FC2ブログ

2019-10

ボランティアで日本語を

先週の事であるが、チェンマイのある高等学校で日本語を選択科目の正課で教えていて、そこで日本人ボランティアのアシスタントを求めている、と言う話を聞いて見学に行ってきた。その学校では日本語の授業は今年始まったばかりで、今年はまだ一年生のみが対象である。まだ三ヶ月と聞いたのだが、クラスが始まるときの挨拶は「起立、礼!」から始まり、全員で「おはようございます。どうぞよろしくお願いします」と唱和するのも元気が溢れていて気持ちが良い。日本語の先生はタイ人の若い女性であったが、良くとおる声でハキハキと教えていてこれまたとても気持ちが良い。
全員が順番に自己紹介をしてくれたのだが、一人一人が「私はxxです。どうぞよろしくお願いします」と大きな声ではっきりと出来たので「これが本当に三ヶ月か?」と驚いた。
ボランティアの日本人は6人集まったので、全員を6つのグループに分けて貰って30分ほど各人が4-5人の生徒と懇談させてもらった。
女生徒のほうがはるかに多かったのだが、みな元気よく、物おじしないで質問にははっきりと答えてくれた。
すでに、ひらかな、カタカナは読む事が出来、漢字も易しいものから少しずつ覚えている所だそうだ。皆日本にたいへん興味を持っているようで、特に日本のファッション、歌、コミック、ゲームなどに興味が深いという。
次回から私たちボランティアが実践会話の指導を手伝うになり、今日初めてその本番の指導に行ってきた。今日も生徒達を小グループに分けて、おのおの、専任の先生がすでに教えた文例を応用した会話を、色々と自分達で考えさせて順番に話させてみたが、なかなか良く出来る。これなら一年もすれば相当の会話力が身につくのではないかと今から楽しみである。
この子たちが将来日本と関係のある仕事に就くようなことになったら楽しい事だろうなぁ、と今から夢見ている。
スポンサーサイト



コメント

Re:ボランティアで日本語を(08/09)

すばらしいじゃぁないですか。KhunMarutさん、教え方がお上手だから 打って付けのボランティアのような気がします。教え方の評判をとって、いっそ日本語の臨時講師になっちゃいますか?

日本語アシスタントについて

現在中学校の管理職をしており、来年3月末に退職です。退職後にチェンマイの中・高等学校で、日本語教師のアシスタントをボランティアで行いたいと思っていますが、資格無しで、ボランティアを見つけることは可能でしょうか、教えてください。

Re:日本語アシスタントについて(08/09)

大勝睦美さん、こんにちは。
日本語のアシスタント講師の口を見つけること自体ははっきり言って容易です。
ボランティアで教える分には資格は関係ありません。
また、田舎に行けば、日本人で大卒なら特に資格などはなくとも有給の教師の口を見つけることも難しくはありません。
しかし、現実に意味のある活動が出来るかどうかと言うことになると、話はまったく別のことになります。
日本語の教師のいる学校、まったくいない学校など現場も色々です。
大勝様はチェンマイでボランティアで日本語を教えることの意味、目的をどのように考えておられるのでしょうか?
タイにどのくらい滞在なさるおつもりでしょうか?
大勝様はタイ語がおできになりますか?
外国人に日本語を教えることについて勉強されましたか?
そういう色々なことをお聞きすれば、もっと現実的なご返事が出来るかもしれません。
当BLOGのHOMEページの左の方に「MAIL」→「メッセージを送る」という欄がございますので、よろしかったらそちらからメールを下さいませ。

-----

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://marut944.blog.fc2.com/tb.php/122-1ec42613
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Khun Marut

Author:Khun Marut
"クン・マルッ"は、タイ人の友達がつけてくれたタイ名前です。チェンマイで質素に隠居生活をしています。タイ生活の色々を出来るだけ写真入りで綴って行きたいと思います。色々な話題がありますので、検索してみて下さいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (100)
食 (22)
タイ生活 (120)
パソコン・インターネット (54)
交通 (11)
チェンマイの気候・天候 (132)
北タイの伝統と文化 (19)
熱帯魚 (40)
チェンマイの野鳥 (663)
チェンマイの自然 (143)
日本語ボランティア (2)
チェンマイという町 (12)
日常の科学 (5)

開設者にコンタクトする

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR