2010-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりのキビタイヒヨドリ

当BLOGの写真を置かせて頂いている「PHOTO蔵」さんでは
今週の日曜日(21日)の夜半から定例メンテナンスということで
サービスを停止していましたが、その後、サービス再予定時刻になっても
なかなか繋がらず、6-7時間遅れでサービスは再開されたのですが、
置いてある写真(つまり、BLOGから見て頂く写真)のうち
かなりの割合の写真が表示できなくなってしまいました。

「PHOTO蔵」さんのアナウンスによると、表示されていない写真は、
順次復旧しますとのアナウンスでしたが、新しい写真のアップロードも
スムーズには出来ませんでしたので、「PHOTO蔵」さんが完全に
復旧するまで、当BLOGの更新は控えておりました。

今日は、殆どの写真が表示できるようになっており(まだ一部、
表示されない写真が残っていますが)、試しに新しい画像をアップロード
してみたら、順調にアップロードできましたので、今日は久しぶりに
BLOGを更新することにしました。

チェンマイでは10月の末から、今日で26日晴天が続いています
(多少、雲の多かった日はありましたけれど)ので、最近はせっせと
撮影に出かけておりますが、その割に成果は上がっていません。
シーズン入りしたとは言っても、未だ少し早いのかもしれません。

今朝は、ドイステープ山系の山裾のフィールのひとつに出かけてみました。
ここは、すぐ近くまで住宅地が迫っているのですが、その割には
人も車も少ないので静かで、地形が撮影に適しているので、ときどきは
様子を見に出かけて、たまには良い収穫もあるのですが、今日はここで
キビタイヒヨドリが撮影できました。

キビタイヒヨドリは、初物ではないのですが、今まで近距離から撮影
出来るチャンスがなく、今日も近距離と言えるほどの距離から撮影
できたわけではないのですが、慎重にピントを確認しながら撮影する
余裕があったので、まあまあ(今迄では一番)鮮明な写真が撮影でき
たと思います。

今日の写真は500mmレンズを使用して撮影したのですが、
PHOTO蔵の最大サイズでご覧頂いた場合は、撮影時の画像サイズ
4000x3000ピクセルから、1200x1600ピクセル分を、ほぼ等倍で
切り取ったものですので、それでこの程度解像していれば「良し」かな、
と、画質に関しては自分では納得しております。



キビタイヒヨドリ(Stripe-throated Bulbul) P1290017_R
キビタイヒヨドリ(Stripe-throated Bulbul) P1290017_R posted by (C)MARUT


キビタイヒヨドリ(Stripe-throated Bulbul) P1290035_R
キビタイヒヨドリ(Stripe-throated Bulbul) P1290035_R posted by (C)MARUT


キビタイヒヨドリ(Stripe-throated Bulbul) P1290040_R
キビタイヒヨドリ(Stripe-throated Bulbul) P1290040_R posted by (C)MARUT
















にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

↑ よろしかったらクリックをお願いいたします。
野鳥に関するBLOGがたくさんありますよ!!


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

最近当BLOGに掲載した写真の殆どは、「PHOTO蔵」と「FLICKR」の方にもアップロードしてあります。
そのどちらにアクセスしていただいても、アップロードした際のオリジナルサイズの大きな画像をご覧頂くことができます。
「PHOTO蔵」の方は、BLOG上の写真をクリックしていただくだけでPHOTO蔵のサイトにジャンプしますので、
そこでもう一度写真をクリックしていただくと、より大きな画像が表示されると思いますが、
その写真の上部に何種類かの表示サイズを選べるリンクがありますので、その中の「元画像」をクリックしていただくと、
アップロードした際の大きさの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、ぜひ「PHOTO蔵」の写真を大きなサイズでご覧いただければ、と思います。
楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、やむを得ずこういう方法をとっていますが、結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。

「FLICKR」のほうは、直接BLOGとはリンクさせておりませんが、下記のURLにアクセスしていただくと、今までにアップロードした画像が一覧でご覧いただけます。
大きいサイズでご覧頂きたい写真があればその写真をクリックしていただいて、次の画面で、写真のすぐ上にある語群の中ほどにある「ALL SIZES」をクリックしていただくと、大きなサイズの写真が表示されます。
今までに野鳥の写真を140点ほどアップロードしておりますので、よろしかったらちょっと覗いてみて頂いて、ご意見など頂戴できたらと思います。
URLは下記の通りです。

 http://www.flickr.com/photos/marut944


スポンサーサイト

ロイカトーンの満月

毎年、秋になるとタイの人たちはロイカトーンという灯篭流しの
ような行事を楽しみにしています(ロイカトーンについて、詳しくは
検索してみてくださいませ)。

このロイカトーンは、必ず満月の日に行われるのですが、今年は丁度
好天に恵まれて、とても明るくて美しい満月を見ることが出来ました。
満月にかぎらず、月の写真は、撮影機材のチェックを兼ねて時々撮影
するのですが、今回は大気の状態が良かったからでしょうか、
今までになく鮮明な月の写真が撮れたように思いますので、ご紹介
させていただきます。

ロイカトーンの日とその前後の三日間ほどは、夜になるとコムローイ
という熱気球(紙で出来た行灯の中にローソクを仕込んだ簡単な構造で、
値段も安いです)が、空を覆いつくし、まるで無数の赤い星が漂って
いるような、不思議な光景が見られます。

それだけなら良いのですが、このコムローイが人家の屋根に落下して
火災の原因になることはマレではありません。
また、航空機の障害になるといけないから、ということで、コムローイの
打ち上げは夜九時半以前には行わないように、というお触れが出ている
そうですが、気にしている人は少ないようです。

お祭り騒ぎの好きなタイの人たちは、日暮れとともに爆竹(最近は
それも超強力なものが流行っているようです)をあちらこちらで爆発
させ、その音が真夜中を過ぎても止みません。
爆音で安眠できない日が3日続いて、とうとう私は体調を崩して
しまいましたし、私の住むアパートに住み着いている犬は、
連日の爆竹の音で怯えまくって、様子がおかしくなっています。

と言うわけで、私はロイカトーンやソンクラーン、旧正月(中国正月)
などのビッグイベントが苦手で、もし財政的に余裕があれば
その期間はどこかよその国に避難したい感じです。


2010_11_21(ロイカトーンの日)の満月 P1280483-v2
2010_11_21(ロイカトーンの日)の満月 P1280483-v2 posted by (C)MARUT
ぜひ「PHOTO蔵」の方で、大きい画像もご覧くださいませ。
この写真をクリックしていただくと「PHOTO蔵」にジャンプします。














にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

↑ よろしかったらクリックをお願いいたします。
野鳥に関するBLOGがたくさんありますよ!!


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

最近当BLOGに掲載した写真の殆どは、「PHOTO蔵」と「FLICKR」の方にもアップロードしてあります。
そのどちらにアクセスしていただいても、アップロードした際のオリジナルサイズの大きな画像をご覧頂くことができます。
「PHOTO蔵」の方は、BLOG上の写真をクリックしていただくだけでPHOTO蔵のサイトにジャンプしますので、
そこでもう一度写真をクリックしていただくと、より大きな画像が表示されると思いますが、
その写真の上部に何種類かの表示サイズを選べるリンクがありますので、その中の「元画像」をクリックしていただくと、
アップロードした際の大きさの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、ぜひ「PHOTO蔵」の写真を大きなサイズでご覧いただければ、と思います。
楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、やむを得ずこういう方法をとっていますが、結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。

「FLICKR」のほうは、直接BLOGとはリンクさせておりませんが、下記のURLにアクセスしていただくと、今までにアップロードした画像が一覧でご覧いただけます。
大きいサイズでご覧頂きたい写真があればその写真をクリックしていただいて、次の画面で、写真のすぐ上にある語群の中ほどにある「ALL SIZES」をクリックしていただくと、大きなサイズの写真が表示されます。
今までに野鳥の写真を140点ほどアップロードしておりますので、よろしかったらちょっと覗いてみて頂いて、ご意見など頂戴できたらと思います。
URLは下記の通りです。

 http://www.flickr.com/photos/marut944

久しぶりの「オナガヒロハシ」と「ビロードゴジュウカラ」に会えました

今朝もチェンマイは、秋晴れの快晴、夜明けごろの気温は約21度、と
とても快適でした。これで、先月の31日から18日間連続で良いお天気が
続いています。

と言うわけで、今日は久しぶりのドイプイ(チェンマイの西山、
ドイステープの奥山で、標高は1500mくらい)に向かいました。

ドイプイは、最近カラ振りが多いので、暫く足が遠のいていたのですが、
今日はラッキーデーで、時々は見かけるのですが、私が出会うときは
何時も単独行動のオナガヒロハシが、珍しく群で現れてくれました。

