2017-05

ロイカトーンの満月

毎年、秋になるとタイの人たちはロイカトーンという灯篭流しの
ような行事を楽しみにしています(ロイカトーンについて、詳しくは
検索してみてくださいませ)。

このロイカトーンは、必ず満月の日に行われるのですが、今年は丁度
好天に恵まれて、とても明るくて美しい満月を見ることが出来ました。
満月にかぎらず、月の写真は、撮影機材のチェックを兼ねて時々撮影
するのですが、今回は大気の状態が良かったからでしょうか、
今までになく鮮明な月の写真が撮れたように思いますので、ご紹介
させていただきます。

ロイカトーンの日とその前後の三日間ほどは、夜になるとコムローイ
という熱気球(紙で出来た行灯の中にローソクを仕込んだ簡単な構造で、
値段も安いです)が、空を覆いつくし、まるで無数の赤い星が漂って
いるような、不思議な光景が見られます。

それだけなら良いのですが、このコムローイが人家の屋根に落下して
火災の原因になることはマレではありません。
また、航空機の障害になるといけないから、ということで、コムローイの
打ち上げは夜九時半以前には行わないように、というお触れが出ている
そうですが、気にしている人は少ないようです。

お祭り騒ぎの好きなタイの人たちは、日暮れとともに爆竹(最近は
それも超強力なものが流行っているようです)をあちらこちらで爆発
させ、その音が真夜中を過ぎても止みません。
爆音で安眠できない日が3日続いて、とうとう私は体調を崩して
しまいましたし、私の住むアパートに住み着いている犬は、
連日の爆竹の音で怯えまくって、様子がおかしくなっています。

と言うわけで、私はロイカトーンやソンクラーン、旧正月(中国正月)
などのビッグイベントが苦手で、もし財政的に余裕があれば
その期間はどこかよその国に避難したい感じです。


2010_11_21(ロイカトーンの日)の満月 P1280483-v2
2010_11_21(ロイカトーンの日)の満月 P1280483-v2 posted by (C)MARUT
ぜひ「PHOTO蔵」の方で、大きい画像もご覧くださいませ。
この写真をクリックしていただくと「PHOTO蔵」にジャンプします。














にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

↑ よろしかったらクリックをお願いいたします。
野鳥に関するBLOGがたくさんありますよ!!


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

最近当BLOGに掲載した写真の殆どは、「PHOTO蔵」と「FLICKR」の方にもアップロードしてあります。
そのどちらにアクセスしていただいても、アップロードした際のオリジナルサイズの大きな画像をご覧頂くことができます。
「PHOTO蔵」の方は、BLOG上の写真をクリックしていただくだけでPHOTO蔵のサイトにジャンプしますので、
そこでもう一度写真をクリックしていただくと、より大きな画像が表示されると思いますが、
その写真の上部に何種類かの表示サイズを選べるリンクがありますので、その中の「元画像」をクリックしていただくと、
アップロードした際の大きさの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、ぜひ「PHOTO蔵」の写真を大きなサイズでご覧いただければ、と思います。
楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、やむを得ずこういう方法をとっていますが、結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。

「FLICKR」のほうは、直接BLOGとはリンクさせておりませんが、下記のURLにアクセスしていただくと、今までにアップロードした画像が一覧でご覧いただけます。
大きいサイズでご覧頂きたい写真があればその写真をクリックしていただいて、次の画面で、写真のすぐ上にある語群の中ほどにある「ALL SIZES」をクリックしていただくと、大きなサイズの写真が表示されます。
今までに野鳥の写真を140点ほどアップロードしておりますので、よろしかったらちょっと覗いてみて頂いて、ご意見など頂戴できたらと思います。
URLは下記の通りです。

 http://www.flickr.com/photos/marut944

スポンサーサイト

コメント

ロイカトーン

きれいな満月ですね。
ローイクラトン、川の神様に水を汚したお詫びをこめて流した灯篭がちらちらと灯りをともしながらたくさん流れていく様子はとても幻想的なイメージです。 コムローイも昔はとても小さいのを空にあげたそうです。
でも最近は観光化されてしまって そんな情緒はなくなり残念ですね。

Re:ロイカトーン(11/26)

linliiさん、こんにちは
お月様は、地上の人間どもの喧騒とは無縁で、淡々と美しく輝いています。
最初タイに来た頃は色々なイベントが珍しくて楽しかったのですが、タイ生活が長くなるにつれて、感激することよりもウンザリすることのほうが多くなったような気がします。自分の楽しみを見つけてマイペースで暮らすように心がけてはいますけれど・・・。
-----

ビッグイベント

私もマルッさんにまったく同感です。
もう今さら人混みに出かける気はないです。
幸い私の住んでる所(バンコクの中心部)は水を掛けられることもほとんどなく、ロイカトーンの花火もチャオプラヤー川のあたりであがってるのがちょっと聞こえるぐらい。
周囲にはモスリム集落ですので中国正月は全く関係なし。気にいってます。
私がバンコクにいる理由は生活するのに便利で物価が安く冬がないことです。
間違っても「微笑みの国」とは思ってません。
周りを気にする必要もないしマイペースが一番。

Re:ビッグイベント(11/26)

chidoriさん、こんにちは
同意見の方がおられて、心強いです!!
冬がないことは、私にはマイナスポイントですので、ここのところはちょっと意見が違いますけれど。
と申しましても、私も雪の積もる冬が欲しいわけではないのです。暑い季節がもう少し少なかったらなあ、という願望はありますけれど!!
「微笑みの国」という表現は必ずしも間違いではないような気がします。ある意味、私はタイのそう云う部分が好きです。でも、この「微笑み」に気をゆるしてもいいのかな、という懸念もまた、消えませんけどね(笑)。
-----

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://marut944.blog.fc2.com/tb.php/1128-7f38be9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Khun Marut

Author:Khun Marut
"クン・マルッ"は、タイ人の友達がつけてくれたタイ名前です。チェンマイで質素に隠居生活をしています。タイ生活の色々を出来るだけ写真入りで綴って行きたいと思います。色々な話題がありますので、検索してみて下さいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (100)
食 (22)
タイ生活 (120)
パソコン・インターネット (54)
交通 (11)
チェンマイの気候・天候 (132)
北タイの伝統と文化 (19)
熱帯魚 (40)
チェンマイの野鳥 (663)
チェンマイの自然 (143)
日本語ボランティア (2)
チェンマイという町 (12)
日常の科学 (5)

開設者にコンタクトする

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR