 (40)
チェンマイの野鳥 (663)
チェンマイの自然 (143)
日本語ボランティア (2)
チェンマイという町 (12)
日常の科学 (5)

開設者にコンタクトする

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。