2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オジロビタキ・・・・久しぶりに野鳥ネタです

一週間ほど前からの雨模様が終わって、あれほどひどかったスモッグも
ウソのように消え去りましたが、待ってました、とばかりに猛暑がやってきたようで、
昨日今日は最高気温が36度くらいまで上がったようです。
チェンマイでは、例年4月が一番暑い月とされていて、最高気温が40度近くまで
上がる事もマレではありません(さすがに、40度を越える事はマレですが)。
そんな日の午後、徒歩で外出などしようものなら、まさにサウナの中で運動を
するような地獄を味わう事になりますので、そんな時期に道を歩いているのは
ほぼ外国人だけです。
湿度が大変低いので(例えば今日の夕方の湿度は20%ほど・・タイ気象庁)
風通しの良い日陰でじっとしていると、余り暑さは感じないのですが
木製のテーブルやコンクリートの柱などに触れるとかなり暖かく感じて
気温の高い事を実感します。

ちなみに、気温が体温よりも高い時は、扇風機は逆効果だという人がいますが
これが大変な誤解で、皮膚の水分が気化する時に熱を奪ってくれますので
気温が40度あっても扇風機は大変有効です(特に湿度が低い時は)。 
湿度が100%に近くなると、その効果はなくなると思いますが、私は未だ
気温40℃の湿度100%を体験した事はございません・・・・きっと地獄でしょうね!

その四月の中旬の一番暑い時に有名なソンクラーン(水掛け祭り)があります。
タイに移住して間もない頃は、ソンクラーンになると私も一緒に水掛けに興じたものでしたが
最近は、何処に行ってもすぐにびしょぬれに去れてしまうのがいやで、ソンクラーンの期間中
は日没まで家に居るようにしています(水掛は日没までという決まりです)。

前置きはこのくらいにして、先週の土曜日、最近の定番野鳥フィールドのラマ9世公園に
出かけたのですが、久しぶりにオジロビタキが近距離から撮影できましたので
ご披露させていただきます。

オジロビタキは、チェンマイでは乾季の間だけやってくる渡り鳥ですが、比較的早い時期に
わたってきて、結構遅くまでチェンマイに滞在しているようです。
喉のオレンジ色は繁殖期のオスの特徴とされていますが、現在繁殖中なのかどうかは
確認できていません。


オジロビタキ(Red-throated Flycatcher) P1170725_Rs
オジロビタキ(Red-throated Flycatcher) P1170725_Rs posted by (C)MARUT


オジロビタキ(Red-throated Flycatcher) P1170699_Rs
オジロビタキ(Red-throated Flycatcher) P1170699_Rs posted by (C)MARUT


スポンサーサイト

コメント

きれいな♂ですねー!
私もあの公園でオジロビタキを写しています。
あの時はまさか出会えるとは思いませんでしたので
うれしい出会いでした!
4月の暑さ想像するだけですがこちらの梅雨明けぐらいの感じなのかな?
もっと酷いのかな・・・?

> きれいな♂ですねー!

喜代子 様
こんにちは。オジロくんは日本では「珍」の部類だそうですが、こちらでは割りと良く見かけるんですよ。
でも、こういう風に近距離からバッチリ撮影できる機会はそうありませんので、私も喜んでいます。

こちらの暑季・・・3,4,5月ごろをそう呼ぶらしいですが・・・の暑さは
日本の真夏とは少し比べにくいです。気温は大変高くなりますが、湿度が低いので
風さえあれば案外過ごし易いです。それに陽が落ちると急速に気温が下がりますので
夜遅くまで蒸し暑くて寝苦しい、という事がありません。
今日も最高気温は37度くらいになっていると思いますが、朝の最低気温は21度ほどでした。
先ほど、タイ気象庁のWEBサイトを見たら、今日の午後一時現在で気温は35.6度でしたが
湿度は26%しかありませんでした。
そんなこんなで、日本の夏よりもチェンマイの暑季のほうが過ごし易いかもしれませんね。

湿度が低いというのは羨ましいですね!
気温は30度でも湿度が60~70パーセントでは不快指数上がりまくりですものね!それに最低気温が20度前後なんて安眠が約束されてますよね。
確かにチェンマイのほうがすごしやすそうです!

> 湿度が低いというのは羨ましい

喜代子様 こんにちは
そうですね、仰るとおり四月の暑さは日本の夏よりも過ごしやすいかもしれませんが、
問題は、そのあと(暑季の後)にやってくる長ーーーい雨季です。
始めのうちは夕立が多い程度なんですが、後期になると日本の梅雨時のように長雨が続く事もしばしばに
なります。雨季の間は雲の多い日が多く、日差しが弱いために気温は余り上がらない日が多いです。
しかし、6月7月頃は太陽が真上にあるので、いったん晴れ上がると日差しは強烈で、
雨の後などにそれがやってくると急激に蒸し暑くなって、不快指数は日本の真夏に勝るとも劣らない感じになります。11月から2月頃までの(せめて10月から3月までの)気候が年中続いたらチェンマイは天国なんですけどね!!

どこに住んでもそれぞれ悩みがあるのですねえ~
年中温暖でもなんかメリハリがないようにも思いますしね!
まあ、住めば都と言うことにしておきましょうか!

Re: 住めば都・・・

まあ、住んで100%満足できる処は、何処にも無いのでしょうけれど、
かと言って、私の場合は「住めば都」というのもなかなかしっくり来ないんです。
ぼやきながら住み続ける事になるのでしょうか・・・・困ったものです。
昨日の最高気温は38.5℃、これはまあ良しとして、今朝の最低気温が25.5℃という発表を見て
ついに本格的な暑季に突入したなぁ、という感じです(ふぅー・・・・ため息の音です!)。
朝、窓を開けても涼しく感じませんし、シャワーの水がナマ温かくなりました。
二週間ほど前に待望の雨が降りましたが、その後全く降っていません。
そのせいでしょうか、スモッグがまたひどくなってきました。

いよいよ悩ましい最低気温になってきたのですね・・・
和歌山は今日からまた3月に逆戻り・・・暖房入れました!
春の気温は一定しませんね。体の調子に気を付けなければと思います。
マルさんもくれぐれもお気を付け下さいね!!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: Blogが

K様
ずいぶんお久しぶりです。どうしておられるのか気になっておりましたが、まさか私のBLOGをご覧戴いていたとは思っていませんでした。お元気でお過ごしでしょうか?
Tさまとは今でも親しくさせていただいておりまして、一昨年はこちらにお遊びに来てくださいました。
私の方ですが、チェンマイに来た当初は、何もかもが目新しくて、BLOGを書く意欲が掻き立てられていたのですが、タイに根が生えてしまうと新鮮な感激も少なくなって、野鳥ネタが殆どになって今っていましたが、最近は目新しい野鳥の写真が撮れることも少なくなり、それに加えて最近は年のせいでずい分億劫になっているというようなことで、BLOGの更新もずいぶん滞っています。
最近は、また野鳥撮影の方のアクティビティの少し上がってきておりますので、更新の頻度を増やすように頑張りたいと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://marut944.blog.fc2.com/tb.php/1310-556d4f1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Khun Marut

Author:Khun Marut
"クン・マルッ"は、タイ人の友達がつけてくれたタイ名前です。チェンマイで質素に隠居生活をしています。タイ生活の色々を出来るだけ写真入りで綴って行きたいと思います。色々な話題がありますので、検索してみて下さいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (100)
食 (22)
タイ生活 (120)
パソコン・インターネット (54)
交通 (11)
チェンマイの気候・天候 (132)
北タイの伝統と文化 (19)
熱帯魚 (40)
チェンマイの野鳥 (663)
チェンマイの自然 (143)
日本語ボランティア (2)
チェンマイという町 (12)
日常の科学 (5)

開設者にコンタクトする

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。