2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新兵器の配備

私は、2009年8月にパナソニックのDMC-G1というマイクロ
フォーサーズ一眼カメラ(最近はミラーレス一眼と呼ばれることが
多いようですが)を導入して、それに昔のMF(マニュアルフォーカス)の
望遠レンズをアダプターを介して装着して、野鳥を撮影しております。

革新の激しいデジタルカメラの世界で、私の使っているパナソニックの
ミラーレス一眼(Gシリーズ)も例外ではなく、ほぼ1年ごとに後継モデルが
出て、そのつど無視できないほどの技術的な進歩があるので、買い替えの
欲望に悩まされ続けているのですが、財政的な事情があって現実には、
毎回新型機の発売から一年ほど遅れての導入検討になっています。

昨年の10月に発売されたGH2という機種(同じパナソニックです)は、
現在メインカメラとして使用しているGH1の後継機種(G1の次に
導入した、我が家での第二世代機です)ですが、色々な点でかなりの進歩が
あってずっと気になっていたところ、発売後一年が経って、そろそろ
モデルチェンジの話が現実味を帯びてきて、またライバル各社から
いっそう進歩したスペックの新型機がドンドン登場して、相場がかなり
こなれてきましたので、先日思い切ってオークションで中古品を落札
しました。

バンコクの洪水騒ぎで、無事に荷物が届くかどうかちょっと心配でしたが
普段より少し余分に日数がかかった程度で、無事に到着しました。

早速色々とテストしてみたのですが、スペックに現れる改善点も
さることながら、スペック上に現れない(つまり、まったく期待は
していなかった)点のいくつかで、とても有難い改善点があって
使い勝手がたいへん良くなって喜んでいます。
この点に関しては、先ほど価格コムの掲示板に書き込みましたので
興味のおありの方はそちらを覗いてみてくださいませ。

http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000152863/#13712748

今朝、その新兵器を持ってマイ野鳥フィールドの一つの、チェンマイ大学
メーヒアキャンパスに行ってみました。
すっかり雨季が明けて、とても良い天気だったのですが、まだ冬至
までにはかなり日にちがありますので、太陽の位置が高くて日差しが
きつくて、かなり暑かったです。
でも、雨季の間は見られない渡り鳥の姿がたくさん見えて、
まったく退屈はしませんでした。

あいにく今日は新顔には出会えませんでしたが、カメラのテストの
つもりで色々な野鳥を片っ端から撮影してみましたので、そのうちから
数点をアップしてみました。

今回も、いつものようにかなりのトリミングをしておりますが(今日の
画像は、すべて元画像の半分以下の大きさ(面積)です)、元の画素数が
GH1の1200万から1600万画素になった分、トリミングした時の
画質の低下がいくらか少ないかもしれません。
でも、私の感じるところでは、画素数の増加による画質の向上よりも
ファインダーの見え方の改善によるピント合わせの精度の向上や、
操作性の向上による歩留まりの向上の方が効果が大きいような気が
しています。
では、新兵器による撮影画像をご覧くださいませ。

ヒメマミジロタヒバリ(Paddyfield Pipit) P1020603_R
ヒメマミジロタヒバリ(Paddyfield Pipit) P1020603_R posted by (C)MARUT


シマキンバラ(Scaly-breasted Munia) P1020703_R
シマキンバラ(Scaly-breasted Munia) P1020703_R posted by (C)MARUT


タカサゴモズ(Long-tailed Shrike) P1020647_R
タカサゴモズ(Long-tailed Shrike) P1020647_R posted by (C)MARUT































にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

↑ よろしかったらクリックをお願いいたします。
野鳥に関するBLOGがたくさんありますよ!!


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

最近当BLOGに掲載した写真の殆どは、「PHOTO蔵」と「FLICKR」の方にもアップロードしてあります。
そのどちらにアクセスしていただいても、アップロードした際のオリジナルサイズの大きな画像をご覧頂くことができます。
「PHOTO蔵」の方は、BLOG上の写真をクリックしていただくだけでPHOTO蔵のサイトにジャンプしますので、
そこでもう一度写真をクリックしていただくと、より大きな画像が表示されると思いますが、
その写真の上部に何種類かの表示サイズを選べるリンクがありますので、その中の「元画像」をクリックしていただくと、
アップロードした際の大きさの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、ぜひ「PHOTO蔵」の写真を大きなサイズでご覧いただければ、と思います。
楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、やむを得ずこういう方法をとっていますが、結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。

「FLICKR」のほうは、直接BLOGとはリンクさせておりませんが、下記のURLにアクセスしていただくと、今までにアップロードした画像が一覧でご覧いただけます。
大きいサイズでご覧頂きたい写真があればその写真をクリックしていただいて、次の画面で、写真のすぐ上にある語群の中ほどにある「ALL SIZES」をクリックしていただくと、大きなサイズの写真が表示されます。
今までに野鳥の写真を140点ほどアップロードしておりますので、よろしかったらちょっと覗いてみて頂いて、ご意見など頂戴できたらと思います。
URLは下記の通りです。

 http://www.flickr.com/photos/marut944


スポンサーサイト

コメント

Re:新兵器の配備(11/02)

元画像で見せてもらいました
毛のふわふわ感まで良くわかり、どれもとても綺麗でビックリです。

Re[1]:新兵器の配備(11/02)

どじょう家族さん、こんにちは
いつも有難うございます。
>元画像で見せてもらいました
>毛のふわふわ感まで良くわかり、どれもとても綺麗でビックリです。
☆ 有難うございます。
すべて、レンズのおかげなんですよ。
この撮影に使用したレンズは30年前の500mmですが、テレコンで1.4倍、それをマイクロフォーサーズで実質的に2倍拡大、さらにトリミングで拡大してもまだボロが出ないなんて、本当にすばらしいレンズだと思います。
満身創痍の状態だったのでJUNK品に近いような価格で購入したものですが、このレンズと出会ったことで今の私があるような気がしています。
ちなみに、今回の「PHOTO蔵」の元画像は、すべて撮影画像をトリミングしたときのサイズのままです。

-----

Re[2]:新兵器の配備(11/02)

fromthailandさん
>どじょう家族さん、こんにちは
>いつも有難うございます。
>>元画像で見せてもらいました
>>毛のふわふわ感まで良くわかり、どれもとても綺麗でビックリです。
>☆ 有難うございます。
>すべて、レンズのおかげなんですよ。
>この撮影に使用したレンズは30年前の500mmですが、テレコンで1.4倍、それをマイクロフォーサーズで実質的に2倍拡大、さらにトリミングで拡大してもまだボロが出ないなんて、本当にすばらしいレンズだと思います。
>満身創痍の状態だったのでJUNK品に近いような価格で購入したものですが、このレンズと出会ったことで今の私があるような気がしています。
>ちなみに、今回の「PHOTO蔵」の元画像は、すべて撮影画像をトリミングしたときのサイズのままです。

>-----
昔のニコンのレンズは良いと聞きますが、凄く良いものなんですね、綺麗に写り具合は、今のニコンやキャノンのデジタル用のレンズよりいいのでしょうか

Re[3]:新兵器の配備(11/02)

どじょう家族さん、こんにちは
>昔のニコンのレンズは良いと聞きますが、凄く良いものなんですね、綺麗に写り具合は、今のニコンやキャノンのデジタル用のレンズよりいいのでしょうか
☆ 私の使っているのは、大昔のCANON(FDマウント)の500mmF4.5で、蛍石レンズを採用しているそうです。同じ頃のNIKON500mmよりは良いように思いました。
最近のNIKONやCANONのハイクラス超望遠レンズの性能は「『すごい』を超えている」と聞いていますので、30年前のレンズの性能がそれらよりも良いと言うことは有り得ないないと思います。
でも、高級車が買えそうなお値段で、私にはまったく無縁の話ですが(笑)。

-----

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://marut944.blog.fc2.com/tb.php/1182-78bf4664
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Khun Marut

Author:Khun Marut
"クン・マルッ"は、タイ人の友達がつけてくれたタイ名前です。チェンマイで質素に隠居生活をしています。タイ生活の色々を出来るだけ写真入りで綴って行きたいと思います。色々な話題がありますので、検索してみて下さいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (100)
食 (22)
タイ生活 (120)
パソコン・インターネット (54)
交通 (11)
チェンマイの気候・天候 (132)
北タイの伝統と文化 (19)
熱帯魚 (40)
チェンマイの野鳥 (663)
チェンマイの自然 (143)
日本語ボランティア (2)
チェンマイという町 (12)
日常の科学 (5)

開設者にコンタクトする

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。