2011-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恒例のVISAの更新をすませました

私は、高齢引退者VISAで一年のVISA(滞在許可)をもらって、
それを毎年更新しながらタイに長期滞在していますが、毎年7月には
その更新の時期がきます。

更新手続きと申しましても面倒なものではなく、必要な書類が整っていれば
自動的に許可してもらえます(何も問題を起こしていなければ・・・ですが)。
必要書類は、私の場合、日本国のチェンマイ総領事館で年金額の証明書を
貰って、後は滞在期限更新申請書とパスポートの何ページかのコピー、
それに最後にタイに入国したときの入国票のコピー、以上で全部です。

年金額の証明書は、先週すでに交付(手数料620B)してもらって
いたので、パソコンに保存してある昨年の申請書の様式の控えから、
日付と年齢欄だけ変更してプリントアウトして、コピーの必要なものは、
パソコン用のプリンターでコピーして準備完了です。

最近のプリンターは便利になりましたね。コピーやスキャンが
出来るだけでなく、大きな外部インクタンクがついていて、
メーカー純正の高いインクを使わなくてすむので、コピーなども
インク代を気にしないで気楽に出来ます。

そうそう、申請書の裏面に4cmx6cmの顔写真が必要です。
近所の写真屋さんで100Bで撮ってもらいました。

あとはイミグレーション(入国管理事務所)に書類を持って出向くだけ
ですが、先週の金曜と土曜はタイでは祝日で役所は休みでしたので
月曜日は土曜日の代休で休み、ということは、火曜日は避けた方が
良いな、と考えて水曜日(一昨日です)に出かけました。

イミグレーションの業務は8時半から始まるのですが、例年、7時半から
8時ごろには現地に到着して、早い順番で受け付けてもらって
早く済ませるようにしているので、今年も7時40分には到着しました。

ところが、早く来た人のための受付ノートに名前を書いたら、なんと
47番です。イミグレーションにやってくる人の目的はいろいろですが
この様子だと、VISAの更新の人も結構多いのではないか、と
案じていたのですが、8時15分ごろから一人ずつ名前を呼ばれて、
カテゴリ毎の順番の紙をもらったのですが、私はVISA更新の部では
17番でした。

どうも、チェンマイに長期滞在する外国人の数が年々増えているようで
それに、先週末からの四連休の影響でこういうことになったようです。

午前中の仕事は20番までで、それ以降の番号の人は午後の受付になる
と掲示してありましたが、この調子だと17番の受付は殆ど昼前に
なりそうな感じで、がっくりと力が抜けました。
日を改めて、もっと早い時間に出直そうかなあ、とも考えましたが
まあ、一年に一度のことだから、今回は昼までかかることを覚悟して
腰をすえてじっくりと待つことにしました。

受付と審査を担当する係員は二名で、申請者一人に要する時間は
だいたい20分くらいのようでしたので、私の番は11時から11時半
の間くらいになるかなあ、と予想していたら、11時20分ごろに
私の番が来ました。

担当官(30代くらいの女性でした)に、サワディーカップ、と
挨拶をして申請書類一式を手渡しました。
パスポートのVISA欄を見れば一目でわかりますが、私のパスポート
には、毎年同じ形式のVISAスタンプが1ページに二つづつ、
何ページも続いていますので係員の人も私が慣れていることはすぐに
わかったようで、何も言わずにどんどんと書類(イミグレーション内部で
必要な)を作成していって、10分もたたないうちに、
「はい終わりました。費用として1900B払ってください」と言われ、
それを渡すと、「ではしばらく外で待っていてください」、ということで
あっけなく審査は終わりました。

その後、待合室で30分ほど待ったころ、名前を呼ばれて、あたらしい
VISAのスタンプを押したパスポートを受け取ってすべて完了です。

昨年までは、受付してくれた係の方以外に、簡単ですが偉い人の面接が
あったのですが、今年はありませんでした。
その代わり(かどうかは、わかりませんが)審査の係員のデスクに
パソコンに接続したカメラがあって、それで写真を撮られました。

ちなみに、今回更新したVISA(滞在許可)は、そのままだとタイから
出国すると其の時点で失効しますので、出国して再入国する予定の
ある人はあらかじめ再入国許可(リエントリーパーミッション)を
申請して取得しておかなければいけませんが、私はタイから出国する
予定はいまのところありませんので、必要になったらそのときに
申請するつもりで、今回は申請しておりません。

