2015-03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オジロビタキ・・・・久しぶりに野鳥ネタです

一週間ほど前からの雨模様が終わって、あれほどひどかったスモッグも
ウソのように消え去りましたが、待ってました、とばかりに猛暑がやってきたようで、
昨日今日は最高気温が36度くらいまで上がったようです。
チェンマイでは、例年4月が一番暑い月とされていて、最高気温が40度近くまで
上がる事もマレではありません(さすがに、40度を越える事はマレですが)。
そんな日の午後、徒歩で外出などしようものなら、まさにサウナの中で運動を
するような地獄を味わう事になりますので、そんな時期に道を歩いているのは
ほぼ外国人だけです。
湿度が大変低いので(例えば今日の夕方の湿度は20%ほど・・タイ気象庁)
風通しの良い日陰でじっとしていると、余り暑さは感じないのですが
木製のテーブルやコンクリートの柱などに触れるとかなり暖かく感じて
気温の高い事を実感します。

ちなみに、気温が体温よりも高い時は、扇風機は逆効果だという人がいますが
これが大変な誤解で、皮膚の水分が気化する時に熱を奪ってくれますので
気温が40度あっても扇風機は大変有効です(特に湿度が低い時は)。 
湿度が100%に近くなると、その効果はなくなると思いますが、私は未だ
気温40℃の湿度100%を体験した事はございません・・・・きっと地獄でしょうね!

その四月の中旬の一番暑い時に有名なソンクラーン(水掛け祭り)があります。
タイに移住して間もない頃は、ソンクラーンになると私も一緒に水掛けに興じたものでしたが
最近は、何処に行ってもすぐにびしょぬれに去れてしまうのがいやで、ソンクラーンの期間中
は日没まで家に居るようにしています(水掛は日没までという決まりです)。

前置きはこのくらいにして、先週の土曜日、最近の定番野鳥フィールドのラマ9世公園に
出かけたのですが、久しぶりにオジロビタキが近距離から撮影できましたので
ご披露させていただきます。

オジロビタキは、チェンマイでは乾季の間だけやってくる渡り鳥ですが、比較的早い時期に
わたってきて、結構遅くまでチェンマイに滞在しているようです。
喉のオレンジ色は繁殖期のオスの特徴とされていますが、現在繁殖中なのかどうかは
確認できていません。


オジロビタキ(Red-throated Flycatcher) P1170725_Rs
オジロビタキ(Red-throated Flycatcher) P1170725_Rs posted by (C)MARUT


オジロビタキ(Red-throated Flycatcher) P1170699_Rs
オジロビタキ(Red-throated Flycatcher) P1170699_Rs posted by (C)MARUT


スポンサーサイト

チェンマイのスモッグは解消したようです

今月23日からチェンマイでは断続的に雨が降り、その後も雨の降り易い天気が続いていて
24日には待望の20mm以上の降雨があり、今朝も未明に少し降りました。
ということで、ここ当分大変深刻だったチェンマイのスモッグはあっけなく消滅しました。
私の部屋から見た西の景色は、視界最高とまでは行きませんけれど、いつもの見慣れた光景が
戻ってきましたので、記念に写真を撮ってみました。
今日の視界は15kmくらいではないかと思います。

チェンマイのスモッグは解消したようです P1170462(resize 2300)
チェンマイのスモッグは解消したようです P1170462(resize 2300) posted by (C)MARUT

  この写真は3月12日にアップした「スモッグの無い時の参考写真」と同じアングルですが
  今回の写真はその時とカメラもレンズも違ってずっと鮮明度が高いので、改めてアップ
  させていただきました。興味のおありの方はEXIFデータをご参照くださいませ。

快適な涼しい天気は今日も続いていて、今夕も少し雨が降りました。
タイ気象庁発表のデータによりますと、今朝の最低気温は21.6℃、昨日の最高気温は
30.℃だったそうです。
今日の最高気温は未だ発表になっていませんが、昨日と大差ないと思います。

スモッグが解消したので、夜景も何か撮ってみようかな、と思いたって
1.1kmほど東にあるホテルの屋上レストランを撮影して見ました。
最近入手した30年前のMF300mmレンズを使用して撮影したのですが、
30年前のレンズとは思えないほどきれいに写りました。

チェンマイのスモッグは解消したようです P1610866(2400)
チェンマイのスモッグは解消したようです P1610866(2400) posted by (C)MARUT


チェンマイのスモッグは解消したようです P1610866(crop 1200x900)jpg
チェンマイのスモッグは解消したようです P1610866(crop 1200x900)jpg posted by (C)MARUT

実は300mmとは言いながら、カメラがマイクロフォーサーズ判で画角が半分に
なる上に、二倍テレコンを装着しての撮影でしたので、実質画角は1200mm相当
という事になりますので、ブレ防止の為に三脚とケーブルリモコンを使用して撮影しました。





チェンマイは猛暑から一転、グッと涼しくなりました

昨日は夕方から急に強風が吹き荒れ始めたと思ったら、しばらくして
雨になりました。
余り長くは降り続かなかったと思っていたのですが、今日、タイ気象庁の
WEBサイトを見たら、夜半まで断続的に降り続いたようで
3月24日の総雨量は22.4ミリになっていました。
(午前0時以降にも少し降ったみたいですので降り終わりまでの総雨量は
もう少し多かったと思います)

雨のおかげで昨夜はとても涼しくて、まったくエアコンも扇風機も使わないで
快適に眠る事が出来ました。
今朝も目覚めたらひどく涼しいので外気温を見たら、なんと20度少々まで
下がっていました。
この数日、朝の最低気温は23-25度でしたので、急降下です。
今日は昼間になってもずっと曇りがちで気温が上がらず、最高気温は
30度に達しなかったのではないかと思います。

タイ気象庁の週間予報では、もう二・三日はにわか雨の降り易い天気が
続き、最高気温も32度程度と予想されていますので、有難い事に
猛暑の方は、もう数日はお休み、という事になりそうです。

四ヶ月ぶりの雨です・・・チェンマイより

チェンマイでは、昨年の11月16日に痕跡程度の降雨があったのを最後に
昨日まで全く雨が降っていませんでした。
これは別に異常気象というわけではなく、例年乾季の気候はこんなものですが、
さすがに四ヶ月も雨が降らないと雨が恋しくなり、また最近はスモッグがひどいので
雨の降るのを心待ちにしておりました。

この数日、タイ気象庁のWEBサイトの気象予報に、にわか雨の確率が30%ほど
表示されていましたので、ひょっとしたら降るかも、と少しだけ期待しておりましたら、
昨日は夕方から雲が多くなり強風が吹き始めたので、いよいよ本当に雨になるのでは、
と期待しましたが、雨はホンの数粒降っただけで、そのうち風も止んで
期待の雨は空振りに終わりました。
(他の地域では降ったようで、タイ気象庁のデータでは昨日のチェンマイの降雨は
3.8ミリと記録されていました)

そして今日の夕方、またしても昨日と同じように暗くなってきたと思ったら強風が
吹き荒れ始めました。
でも、なかなか雨は降り始めず、今日もまた空振りか、と思い始めたころ、
今度は本格的な雨が降り始めましたので、久しぶりの雨に興奮を抑える事が出来ず、
窓から見える景色の写真を撮りました。

雨は30分ほどで雨は止んでしまいましたし、降り方もそれほど激しくは無かったので、
降雨量としては10mm未満だったと思いますが、今後は、チェンマイでは夕立の来る
回数が徐々に増えてきて、4月になれば、外出の時は常に(いくら晴れていても)
急な夕立の可能性を忘れないようにしないと頭からずぶ濡れになる覚悟が必要に
なります。


四ヶ月ぶりの雨に霞むチェンマイです P1170453_R
四ヶ月ぶりの雨に霞むチェンマイです P1170453_R posted by (C)MARUT


四ヶ月ぶりの雨に霞むチェンマイ P1170449_R
四ヶ月ぶりの雨に霞むチェンマイ P1170449_R posted by (C)MARUT



蛇足です
広角レンズで見下ろすような角度で風景を撮影すると、下の方ほど小さく写りますので、
垂直線が平行でなくなって非常に不自然に見えますので、この写真では、PHOTOSHOP
(transform機能のうちのperspective)を使って、垂直線が垂直になるよう補正しています。
私の使っているPHOTOSHOPは10年以上も前のVersionですが
大変役に立つ素晴らしいソフトです。



チェンマイでは、今年一番の暑さ 39.5℃ を記録しました

昨日の午後、ずい分暑くなったなぁ、と感じていましたが、夜になって
タイ気象庁のサイトを覗いたところ、夕方4時の気温が39℃と発表されていました。
チェンマイでは一番暑いのは4月とされているのですが、まだ4月には早い
今時分に39℃というのは、チャンマイ暮らしが10年を越えるMARUTにも記憶が
ありません。
今日(20日)になって、昨日の記録が発表になっているのを見たら
最高気温が39.5℃、最低気温が21.1℃ になっていました。
今朝の最低気温は20.7℃と発表されていましたが、最低気温に関しては
最近はずっとこのあたりです。

39℃というと、ずい分暑そうに思われるでしょうけれど(実際、暑いですが)
今の季節は湿度があまり上がりませんので(気象庁の発表する三時間ごと
データでは、今日の午後は40%台、夕方には30%を下回っていました)
直射日光の下に長時間居るようなことさえしなければ、意外に暑さは感じませんし
扇風機の風が快く感じます。

夜遅くなると気温はけっこう下がりますので、就寝の際に二時間ほど
エアコンを掛けてやれば、あとはエアコン無しで快適に寝られますので、
日本の夏の暑さと比較すればずい分過ごし易いと思います。

日本の方にはちょっと信じがたい事でしょうけれど、最後に雨を見たのは昨年の
11月7日ですから、もう4ヶ月以上も降っていない事になります。
これは決して異常気象ではなく、毎年ほぼこんなものですが、三月の終わりごろ
から気候が変わりはじめ、ときどき夕立の来る季節になります。
タイ人の皆さんは、それを楽しみにしています。

そうそう、スモッグの事ですが、17-18日頃がピークで、その後だいぶ
良くなってきています。いずれにしてもこのスモッグは、毎年、二・三回夕立を
経験するとウソみたいに消滅しますので、今年ももう一ヶ月以内には解消する事でしょう。

遅ればせながら、17日(火)のスモッグの様子をご覧下さいませ。
この日は、日没の一時間以上前から、太陽が真っ赤でした。

ますますスモッグの酷くなっているチェンマイ P1600517_RS2
ますますスモッグの酷くなっているチェンマイ P1600517_RS2 posted by (C)MARUT


ますますスモッグの酷くなっているチェンマイ(スモッグの無い時の参考写真) (P1340984_RS2(FZ30)
ますますスモッグの酷くなっているチェンマイ(スモッグの無い時の参考写真) (P1340984_RS2(FZ30) posted by (C)MARUT






スモッグの酷くなった最近のチェンマイ

毎年チェンマイでは、2月中旬頃からソンクラーンの頃(四月上旬に行われます))まで、
スモッグに悩まされるのですが、今年は三月になっても余りひどくならず、喜んでいたのですが、
3日ほど前から急速に悪化して、例年より遅めではありましたが、ちゃんと(!)やってまいりました。

霧の出ていない晴れた日には、我が家の窓からドイステープの山の稜線がはっきり見えますし
年に数回ある特別に視界の良い日には、ドイステープのさらに奥にある山の稜線も何重かに見えます。
でも、この数日、起床して窓を開けて山の方をみてもごく麓の辺りがうっすらと見えるだけで
中腹から上は何も見えません。
以前Google Mapで調べたら、我が家からドイステープまでは約2kmほどでしたから
視界は2km以下に落ちていると言う事のようです。

