FC2ブログ

2019-10

わがアクエリアムの凶悪犯の正体!

先月20日、全長6センチくらいのリュウキン一匹と同じく6センチくらいの稚ゴイ4匹を庭の池に入れたら、
コイ一匹は3-4時間後に殺害されて発見、続いてもう一匹が失踪を遂げ、
その数日後にはもう一匹がやはり死体で発見され生存は一匹のみとなり、
リュウキンはといえば、ウチに来た翌日、頭から片目までかじられて
瀕死の重症で発見(安楽死させました)と言う大惨事はすでにご報告しました。

下手人の追究が進まないまま、今週月曜日、また新入メンバーを追加しました。
今回は6センチほどの丹頂、4センチほどの出目金二匹と和金一匹の計4匹でしたが、
またもや、出目金一匹はちょっと目を離したらもう行方不明、もう一匹の出目金と和金は
ゴールデンゼブラシクリッド(6センチと8センチ)とアルビノレインボーシャーク(10センチ)に追いまくられて尾が破れ傘のようになっているのを発見、
丹頂はキズこそまだありませんが怯えて岩の陰で小さくなっていましたので、
救出して屋内の水槽に保護しました。

一ヶ月ほど前にも、金魚を三匹買ってきたら数日で全滅しています。
グッピーやバルーンモーリーのように小型でしかもあまり敏捷でない魚が全く犠牲にならないで、
大きめな、しかも敏捷性は悪くないはずのコイまでが次々と犠牲になると言うのは
なぜだろうか?この三件の事件ではどれも新人が犠牲になっているなあ、と
考えていたら、ふと思い出したのですが、
ゴールデンゼブラシクリッドは縄張り意識が強く、自分の縄張りに他の魚が侵入してくると激しく攻撃する、と何かで読んだような気がします。
なるほどそういうことならば、狭い池に他の魚が入ってくれば攻撃すると言うのは納得できます。

このゴールデンゼブラシクリッドがこの池に入ったのは半年ほど前だから、
それ以前から池にいた魚はOKということだろうと思います。
また、アルビノレインボーシャークは、日頃からよくほかの魚を追い回す癖があります。

そういうわけで、先日来の殺戮劇の下手人は主犯ゴールデンゼブラシクリッド、従犯アルビノレインボーシャークと言ったところではないかと思います。

ただ、グッピーやバルンモーリーなどはしょっちゅう屋内の水槽と庭の池のメンバーの交換をしていますが、それらはまったく攻撃されないようです。
ゴールデンゼブラシクリッドが敵とみなして攻撃するかどうかについては、魚の種類、体色、模様などがかなり関係しているような気がします。

唯一、生き残った一匹のコイ、最初は怯えて池の隅で小さくなっていましたが今では堂々と池の中を泳ぎまわっていますが、こいつは金色一色です。
早めにやられたコイは三毛と赤白で、今回早々と犠牲になった出目金も二匹とも三毛でした。

もう少し実験を続けるとシクリッドの習性について何か分かるかもしれませんが、
これ以上犠牲者を増やすのはかわいそうなので、
これ以上池のメンバーを増やす事は、当分の間慎みたいと思います。

ところで、本日「りっちさん」という方から、
「アルビノクララは見かけの可愛さとはウラハラに、大変凶暴な肉食魚だから注意が必要だ」と言うアドバイスを頂きました。
また、「アルビノクララは、視力が悪いので昼間はハンティングをしないで、夜間、魚が寝ているところを襲うらしい」とも教えていただきました。

今回の事件では、どれも白昼、新しい魚を池に入れてすぐに(暗くならないうちに)殺されたりキズだらけにされた例が多く、夜行性のクララの仕業とは考えにくいのです。
しかも、クララの仕業であれば、夜になればグッピーやプラティ、バルーンモーリなどがたくさん寝ているので、これらを襲えば簡単ではないか、と思うのに、それらは全然減らないのです。

やはりこの際は、シクリッドの縄張り防衛本能の仕業、と考えるのが妥当ではないでしょうか。

ただ、行方不明になったまま死体の出てこない事件では、シクリッドに攻撃されて弱ったり死んだりした魚をクララが食べた、という事は有り得るのではないかと思います。

リッチさん、どうも有難うございました。







BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?


スポンサーサイト



コメント

水槽の中でも

弱肉強食さながらですね。
寝込みを襲うなんて・・・。

Re:水槽の中でも(05/05)

miao-t9さん、こんにちは。
現在、ウチにいるクララ四匹は、私の躾が良いためか(???)、弱いものいじめはしていないようですが、シクリッドは自分の縄張りを荒しに来た(と思い込んだ)魚に対しては白昼堂々とアタックします。
以前、戯れに15センチほどのライギョの稚魚を池に入れたら、一週間ほどでたくさんいたグッピーやモーリーが半減しました。何にもしていないフリをして、夜になると牙をむいて次々とグッピーなどに襲い掛かっていたのでしょう。

-----

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://marut944.blog.fc2.com/tb.php/345-1e9ac3c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Khun Marut

Author:Khun Marut
"クン・マルッ"は、タイ人の友達がつけてくれたタイ名前です。チェンマイで質素に隠居生活をしています。タイ生活の色々を出来るだけ写真入りで綴って行きたいと思います。色々な話題がありますので、検索してみて下さいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (100)
食 (22)
タイ生活 (120)
パソコン・インターネット (54)
交通 (11)
チェンマイの気候・天候 (132)
北タイの伝統と文化 (19)
熱帯魚 (40)
チェンマイの野鳥 (663)
チェンマイの自然 (143)
日本語ボランティア (2)
チェンマイという町 (12)
日常の科学 (5)

開設者にコンタクトする

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR