2017-05

ずいぶん久しぶりの「オオゴシキドリ」です

先日、キバネヒヨドリやテリオウチュウを撮影したドイステープの
赤い花の咲いている大木ですが、花が終わるまでは色々な野鳥が入れ代わり
立ち代りやってくるのではないか、と17日の月曜日ですが、ヤナギの下の
泥鰌を狙って再度TRYしました。

狙いは見事に当たって、色々な野鳥姿を見せてくれまして、なんと
ずっと狙っていたオオゴシキドリも現れてくれました。

オオゴシキドリは、今までに二度姿を見ているのですが、第一回目は
余りに遠すぎて、証拠写真のみに終わりました。

   オオゴシキドリか?またまた正体不明の野鳥に遭遇しました


二度目は、もう少し条件が良かったのですが、やはりかなりの距離で
しかも空抜けということで、PHOTOSHOPで最大限補正しても
まだ満足できる仕上がりにはなりませんでした。

   念願の「オオゴシキドリ(Great Barbet)」が撮れたのですが・・  

と言うことで、今回「三度目の正直」と言うことになってくれれば
良かったのですが、なにせ40mを超えているのではないか、と思える
大木の上のほうの枝にいて、しかもこの木は(写真を見ていただければ
お分かりいただけると思いますが)とても小枝の多い木で、枝かぶりを
避けることが大変難しくて、しかも、雲が多い日で、殆どが明るい白い雲
が背景という結果になってしまいました。

でも、オオゴシキドリはチェンマイではなかなか出会えない野鳥ですし、
今回はかなりの回数のシャッターを切ることが出来ましたので
色々な角度の写真を見ていただくとオオゴシキドリの感じは分って
いただけると思いますので、出来の悪い写真で恥ずかしいのですが、
あえて掲載させていただきますね。


オオゴシキドリ(Great Barbet) P1240199_R3
オオゴシキドリ(Great Barbet) P1240199_R3 posted by (C)MARUT


オオゴシキドリ(Great Barbet) P1240558_R2
オオゴシキドリ(Great Barbet) P1240558_R2 posted by (C)MARUT


オオゴシキドリ(Great Barbet) P1240531_R
オオゴシキドリ(Great Barbet) P1240531_R posted by (C)MARUT


オオゴシキドリ(Great Barbet) P1240265_R
オオゴシキドリ(Great Barbet) P1240265_R posted by (C)MARUT


オオゴシキドリ(Great Barbet) P1240251_R2
オオゴシキドリ(Great Barbet) P1240251_R2 posted by (C)MARUT


オオゴシキドリ(Great Barbet) P1240557_R
オオゴシキドリ(Great Barbet) P1240557_R posted by (C)MARUT


オオゴシキドリ(Great Barbet) P1240565_R2
オオゴシキドリ(Great Barbet) P1240565_R2 posted by (C)MARUT



















にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

↑ よろしかったらクリックをお願いいたします。
野鳥に関するBLOGがたくさんありますよ!!


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

最近当BLOGに掲載した写真の殆どは、「PHOTO蔵」と「FLICKR」の方にもアップロードしてあります。
そのどちらにアクセスしていただいても、アップロードした際のオリジナルサイズの大きな画像をご覧頂くことができます。
「PHOTO蔵」の方は、BLOG上の写真をクリックしていただくだけでPHOTO蔵のサイトにジャンプしますので、
そこでもう一度写真をクリックしていただくと、より大きな画像が表示されると思いますが、
その写真の上部に何種類かの表示サイズを選べるリンクがありますので、その中の「元画像」をクリックしていただくと、
アップロードした際の大きさの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、ぜひ「PHOTO蔵」の写真を大きなサイズでご覧いただければ、と思います。
楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、やむを得ずこういう方法をとっていますが、結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。

「FLICKR」のほうは、直接BLOGとはリンクさせておりませんが、下記のURLにアクセスしていただくと、今までにアップロードした画像が一覧でご覧いただけます。
大きいサイズでご覧頂きたい写真があればその写真をクリックしていただいて、次の画面で、写真のすぐ上にある語群の中ほどにある「ALL SIZES」をクリックしていただくと、大きなサイズの写真が表示されます。
今までに野鳥の写真を140点ほどアップロードしておりますので、よろしかったらちょっと覗いてみて頂いて、ご意見など頂戴できたらと思います。
URLは下記の通りです。

 http://www.flickr.com/photos/marut944

スポンサーサイト

コメント

カブリのある写真の補正

 こんにちは。

 甚だ勝手ながら、最初のカブリのある写真をコピーし、トーンカーブで補正してみたところ、かなりチャンとした写真になりました。3原色各色の下限を上げて、色の分布していない部分を切り捨てます。ソフトウェアはNikonのスライド・スキャナーに附属しているNikon Scanと云うプログラムです。お使いになっているPhotoshopにこの機能があるかどうかは知りませんが、トーンカーブの下限上限を調整することにより、暗部やハイライトの明度を自在に調整することが出来ます。
 このブログのコメントやメールでは写真を貼ることが出来ません。メールアドレスを教えて頂ければ、補正した写真をお送り致します。

Re:カブリのある写真の補正(01/19)

アーチャーンさん
何時も有難うございます。
ご指摘の件ですが、私も、いつもそう云う風なことをしておるつもりですが、オオゴシキドリの黒い部分がツブてれて見える(ヒストグラムではつぶれてはいないのですが)のが面白くなくて、少し底上げしたのですが、ちょっとやりすぎたようです。
私の感覚が良くない事のほかに、もうひとつ、モニターが安物だと言うことにも原因があるかもしれません。液晶モニターを使うようになって以来ずっと、ガンマの設定が悩みのタネです。
安物モニターでは較正をしても完全な解決は難しいかもしれませんが、ともかく何とか予算を捻出して、近々モニターキャリブレーションキットを購入することにします。
画像の方は、やり直して入れ替えておきました。
少しはマシになったでしょうか・・・。
ご指摘有難うございました。




> こんにちは。

> 甚だ勝手ながら、最初のカブリのある写真をコピーし、トーンカーブで補正してみたところ、かなりチャンとした写真になりました。3原色各色の下限を上げて、色の分布していない部分を切り捨てます。ソフトウェアはNikonのスライド・スキャナーに附属しているNikon Scanと云うプログラムです。お使いになっているPhotoshopにこの機能があるかどうかは知りませんが、トーンカーブの下限上限を調整することにより、暗部やハイライトの明度を自在に調整することが出来ます。
> このブログのコメントやメールでは写真を貼ることが出来ません。メールアドレスを教えて頂ければ、補正した写真をお送り致します。
-----

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://marut944.blog.fc2.com/tb.php/1142-ccbc8062
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Khun Marut

Author:Khun Marut
"クン・マルッ"は、タイ人の友達がつけてくれたタイ名前です。チェンマイで質素に隠居生活をしています。タイ生活の色々を出来るだけ写真入りで綴って行きたいと思います。色々な話題がありますので、検索してみて下さいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (100)
食 (22)
タイ生活 (120)
パソコン・インターネット (54)
交通 (11)
チェンマイの気候・天候 (132)
北タイの伝統と文化 (19)
熱帯魚 (40)
チェンマイの野鳥 (663)
チェンマイの自然 (143)
日本語ボランティア (2)
チェンマイという町 (12)
日常の科学 (5)

開設者にコンタクトする

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR