FC2ブログ

2019-10

熱帯魚ならぬ熱帯エビをご紹介します

今日はちょっと趣向を変えて(と言うよりもネタに困った結果!)、我が水槽の住人の中で唯一「食用」で売られていたエビちゃんをご紹介します。
タイ人は普通、刺身など生の魚介は食べませんが、唯一(と言っても良いと思う)クンテンという料理では、生きた淡水エビを唐辛子やナムプラー、ライムなどであえて食べます。私はいつも遠慮しているのでまだ味わった事はないのですが、結構美味しいものだそうです。
市場などでよく見かけていたそのクンテン用の淡水小エビを、食用にではなく飼育用に買ってきたものが、現在、外の池とガラス水槽の住人となっているエビちゃんです。10B(30円)で30匹以上は居たと思います。まず外の池に放り込んだのですが、なぜか半数以上がすぐに死んでしまいました。そのあとは落ち着いて元気に暮らしているようですが、他の住人の中にエビが好物の奴がいるらしく、数は少しずつですが減ってきているようです。
もうかなり前の事ですが、そのうちの数匹を水槽のエサの食べ残しの掃除屋さんとしてガラス水槽に移動しました。

ちょっと脱線しますが、大昔の事、ちょっと大きくなった金魚を飼っていた時に、釣りエサとして使った活き淡水エビの残りを金魚水槽に入れたことがあります。金魚はエビには全然興味を示さず数日は平和でした。ところがある日、一匹のエビが死んで、それを金魚が食べました。それがとても美味しかったのでしょうね、その後残りの数匹のエビが全部金魚の胃袋に収まるまでに大した日数はかかりませんでした。
そんな記憶があったので、今回もすこし心配したのですが、グッピーは平和主義のようで、もう数ヶ月たちましたが、ずっと平和に共存しているようです。
何の変哲もないエビですが、眺めていると格好可愛いものです。

彼らにはハサミというほど立派な腕はないのですが、前から2対の脚は先が二股になっていて物をつかめます。ですからエサをあさっているときは4本の手(脚?)を忙しく使います。
時々、水槽の隅にエビの透明な殻が転がっていて、最初は「あれっ誰かに食われたか!」と数を数えてみると全然減っていない、と言う事がありましたが、どうも脱皮のようです。その抜け殻は、もう相当な回数見ましたが、未だに脱皮の現場に居合わせたことはありません。
いつか運がよければ目撃したいものです。

最後に、このエビが日本で何と呼ばれているエビなのか(あるいは日本にはいないエビかもしれませんが)、どなたかご存知の方がいらっしゃったら教えて下さいませ。写真では大きさが分かりませんね。写真のやつは一番大きいクラスで、全長4センチくらいです。

食用を免れた幸運なエビちゃん

食用を免れた幸運なエビちゃん(2)




スポンサーサイト



コメント

Re:熱帯魚ならぬ熱帯エビをご紹介します(09/05)

はじめまして
なんかスジエビっぽい気がしますが・・・
スジエビは食用や釣りのえさなんかで使いますし
とりあえずテナガエビ科って所ですかね

Re[1]:熱帯魚ならぬ熱帯エビをご紹介します(09/05)

ぐち306さん、こんにちは
せっかくコメント頂いていたのに、気がつかなくって申し訳ありませんでした。
仰るように、日本にいたときに釣りのえさに使っていたエビと同じような気がしますが、正確なことはわかりません。タイでも食用で売ってるんですよ。
>とりあえずテナガエビ科って所ですかね
☆ 有難うございます。
テナガエビ科には、他にどういうエビが分類されているのでしょうか。
-----

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://marut944.blog.fc2.com/tb.php/142-abf38387
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Khun Marut

Author:Khun Marut
"クン・マルッ"は、タイ人の友達がつけてくれたタイ名前です。チェンマイで質素に隠居生活をしています。タイ生活の色々を出来るだけ写真入りで綴って行きたいと思います。色々な話題がありますので、検索してみて下さいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (100)
食 (22)
タイ生活 (120)
パソコン・インターネット (54)
交通 (11)
チェンマイの気候・天候 (132)
北タイの伝統と文化 (19)
熱帯魚 (40)
チェンマイの野鳥 (663)
チェンマイの自然 (143)
日本語ボランティア (2)
チェンマイという町 (12)
日常の科学 (5)

開設者にコンタクトする

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR