2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎年恒例のVISAの更新手続きが終わりました

毎年恒例のVISAの更新ですが、私の滞在許可は毎年8月の上旬に切れるので、毎年7月になるとVISAの更新の準備にかかるのが通例になっています。

先日の当BLOGで書きましたように、私のパスポートは来年の初めに有効期限が来るので、早めにパスポートの更新を済ませたところですが、チェンマイ総領事館でその新しいパスポート受領した際、イミグレーションに滞在許可の延長の申請をする際に必要な年金の支払額の証明をお願いしてきました。

必要なものは社会保険庁からの「年金支払額の通知書」だけで、普通、午前中に申し込むと翌日の午後の交付になるのですが、その日は午後の申し込みになったので、受け取りは翌々日の午後と言うことになり、手数料は550Bでした。

申し込みの際は、年金支給額の証明願と言うことでしたが、
証明書(英文)を受け取ってみたら、私(申請人)が自分の年金に状況について自己申告書をつくり、その下の方の余白に領事館の書記官が、「この(申請人の)署名は純正なものに相違ないことを証明する」という形になっていました。

ともあれ、タイのイミグレーション当局と日本大使館との間で、日本人年金受領者の長期VISAの要件についてはこれで行こうという申し合わせが出来ているようで、これで問題ないということです。

その2~3日後、必要書類を持ってチェンマイのイミグレーションオフィスに行ってメインイベントの滞在許可の延長申請をしてきました。

必要なものは
写真(6x4センチ)1枚
パスポート
前記の年金額の証明書
銀行の残高証明書(上記と合わせて80万B以上)
手数料 1900B  です。
☆ 昨年まで必要だった健康診断書は不要になっています。

イミグレーションオフィスは朝8時半から夕方4時半までと言うことになっていますが、朝一番に行って早い順番で受け付けてもらうのが早く済ませるコツなので、8時ちょっとすぎにはイミグレーションオフィスに行き、順番の受付簿に名前を書きました。

2番窓口にはRETIREMENT / EXTENSIONとかいてあり、
そこの受付簿にはまだ誰も名前を書いていなかったので、一番のところに名前を書きました。

その後、4番の窓口を見ると 
LONG STAY / EXTENSION up to 1 year と書いてあり、
そこにはすでに5~6人の名前がありました。

ちょっと不安になって、イミグレーションの職員らしき人にパスポートを見せて、このVISAの延長の申請は2番窓口でよろしいのでしょうか?と聞くと
良いですよ、ということで安心しました。

まだ受付開始の8時半には時間があったので、コピーを要求されそうなもの(パスポートの関係ページ、貯金通帳の表題部と最新ページ、年金の支払額通知書など)を構内別棟にある食堂(コピーサービスもやっている)でコピーして、
イミグレの受付窓口が開いたらすぐに、滞在許可延長の申請用紙をもらって、
書き込みを済ませておいて、呼ばれるのを待ちました。

始業時間から20分ほど過ぎた頃、名前を呼ばれたので窓口に行き、
係官(男性)に「サワディークラップ」と笑顔で挨拶をして、準備した書類一式を渡しました。
しばらく待っててください、と言われ座って待っていると、
2~3分してもう一度呼ばれて、預金通帳の全ページをコピーしてくるように言われました。

あれれ、意味のないことをさせるんだなあ、と思いましたが逆らっても仕方がないので「クラップ!」(はい!)と言ってもう一度コピーショップに行ってコピーをして来て係官に渡しました。

3~40分経った頃、また名前を呼ばれて、オフィスの中に入るように言われ
彼のデスクの前に座りました。
書類を1ページずつめくりながら2~3当たり障りのない質問をされましたが、とりたてて問題はなく最後に「では、1900Bを払ってください」と言われそれを渡すと「奥の部屋に行き座って待っててください」と言われました。

奥の部屋はちょっと偉い人の部屋のようで、三人のデスクが入り口に向かって横並びになっていて、女性が二人男性が一人、書類を見てはサインをしていました。皆さん机の上には Police Capt. という肩書きの名札がおいてありましたので、警察大尉といった感じでしょうか。

