2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何年ぶりかに、メインレンズを更新しました

私の野鳥撮影は、もうずいぶん前から、大昔のMF望遠レンズをミラーレス一眼カメラにつけて、
それを大型三脚に据えて撮影するスタイルでやってまいりましたが、
年とともに横着度が昂進してきて、二年ほど前からは手振れ補正のついたAF望遠レンズ
PANASONICの100-300mmズーム(200-600mm相当)を手持ちで使うことが
多くなっていました。
NIKONの高倍率コンデジ P900もサブで使用していますが、これは望遠度に関しては
文句無いものの、ファインダーがひどくお粗末、おまけに操作性は最悪、ということで、
鳥さんが遠すぎてパナソニックでは届かない時のリリーフ役以上にはなれません。
でも、パナソニックの300mm(600mm相当)では、望遠度が足りなくて悔しい思いを
することがしばしばあって、ずっと悩んでおりました。
そういう状況の元、一年ほど前にパナソニックから100-400mm(200-
800mm相当)のズームレンズが発売になり、興味は津々でしたが、
残念ながらお値段の方が貧乏隠居には高嶺の花で、指をくわえて眺めるだけの日々が
続いておりました。
でも、待てば海路の日よりあり・・・漸く最近になって相場が下がってきて、しかも
有難いことに、中古品がオークションにチラホラ出てくるようになりました。
ということで機会到来、ということで思い切って(清水の舞台から三回飛び降りるつもりで)
入札に参加したところ、落札になりました。
それが、この17日に手元に届きまして、それ以来テストを繰り返しております。

今までのテスト(望遠端の400mmでのテストばかりです)の結果では、
1) 被写体が遠距離で空気の揺らぎを感じるような状況では、AFが誤差を生じることが
   しばしば有る。
2) 近距離の人工物に関してはAFは俊速で、しかも大変正確に決まりますが、
野鳥のようなコントラストがハッキリしない被写体の場合は、しばしばAFに誤差が発生する。
3) ファインダー像は、手振れ補正の効果によって殆ど揺れることが無くとても見易いのですが、
実際の撮影画像では、微細なブレによってキリッとしない画像がかなりの率で混じる。
4) レンズの光学性能は、マアマア、と言うところでしょう。(ネット上のいろいろな情報でも
「300mm以下の焦点距離では大変優秀だが、望遠端の400mmでは優秀とは言えない」
という意見が多いようです)
5) しかし、ブレの取りきれないコマが少なくない、と言う件に関しては、パナのボディの
高速連写機能を活用して「数撃ちゃ当たる」メソッドでいけばOKですし、
AFの誤差がでることがある、に関しては、非常に使いやすい「AF+MF」機能を活用して
積極的にAFを補正していくことで解決できそうです。
ミラーレスのメリットとして、ファインダー像を瞬時に拡大して見られること、また
連写中も随時撮影画像がモニターできる(つまり、高速連写中にファインダーに見えて
いる画像は常にひとコマ前の再生画像なので)ので、白トビや全体の露出不足やオーバーが
リアルタイムで分かると言うのも大変有難いです。

まだテストばかりで、ご披露できるような写真が撮れていないのですが、
今日、久しぶりにHuay Toeng Tao(フアイ・トウン・タオ公園・・・・チェンマイの北郊外にある
貯水池公園で、周囲に田園地帯や草原、雑木林などが広がっている)に行ったところ
チャバネサシバに出遭って、撮影できたのでご紹介させていただきます。
距離が100mほどあったのでパナの800mm相当では無理、ということでNIKONの
P900の望遠端(2000mm相当)で撮影しましたが、それでもかなりのトリミングを
しております。飛翔中の写真はパナと新レンズの望遠端(800mm相当)ですが
こちらもかなり激しいトリミングをしております。


チャバネサシバ DSCN9230_RS
チャバネサシバ DSCN9230_RS posted by (C)MARUT


チャバネサシバ P1130027_RS
チャバネサシバ P1130027_RS posted by (C)MARUT


チャバネサシバ P1120992_RS
チャバネサシバ P1120992_RS posted by (C)MARUT


チャバネサシバ P1120986_RS
チャバネサシバ P1120986_RS posted by (C)MARUT









スポンサーサイト

コメント

さすがです

MARUT様
 御無沙汰しています。その節にはお世話になりました。X7は目下、作品作りより仕事や頼まれた公演の記録に活用の昨今です。師匠様の新レンズとカメラによるレポートがいつ出るだろうと楽しみにしていました。流石にMALUT様らしい理論的な分析と実写。感動して拝見しました。手に入れることのできない小生にはレポートで楽しむばかりです。一時休止のブログも再開されたようですので、これを今後も拝読して勉強させていただきます。よろしくお願い致します。ありがとうございました。 de ONY

Re: さすがです

ONY様
書き込み、有難うございました。
ひさ方ぶりの新機材、ということで否が応にもアクティビティが
上がらないはずはなく、最近は頻繁に撮影に出ております。
ただ、このレンズは、手放しで喜べるほどの高性能ではないようで、
未だに使いこなしに苦労しているような現状です。なまじっか、超高性能の望遠レンズ
(大昔のMFレンズでしたが)の味を知っているだけに、それらで撮影した画像と比較すると
どうしても不満を感じてしまうのです。
まあ三脚もなしに手持ちでどんどん撮影できるメリットの方が大きいのだから、
と自分自身を納得させながら、せっかくの新兵器を使いこなせるように努めています。
BLOGに写真と記事を投稿するのは、FACEBOOKと比べて手順が多いので
ついつい横着になってしまうのですが、出来るだけBLOGの方にも掲載するようにいたしますね。
今後ともよろしくお願いいたします。MARUT






承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://marut944.blog.fc2.com/tb.php/1327-2dd09912
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Khun Marut

Author:Khun Marut
"クン・マルッ"は、タイ人の友達がつけてくれたタイ名前です。チェンマイで質素に隠居生活をしています。タイ生活の色々を出来るだけ写真入りで綴って行きたいと思います。色々な話題がありますので、検索してみて下さいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (100)
食 (22)
タイ生活 (120)
パソコン・インターネット (54)
交通 (11)
チェンマイの気候・天候 (132)
北タイの伝統と文化 (19)
熱帯魚 (40)
チェンマイの野鳥 (663)
チェンマイの自然 (143)
日本語ボランティア (2)
チェンマイという町 (12)
日常の科学 (5)

開設者にコンタクトする

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。