2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

永年の宿題だったキバネヒヨドリが漸く撮れました

例年ですと、年末から正月頃にかけて、ドイステープの登山道の
桜並木が一斉に開花するので、今年も正月の3日に開花状況の偵察に
行っのですが、開花状況どころか、全く開花の気配が見えませんでした。

今年はサクラの開花が遅れているのかも、と、昨日、もう一度サクラの
状況を見に出かけたのですが、やはり、全然開花の気配が見えません。
日本の桜は、真冬の冷え込み方によって開花の状況が変わってくると
聞いていますが、チェンマイの桜(ヒマラヤサクラというヤマザクラの
一種と聞いています)も、乾季になってからの冷え方に影響され、
今年のように冷える日が少ない年は開花が出来ないのかもしれません。

サクラの花が咲くと、その花の蜜を吸いに多くの野鳥が集まってきますので
毎年、サクラの咲く季節を楽しみにしているのですが、困ったもんだなあ、と
思いながらドイステープの登山道を進んで行きましたら、途中で大きな木
(たぶん高さは30m以上あると思います)に赤い花がたくさん付いていて
数羽のオウチュウが見えましたので、双眼鏡でさらに観察すると
アオバネコノハドリ、ムナグロタイヨウチョウ、エボシヒヨドリなどが
見えました。
これは案外イケるのではないか、と撮影機材をセットして本腰を入れて
野鳥を待ちました。
これは大正解で、暫くすると、もう長いこと出会っていないテリオウチュウ
やキバネヒヨドリが現れました。
じつはテリオウチュウもキバネヒヨドリも今までに何度か出会っては
いるのですが、まだ近距離からの充分鮮明な写真は撮れていないので
ずっとチャンスのくるのを待っていたのです。

とは言うものの、この場所では、地形の関係でどうしても高仰角の
(30度から45度以上見上げての)の撮影にならざるを得ず、
それにふさわしい雲台を携行していなかったことや、結構雲が多くて
光量不足に苦しめられた事などから、なかなか思うように撮影が
進まなかったので、昨日は早めに撮影を切り上げて今日、もう一度
同じ場所に挑戦したのですが、今日はほとんど雲がなく、また高仰角撮影
に適した雲台を準備して行ったことなどで、撮影はずいぶん楽になり、
待望のキバネヒヨドリとテリオウチュウは、今日も現れてくれたので、
今日は何とか撮影に成功しました。

とは言いましても、ターゲットの野鳥まで30mから50mという
遠距離撮影になり、ちょっとでもピントのずれた写真は使い物にならなくて
非常にシビアーな撮影になり、帰宅してチェックしたら撮影画像の8割は
構図やポーズがどうのこうの言う以前にブレボケでボツという惨憺たる結果
でした。

でも待望のキバネヒヨドリに関しては、何とか今までに撮影した写真よりも
鮮明なものが撮れましたので完全満足とまではまいりませんが、
ほぼ満足しております。


キバネヒヨドリ(Ashy Bulbul) P1240029_R
キバネヒヨドリ(Ashy Bulbul) P1240029_R posted by (C)MARUT


キバネヒヨドリ(Ashy Bulbul) P1240024_R
キバネヒヨドリ(Ashy Bulbul) P1240024_R posted by (C)MARUT


キバネヒヨドリ(Ashy Bulbul) P1230615_R
キバネヒヨドリ(Ashy Bulbul) P1230615_R posted by (C)MARUT














にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

↑ よろしかったらクリックをお願いいたします。
野鳥に関するBLOGがたくさんありますよ!!


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

最近当BLOGに掲載した写真の殆どは、「PHOTO蔵」と「FLICKR」の方にもアップロードしてあります。
そのどちらにアクセスしていただいても、アップロードした際のオリジナルサイズの大きな画像をご覧頂くことができます。
「PHOTO蔵」の方は、BLOG上の写真をクリックしていただくだけでPHOTO蔵のサイトにジャンプしますので、
そこでもう一度写真をクリックしていただくと、より大きな画像が表示されると思いますが、
その写真の上部に何種類かの表示サイズを選べるリンクがありますので、その中の「元画像」をクリックしていただくと、
アップロードした際の大きさの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、ぜひ「PHOTO蔵」の写真を大きなサイズでご覧いただければ、と思います。
楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、やむを得ずこういう方法をとっていますが、結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。

「FLICKR」のほうは、直接BLOGとはリンクさせておりませんが、下記のURLにアクセスしていただくと、今までにアップロードした画像が一覧でご覧いただけます。
大きいサイズでご覧頂きたい写真があればその写真をクリックしていただいて、次の画面で、写真のすぐ上にある語群の中ほどにある「ALL SIZES」をクリックしていただくと、大きなサイズの写真が表示されます。
今までに野鳥の写真を140点ほどアップロードしておりますので、よろしかったらちょっと覗いてみて頂いて、ご意見など頂戴できたらと思います。
URLは下記の通りです。

 http://www.flickr.com/photos/marut944

スポンサーサイト

コメント

はじめて見ました

キバネヒヨドリ、はじめて見ました。
タイには本当にいろんな鳥さんがいますね。
めずらしいです。

Re:はじめて見ました(01/15)

jalan.kelawaiさん、こんにちは
キバネヒヨドリは見かけることはマレで、ましてや撮影できる機会はなかなかやって来ませんので、今回はラッキーでした。
☆ タイの野鳥は、酒類は沢山いるらしいですが、
日常普通に目にする種類の数はそれ程多くないと思います。最近はなかなか新しい種類の写真が撮れなくて伸び悩みです。横着モノで遠出は全くと言っていいほどしませんので、それが悪いのかもしれませんね(笑)。
-----

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://marut944.blog.fc2.com/tb.php/1140-86bcf48b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Khun Marut

Author:Khun Marut
"クン・マルッ"は、タイ人の友達がつけてくれたタイ名前です。チェンマイで質素に隠居生活をしています。タイ生活の色々を出来るだけ写真入りで綴って行きたいと思います。色々な話題がありますので、検索してみて下さいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (100)
食 (22)
タイ生活 (120)
パソコン・インターネット (54)
交通 (11)
チェンマイの気候・天候 (132)
北タイの伝統と文化 (19)
熱帯魚 (40)
チェンマイの野鳥 (663)
チェンマイの自然 (143)
日本語ボランティア (2)
チェンマイという町 (12)
日常の科学 (5)

開設者にコンタクトする

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。