2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミドリハチクイなど・・・やっぱり2倍テレコンが良いかなぁ!?

最近、日本の梅雨のような天気が続いていますし、VISAの更新も
あったりで、暫く鳥見のほうはご無沙汰気味だったのですが、
今日は久しぶりにチェンマイ大学のMAE HIAキャンパスに
行ってみました。

今月の初め頃から、今まで400mmレンズに取り付けて使ってきた
テレコンを、試験的に1.4倍のものから二倍のものに取り替えて
使ってみたのですが、どうもうまく使いこなせていないみたいで、
ピントを外す率が高いので、一週間ほどでまた、元の1.4倍に
戻していました。

でも、アパートの部屋から窓の外に見える色々な被写体を撮影して
見る限りでは、どう見ても2倍テレコンのほうが細部まで鮮明に写るので、
もう一度2倍テレコンにTRYしてみることにして、再び今日持ち出して
みました。

開放F値5.6のレンズに2倍テレコンを装着すると、絞り開放でも
F値は11ですが、この組み合わせでは一絞り絞ってやった方が
解像力が上がりますし、被写界深度も少し深くなってピント合わせが
楽になりますので、今日は絞りを一絞り絞って撮影することにしました。

現場についた時から、たまに雨のしずくが感じられるような天気で、
本降りを心配しながら撮影を始めたのですが、結局一時間ほどで
本格的に雨が降り出して退散しました。そんな状況でしたので、
カメラのISO感度を400に上げてやっても、なかなか100分の
一秒以上の速いシャッターは切れないような状況でしたが、慎重に
ピントを合わせて撮影出来たコマは、やはり1.4倍テレコンの使用では
撮影できなかったキメの細かい写真が撮れたように思います。

親レンズが、もう少し頂点距離が長くてF値の小さなものであれば
合成焦点距離が800mmになっても、もっとピント合わせが易しく
できて、シャッターも速いスピードで切れるのですが、そんなレンズは
大きさも重量も今のものよりもずっと増しますので、機動性の方は
かなり損なわれますので、どちらが良いか悩むところです。
また、そういう大型レンズの購入は、予算的にもそう簡単には
踏み切れませんので、今しばらくはこの400mm+2倍テレコンの
使いこなしに努力してみたいと思います。

では、今日の収穫、アジアマミハウチワドリ、ミドリハチクイ、に
「撮影は出来たものの手持ちの資料の中には見当たらず悩んでいる野鳥」
の三点をご覧くださいませ。

今日のミドリハチクイの写真は、私としては珍しく殆どトリミングを
しておりません(リサイズのみ)ので、カメラをISO感度は400に
上げて撮影しておりますが余りノイズはなく、わりと細部まで解像
しているのではないでしょうか。

三枚目の野鳥は、どなたかお心当りのある方がいらっしゃいましたら、
ぜひ情報をお寄せくださいませ。大きさはヒヨドリくらいです。


ミドリハチクイ(Green Bee-Eater) P1190382_R
ミドリハチクイ(Green Bee-Eater) P1190382_R posted by (C)MARUT


アジアマミハウチワドリ(Plain Prinia) P1190346_R
アジアマミハウチワドリ(Plain Prinia) P1190346_R posted by (C)MARUT


名前が分りません P1190358_R
名前が分りません P1190358_R posted by (C)MARUT
















にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

↑ よろしかったらクリックをお願いいたします。
野鳥に関するBLOGがたくさんありますよ!!


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

最近当BLOGに掲載した写真の殆どは、「PHOTO蔵」と「FLICKR」の方にもアップロードしてあります。
そのどちらにアクセスしていただいても、アップロードした際のオリジナルサイズの大きな画像をご覧頂くことができます。
「PHOTO蔵」の方は、BLOG上の写真をクリックしていただくだけでPHOTO蔵のサイトにジャンプしますので、
そこでもう一度写真をクリックしていただくと、より大きな画像が表示されると思いますが、
その写真の上部に何種類かの表示サイズを選べるリンクがありますので、その中の「元画像」をクリックしていただくと、
アップロードした際の大きさの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、ぜひ「PHOTO蔵」の写真を大きなサイズでご覧いただければ、と思います。
楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、やむを得ずこういう方法をとっていますが、結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。

「FLICKR」のほうは、直接BLOGとはリンクさせておりませんが、下記のURLにアクセスしていただくと、今までにアップロードした画像が一覧でご覧いただけます。
大きいサイズでご覧頂きたい写真があればその写真をクリックしていただいて、次の画面で、写真のすぐ上にある語群の中ほどにある「ALL SIZES」をクリックしていただくと、大きなサイズの写真が表示されます。
今までに野鳥の写真を130点ほどアップロードしておりますので、よろしかったらちょっと覗いてみて頂いて、ご意見など頂戴できたらと思います。
URLは下記の通りです。

 http://www.flickr.com/photos/marut944

スポンサーサイト

コメント

アカガシラチメドリでは??

ご無沙汰しております。チェンマイは雨季でも雨の降る時間帯が決まっていたように記憶していますがいかがでしょうか。
ドイステープが雨雲に隠れると、洗濯物を急いで取り入れたものでした。
さて、3番目の鳥ですが、少し逆光ながら頭部が赤っぽく見えるのでアカガシラチメドリじゃないかと思います。

Re:アカガシラチメドリでは??(07/22)

yossyさん、こんにちは。
>ご無沙汰しております。チェンマイは雨季でも雨の降る時間帯が決まっていたように記憶していますがいかがでしょうか。
☆ こちらこそ、失礼しております。今年の雨季はちょっと例年とは少し様子が違うようで、雨量は少ないのですが、変な時間に降ったりします。
>さて、3番目の鳥ですが、少し逆光ながら頭部が赤っぽく見えるのでアカガシラチメドリじゃないかと思います。
☆ 有難うございます。そうですね、顔の白いところやくちばしの黒いところなどはアカガシラチメドリと一致するのですが、全体の色が余りにも黒いので決めかねています。典型的なアカガシラチメドリは撮影したことがあるのですが、はるかに明るい色でしたので・・・。これもチメドリ系には違いないと思うのですが、ほかに特徴の一致する種が見つからないので、やはりアカガシラなのかもしれませんが、もう少し悩んでみましょう。
有難うございました。
-----

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://marut944.blog.fc2.com/tb.php/1098-db855e67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Khun Marut

Author:Khun Marut
"クン・マルッ"は、タイ人の友達がつけてくれたタイ名前です。チェンマイで質素に隠居生活をしています。タイ生活の色々を出来るだけ写真入りで綴って行きたいと思います。色々な話題がありますので、検索してみて下さいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (100)
食 (22)
タイ生活 (120)
パソコン・インターネット (54)
交通 (11)
チェンマイの気候・天候 (132)
北タイの伝統と文化 (19)
熱帯魚 (40)
チェンマイの野鳥 (663)
チェンマイの自然 (143)
日本語ボランティア (2)
チェンマイという町 (12)
日常の科学 (5)

開設者にコンタクトする

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。