FC2ブログ

2019-10

ポリ袋とごみ処理 in Thailand

タイでは何処に行ってもポリ袋が溢れている。
スーパーやコンビニで買ったものをポリ袋に入れてくれるのはもちろんだが、
何処の市場にもあるおかずやさんでも、買ったものはすべてポリ袋に入れてくれる。屋台の食堂でもテイクアウトを頼むと何でもポリ袋に入れてくれるし、圧巻は熱いソバ(クイティアオ)でもためらうことなくポリ袋に入れてテークアウトさせてくれるのだ。

日本であれば、まず、「食品をじかにポリ袋に入れると、なにか有害物質が食品に溶け込むのではないか」という懸念を持つ人が多いと思うし、
ポリ袋の乱用が資源の枯渇につながるとか、環境汚染につながるとか言う声が高い。
しかし、タイでは(今のところ)そのような声を聞くことは無い。
使用後のポリ袋は出来るだけ再利用したいと思うが、何せどんどん増えるばかりなので、再利用できるのはほんの一部であとは捨てるしかない。
役所によるごみの収集は定期的に行われているが、現在のところ分別収集はまったく行っていない。

瓶であろうが缶であろうが生ごみであろうが使用済み乾電池であろうが、すべてごっちゃに捨てて平気である。
時々我が家に日本語を習いに若い女性が来るが、一緒に食事を作って食べたときなど、後片付けをしてくれるのはいいが、例の調子で何もかも大きなポリ袋に放り込んでいく。なぜ、瓶や缶などの再利用の出来るものは別にしないのかと聞くと、「回収したゴミを選別することを仕事にしている人たちがいるから、その人たちの仕事をなくさない方が良い」と、変な理屈を言う。
生ゴミや食べ残しと一緒になった瓶などを分別するのは気持ちのいいものではないでしょ?そういう人の気持ちを考えたら、別々にしてあげるべきではないか?また、そういう仕事を作ってあげると言う考え方が正しいなら、川でも道路でもどんどんゴミを捨てるのが正しい、ということになるよ。だって、そうすれば、役所は川や道路の清掃のためにたくさんの人を雇わなければいけなくなり、仕事の無い人には働き口がふえるからね、と言ったら黙ってしまった。
現実に道路や川に平気でゴミを捨てる人数は大変多いが、ひょっとしてそういう考え方でわざわざ道路や川にゴミを捨てているのであろうか?
いくらなんでもそれは無いと思うけど、タイ人の公衆マナーはまだまだのようだ。


夕食のおかずに買ってきたナムトックムーなどのポリ袋
ポリ袋に入った夕食のおかず
スポンサーサイト



コメント

ポリ袋

はじめまして。

私もはじめてタイに行った時、草むらに捨てられたポリ袋の多さに唖然としたことがります。

後ほど、タイ人とのおおらかさという国民性を知って納得しましたが・・・

それと、私もフードコート(確か、BITEC)で食事済の食器を返却しようとした時、たまたま容器を回収にくるおばちゃんがいたので、自ら持っていったら、同席していたタイ人から「それは君の仕事ではない!」といわれました。
日本とタイ・・・価値観の開きは大きいと思う今日この頃です・・・・



がんばっても年に2回くらいしかいけないのでうらやましいです!!

Re:ポリ袋(10/31)

むなとん@三毛猫さんさん、いらっしゃいませ。
日本人とタイ人では、生活習慣、価値観、などが随分違います。タイに5年居て、かなり慣れましたが、それでもどうしても馴染めないことがたくさんありますよ。
でも、日本の友人に久しぶりに会うと、タイ人になってしまったね、と言われてしまいますので、ずいぶんタイ化(退化?)しているのでしょう。
また、お見えくださいね。
-----

Re:ポリ袋とごみ処理 in Thailand(10/31)

はじめまして。

おっしゃることは、持ったくもって正論なのですが・・・
悲しいかな、ほとんどのタイ人さんは、理解してくれないでしょうね(笑)

私も彼女に同じような説明をしましたが、逆切れされて、酷い目にあいました・・・

Re[1]:ポリ袋とごみ処理 in Thailand(10/31)

fandiinaさん、いらっしゃいませ。
全然理解してもらえないと言う事はないですよ。
日本では最近は分別収集が当り前になってきていること、それによって資源の再利用は随分進んでいることなど、また分別収集はやってみればそれほど面倒な事ではないことなどを話すと、頭では納得するようです。でも、最後には「日本だから出来るんだろう」と言ういつもの結論になってしまい、私もそれを否定し切れません。
>私も彼女に同じような説明をしましたが、逆切れされて、酷い目にあいました・・・
★一体どういうことになったのでしょうか?
よろしかったら教えてくださいな。
-----

