2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Scarlet Minivet(ヒイロサンショウクイ)をご紹介します。

昨日、一昨日の二日間、チェンマイの町の西方にそびえるドイ・ステープ(ステープ山)にまだ見ぬ野鳥の姿を求めて行ってまいりましたが、その成果を少しずつご紹介させていただきます。

昨日は、Speckled Piculet(アジアヒメキツツキ)を紹介させていただきましたが、
いろいろと調べてみましたら、この野鳥は木を叩くコツコツという音はよく聞かれるものの、体が小さく色も派手ではないので姿が目撃されることはまれなようで、
貴重な写真が撮れたものだと喜んでいます。

さて本日は、如何にも熱帯の野鳥らしい鮮やかな黄色の野鳥を紹介させていただきますね。

Scarlet Minivet (ヒイロサンショウクイ)

いつもの図鑑を調べてみたら、Scarlet Minivet(ヒイロサンショウクイ)のメスのようです。
オスのほうは名前の通り鮮やかな緋色で、こちらの方も写真は撮れているのですが、メスほど全身がきれいには撮れていないので、出来れば近日中に再挑戦して、ちゃんとした全身像をご覧に入れたいと考えております。

それにしても、サンショウクイとはなんとも垢抜けしないネーミングですが、
ほかのMINIVETもすべて何とかサンショウクイと名づけられているようです。
このネーミングは何に由来しているのでしょうかね?








「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?

スポンサーサイト

コメント

Re:Scarlet Minivet(ヒイロサンショウクイ)をご紹介します。(01/13)

こんばんは~

始めてみました。黄色い胸毛、熱帯の野鳥らしい姿ですね。

野鳥のことずぶの素人で、野鳥大好きさんのブログで勉強してますが(?汗)思うように覚えられません。(笑

Re:Scarlet Minivet(ヒイロサンショウクイ)をご紹介します。(01/13)

ああ、サンショウクイってね、山椒があるでしょ?。あれを食べるとぴりりと辛いですよねえ(って、わたし、ほんまものは食べたことなし=でも友人に聞いたらただごとじゃないと)。
でね、サンショウクイ、ビリリって鳴くのですよ。だから、山椒を食べてないてるみたいだから、サンショウクイ。

Re:Scarlet Minivet(ヒイロサンショウクイ)をご紹介します。(01/13)

ああ、キナバルの本にこんなことが…。
いつも林冠部や林縁部の高い所にいて、梢から梢に飛び回り、低いところに滅多に降りてこない。昆虫やクモを食べるが、ホバリングやフライキャッチをする。単独で行動していることはまれで、つがいまたは群れを形成し、混群の常連。山地では、この種にかわり、ベニサンショウクイが生態的独占。両種の識別は翼の模様の違いか、喉の色の違いにより行う。ですって。

サンショウクイの名前の由来?

日光野鳥図鑑5 サンショウクイ -日光野鳥研究会-
<small> <a href=" http://nwbc.jp/torizukan/05sanshokui.html"" target="_blank">http://nwbc.jp/torizukan/05sanshokui.html" ; target="_blank"> http://nwbc.jp/torizukan/05sanshokui.html<" target="_blank">http://nwbc.jp/torizukan/05sanshokui.html< ;/a></small>
上のホームページに詳しく紹介されています。読んだときは「本当」かいなと思いました。

東南アジアに広く分布しているようですが 日本ではあまり見かけなくなってきたとありました。

「日光の人は山椒が好きです。連休の頃になると、山椒の芽を摘む人に山でよく会います。その頃ちょうど渡ってくるのが、その名もサンショウクイ。日光の人のような名前の鳥です。名前の由来は、山椒を食べて辛くて「ヒリリン、ヒリリン」と鳴くからというものです。
 このサンショウクイ、めっきり少ない鳥になってしまいました。かつては山里に初夏の訪れを知らせるあたり前の鳥だったのです。前後間もない頃は、東京都区部や明治神宮でも繁殖していたほどです。しかし、今では日光を訪れた鳥仲間が「何10年ぶりに声を聞いた」と感激するほどの鳥になってしまいました。日光の人が山椒が好きなためなのか、サンショウクイは日光でまだ出会うことができる鳥です。」

Re[1]:Scarlet Minivet(ヒイロサンショウクイ)をご紹介します。(01/13)

kikoya0919さん、こんばんは。
いつも有難うございます。
>始めてみました。黄色い胸毛、熱帯の野鳥らしい姿ですね。
>野鳥のことずぶの素人で、野鳥大好きさんのブログで勉強してますが(?汗)思うように覚えられません。(笑

☆ 私も、初めての野鳥で喜んでいます。
☆ 私もまだ鳥見をはじめてちょうど一年の初心者ですよ。
出会った鳥から順番に名前を覚えていかれれば、だんだんレパートリが増えますよ。
-----

Re[1]:Scarlet Minivet(ヒイロサンショウクイ)をご紹介します。(01/13)

野鳥大好きさん、こんばんは。
>ああ、サンショウクイってね、山椒があるでしょ?。あれを食べるとぴりりと辛いですよねえ(って、わたし、ほんまものは食べたことなし=でも友人に聞いたらただごとじゃないと)。
>でね、サンショウクイ、ビリリって鳴くのですよ。だから、山椒を食べてないてるみたいだから、サンショウクイ。
☆ ひどく投げやりな命名のような感じがしませんか?「ほんとかしら」って言いたくなるような!
私に命名させてくれたら、もう少しふさわしい名前をつけてやりたいです。(笑)
-----

Re:サンショウクイの名前の由来?(01/13)

ハマの萱さんさん、こんばんは。
>日光野鳥図鑑5 サンショウクイ -日光野鳥研究会
> <small> <a href=" http://nwbc.jp/torizukan/05sanshokui.html"" target="_blank">http://nwbc.jp/torizukan/05sanshokui.html" ; ; target="_blank"> http://nwbc.jp/torizukan/05sanshokui.html<" target="_blank">http://nwbc.jp/torizukan/05sanshokui.html< ; ;/a></small>
☆ 有難うございました。
楽しく拝見しました。
日本は、残念ながら、野鳥には住みにくい国になりつつあるようですね。
-----

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://marut944.blog.fc2.com/tb.php/545-e8050c28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Khun Marut

Author:Khun Marut
"クン・マルッ"は、タイ人の友達がつけてくれたタイ名前です。チェンマイで質素に隠居生活をしています。タイ生活の色々を出来るだけ写真入りで綴って行きたいと思います。色々な話題がありますので、検索してみて下さいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (100)
食 (22)
タイ生活 (120)
パソコン・インターネット (54)
交通 (11)
チェンマイの気候・天候 (132)
北タイの伝統と文化 (19)
熱帯魚 (40)
チェンマイの野鳥 (663)
チェンマイの自然 (143)
日本語ボランティア (2)
チェンマイという町 (12)
日常の科学 (5)

開設者にコンタクトする

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。