聞くところでは、このスモッグの原因は、チェンマイよりももっと北のほうで行われる
焼畑の煙だ、ということで、毎年この時期になると焼畑はもちろんのこと、ゴミを
焼却することも自粛せよ、というお触れが出るのですが、私がチェンマイに移住してから
改善されたと言う感覚は全くありません。

タイでは新車から6年経つと、毎年車の税金を払うときに車検のようなチェックを受けて
その証明書を提出する必要があり、その検査には排ガスの検査の項目もありますが
ドイステープを上るミニバスの半数くらいが真っ黒い煙をボウボウ吐きながら坂道を
上っていても、取り締まりをしているのは一度も見かけたことはありません。

と言うようなお国柄ですので、このスモッグはまだまだ「チェンマイ名物」の座を
明け渡す事はないだろうと思います。

今朝、そのスモッグの様子を撮影してみたのですが、ずっと以前に同じアングルで撮影したスモッグの
無い時の写真も併せてご紹介させていただきます。


スモッグの酷い最近のチェンマイ P1170198_RS
スモッグの酷い最近のチェンマイ P1170198_RS posted by (C)MARUT


スモッグの酷い最近のチェンマイ(比較用・スモッグの無かった頃) DSC_3260_RS
スモッグの酷い最近のチェンマイ(比較用・スモッグの無かった頃) DSC_3260_RS posted by (C)MARUT






オナガサイホウチョウ、だと思うのですが・・・

先日、ハリオツバメ、ヒメコノハドリ、などとと同じ日に撮影した野鳥です。
モーターで作動する機械のように一定の間隔でチャッ、チャッ、チャッ、チャッ・・・という
特徴のある鳴き声ですぐにそれと分かるオナガサイホウチョウですが、今回の写真では
尾が名前で言うほど長くないのです。
過去に撮影したオナガサイホウチョウではどれも結構尾が長かったので、ちょっと変な
感じがしています。
尾が余り長くない、と言う点を除いては、図鑑にあるオナガサイホウチョウの特徴とほぼ
一致しているようなので、まあ、個体差と言う事で納得しておこうと思います。

オナガサイホウチョウ P1160957_Rs
オナガサイホウチョウ P1160957_Rs posted by (C)MARUT

この野鳥は全く珍しい野鳥ではなく、平地の公園や野原、ドイステープの道路際の林などで
しばしば見かけるのですが、いつも枝から枝に激しく移動を繰り返すので、今までの
MF(マニュアルフォーカス)では撮影が難しかったのですが、最近AFのレンズを使うように
なって以来、動き回るターッゲットの撮影は飛躍的に楽になりました。

ただ、残念ながらそのレンズは焦点距離が300mm(ウチのカメラでは画角は600mm相当)
なので、大型の三脚に据えて使っているMF500mmレンズ(ウチのカメラでは1000mm相当、
テレコンを併用すると2000mm相当まで実用になります)に比べると撮影できる距離に
限りがあるので、三脚500mmのAF化がずっと課題なのですが、これは予算と性能との
兼ね合いがたいへん厳しくて、未だに実現しておりません。

先日、久しぶりに宝くじを4枚買って、昨日その発表があったのですが、やっぱり「残念」でした。
そんなにうまく行くわけは無いですよね(涙)




«  | ホーム |  »

プロフィール

Khun Marut

Author:Khun Marut
"クン・マルッ"は、タイ人の友達がつけてくれたタイ名前です。チェンマイで質素に隠居生活をしています。タイ生活の色々を出来るだけ写真入りで綴って行きたいと思います。色々な話題がありますので、検索してみて下さいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (100)
食 (22)
タイ生活 (120)
パソコン・インターネット (53)
交通 (11)
チェンマイの気候・天候 (132)
北タイの伝統と文化 (19)
熱帯魚 (40)
チェンマイの野鳥 (663)
チェンマイの自然 (143)
日本語ボランティア (2)
チェンマイという町 (12)
日常の科学 (5)

開設者にコンタクトする

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。