2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーバークロックで、古いパソコンが少し速くなりました

このところ、天候が不順で、なかなか鳥見に出掛けられません。
無理して出掛けても、雨に降られたらたまりませんし、そうでなくても
曇り空では撮影の条件が悪くて、仮に野鳥さんに出会えても良い写真を撮影するのは難しいです。

そんなわけで、このところパソコンをいじっている時間が多くなっています。
先日来のトラブルからは開放されて、私のちょっと時代遅れのパソコンは、
それなりには調子よく動いているのですが、画像などをいじっているとどうしてももたつくことが多く、やはりスペック不足は否めません。

先日の改装でDVDの書き込みは出来るようになっており、ハードディスクも昨年、高速大型のものに取り替えていますが、やはり処理スピードに関しては最新のパソコンにはかなり劣るようです。

(恐れ入りますが、ここから先の今日の記事はちょっとマニアックになりますので、パソコンにあまり興味のない方にはお許しをいただきたく思います)

現在使っているCPUは CELERON 2.0GHz というものですが、
CPUのクロック以外にも、他のパソコン内部の信号のやり取りの速度も
遅い(システムバス400MHz)ので、この際CPUを交換して、
速度アップを図ろうかと考えてみました。

幸いマザーボードはシステムバス533MHzまでは対応しているので、
最新のシステムバス800MHzのCPUは無理としても、
中古で適当なCPUが見つかれば、CPUの交換だけで、大した費用をかけずにある程度のスピードアップが期待できるのではないかと考えて、昨日の朝から、チェンマイのIT街に中古のCPUを探しに出掛けました。

何軒かのお店で中古のCPUはいくらか見つかったのですが、
どれも私のPCのマザーボードには合わないものばっかりで、
よく聞いてみたら私のPCに使える中古CPUでそこそこの性能のものをチェンマイで探すのは絶望的だということが分かりました。
(専門的になりますが、タイ国内で出回っているPintium4は、
コアがPrescott のもの(日本では不評だったのですが)が殆どで、
私のマザーボードはそれには対応していなくてコアが Northwood のものが必要なのです)。

日本でなら、私の求めているCPUはいくらでも中古で買えるのですが、
そんなことをチェンマイで言っても始まりません。
それでもスピードアップを図ろうとすれば最新型のCPU、それに合うマザーボード、新型のDDR2メモリー、と大出費になりますので、あっさりと諦めました。

そこで、ふと考えたのが、昔のPCでやったことがあるオーバークロックという手法が今のこのPCに使えないかどうか、と言うことです。
マザーボードの説明書を見ると、それらしいことが出来そうに(FSBクロックを変更できると)書いてあります。
(パソコンのことをあまりご存じない方のためにちょっと説明しますと、
行進の際の行進曲のレコードの回転を上げて、歩いている人を無理やり走らせるようなことです・・・・回転を上げすぎると速く走るどころか音楽にあわせて行進することさえ出来なくなります・・・・パソコンは制御不能に陥ります)

現在の私のCPUはシステムバス400MHzのもので、マザーボードの設定のFSBクロックも100MHzになっていますが、これを(おそるおそるですが)5%上げて105MHzに変えてパソコンを起動してみましたら、普通に起動しました。
次に110MHzにしても問題なし、少しずつFSBクロックを上げては起動し・・を繰り返したら、ついに145MHzでも起動できました。
つまりCPUの動作クロックは2.0GHzから2.9GHzに、なんと45%の高速化です。(150MHzで試したときはWINDOWSが起動しなくなりました)

パソコンの処理能力を測るソフトを使って、オーバークロックの前後の性能を比べてみましたが、明らかに性能は向上していました。

ただ、FSBクロックを順次上げていった時に、途中からメモリーのクロックがFSBクロックにくらべて30%ほど下がったので、45%のオーバークロックでもメモリのクロックは6~7%しか上がっていません。

そのせいかどうか、メモリーを主に使うJOBの処理速度はオーバークロック以前に比べてあまり向上していません。

そこで、メモリーのクロック数とFSBのクロック数が比例して上がっていく限界の、31%オーバークロックに設定して、性能を測ってみたところ、なんとなく平均的によさそうな感じがしたので、とりあえずはそれに設定して、
様子を見ることにしました(CPUクロックは2.62GHz)。

測定では、いろいろな項目で明らかに以前よりもはっきりと速くなっているのですが、実際にパソコンを使ってみた見た感じは、「歴然と、とまでは言えないが、いくらかは速くなってるなぁ」と言う感じです。
人間が体感的にはっきりと感じられるためには倍以上速くならないといけないのかもしれません。
でも、PHOTOSHOPなどのような重たいソフトの起動時間は明らかに短くなりましたしパソコンのスイッチをいれてWINDOWSが立ち上がるまでの時間もいくらかは短くなったのがわかりますので、無料のスペックアップとしては十分な成果と言えるのかもしれません。

ただ、この高速化でCPUに無理がかかって近日中に壊れると言う可能性も無きにしも非ず、とは思いますが、もう4年以上使ってきたCPUなので、壊れたらマザーボードもろとも交換と言うことで、それまで当分快適に使えれば十分だと思います。
とは言いながら、財政事情を考えると、このまま(壊れないで)もう4~5年現役で使えるほうが有難い、という気持ちもあります。







「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?


タイランドハイパーブログランク








スポンサーサイト

コメント

Re:オーバークロックで、古いパソコンが少し速くなりました(06/17)

オーバークロックですかぁ~! CPUの性能が良くなった近年はあまり聞かなくなりましたネェ~!!^^

Re[1]:オーバークロックで、古いパソコンが少し速くなりました(06/17)

hekoheko1965さん、こんにちは。
>オーバークロックですかぁ~! CPUの性能が良くなった近年はあまり聞かなくなりましたネェ~!!^^
☆ そうですね。最近は高性能のCPUが安いですから、むりにオーバークロックなんかする必要もないんでしょうね。
でも、私のように、旧型のPCに活を入れるには案外良い方法かもしれません。
さきほどケースを開けてみましたが、CPUはぜんぜん熱くなっていませんでしたので、まだまだ問題なく使えるかもしれません。
-----

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://marut944.blog.fc2.com/tb.php/621-2d163047
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Khun Marut

Author:Khun Marut
"クン・マルッ"は、タイ人の友達がつけてくれたタイ名前です。チェンマイで質素に隠居生活をしています。タイ生活の色々を出来るだけ写真入りで綴って行きたいと思います。色々な話題がありますので、検索してみて下さいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (100)
食 (22)
タイ生活 (120)
パソコン・インターネット (54)
交通 (11)
チェンマイの気候・天候 (132)
北タイの伝統と文化 (19)
熱帯魚 (40)
チェンマイの野鳥 (663)
チェンマイの自然 (143)
日本語ボランティア (2)
チェンマイという町 (12)
日常の科学 (5)

開設者にコンタクトする

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。