余談ですが、以前は、この長期VISAを取得しても
「再入国許可」なしで出国すると失効してしまうことを、
VISA取得のとき(更新のときも)イミグレーションでは教えて
くれなかったので、それを知らずに出国して再入国のときに
VISAナシ入国(普通は30日の滞在許可)の扱いをされて
慌てた人が少なくなかったようですが、最近はイミグレーションも
親切になって、「VISAの有効期間中にタイを出国するときは、
あらかじめイミグレーションに出頭して、再入国許可について相談
してください」とアドバイスをしてくれました。

また、タイにタイに長期滞在する外国人は、90日ごとに
イミグレーションに出頭して、現在の居住地を届けなければ
いけないことになっており、違反すると2000B(またはそれ以上)
の罰金を科せられることも説明してくれます。

私が初めて長期滞在のVISAを申請、取得したころは、そういう説明が
まったくなく、危うくVISAを流しかけたり、罰金を取られる寸前まで
行ったことがありました。

ということで、朝早くから昼までつぶれましたが、これで、今後一年間の
タイ国滞在の根拠が確保できたわけで、まずは安心です。
問題さえなければほぼ自動的に更新して貰えるとわかってはいても、
やはり現実に許可を貰うまでは、一抹の不安がありますので・・・・。

来年は、もっともっと早く並んで、一番の番号を貰える様にしたいと
思います。(以前は7時半頃に並べば1番か二番が取れて、
9時半ごろには全部終わっていたのですが・・・・・)

☆ 今回の手続きについて、もっと詳しくお知りになりたい方は
BLOGの左の方、PHOTO ALBUM の下に 「Mail メッセージを送る」
と言う欄がございますので、そこから私にメッセージを送っていただければ
個別にご返事を差し上げます。



スポンサーサイト

クリビタイモズチメドリ(♀)が撮れました

一昨日は、まあまあの晴れでしたが、昨日は朝からとても雲が少なくて
良い天気で、雨季に入って以来こんな良い天気は初めてのように
思いましたので、二ヵ月半ぶりにドイステープ・ドイプイ方面に
出かけてみましのですが、山の上は気温があまり高くない上に、
昨日はそよ風がとても気持ち良くしばしの天国を味わいました。

これで野鳥が選り取り見取り(選り撮り見撮り)なら言うことは無かった
のですが、やはり今はオフシーズンで、野鳥の数も種類も少なく
その点では少々残念でした。

でも、一度だけ、クリビタイモズチメドリの群に遭遇して、今まで
まともな写真の撮れていなかった♀の写真が撮れましたので、
ずっと以前に撮影した♂の写真と合わせてご紹介しておきますね。

前回の♂も今回の♀も、十分に鮮明な写真とは言えないのですが、
なにせスズメよりも一回り小さく、しかもチョコマカと動きの激しい
野鳥なので、これでも結構苦労の結果なんですよ。

ということで、もっと鮮明な写真は次の機会に、ということで
気長にお待ちいただければ・・・と思います。

クリビタイモズチメドリ♂(Chestnut-fronted Shrike-babbler) IMGP123210_R2
クリビタイモズチメドリ♂(Chestnut-fronted Shrike-babbler) IMGP123210_R2 posted by (C)MARUT


クリビタイモズチメドリ♀(Chestnut-fronted Shrike-babbler) DSC_7753_R
クリビタイモズチメドリ♀(Chestnut-fronted Shrike-babbler) DSC_7753_R posted by (C)MARUT





















にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

↑ よろしかったらクリックをお願いいたします。
野鳥に関するBLOGがたくさんありますよ!!


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

最近当BLOGに掲載した写真の殆どは、「PHOTO蔵」と「FLICKR」の方にもアップロードしてあります。
そのどちらにアクセスしていただいても、アップロードした際のオリジナルサイズの大きな画像をご覧頂くことができます。
「PHOTO蔵」の方は、BLOG上の写真をクリックしていただくだけでPHOTO蔵のサイトにジャンプしますので、
そこでもう一度写真をクリックしていただくと、より大きな画像が表示されると思いますが、
その写真の上部に何種類かの表示サイズを選べるリンクがありますので、その中の「元画像」をクリックしていただくと、
アップロードした際の大きさの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、ぜひ「PHOTO蔵」の写真を大きなサイズでご覧いただければ、と思います。
楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、やむを得ずこういう方法をとっていますが、結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。

「FLICKR」のほうは、直接BLOGとはリンクさせておりませんが、下記のURLにアクセスしていただくと、今までにアップロードした画像が一覧でご覧いただけます。
大きいサイズでご覧頂きたい写真があればその写真をクリックしていただいて、次の画面で、写真のすぐ上にある語群の中ほどにある「ALL SIZES」をクリックしていただくと、大きなサイズの写真が表示されます。
今までに野鳥の写真を140点ほどアップロードしておりますので、よろしかったらちょっと覗いてみて頂いて、ご意見など頂戴できたらと思います。
URLは下記の通りです。

 http://www.flickr.com/photos/marut944


木星を撮影してみました

昨日は、久しぶりに青空が広がったのですが、それでも平均的な青空率は
50%そこそこだったと思います。でも、折角の良い天気ですから
撮影に出ないのは勿体無いのでチェンマイ大学のメーヒアキャンパスに
出かけました。
残念ながら野鳥の方はパッとしなくて、収穫はありませんでした。

今朝、4時ごろ目が覚めて外を見たら、東の空に木星がとてもきれいに
見えましたので、ちょっと撮影にTRYしてみました。
最近の私のメインカメラはPANASONICのGH-1という
ミラーレス一眼カメラですが、このカメラになってからまだ木星を撮影
したことがないのです。

真っ暗な空に小さな星が見えるだけですのでカメラの自動露出機構は
まったく当てになりませんのでマニュアル露出に切り替えて試行錯誤
でいろいろとやってみましたが、木星本体と衛星ではまったく明るさが
違って、木星本体はカメラのISOは100でも160分の一秒の
シャッターが切れたのですが、衛星を撮影するときはカメラのISO感度
を1000に上げても25分の一秒より早いシャッターは切れませんでした。
当然ながら衛星と同時に写っている木星本体は酷い露出オーバーで、
完全に白飛びしています。
使用したレンズは30年前のキャノンレンズ FD500mmF4.5Lに1.4倍
テレコンバーターをつけたもので、絞りは開放で、実質F6.3です。 

木星だけを撮影した方は、写真加工ソフトで4倍に拡大してみたら、
木星の縞模様が、何とかわかる程度に写っていました。

ちなみに、手持ちの8倍(口径40mm)の双眼鏡でも覗いてみました。
木星本体はきれいに見えますが、縞模様まではわかりません。
また、衛星の方はまったく見えませんでした(双眼鏡を三脚に据える
ことが出来たら見えたのかもしれません)。


先日はお月様の写真をご紹介しましたが、お月様にしても木星にしても
天体は近寄って撮影することが出来ませんので、どなたが撮影しても
条件は同じ、ということで、日ごろ野鳥を追いかけておられる皆様は、
たまには目先を変えて、お月様や木星を撮影して見られるのも、
良い機材のチェックになって面白いのではないでしょうか。


木星の衛星 P1060190(x1)
木星の衛星 P1060190(x1) posted by (C)MARUT


木星 P1060201(x4)
木星 P1060201(x4) posted by (C)MARUT















にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

↑ よろしかったらクリックをお願いいたします。
野鳥に関するBLOGがたくさんありますよ!!


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

最近当BLOGに掲載した写真の殆どは、「PHOTO蔵」と「FLICKR」の方にもアップロードしてあります。
そのどちらにアクセスしていただいても、アップロードした際のオリジナルサイズの大きな画像をご覧頂くことができます。
「PHOTO蔵」の方は、BLOG上の写真をクリックしていただくだけでPHOTO蔵のサイトにジャンプしますので、
そこでもう一度写真をクリックしていただくと、より大きな画像が表示されると思いますが、
その写真の上部に何種類かの表示サイズを選べるリンクがありますので、その中の「元画像」をクリックしていただくと、
アップロードした際の大きさの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、ぜひ「PHOTO蔵」の写真を大きなサイズでご覧いただければ、と思います。
楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、やむを得ずこういう方法をとっていますが、結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。

「FLICKR」のほうは、直接BLOGとはリンクさせておりませんが、下記のURLにアクセスしていただくと、今までにアップロードした画像が一覧でご覧いただけます。
大きいサイズでご覧頂きたい写真があればその写真をクリックしていただいて、次の画面で、写真のすぐ上にある語群の中ほどにある「ALL SIZES」をクリックしていただくと、大きなサイズの写真が表示されます。
今までに野鳥の写真を140点ほどアップロードしておりますので、よろしかったらちょっと覗いてみて頂いて、ご意見など頂戴できたらと思います。
URLは下記の通りです。

 http://www.flickr.com/photos/marut944




久しぶりのラマ9世公園

チェンマイは相変わらずの雨季で、毎朝起床して外を見ては、どんよりと
曇った空を見てため息をついています。

昨日の朝も、同じどんよりとした曇り空でしたが、からっと晴れた日は
いつになったらやってくるのか見当がつきませんので、ちょっとだけ
出かけてみることにして、一眼レフに70-300mmズームレンズを
つけたものだけを持って、近場のラマ9世公園に出かけてみました。
なにせ、今の季節はいつ雨が降り始めるかわかりませんので、重装備で
出かけていて雨が降り始めたら大変ですから・・・・。

せっかく出かけたのですが、野鳥の方はインドハッカ、クビワムクドリ、
スズメ、ハト、ヒメコノハドリ、セアカハナドリ、などの常連さんばかりで
目新しい写真は撮れませんでした。

で、代わりに、プルメリアの花や、久しぶりに見かけた(この公園では
初めて見かけました)トケイソウの花、草ぼうぼうのサッカーグラウンド
で見かけた2-3センチしかない小さなトンボなどを撮影しましたので、
ご覧くださいませ。

二時間ほどして撮影を切り上げて帰ろうとしたら、恐れていたとおり、
雨がポツポツ落ち始めました。
例年、雨季が終わるのは10月になってからで、その頃には渡り鳥が
戻ってきて鳥見の世界も賑やかになってくるのですが、それまでには
こういう憂鬱な天候がまだ三ヶ月以上続きます。



公園内の遊歩道の脇にはたくさんのプルメリアの木があります。
プルメリア DSC_7602_R
プルメリア DSC_7602_R posted by (C)MARUT



ちょっ花をアップで撮影してみました。
プルメリア DSC_7599_R
プルメリア DSC_7599_R posted by (C)MARUT


2センチほどの小さなトンボ DSC_7561_R
2センチほどの小さなトンボ DSC_7561_R posted by (C)MARUT
300mmで1.5mまで寄ると、けっこう大きく撮影できますね。



トケイソウ DSC_7578_R
トケイソウ DSC_7578_R posted by (C)MARUT


トケイソウ DSC_7580_R
トケイソウ DSC_7580_R posted by (C)MARUT
蜜が甘いのでしょうか、アリが数匹やって来ていました。






















にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

↑ よろしかったらクリックをお願いいたします。
野鳥に関するBLOGがたくさんありますよ!!


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

最近当BLOGに掲載した写真の殆どは、「PHOTO蔵」と「FLICKR」の方にもアップロードしてあります。
そのどちらにアクセスしていただいても、アップロードした際のオリジナルサイズの大きな画像をご覧頂くことができます。
「PHOTO蔵」の方は、BLOG上の写真をクリックしていただくだけでPHOTO蔵のサイトにジャンプしますので、
そこでもう一度写真をクリックしていただくと、より大きな画像が表示されると思いますが、
その写真の上部に何種類かの表示サイズを選べるリンクがありますので、その中の「元画像」をクリックしていただくと、
アップロードした際の大きさの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、ぜひ「PHOTO蔵」の写真を大きなサイズでご覧いただければ、と思います。
楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、やむを得ずこういう方法をとっていますが、結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。

「FLICKR」のほうは、直接BLOGとはリンクさせておりませんが、下記のURLにアクセスしていただくと、今までにアップロードした画像が一覧でご覧いただけます。
大きいサイズでご覧頂きたい写真があればその写真をクリックしていただいて、次の画面で、写真のすぐ上にある語群の中ほどにある「ALL SIZES」をクリックしていただくと、大きなサイズの写真が表示されます。
今までに野鳥の写真を140点ほどアップロードしておりますので、よろしかったらちょっと覗いてみて頂いて、ご意見など頂戴できたらと思います。
URLは下記の通りです。

 http://www.flickr.com/photos/marut944




«  | ホーム |  »

プロフィール

Khun Marut

Author:Khun Marut
"クン・マルッ"は、タイ人の友達がつけてくれたタイ名前です。チェンマイで質素に隠居生活をしています。タイ生活の色々を出来るだけ写真入りで綴って行きたいと思います。色々な話題がありますので、検索してみて下さいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (100)
食 (22)
タイ生活 (120)
パソコン・インターネット (53)
交通 (11)
チェンマイの気候・天候 (132)
北タイの伝統と文化 (19)
熱帯魚 (40)
チェンマイの野鳥 (663)
チェンマイの自然 (143)
日本語ボランティア (2)
チェンマイという町 (12)
日常の科学 (5)

開設者にコンタクトする

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。