2015-02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(昨日の続き)ヒメコノハドリです

先日、ラマ9世公園で出会った「ヒメコノハドリ」です。
ヒメコノハドリ(Common Iora)は、チェンマイでは山麓の林や草原、公園などでよく見かける
野鳥で、決して珍しい野鳥ではないのですが、けっこう動きが激しいので
近距離から大きく鮮明に撮影できた事は余りありません。
今回は、かなり近いところの木の枝にフラッとやってきて、そこにしばらく
留まってくれてたので、けっこう大きく鮮明に撮影できました。
光の具合もよく、多分、今迄で一番鮮明に撮影できたヒメコノハドリではないかと
思います。


ヒメコノハドリ P1160915_Rs
ヒメコノハドリ P1160915_Rs posted by (C)MARUT


ヒメコノハドリ P1160903_Rs
ヒメコノハドリ P1160903_Rs posted by (C)MARUT



使用した機材は、パナソニックのミラーレス一眼 DMC-G6に
おなじくパナソニックの100-300mmズームレンズをつけたものです。
手ブレ補正のついたAFカメラでの撮影は本当に楽ですね。
マイクロフォーサーズ判のカメラでは、300mmレンズといえども600mm相当の
望遠効果がありますので、一昔前のまだ画素数のあまり多くなかった時代の
一眼レフにMFの400mmレンズをつけていた頃に比べると、ずいぶん易しく
より鮮明な野鳥の写真が撮れるようになりました。
でも、300mm(600mm相当)では、まだ望遠の度合いが足りない事が多く
そういうときは、500mmのMFレンズ(1000mm相当)を三脚に載せて使用
していますが、300mmレンズの手持ち撮影とは機動力が全然違うのが悩みで、
せめて、400mm(800mm相当)くらいの手持ちで使える軽いレンズが発売に
ならないものか、とメーカーに期待しているところです。

スポンサーサイト

久しぶりに撮影行に出ました

大変長く更新をサボってしまって、たいへん申し訳ございませんでした。
理由はいろいろとあったのですが、一番は体調を崩しておりました。
私は痛風の持病があって、時々これに悩まされるのですが、今回はそれに併せて
坐骨神経痛も発症して難儀しておりました。

ようやくほぼ回復したので、先日は足慣らしにカメラを持って近場のラマ9世公園に
行ってまいりました。ラマ9世公園では初めてのハリオツバメが比較的近距離から
撮影でき、また常連ではありますがヒメコノハドリが今までになく鮮明に撮影できました。
その日は横着をして、持って出たレンズは三脚ナシの300mmズームレンズだけ
(マイクロフォーサーズカメラですので、画角は600mm相当ですが)でしたが
「一昔前の一眼レフ+400mmレンズ」よりも望遠効果は大きく撮影できました。
また、テクノロジーの進歩のお陰で、手ブレ補正+オートフォーカス+秒間6コマの連射で、
手持ち撮影でいとも簡単に野鳥が大きく撮影できました。
有難い時代になったものです。

では、その当日撮影した「ハリオツバメ」をご覧くださいませ。
巣作り中のカップルらしく、忙しく泥や小枝をどこかに運んで行っていましたが、
営巣の場所はつかめませんでした。
ヒメコノハドリなどは、次回改めてご紹介させていただきます。

ハリオツバメ(Wire-tailed Swallow) P1170143_R
ハリオツバメ(Wire-tailed Swallow) P1170143_R posted by (C)MARUT


ハリオツバメ(Wire-tailed Swallow) P1160855_Rs
ハリオツバメ(Wire-tailed Swallow) P1160855_Rs posted by (C)MARUT


ハリオツバメ(Wire-tailed Swallow) P1170065_RS
ハリオツバメ(Wire-tailed Swallow) P1170065_RS posted by (C)MARUT


今回は、腰痛から始まって、坐骨神経痛、痛風、と通算で一ヵ月半ほど
難儀させられましたが、痛風の一番の原因は食生活と運動不足だと聞きます。
二度とこういう思いをしなくてすむように、最近は本気でダイエットに取り組んで
おりますし、また、撮影に出かけて重い撮影機材を持って歩き回れば運動不足の
解消に役立ちますので、今後は出来るだけ頻繁に撮影に出るようにして、
当BLOGもどんどん更新するように頑張りたいと思いますので、
どうぞ宜しくお願いいたします。




«  | ホーム |  »

プロフィール

Khun Marut

Author:Khun Marut
"クン・マルッ"は、タイ人の友達がつけてくれたタイ名前です。チェンマイで質素に隠居生活をしています。タイ生活の色々を出来るだけ写真入りで綴って行きたいと思います。色々な話題がありますので、検索してみて下さいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (100)
食 (22)
タイ生活 (120)
パソコン・インターネット (54)
交通 (11)
チェンマイの気候・天候 (132)
北タイの伝統と文化 (19)
熱帯魚 (40)
チェンマイの野鳥 (663)
チェンマイの自然 (143)
日本語ボランティア (2)
チェンマイという町 (12)
日常の科学 (5)

開設者にコンタクトする

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。