Re:ポリ袋とごみ処理 in Thailand(10/31)

タイでも、近いうちに問題になってしまう
事なのでしょうね。最近、近所のスーパーでは
返却できる発泡トレイは、回収しているようです。
便利になりすぎると、弊害が出ますね 必ず。
エフピコが儲かる訳です。

Re[2]:ポリ袋とごみ処理 in Thailand(10/31)

>fromthailandさん

うちの場合も、私が言ってることはわかってくれるようなのですが、結局は面倒だから・・みたいな感じになってしまいます。
昔は、日本のいい考えは積極的に教えて行こうと考えてましたが、「私たちがいいと思うことが必ずしも、彼等・彼女達にとっていいことではない。」と、考えを改めております。

酷い目というのは、逆切れされて大喧嘩して、しばらく関係がギクシャクしてしまったということです。
たいしたことじゃなくてすいません・・・

Re[1]:ポリ袋とごみ処理 in Thailand(10/31)

yono91さん、お久しぶりです。
いずれはタイでも資源問題、環境問題が浮上してくると思いますが、軌道に乗せるのはなかなか難しい事でしょう。何せ、先のことを考えない国民性ですから。
日本は、いろいろ問題を抱えながらもけっこう良い国だと思うようになりました。
-----

Re[3]:ポリ袋とごみ処理 in Thailand(10/31)

>昔は、日本のいい考えは積極的に教えて行こうと考えてましたが、「私たちがいいと思うことが必ずしも、彼等・彼女達にとっていいことではない。」と、考えを改めております。
☆ 難しい問題ですね。日本の良い点は教えてあげて、理解して欲しいと思うのですが、現実はなかなか難しいです。あせっても仕方がないので、身近な人間から少しずつ気長に洗脳してやろうと考えています。
>酷い目というのは、逆切れされて大喧嘩して、しばらく関係がギクシャクしてしまったということです。
たいしたことじゃなくてすいません・・・
☆ いえいえ。
たしかに、タイの方はしつこく責めると逆切れすることが日本人よりも多いような気がします。
一言謝ればすぐに勘弁してやるつもりなのに、全然謝ろうとしないので、ついついしつこくなってしまうのですけどね。タイ人って(自分が悪いと分かっていても)謝るのが嫌いですから(笑)。
-----

価値観と自覚

MARUTさん、こんにちは。
その学生さん、今は「納得できない」と感じていても、
もし、タイがいずれ環境問題に向き合う日が来た時に
MARUTさんの言葉の大切さをわかってくれると思います。
今の日本がキチンとしている(と仮定する)なら、
それは昨今の地道な啓蒙活動の賜物かも知れませんね。
学生時代にドイツに行ったとき、すでに街では分別が
当たり前になっていて、それこそカルチャーショック!
そのときは他の日本人観光客が「こんなの日本じゃ無理よね」
と言っていたのを思い出します。
あれから十数年、時代は変わりました。
私たちもやれば出来るんだぁ。
でもまだ地域によって格差はあります。
京都では当たり前のように分けられていたごみも
今年からやっとプラ分別が定められた大阪では
まだまだ、ごちゃ混ぜなようで、
うちのマンションの管理人さんが、仕方なく
怪しそうなゴミ袋をわざわざ開けて分別している有様。
祖母のヘルパーさんにも、全く分別する気が無い人が居て、
何度もお願いしてるのですが、
私が仕事中で居ない(見えない)状況下、
やはり一緒くたに捨てています(泣)
最近は、ゴミ捨て場に持っていかないようお願いして
私が後で分別してます。
こういうのって各自の考えを変化させるのは
難しいとしみじみ。

Re:価値観と自覚(10/31)

STARDUSTさん、こんにちは
おっしゃるように、日本もしばらく前までは環境や資源の問題には無頓着でしたから、あまり偉そうなことはいえませんね。
人間の常識はなかなか変りませんけど、でも気長に努力すれば変えられる、ということでしょうね。
その原動力になった人たちには頭が下がります。
-----

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://marut944.blog.fc2.com/tb.php/195-84fc70d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Khun Marut

Author:Khun Marut
"クン・マルッ"は、タイ人の友達がつけてくれたタイ名前です。チェンマイで質素に隠居生活をしています。タイ生活の色々を出来るだけ写真入りで綴って行きたいと思います。色々な話題がありますので、検索してみて下さいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (100)
食 (22)
タイ生活 (120)
パソコン・インターネット (54)
交通 (11)
チェンマイの気候・天候 (132)
北タイの伝統と文化 (19)
熱帯魚 (40)
チェンマイの野鳥 (663)
チェンマイの自然 (143)
日本語ボランティア (2)
チェンマイという町 (12)
日常の科学 (5)

開設者にコンタクトする

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR