2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オウチュウ(Black Drongo)

オウチュウはチェンマイでは比較的よく見かける野鳥です。
街中には殆ど居ませんが、郊外の田園地帯や樹木の多い公園などでは時々見かけます。
漢字では烏秋と書くようですが、その出典については良く存じません。

今日の写真のオウチュウは昨年の大晦日の日、その頃毎日のように野鳥の姿をを求めて出かけていたSARAPHIの公園で撮影したものですが、当BLOGではまだ未発表のものです。

今までにご紹介したオウチュウの記事は以下のようなものがあります。
 意外に身近にいたオウチュウ
 ブーゲンビリアとオウチュウ
 水牛とオウチュウ
 オウチュウのお食事

その公園にはずいぶんたくさんのオウチュウが住んでいて、その頃までオウチュウは、山間部に出かけたときなどに、たまに見かけることはあっても、なかなか写真をと撮らせてくれない、私にとっては「貴重種」だったのですが、その公園に行くようになってからは、いつでもみられるありふれた野鳥に格下げになってしまいました。

でも、このオウチュウという野鳥は、まるで黒いロングドレスの貴婦人といった感じで、飛び方もグライディングを主体とした、まるで舞うような優雅な飛びかたですし、鳴き声はまるで貴婦人のささやきといった感じです。
でも、たまに仲間内で争っている時など、ギャアギャアと100年の恋も冷めてしまいそうな品の無い鳴き声でわめいているときもあり、これがあの優雅なオウチュウとはとても信じがたいです。

ちなみに、今まで私の撮影したオウチュウは四種類いまして、
このオウチュウ(Black Drongo)が一番ポピュラーで、
他の三種、ヒメオウチュウ(Blonze Drongo)
カザリオウチュウ(Greater Racket-tailed Drongo)
ヒメカザリオウチュウ(Lesser Racket-tailed Drongo)
は、山間部でしか見かけたことがありません。

オウチュウ












「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?


タイランドハイパーブログランク

スポンサーサイト

コメント

けったいな尾羽ですね

オウチョウの尾羽は一見ツバメのようでもありますが、このような尾羽の鳥って日本には居ないように思います。
それよりもけったいなのはカザリオウチョウやヒメカザリオウチョウの尾羽ですよね。何のために、こんなものがぶら下がってるのか?
Ashは、それぞれの生き物の造形には何らかの意味や理由が在るものと思います。何らかの目的が在ってこんな尾羽に成ったのでしょうが。
もし、Ashがソロモンの指輪(動物の言葉が聞き取れるという不思議な指輪)を持ってたら、彼らに聞いてみたいな。
カザリオウチョウが尾羽をふわふわと揺らせながら優雅に飛ぶ姿、見てみたいですね。
チェンマイに行かないと見れないでしょうが。

はじめまして

今度の年末年始にチェンマイへ行こうと企てていまして、こちらにたどり着きました。
移住なさってらっしゃるのですね。それだけ魅力的な町なんですね、きっと。
ところで先ほど年末年始についての記事を拝読いたしましたが、寺院や市場、美術館、お店や近郊へのツアーも普段どおりなんでしょうか?もしよければ教えていただけるととってもありがたいです。
これからもこちらに遊びに来させていただきますね。
よろしくお願いいたします^^

Re:はじめまして(08/13)

nomadflowerさん、こんにちは。
チェンマイは本当に良いところですよ。
ただ、気候については、快適なのは11月から2月ごろまでだけで、3~5月はとても暑いですし、その後10月ごろまでは雨が多く湿度が高いです。まあ、天気の悪い日には最高気温はあまり上がりませんが。
>ところで先ほど年末年始についての記事を拝読いたしましたが、寺院や市場、美術館、お店や近郊へのツアーも普段どおりなんでしょうか?もしよければ教えていただけるととってもありがたいです。
☆ 今年の大晦日は月曜ですね。ということは代休はありませんので、正月の二日からは殆どが平常通りになります。大晦日と元旦の日は銀行も官庁も休みです。美術館は普通は平日を定休にしていることが多いと思いますが、年末年始についてはちょっと分かりません。お寺は年末年始に閉まることはありえないと思います。普段よりもお参りする人がはるかに多いですから。
>これからもこちらに遊びに来させていただきますね。よろしくお願いいたします^^
☆ ぜひ、またお見えください。
お待ちしております。
-----

Re:けったいな尾羽ですね(08/13)

Ashgardenさん、こんにちは。
書き込んだはずの内容が、なぜか一部消えてしまっているようなので書き直します。

>それよりもけったいなのはカザリオウチョウやヒメカザリオウチョウの尾羽ですよね。何のために、こんなものがぶら下がってるのか?
>Ashは、それぞれの生き物の造形には何らかの意味や理由が在るものと思います。何らかの目的が在ってこんな尾羽に成ったのでしょうが。
☆ わたしも、そう思います。
でも、この飾り羽根については、想像がつきません。
>もし、Ashがソロモンの指輪(動物の言葉が聞き取れるという不思議な指輪)を持ってたら、彼らに聞いてみたいな。
☆ 聞いてみて答えが分かったら、ぜひ教えていただきたいです(笑)。
>カザリオウチョウが尾羽をふわふわと揺らせながら優雅に飛ぶ姿、見てみたいですね。チェンマイに行かないと見れないでしょうが。
☆ この長い尾羽については、以前から本では知っていましたが、実物に遭遇したときは興奮しましたよ。
本当に優雅に飛ぶんですよ。
ぜひ、一度見ていただきたいと思います。
ただ、チェンマイにお出でくださっても、必ず会えるとは言えないところが問題なんですけどね。

-----

Re[1]:はじめまして(08/13)

fromthailandさん
こんにちは。早速のお返事ありがとうございました。
とってもためになります。何せ一人旅なので自分ですべてしなければならないので、こういうブログに出会えるととっても嬉しくなります^^

初めまして

Marutさん こんばんは。
拙ブログにご訪問頂き有り難うございました。
チェンマイは素晴らしいところのようですね。
不思議なもので私のメール仲間の方が最近インドに出張され、そのお土産にインドの野鳥図鑑を送って頂きましたが、なんとその中の鳥さん達にMarutさんの撮られた鳥さんと同じものがあったりします。
これも何かの縁なのでしょうがこちらにアップされる鳥さんをその図鑑で付き合わせするのもとても楽しみになりました。

北関東で夫婦で鳥撮しております50代半ばのオジサンです。
ニックネームは市内を流れる川の名を頂いております。
又、度々来させて下さいね。
今後とも宜しくお願いいたします。

Re:初めまして(08/13)

思川さん、ご来訪有難うございます。
>チェンマイは素晴らしいところのようですね。
☆ 訳あってタイに流れてきて、一昨年の新春からチェンマイに住むようになりましたが、本当に良いところですよ。人々はとてもフレンドリーですし、気候のほうもとても良くて、特に11月から2月ごろまでは最高で、大変すみやすい所だと思います。
チェンマイに引っ越して来るまでは野鳥には特に興味は無かったのですが、チェンマイでは家の周りだけでもいろいろな野鳥が居て、知らないうちにバードウォッチャーになってしまいました。写真は、大昔30代の頃までは幾らか凝っていたこともあるのですが、その後はずっとご無沙汰で、たまたまFZ30を手に入れまして、そのすばらしい性能に驚きました。
☆ 写真の腕についてはまったくの独学、独自の基準でやっていますので、お見苦しい点も多々あろうかと存じますが、お気づきの点がございましたらご指摘いただけるとうれしいです。
>不思議なもので私のメール仲間の方が最近インドに出張され、そのお土産にインドの野鳥図鑑を送って頂きましたが、なんとその中の鳥さん達にMarutさんの撮られた鳥さんと同じものがあったりします。
>これも何かの縁なのでしょうがこちらにアップされる鳥さんをその図鑑で付き合わせするのもとても楽しみになりました。
☆ 仰るように、インド、その他のアジアの国々と共通の野鳥は多いと思います。
私の撮影した野鳥の多くはインドの野鳥図鑑にも載っているのではないかと思います。たくさん見つかると面白いですね。
>北関東で夫婦で鳥撮しております50代半ばのオジサンです。
☆ 御夫婦で共通の楽しみ・・・最高ですね。
私もそういう風になりたいと思いますが、いまは独り身です。
> 又、度々来させて下さいね。
今後とも宜しくお願いいたします。
☆ こちらこそ、よろしくお願いいたします。
-----

はじめまして

日本在住のもゆぅと言います。
昨年3月に台湾北部の『九份・きゅうふん』で
目撃した鳥が、
何か分かった☆嬉しさでお礼が言いたくて、
随分前の話題にコメントします。

パッと目に入った時はカラスだと思いましたが、
曇り空の中でもテラッ☆と青黒く光ったのを見て、
「青い鳥だっ(=オオルリ?)」と思ったんです。
カラスの仲間なんですね(笑)
一緒にいた夫は目撃出来なかったので、
私だけもっと幸せになってやる~、
何て思ってました。

日本の野鳥で検索しても分からない訳ですね・・・
こちらには、写真が沢山あって確信しました。
野鳥は詳しくないですが、
自然や動物は大好きなので、
写真の色鮮やかな鳥達は見ていて楽しかったです。
本当にこちらに辿り着いて良かったです☆
長々と失礼しました!ありがとうございました!







 

Re:はじめまして(08/13)

もゆぅさん、いらっしゃいませ。
お役に立てて嬉しいです。
二年と少し前、バンコクからチェンマイに引っ越して、家の周りに色々な野鳥がたくさんいるので写真を撮ってみようかな、と思ったのがきっかけで現在に至っています。
最近、良い鳥見ポイントが見つかって、どんどん新種の写真が撮れています。
こちらでは、日本では考えられないくらい、色の鮮やかな野鳥がいろいろといるんですよ。
今日もこれから、昨日初めて見かけて、撮影にも成功したきれいな野鳥をご紹介します。

また、ときどきお出でになってくださいね。

-----

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://marut944.blog.fc2.com/tb.php/642-2e38d125
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Khun Marut

Author:Khun Marut
"クン・マルッ"は、タイ人の友達がつけてくれたタイ名前です。チェンマイで質素に隠居生活をしています。タイ生活の色々を出来るだけ写真入りで綴って行きたいと思います。色々な話題がありますので、検索してみて下さいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (100)
食 (22)
タイ生活 (120)
パソコン・インターネット (54)
交通 (11)
チェンマイの気候・天候 (132)
北タイの伝統と文化 (19)
熱帯魚 (40)
チェンマイの野鳥 (663)
チェンマイの自然 (143)
日本語ボランティア (2)
チェンマイという町 (12)
日常の科学 (5)

開設者にコンタクトする

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。