2011-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

双眼鏡を買いました (VIXEN フォレスタZR8×42WP)

私が野鳥の撮影を始めたのは、五年と少し前ですが、野鳥観察から
始まったわけではないので、まともな双眼鏡を初めて購入したのは
約一年前でした。
その時購入した双眼鏡は、ネットで探した「日の出光学」という会社の
製品ですが、「まともな」とは申しましても、5x20(対物レンズの
口径が20mm、倍率が5倍)という控えめな性能のものです。
でも、その分小型軽量(200gを少し切る)で、撮影に出かけるときは
いつもポケットに忍ばせていても邪魔にならないものでした。
http://bino.hinode-opt.jp/item/a1_520.html

見たところは、オモチャのようにチャチなのですが、性能の方はなかなかの
本格派で、倍率は低いものの、その分視野は明るく、像の歪みも収差も
少なくて、気に入って一年間使ってきたのですが、撮影機材の方では
ファインダーを覗いた時に見える像の倍率が約20倍(文末に注釈)で、
10倍に拡大すると(EVFなので簡単な操作で10倍に拡大表示
させることが出来ます)200倍という高い倍率で被写体を見ることが
出来ますので、それに比べると双眼鏡の倍率が低すぎて、
充分に撮影の可能な距離内にいる野鳥なのに発見が遅れて、撮影の機会を
逃して悔しい思いをすることが時々ありましたので、もう少し高性能な
双眼鏡の購入の検討を始めました。

一年前の購入の時も、双眼鏡の選び方についてはネットでいろいろと
情報を集めて、それなりに良い品を選んだつもりで、後悔もないのですが
今回はもう少し投資額が大きくなりそうだったので、失敗の無いように
いっそう慎重に情報収集をしました。

日本国内に住んでいれば、ネットである程度の情報を仕入れて候補を
何点かに絞ったら、最終的には専門店の店頭で実物に触ってみた上で
購入機種を決定するところですが、タイ国チェンマイという僻地に住む
MARUTは、通常の写真の機材の購入と同様に、今回も実機に
触ることなく購入機種を決定しなければなりません。

ダハ型のほうがポロ型よりも出っ張りが少なくて嵩張らないので
持ち運びが易しいのですが、ダハ型は、見かけのシンプルさとはうら腹に
内部の構造が複雑で、その上高度な加工精度を要求するので、
高級なものはそれなりの価格になるらしい、ということで、出来るだけ
良いものを安く購入したいMARUTとしては、何とかポロ型の中から
選びたいと考えました。

MARUTは眼鏡常用でしかも効き目の方に乱視がありますので、
眼鏡を外して双眼鏡の方の視度調整で何とかする、ということが
出来ないので、眼鏡をかけたままで使えるように出来るだけアイレリーフ
の長いものが、また野外での使用が基本になるので、出来れば防水仕様
のものが、また、今まで使ってきたものはあまり視野が広くなかったので
出来れば広視野タイプのもので、出来れば全プリズムと全レンズが
マルチコートになっているもの、ぶっつけ本番で購入するので評判の
良いメーカーのもの、予算は出来れば三万円以内、などという条件で
探していたら、ほぼ2点に絞られました。
ビクセンというブランドのフォレスターZRというシリーズの
8x30 と 8x42 です。
http://www.vixen.co.jp/bino/foresta-zr.htm

どちらも、防水仕様のポロタイプで、レンズ、プリズムは全面が
マルチコートで、アイレリーフは20mm、と眼鏡をかけての使用にも
全く問題なし、その上見かけ視界は約60度、とかなりの広視野です。
それでも、お値段の方は三万円以内(五年のメーカー保証つき!)
ということで、この二種のどちらか、ということになりました。

8x42の方がレンズが大きい分明るく見えるはずですが、その分
目方が100gほど重い(790g)ということで、明るさを取るか
軽さを取るか、でかなり悩んだのですが、嵩張り方の方は殆ど差が
なかったので、多少重たくても視野の明るい8x42 に決めました。

例によってAMAZON.com で購入したのですが、こういうものは
(書籍とCD,DVD以外は)AMAZONは海外発送はしてくれません
ので、一旦は国内の家族のところに送ってもらって、そこから改めて
チェンマイに送ってもらうという手順で、ソンクラーン入りの前日
(12日)の午後、滑り込みセーフで私の手元に到着しました。
(12日に届かなかったら、配達は来週の月曜以降ということで
少なくとも6日以上遅れるところでしたが幸運でした)

早速使ってみたのですが、すべて予想通り、というか期待以上で、
今までとは段違いの大きな像が広い視野に広がって、まるでパソコンの
モニターが14型から30型に変ったような劇的な変化に感激です。
倍率にすると5倍から8倍に変わっただけなのに、窓から外の電線に
止まっているハイイロモリツバメを見ても、今までとは全然違う迫力で
生き生きと目の前に迫って見えます。
望遠レンズが500mmから800mmに変ってもこれほどの大きな
変化は感じないので、正直なところこの見え方の変化には驚きました。

以前の小型の双眼鏡が約1万円でしたが、それに比べてはるかに大きく
高性能な品が三万円をかなり下回る金額で購入できたということは
かなりの割安感があり、こんなことならもっと早く購入するべきだったなあ
とちょっぴり後悔も感じていますが、それを言っても始まりませんので
ソンクラーン明けから早速活躍してもらおうと思います。


(注釈)「ファインダーから見た像の倍率が20倍」の根拠
パナソニック DMC-GH1のファインダー倍率は
約1.4倍(-1m-1 50mm 無限遠時)・・・GH-1の仕様表より
私の使用レンズは、500mmに1.4倍テレコンで700mm
ですので 700÷50=14 1.4(倍)x14=19.6(倍)≒20(倍)となります。

蛇足かもしれませんが、これを電子ファインダー(EVF)で
10倍に拡大すると文字通り200倍の大きさに見えますので、
少々の望遠鏡には負けません。これは通常の一眼レフを使っている方には
想像の出来ない世界だろうと思いますので、未経験の方にはぜひ体験
していただきたいなあ、と思うところです。













にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

↑ よろしかったらクリックをお願いいたします。
野鳥に関するBLOGがたくさんありますよ!!


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

最近当BLOGに掲載した写真の殆どは、「PHOTO蔵」と「FLICKR」の方にもアップロードしてあります。
そのどちらにアクセスしていただいても、アップロードした際のオリジナルサイズの大きな画像をご覧頂くことができます。
「PHOTO蔵」の方は、BLOG上の写真をクリックしていただくだけでPHOTO蔵のサイトにジャンプしますので、
そこでもう一度写真をクリックしていただくと、より大きな画像が表示されると思いますが、
その写真の上部に何種類かの表示サイズを選べるリンクがありますので、その中の「元画像」をクリックしていただくと、
アップロードした際の大きさの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、ぜひ「PHOTO蔵」の写真を大きなサイズでご覧いただければ、と思います。
楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、やむを得ずこういう方法をとっていますが、結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。

「FLICKR」のほうは、直接BLOGとはリンクさせておりませんが、下記のURLにアクセスしていただくと、今までにアップロードした画像が一覧でご覧いただけます。
大きいサイズでご覧頂きたい写真があればその写真をクリックしていただいて、次の画面で、写真のすぐ上にある語群の中ほどにある「ALL SIZES」をクリックしていただくと、大きなサイズの写真が表示されます。
今までに野鳥の写真を140点ほどアップロードしておりますので、よろしかったらちょっと覗いてみて頂いて、ご意見など頂戴できたらと思います。
URLは下記の通りです。

 http://www.flickr.com/photos/marut944


スポンサーサイト

インドブッポウソウ・・・久しぶりの新種 です

久しぶりの更新です。読者の皆様には大変申し訳ございませんでした。
日本で大震災があってなかなか思うように復興が進まないでいるのに
チェンマイでのんびり野鳥を追いかけていたのでは申し訳ないような
気持ち、それに持病の痛風が発症して外出する気分にはなりにくかったこと、
最近のチェンマイは天候不順でなかなか鳥見日和に恵まれなかったことなど
色々ございましたが、漸くチェンマイの気候は本格的な暑季にはいり、
痛風の方も落ち着いてきたので、そろそろ鳥見を再開しようと思ったら
今度はソンクラーン入りです。
ソンクラーンはタイでは三度目の新年(一度目は普通の新暦正月、二度目は
中国正月(旧正月)、それにソンクラーンというわけです)で、期間中は
外出するとすぐに水を掛けられてびしょ濡れになりますのでとても写真
どころではないのです。

今年のソンクラーンは、正式には明日13日から3日間なのですが、
続いて土日の週末になりますので、実質は17日まで続きそうですので、
鳥見再開は来週からということになりそうですが、最近の撮影画像を
整理しておりましたら、二週間ほど前に撮影したインドブッポウソウが
未発表になっていたことに気付きました。

インドブッポウソウは、2月の中旬頃、チェンライの鳥見仲間のSさんが
チェンマイに用事が出来たので、と訪ねてきてくれまして、一緒に鳥見に
出かけたチェンマイ大学のメーヒアキャンパスでSさんが見つけて
くれたのが初めての出会いでした。

でもその日ははるか遠くから見かけただけで、写真の方は証拠写真とも
言いにくいほどの写りで、それ以来同じ場所に行く度に注意していましたら
二週間ほど前、翼に鮮やかな青い部分の目立つ野鳥が数羽、100mくらい
先の空を飛んでいるのを発見しました。それが、たまたま50mほど先の
葉の無い木々の林の上のほうに止まった時によく見たら、狙っていた
インドブッポウソウだったので慌てて撮影にかかりました。

もっと近寄って鮮明な写真を撮りたかったのですが、それ以上近寄っての
撮影は許してもらえず、結局その日はそれで終わってしまいました。

ということで、その日はかなり不満の残る写真しか撮れなかったのですが、
何と言ってもお初ですし、一応は全体が分る写真ですので、もっと
アップの写真はいずれまた、という事でご紹介させていただきまね。

インドブッポウソウ(Indian Roller) P1040975_R
インドブッポウソウ(Indian Roller) P1040975_R posted by (C)MARUT






















にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

↑ よろしかったらクリックをお願いいたします。
野鳥に関するBLOGがたくさんありますよ!!


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

最近当BLOGに掲載した写真の殆どは、「PHOTO蔵」と「FLICKR」の方にもアップロードしてあります。
そのどちらにアクセスしていただいても、アップロードした際のオリジナルサイズの大きな画像をご覧頂くことができます。
「PHOTO蔵」の方は、BLOG上の写真をクリックしていただくだけでPHOTO蔵のサイトにジャンプしますので、
そこでもう一度写真をクリックしていただくと、より大きな画像が表示されると思いますが、
その写真の上部に何種類かの表示サイズを選べるリンクがありますので、その中の「元画像」をクリックしていただくと、
アップロードした際の大きさの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、ぜひ「PHOTO蔵」の写真を大きなサイズでご覧いただければ、と思います。
楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、やむを得ずこういう方法をとっていますが、結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。

「FLICKR」のほうは、直接BLOGとはリンクさせておりませんが、下記のURLにアクセスしていただくと、今までにアップロードした画像が一覧でご覧いただけます。
大きいサイズでご覧頂きたい写真があればその写真をクリックしていただいて、次の画面で、写真のすぐ上にある語群の中ほどにある「ALL SIZES」をクリックしていただくと、大きなサイズの写真が表示されます。
今までに野鳥の写真を140点ほどアップロードしておりますので、よろしかったらちょっと覗いてみて頂いて、ご意見など頂戴できたらと思います。
URLは下記の通りです。

 http://www.flickr.com/photos/marut944

«  | ホーム |  »

プロフィール

Khun Marut

Author:Khun Marut
"クン・マルッ"は、タイ人の友達がつけてくれたタイ名前です。チェンマイで質素に隠居生活をしています。タイ生活の色々を出来るだけ写真入りで綴って行きたいと思います。色々な話題がありますので、検索してみて下さいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (100)
食 (22)
タイ生活 (120)
パソコン・インターネット (54)
交通 (11)
チェンマイの気候・天候 (132)
北タイの伝統と文化 (19)
熱帯魚 (40)
チェンマイの野鳥 (663)
チェンマイの自然 (143)
日本語ボランティア (2)
チェンマイという町 (12)
日常の科学 (5)

開設者にコンタクトする

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。