2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キジのような野鳥に出会ったのですが・・・・

今朝は、青空が殆ど見えず、撮影に出かけても雨になる可能性があるなあ、
と考えて、雨になったらいつでも中断して帰れる、近場のチェンマイ大学の
メーヒアキャンパスに出かけました。

じつは、過日ある方が、NIKONのD300というデジタル一眼レフを
「自分はほとんど使っていないので、当分好きに使って下さい」と
仰ってくださって、お言葉に甘えさせていただいて、先日から
有難く使わせていただいているのですが、そのカメラに、これも先日から
我が戦列に加わっている反射型1000mmレンズを組み合わせたら
どんな感じになるだろうかという興味がありまして、そろそろ冬の
渡り鳥がやってくる頃ではありますし、そのテストを兼ねてNIKON D300
+ Reflex Nikkor 1000mm F11 というニコンづくしで出かけました。

さすがに、レンズと同じメーカーのNIKONのカメラですね、
30年前のレンズを装着しても、オートフォーカスこそ使えないものの、
他の機能は、殆ど制約なしに使えて、大変便利です。

特に有難いのが、絞り優先自動露出とISO感度の自動コントロールの
組み合わせです。予め、ISO感度自動設定の変更範囲(上限と下限)と、
同じくカメラの設定するシャッター速度の下限値を設定しておくと、
普通の「絞り優先」の機能に加えて、暗くなって来て予め設定した下限の
シャッター速度でもまだ露出不足、と言うような状況になると、今度は
ISO感度の方を上げてくれ、ISO感度を上限まで上げても未だ
露出不足だ、という厳しい状況になれば、こんどは予め設定した下限の
シャッター速度を超えて更に遅いシャッター速度を設定してくれる、
という大変賢い動きをしてくれます。

普通の絞り優先AEだと、気付かないうちにカメラの自動機構によって
ひどく遅いシャッター速度が決定されて、露光量は適正でも、
画像としてはブレブレで使い物にならないショットばかり、という
情けない思いをさせられることがしばしばあったのですが、
さすがは老舗のNIKONですね、恐れ入りました。

今日のMEAーHIAは、まだすこし渡り鳥には早かったのかも
しれませんが、それでも、オジロヒタキやハクセキレイ、それに
ビンズイなど、先陣の渡り鳥の姿を見ることが出来ました。

それに、今日は面白い野鳥に遭遇しました。
メーヒアキャンパスには、畜産関係の学部もあるようで、
牛を放し飼いにしている広い囲いがあるのですが、その中の草むらに
ちょっと大型の野鳥がチラッと見えました。
ここは「インドトサカゲリ」という「ケリ」のたくさん居るところなので
ああ、「ケリ」か、と思ったのですが、念のためにカメラのファインダーを
通して覗いてみたところ、ケリではありません。

鮮やかな顔面をみて、一瞬、クジャク?と思いましたが、まさか
こんなところにクジャクが居るはずはないし、じゃあキジ?
それともタイのニワトリ?と考えてみても答えは見つかりませんので
とりあえず撮影してみました。

なかなか用心深いヤツで、つねに外界に警戒を怠らず、草むらから
出てくることはなく、全身を見せてくれることも一度もありませんでした
ので、撮影できたのは部分ばかりで、全身のきれいに揃ったショットは
一枚も撮れませんでしたが、辛うじてほぼ全身の写ったショットが
一枚だけ撮れていました(三枚目の写真)。

帰宅して、資料を調べたのですが、特徴の完全に合致する種は
見つかりません。
でも、首に白い輪があるところなどはまさにコウライキジの特色ですし、
どうもキジの仲間のような気がします。

どなたか、この野鳥の同定に関して、情報をお持ちの方はぜひご協力を
お願いいたします。

では、写真の方をご覧くださいませ。




キジ?(Phesant?) DSC_1169_R
キジ?(Phesant?) DSC_1169_R posted by (C)MARUT


キジ?(Phesant?) DSC_1364_R
キジ?(Phesant?) DSC_1364_R posted by (C)MARUT


キジ?(Phesant?) DSC_1378_R
キジ?(Phesant?) DSC_1378_R posted by (C)MARUT


























にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

↑ よろしかったらクリックをお願いいたします。
野鳥に関するBLOGがたくさんありますよ!!


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

最近当BLOGに掲載した写真の殆どは、「PHOTO蔵」と「FLICKR」の方にもアップロードしてあります。
そのどちらにアクセスしていただいても、アップロードした際のオリジナルサイズの大きな画像をご覧頂くことができます。
「PHOTO蔵」の方は、BLOG上の写真をクリックしていただくだけでPHOTO蔵のサイトにジャンプしますので、
そこでもう一度写真をクリックしていただくと、より大きな画像が表示されると思いますが、
その写真の上部に何種類かの表示サイズを選べるリンクがありますので、その中の「元画像」をクリックしていただくと、
アップロードした際の大きさの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、ぜひ「PHOTO蔵」の写真を大きなサイズでご覧いただければ、と思います。
楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、やむを得ずこういう方法をとっていますが、結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。

「FLICKR」のほうは、直接BLOGとはリンクさせておりませんが、下記のURLにアクセスしていただくと、今までにアップロードした画像が一覧でご覧いただけます。
大きいサイズでご覧頂きたい写真があればその写真をクリックしていただいて、次の画面で、写真のすぐ上にある語群の中ほどにある「ALL SIZES」をクリックしていただくと、大きなサイズの写真が表示されます。
今までに野鳥の写真を140点ほどアップロードしておりますので、よろしかったらちょっと覗いてみて頂いて、ご意見など頂戴できたらと思います。
URLは下記の通りです。

 http://www.flickr.com/photos/marut944

スポンサーサイト

コメント

ほんと、顔は高麗雉そっくりですね!

雉の顔ですが、尾が短いような・・・・
マルさんでもわからない鳥っているのですか。

Re:ほんと、顔は高麗雉そっくりですね!(10/06)

sanroku21さん、こんにちは
何時も有難うございます。
>雉の顔ですが、尾が短いような・・・・
☆ キジの仲間であることは、まず間違いないようですが、本来、タイには天然のコウライキジはいないはずなので、何か「訳アリ」のキジなんだろうと思います。
>マルさんでもわからない鳥っているのですか。
☆ まだ、鳥見を始めて5年に満たない新米の鳥見人MARUTに、なんと畏れ多いお言葉を!!(ヒヤアセ)
ようやく、何時も見かける野鳥は識別ができるようになりましたが、本当のところ、まだまだ知らない野鳥の方が多いですよ。



-----

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://marut944.blog.fc2.com/tb.php/1115-7a9ebb51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Khun Marut

Author:Khun Marut
"クン・マルッ"は、タイ人の友達がつけてくれたタイ名前です。チェンマイで質素に隠居生活をしています。タイ生活の色々を出来るだけ写真入りで綴って行きたいと思います。色々な話題がありますので、検索してみて下さいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (100)
食 (22)
タイ生活 (120)
パソコン・インターネット (54)
交通 (11)
チェンマイの気候・天候 (132)
北タイの伝統と文化 (19)
熱帯魚 (40)
チェンマイの野鳥 (663)
チェンマイの自然 (143)
日本語ボランティア (2)
チェンマイという町 (12)
日常の科学 (5)

開設者にコンタクトする

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。