そのうちに男性のところに私の書類が運ばれてきて、名前を呼ばれましたので、
彼の前に行き彼にも「サワディークラップ」と挨拶をして用意されている椅子に座りました。
彼からは何も質問はなく、ざっと書類に目を通しただけで
「OK、では外でしばらく待っててください」といわれたので、
「コップン・カップ」と礼を言って外に出て待っていると、すぐに受付窓口から名前を呼ばれ、一年間の滞在の延長を許可しますと言うスタンプを押したパスポートを返してもらい、これで一件落着です。
9時40分頃でしたので、8時過ぎにイミグレーションに着き、1時間半で終了と言うことで、やはり、朝早く行った甲斐はあったようです。
これで今後一年間のタイ国滞在の根拠が出来たわけで、何はともあれ一安心です。

同じことをされる方々へのアドバイスですが、
イミレーションの中のコピーサービスは1枚2Bですが、
市中一般のコピーサービスは50サタン(0.5B)から高くても1Bですので、必要なコピーはあらかじめイミグレーションの外で準備されるのが経済的です。私もそうしたかったのですが、当日朝、行きつけのコピー屋さんはまだ開いていなくて、やむを得ずイミグレの中でコピーをすることになってしまいました。まごまごしていて、受付が遅くなると手続きの終わるのがずいぶん遅くなってしまう恐れがありますから。

蛇足ですが、
滞在許可の延長の許可は取っても、これは一度出国すると無効になりますので、それを防ぐためには出国の予定が決まったら出国前にイミグレーションに出頭して再入国許可(リエントリー・パーミッション)を取得しておかなければいけません。
(手数料は、一回だけの許可1000B、期限内なら何度でも出入国可能なもの3800B)

このことは、今までイミグレーションでの諸手続きの中で誰も教えてくれませんでしたので、このことを知らなくてせっかくの一年VISAを失効させてしまった方が少なからずいらっしゃるようですが、今回はパスポートに押された「滞在許可延長」のスタンプの下に、「出国の際は、再入国許可の件に関してイミグレーションオフィスに連絡してください」と赤字で書いてあります。
タイのイミグレーションも少しずつサービスが良くなってきているようですね。

蛇足 その2
VISAは入国査証と呼ばれているように入国の際に意味があり、入国の後は入国の際イミグレーションでパスポートに押される「xx月xx日までの滞在を許可する」というスタンプ(滞在許可)が意味を持ち、入国前に取得したVISA(入国査証)は意味がなくなるものだと私は認識していますが、
そういう狭義のVISA以外に、VISAなしでの入国の際にパスポートに押される「xx月xx日までの滞在を許可する」というスタンプや、今回私の取得した「さらに1年の滞在を許可する」というスタンプなども広義でVISAと呼ばれているようです。

タイに入国するときに提出する入国カードでも、
VISA所有者はVISA番号を書くことになっていますが、
私のようなケースでは元の(すでに失効した)VISA番号ではなく、
再入国許可の番号を書くように言われます。

私が長期滞在のためにマレーシアのコタバルで最初に取得したのが
Non-Immigrant カテゴリ O というVISAで、そのVISA自身はとうに失効していますが、そのVISAがもとになって今も滞在許可の延長を繰り返している私は、やはりNon-Immmigrant O のVISAに基づいて滞在していることになるようです。








「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?


タイランドハイパーブログランク

スポンサーサイト

コメント

いあや本当にご苦労さん

本文を読むほどに経験のない小生はただただ感心するばかりです。とっても手際よく完了されて、良かったですね。マレーシアが出発点で、それからタイですか。マレーシア話も聞きたいものですね。

Re:いあや本当にご苦労さん(07/13)

旅人さん、こんにちは。
おかげさまで、これから一年間、VISAの心配なしでチェンマイでのんびりと暮らせます。
> マレーシアが出発点で、それからタイですか。マレーシア話も聞きたいものですね。
☆ マレーシアが出発点、と言うわけではないんです。2002年の五月、その頃はバンコクに住んでいましたが、VISA取りツアーに参加して、マレーシアとの国境に近いナラティワートに一泊して、国境を越えてコタバルという町のタイ領事館でノンイミグラントVISA(三ヶ月)を取得しました。
それをバンコクのイミグレーションで(当該VISAを使って入国した日の一年先の日まで)延長してもらって、それ以来毎年(一年ずつ)延長を繰り返しています。
いま、南部タイは政情不安で観光に行く人はいないでしょうけれど、その当時は何も無いのんびりした町に見えました。
こういうことになるのでしたら、もう少しゆっくりと町を見て回っておけばよかった、と懐かしく思います。
-----

VISAにもいろいろあるのですね。

はじめまして...だったと思います。
90日で延長手続きをせずに1年間滞在できるんですか?自分は横浜の領事館でNon-Immigrant カテゴリ Oをマルチプルで取得しました。1年の有効期間内であれば再入国許可(リエントリー・パーミッション)なしで何度でも出入国できると在京タイ大使館では説明を受けましたが、滞在延長手続きをした場合にはやはり出国の際に再入国許可(リエントリー・パーミッション)を取得する必要があるのでしょうか?

Re:VISAにもいろいろあるのですね。(07/13)

みそのさん、こんにちは。
>90日で延長手続きをせずに1年間滞在できるんですか?
☆ 私の現在の状況は、毎回、一年ずつの延長をしてもらっています。
初回の延長のときだけは、VISAを使って入国した日から一年先の日まで滞在許可を延長してくれました。
いまは、最初の延長の際から、一年延長してくれるようになった、とか聞いています。
> 自分は横浜の領事館でNon-Immigrant カテゴリ Oをマルチプルで取得しました。1年の有効期間内であれば再入国許可(リエントリー・パーミッション)なしで何度でも出入国できると在京タイ大使館では説明を受けましたが、滞在延長手続きをした場合にはやはり出国の際に再入国許可(リエントリー・パーミッション)を取得する必要があるのでしょうか?
☆ 仰るとおりです。マルチプルVISAをつかって入国したときは、そのマルチプルVISAの有効な間は、リエントリーパーミットは不要ですが、マルチプルVISAが無効になった後に出国すると、滞在許可は失効します。でも、リエントリーを取っておけばその最後の入国の際に押された滞在許可スタンプの有効な間は再入国できます。
その後の延長(滞在許可期限の延長ですが)では、
滞在許可の延長とリエントリーの申請は別の手続きになりますので、出国の予定が決まったらリエントリーを取ってください。出国の予定の無い間は、リエントリーはとらなくてよいです(使わなかったら費用が無駄になりますので)。

はじめまして(リンクのお願い)

貴重なおはなし感心しています、私のブログにて紹介させていただけますでしょうか?

http://kusattemothai.seesaa.net/" target="_blank">http://kusattemothai.seesaa.net/

Re:はじめまして(リンクのお願い)(07/13)

ショーンさん、こんにちは。
チェンマイの隠居生活の徒然を気の向くままに書いています。
少しでも皆様方のお役に立てば幸いです。
リンクはどうぞお気軽に。
また、お見えくださいね。

-----

はじめまして

mixi経由で、おじゃましました。
私の父もチェンマイで暮らしてます。もう70歳を越えてるんですが、元気で、マイペースで自由にやってるようです。
私もいつか訪れてみたいです。

Re:はじめまして(07/13)

ももPさん、こんにちは。
>mixi経由で、おじゃましました。
>私の父もチェンマイで暮らしてます。もう70歳を越えてるんですが、元気で、マイペースで自由にやってるようです。
>私もいつか訪れてみたいです。
☆ チェンマイには高齢でも自由に元気に暮らしておられる日本人がたくさんいらっしゃいます。
ぜひ一度、お出でになってご自分の目でチェンマイをご覧になってください。
いいところですよ。
またのお見えをお待ちしております。
-----

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://marut944.blog.fc2.com/tb.php/631-32d28058
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Khun Marut

Author:Khun Marut
"クン・マルッ"は、タイ人の友達がつけてくれたタイ名前です。チェンマイで質素に隠居生活をしています。タイ生活の色々を出来るだけ写真入りで綴って行きたいと思います。色々な話題がありますので、検索してみて下さいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (100)
食 (22)
タイ生活 (120)
パソコン・インターネット (54)
交通 (11)
チェンマイの気候・天候 (132)
北タイの伝統と文化 (19)
熱帯魚 (40)
チェンマイの野鳥 (663)
チェンマイの自然 (143)
日本語ボランティア (2)
チェンマイという町 (12)
日常の科学 (5)

開設者にコンタクトする

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。