FC2ブログ

2019-10

ユニークな日本食堂を発見

先日チェンマイの町に出た帰りのことだが、、いつも通リなれた道が工事中で迂回して初めての道を通っていたら、一軒の店先にちらっと碁盤のようなものが見えた。
通り過ぎたあとで、なんであんなところに碁盤が?古道具屋かなあ?碁盤が安く買えるんなら買ってもいいなあ、でもそんなものをチェンマイで売って商売になるとも思えないしなあ・・・とにかく覗いてみよう、とUターンしてそのお店に入ってみた。
多分、日本人の店だろうと思って「こんにちは」と言いながら入っていったら、「いらっしゃいませ」と言う返事が返ってきた。
「おお、日本語が通じる」と安心して「店先にある碁盤は売り物ですか?」と聞いたら、「いえいえ、うちは居酒屋のようなもので、あの碁盤は碁の好きなお客さんのために置いています。自分も碁は好きですが・・・」とのこと。
そこでよくよく店の中を見回すと、なるほど、いろいろな日本食メニューが貼ってあるではないか。なんと迂闊な!とちょっと恥ずかしかった。

(ちょっと言い訳をさせてもらうと、その辺りは日本食堂のありそうな雰囲気の場所ではないし、店構えも店主の風体もまことにざっくばらんでレストランという雰囲気ではないのである。店の中には熊のぬいぐるみがたくさん転がっていて、そのうちの一頭は阪神タイガースのユニフォームを着て、店主はタイガースのキャップを被っている)

恥ずかしいついでに、ここはどんな感じでやっておられるのですか?と聞いたら「自分は料理をする事と酒を飲むの好きなので、自分が酒が美味しく呑めるような料理をお客さんにも食べてもらいたいと思いながらやっております。値段は高くしたくないので、最高の材料で最高の料理を、と言うわけには行きませんが、出来るだけ美味しいものを妥当な価格で出せるように、少なくとも自分の基準以下のものは絶対に出さないように心がけております・・・」と言うような事をいわれた。
まさに私の期待するポリシーだったので、近日中に改めて寄せていただきます、とその日は失礼して(その時はぜんぜん空腹ではなかったので)、その数日後、改めて訪問した。

「先日は、失礼しました。今日は食事をさせてもらいに来ました」というと覚えていて下さって、色々とお勧め料理を紹介して下さった。その日は豚の炭火焼き、イカの煮付けなどを注文したのだが、久しぶりに日本の味を堪能させてもらった。その後も数回食事に行って、色々なメニューを食べさせてもらったが、どれも手抜き無く、しかも店主の工夫がさりげなくこらされているのが楽しく、店主のポリシーどおりついつい酒がすすんでしまう。

後日食べたラーメンのスープも魚の煮付けもとても美味しかった。私は通ではないのでどんな材料を使っているのか講釈は出来ないが、相当な工夫があるように思えた。
昨日はカニのサラダを注文したのだが、これも美味しいカニの身がたっぷり入っていて、まことにGooであった。定食についていた「イカの塩辛」もちょうど良い塩加減で美味しかった。

店主も言われるように決して高級店ではないので、グルメを自称される方には不満な点もあろうかと思うが、この値段でこれだけ真面目に作った料理を出すお店は少ないのではないかと考えて、店主の了解を頂いて、このBLOGでご紹介させていただく事にした。

年中無休、2時から6時までは閉店との事ですが、予約があれば開けますし、碁の好きなお客さんには閉店時間も使っていただいています、とのこと。

場所は、メンライ橋の西詰めから市内に向かって最初の角(散髪屋さんがある)を左折、チャングクラン道路に出るすぐ手前である。

☆ 事情により、このページの内容は取り消しさせていただきます。 2006年10月 当BLOG発行者


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しました。よろしかったらクリックを!
スポンサーサイト



コメント

Re:ユニークな日本食堂を発見(09/14)

marutさんのように長い間住まれていると、日本料理が恋しくなるのでしょうね。
いいお店が見つかってよかったですね。
私も虎キチなんですが、今年の阪神、今日にも中日が負けるか引き分けだったら
優勝マジック13が点灯します。最後までもつれそうですが、
優勝間違いなしと思ってます。その店主様にお伝えください。

Re[1]:ユニークな日本食堂を発見(09/14)

wataruさん、こんにちは
☆ そうですね、タイ料理が嫌いと言うわけではないのですが、毎日毎日タイ料理だとたまには日本の味が恋しくなりますね。
それと、タイ料理は総体的に味が濃いのと、油を多用しているため、我々中高年にとってはあまり健康によろしくないような気がします。
☆ お言葉はちゃんと伝えておきましたよ。
彼も同じ意見で、すでに優勝祝賀会の企画にとりかかっておられるようでした。
ついにマジックが点灯しましたね。

-----

私も行きたいです

「出来るだけ美味しいものを妥当な価格で出せるように、少なくとも自分の基準以下のものは絶対に出さないように心がけております」この言葉だけでも良いお店だということがわかります。いつも自分の中でよい状態のものを出す努力する・・難しいけれど、この積み重ねが信頼を生むのですね。私もそうありたいです。

Re:私も行きたいです(09/14)

STARDUSTさん、こんにちは
まったく仰るとおりだと思います。
私のそうありたいと思いますが、私のような凡人にはなかなか難しいです。
チェンマイに来られたら、このお店にもぜひお立ち寄りください。
-----

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://marut944.blog.fc2.com/tb.php/150-ef2ca61d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Khun Marut

Author:Khun Marut
"クン・マルッ"は、タイ人の友達がつけてくれたタイ名前です。チェンマイで質素に隠居生活をしています。タイ生活の色々を出来るだけ写真入りで綴って行きたいと思います。色々な話題がありますので、検索してみて下さいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (100)
食 (22)
タイ生活 (120)
パソコン・インターネット (54)
交通 (11)
チェンマイの気候・天候 (132)
北タイの伝統と文化 (19)
熱帯魚 (40)
チェンマイの野鳥 (663)
チェンマイの自然 (143)
日本語ボランティア (2)
チェンマイという町 (12)
日常の科学 (5)

開設者にコンタクトする

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR