2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルリオタイヨウチョウ(Gould's Sunbird)です

今朝もとても良い天気ででしたので、4日連続のドイステープ、ドイプイ行き
になりました。
道中のワット・ドイ・ステープ(直訳するとステープ山寺)の登山道路ぎわの
サクラは、どれも未だ全然花をつけていないのですが、ドイプイにある
私の秘密のサクラ林は、すでに5-6分咲きといったところで、たくさんの
野鳥が集まってとても賑やかです。

でも、なぜか野鳥の種類は少なくて、殆どがルリオタイヨウチョウと
チョウセンメジロ、あとはキバラタイヨウチョウ、エボシヒヨドリ、
ミヤマヒヨドリ、タテジマクモカリドリ、アカハラコノハドリ、などが
時々姿を見せるくらいで、珍しい野鳥は全く姿を現してくれませんでしたが、
サクラの季節は未だ当分続きますので、しばしば訪れていれば、いつかは
幸運に巡りあえることもあるでしょう。

先日ご紹介した新兵器は、その後1.4倍のテレコンバーターが届きまして
それと併せて、大変良い戦力になっております。
では、今日撮影した、その新兵器25年前のMF400mmF5.6レンズに
1.4倍テレコンバーターをつけて撮影したルリオタイヨウチョウ
(Gould's Sunbird)をご覧いただきましょう。
今まででしたら射程距離外として撮影を諦めていた距離からでも
ある程度の画質での撮影が可能になりましたが、その分正確なピント合わせ
は大変難しくなり、またカメラぶれ、被写体ブレも大変おきやすくなって
使い物になりそうな写真が撮れる率はますます低くなってしまいました。

今日の写真は、直射日光下で大変コントラストが高く、しかも
ルリオタイヨウチョウの胸の朱色がとても鮮やかなので、画像処理で
かなりコントラストと彩度を下げましたが、それでもまだキツすぎるかも
しれません。

ルリオタイヨウチョウ P1110716_R
ルリオタイヨウチョウ P1110716_R posted by (C)MARUT


ルリオタイヨウチョウ(Goulds Sunbird) P1110613_R2
ルリオタイヨウチョウ(Goulds Sunbird) P1110613_R2 posted by (C)MARUT



















にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

最近当BLOGに掲載した写真の殆どは、「PHOTO蔵」と「FLICKR」の方にもアップロードしてあります。
そのどちらにアクセスしていただいても、アップロードした際のオリジナルサイズの大きな画像をご覧頂くことができます。
「PHOTO蔵」の方は、BLOG上の写真をクリックしていただくだけでPHOTO蔵のサイトにジャンプしますので、
そこでもう一度写真をクリックしていただくと、より大きな画像が表示されると思いますが、
その写真の上部に何種類かの表示サイズを選べるリンクがありますので、その中の「元画像」をクリックしていただくと、
アップロードした際の大きさの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、ぜひ「PHOTO蔵」の写真を大きなサイズでご覧いただければ、と思います。
楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、やむを得ずこういう方法をとっていますが、結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。

「FLICKR」のほうは、直接BLOGとはリンクさせておりませんが、下記のURLにアクセスしていただくと、今までにアップロードした画像が一覧でご覧いただけます。
大きいサイズでご覧頂きたい写真があればその写真をクリックしていただいて、次の画面で、写真のすぐ上にある語群の中ほどにある「ALL SIZES」をクリックしていただくと、大きなサイズの写真が表示されます。
今までに野鳥の写真を130点ほどアップロードしておりますので、よろしかったらちょっと覗いてみて頂いて、ご意見など頂戴できたらと思います。
URLは下記の通りです。

 http://www.flickr.com/photos/marut944
スポンサーサイト

コメント

Re:ルリオタイヨウチョウ(Gould's Sunbird)です(12/25)

いかにも南国の鳥といった感じですね。タイも実際生活してると嫌なことも多々あるんですが、寒いのが苦手なんでこっちの気候は非常に気にいってます。
以前お伝えしたBTSそばの電柱に毎日やってきてたムネアカゴシキ鳥、乾季に入った頃からぱたりと姿を見せなくなってたんですが、先日、久ぶりに1度だけですが姿を見ました。
以前と同じ個体かどうかわかりませんが、飛び去っていった方角は同じでした。
ムネアカゴシキ鳥は留鳥?渡り鳥?
もしご存知でしたらお知らせ下さい。

Re[1]:ルリオタイヨウチョウ(Gould's Sunbird)です(12/25)

chidoriさん、こんにちは。
>いかにも南国の鳥といった感じですね。
☆ 実物も本当に鮮やかな色ですよ。
> タイも実際生活してると嫌なことも多々あるんですが、寒いのが苦手なんでこっちの気候は非常に気にいってます。
☆ 昨日その「タイの嫌なこと・・・タイ人の無責任」を、久しぶりに体験させられて気分を悪くしてしまいました。気候は、今の季節は最高ですが、残りの8ヶ月、控えめに言っても六ヶ月は、暑がりの私にはあまり住みやすくは無いですねえ。
>以前お伝えしたBTSそばの電柱に毎日やってきてたムネアカゴシキ鳥、乾季に入った頃からぱたりと姿を見せなくなってたんですが、先日、久ぶりに1度だけですが姿を見ました。以前と同じ個体かどうかわかりませんが、飛び去っていった方角は同じでした。
>ムネアカゴシキ鳥は留鳥?渡り鳥?
☆ 私の資料では、渡り鳥ではありません。タイ全域が生息域で塗りつぶされていますので、どこでもいつでも見られる野鳥と言うことでしょうね。
でも、やはり、エサのあるところを求めて移動すると思いますので、季節によって見られる場所は変わるのではないでしょうか。
-----

Re:ルリオタイヨウチョウ(Gould's Sunbird)です(12/25)

おお~良いですね
花がらみの野鳥、しかもこんな綺麗な鳥さんと桜
ん~日本ではまず見れない構図、良い写真ですね(笑)

Re[1]:ルリオタイヨウチョウ(Gould's Sunbird)です(12/25)

どじょう家族さん、こんにちは。
書き込み、有難うございます。
>おお~良いですね
>花がらみの野鳥、しかもこんな綺麗な鳥さんと桜
>ん~日本ではまず見れない構図、良い写真ですね(笑)
☆ 本当ですね!もしもこんな野鳥が日本のサクラにやってきたら、バードウォッチングの世界が大騒ぎになるのは間違いないでしょうね(笑)。
-----

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://marut944.blog.fc2.com/tb.php/1033-88076d54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Khun Marut

Author:Khun Marut
"クン・マルッ"は、タイ人の友達がつけてくれたタイ名前です。チェンマイで質素に隠居生活をしています。タイ生活の色々を出来るだけ写真入りで綴って行きたいと思います。色々な話題がありますので、検索してみて下さいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (100)
食 (22)
タイ生活 (120)
パソコン・インターネット (54)
交通 (11)
チェンマイの気候・天候 (132)
北タイの伝統と文化 (19)
熱帯魚 (40)
チェンマイの野鳥 (663)
チェンマイの自然 (143)
日本語ボランティア (2)
チェンマイという町 (12)
日常の科学 (5)

開設者にコンタクトする

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。