2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カオジロヒヨドリ・・・反射型1000mm第二弾です

チェンマイは相変わらずの梅雨空ですが、昨日の午後は青空が広がって
きたように見えたので、慌てて写真の支度をしてドイプイにむけて
出発しました。

山に登ると平地とは違って雲が多くなり、しばしば太陽は雲に隠れて
暗くなりましたが、何とか二時間くらいは写真撮影のできる天気が
持ちこたえてくれました。
でも、野鳥のほうは全然パットしなくて、僅かにカオジロヒヨドリが
撮影できただけでした。カオジロヒヨドリは、私の知る限りですが、
ドイプイ、ドイステープの山の中でも、この付近のほかには殆ど姿を
見ることがありません。

昨日は一度だけ10mくらいの距離の枝に止まってくれたので、
その時に撮影したのが今日の写真です。
10mの距離ですともう少し細部まで鮮明に写っていても良いような
気がしないでもないのですが、シャッター速度が50分の一秒、と
遅かったのでブレが出ているのか、ピント合わせが不十分だったのか、
ちょっと定かではありません。

反射型レンズは、通常の屈折型望遠レンズと違って、光学系の中心部が
くり抜かれていて、レンズの中心部を通ってカメラに到達ずる光が
ありませんので、ピントが外れて像がボケた場合、ボケに芯のない、
クセのあるボケ方になりますが(点光源がボケると、ボケがドーナツ型
になることはよく知られています)、そのせいでしょうか、
正確なピント合わせが微妙に難しいような感じがします。

同じような焦点距離、F値をもつ屈折型のレンズと比べて、
ベンチテストでの解像力には大差はないような感じですが、色収差の
全く出ないことは大きなメリットです。
しかし、通常の(屈折型の)レンズと比べて、ボケ方の癖が違うことや、
被写界深度がかなり浅いことなど、いろいろと癖が強いので、この
レンズの特長を生かして活用できるようになるためには、まだまだ
色々な研究が必要なようです。


カオジロヒヨドリ(Flavescent Bulbul) P1210442_R
カオジロヒヨドリ(Flavescent Bulbul) P1210442_R posted by (C)MARUT

















にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

↑ よろしかったらクリックをお願いいたします。
野鳥に関するBLOGがたくさんありますよ!!


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

最近当BLOGに掲載した写真の殆どは、「PHOTO蔵」と「FLICKR」の方にもアップロードしてあります。
そのどちらにアクセスしていただいても、アップロードした際のオリジナルサイズの大きな画像をご覧頂くことができます。
「PHOTO蔵」の方は、BLOG上の写真をクリックしていただくだけでPHOTO蔵のサイトにジャンプしますので、
そこでもう一度写真をクリックしていただくと、より大きな画像が表示されると思いますが、
その写真の上部に何種類かの表示サイズを選べるリンクがありますので、その中の「元画像」をクリックしていただくと、
アップロードした際の大きさの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、ぜひ「PHOTO蔵」の写真を大きなサイズでご覧いただければ、と思います。
楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、やむを得ずこういう方法をとっていますが、結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。

「FLICKR」のほうは、直接BLOGとはリンクさせておりませんが、下記のURLにアクセスしていただくと、今までにアップロードした画像が一覧でご覧いただけます。
大きいサイズでご覧頂きたい写真があればその写真をクリックしていただいて、次の画面で、写真のすぐ上にある語群の中ほどにある「ALL SIZES」をクリックしていただくと、大きなサイズの写真が表示されます。
今までに野鳥の写真を130点ほどアップロードしておりますので、よろしかったらちょっと覗いてみて頂いて、ご意見など頂戴できたらと思います。
URLは下記の通りです。

 http://www.flickr.com/photos/marut944


スポンサーサイト

コメント

レフレックス1000mm

写真のことなど、えらそうなコメントをできるほどの経験があるとは思っておりませんが、個人的には、「レフレックス1000mm」で撮られた第1弾、第2弾ともに好きですね。ややピントが甘いようには見受けられますが、ピントが合いすぎて、コンt路ラストが強すぎるような写真より、柔らか味があって、品があるように思われます。
 微妙なピントあわせが、大変なのでしょうが、これからも、「レフレックス1000mm」で撮影したp写真を見せて下さいませんか。

 余談ですが、「チャオ(176号)」の掲載されておりました、「セアカハナドリ」、毎日のように、3,4m以内の「タコッブ」の枝に飛んでくるのを、たのしんでおります。オス、メスで、カチカチやりあっているのですぐに見分けが付きます。

 このブログ、しばらく、更新がないようで、さびしいですが。

Re:レフレックス1000mm(08/16)

K.SUZUKI様
書き込み、有難うございます。
色々と悩むことがあって(野鳥撮影の関係ですが)、ついついBLOGの更新が延び延びになっているうちに、二週間以上もご無沙汰してしまいました。
☆ レフレックス1000mmレンズの画像を気に入っていただいたようで有難うございます。じつは、そのレフレックス1000mmも悩みの一つなんです。窓から外の景色を撮ったときは結構きれいに写っていると思うのですが、野鳥の現場に持ち出すとなかなかシャープな写真が撮れないのです。ブレか、ピント合わせの精度の問題か、それともレンズそのものの性能なのか、まだ結論が得られません。
実は、もう一台、やはり30年前に製造されたレンズが届きましたので、そちらの方と併せていろいろと研究しているところです。ご承知のような天候が続いておりますので、なかなか撮影に出られないので、家の中で機材ばかり弄っていることが多くて、新しい写真も殆ど撮れていないのですが、K.SUZUKI様に背中を叩いていただきましたので、今日は久しぶりにBLOGの更新にかかりたいと思います。
> 「セアカハナドリ」、毎日のように、3,4m以内の「タコッブ」の枝に飛んでくるのを、
☆ セアカハナドリ、楽しいですね。
以前、郊外に住んでいたときは毎日のように見かけていたのですが・・・。
「ちゃーお」の方も、引き続き頑張ってまいりますので、ご愛読の方、宜しくお願いいたします。

-----

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://marut944.blog.fc2.com/tb.php/1106-102e461b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Khun Marut

Author:Khun Marut
"クン・マルッ"は、タイ人の友達がつけてくれたタイ名前です。チェンマイで質素に隠居生活をしています。タイ生活の色々を出来るだけ写真入りで綴って行きたいと思います。色々な話題がありますので、検索してみて下さいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (100)
食 (22)
タイ生活 (120)
パソコン・インターネット (54)
交通 (11)
チェンマイの気候・天候 (132)
北タイの伝統と文化 (19)
熱帯魚 (40)
チェンマイの野鳥 (663)
チェンマイの自然 (143)
日本語ボランティア (2)
チェンマイという町 (12)
日常の科学 (5)

開設者にコンタクトする

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。