ところが、運の悪いことに、出発の時平地ではとてもよい天気だったのが、
山に来ると、空は殆ど雲で覆われて、しかもオナガヒロハシは森の中に
入ってしまって、チラホラと姿は見えるのですが、手前の枝や葉に
邪魔されて、なかなか全身がきれいに視界に入りません。しかも、
鳥の姿は暗いのに、枝の間からは遠くの白い雲が見える、という
最悪に近い条件でしたが、必死で頑張った結果、これなら何とかご覧
いただけるかな、と言うレベルの写真が辛うじて数枚、撮れていました。
(かなりPHOTOSHOPのお世話になりましたが)

そんな状態で、オナガヒロハシと悪戦苦闘をしている合間に、一羽の
ビロードゴジュウカラが現れて、10mほど先の木の幹に止まりました。
ビロードゴジュウカラは10センチほどの小さな体で、チョコマカと
動き回るので、枝や葉がじゃまになってなかなか鮮明な写真の撮影は
難しいのですが、今日は珍しく、間に何も障害物のない開けた場所に
来てくれたので、夢中で連写した中に、まあまあ使えそうなレベルの
写真が何枚か撮れていました。
シャッタ速度が遅かった(60分の一秒)ので、少しブレています。
もう少し明るければ、もっと早いシャッターが切れて、ブレのない鮮明な
写真が撮れたかもしれないのですが、まあ、贅沢は言わないことに
しましょう。

ちなみに、ゴジュウカラは、木の幹の表面を頭を下にして歩ける唯一の
野鳥だそうです。

今日は、ほかにもテリオウチュウ、ベニサンショウクイ、ミヤマヒヨドリ、
カオジロヒヨドリ、など、色々な野鳥に会えて、久しぶりに満ち足りた
気分で帰宅しました。



オナガヒロハシ(Long-tailed Broadbill) P1270821_R
オナガヒロハシ(Long-tailed Broadbill) P1270821_R posted by (C)MARUT


オナガヒロハシ(Long-tailed Broadbill) P1270799_R
オナガヒロハシ(Long-tailed Broadbill) P1270799_R posted by (C)MARUT


オナガヒロハシ(Long-tailed Broadbill) P1270797_RJPG
オナガヒロハシ(Long-tailed Broadbill) P1270797_RJPG posted by (C)MARUT


ビロードゴジュウカラ(Velvet-fronted Nuthatch) P1270807_R
ビロードゴジュウカラ(Velvet-fronted Nuthatch) P1270807_R posted by (C)MARUT


ビロードゴジュウカラ(Velvet-fronted Nuthatch) P1270805_R
ビロードゴジュウカラ(Velvet-fronted Nuthatch) P1270805_R posted by (C)MARUT
















にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

↑ よろしかったらクリックをお願いいたします。
野鳥に関するBLOGがたくさんありますよ!!


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

最近当BLOGに掲載した写真の殆どは、「PHOTO蔵」と「FLICKR」の方にもアップロードしてあります。
そのどちらにアクセスしていただいても、アップロードした際のオリジナルサイズの大きな画像をご覧頂くことができます。
「PHOTO蔵」の方は、BLOG上の写真をクリックしていただくだけでPHOTO蔵のサイトにジャンプしますので、
そこでもう一度写真をクリックしていただくと、より大きな画像が表示されると思いますが、
その写真の上部に何種類かの表示サイズを選べるリンクがありますので、その中の「元画像」をクリックしていただくと、
アップロードした際の大きさの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、ぜひ「PHOTO蔵」の写真を大きなサイズでご覧いただければ、と思います。
楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、やむを得ずこういう方法をとっていますが、結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。

「FLICKR」のほうは、直接BLOGとはリンクさせておりませんが、下記のURLにアクセスしていただくと、今までにアップロードした画像が一覧でご覧いただけます。
大きいサイズでご覧頂きたい写真があればその写真をクリックしていただいて、次の画面で、写真のすぐ上にある語群の中ほどにある「ALL SIZES」をクリックしていただくと、大きなサイズの写真が表示されます。
今までに野鳥の写真を140点ほどアップロードしておりますので、よろしかったらちょっと覗いてみて頂いて、ご意見など頂戴できたらと思います。
URLは下記の通りです。

 http://www.flickr.com/photos/marut944


カラフトムジセッカ(初)が撮れました

チェンマイは今日で13日、良いお天気が続いています。
今朝の最低気温は18度弱で、5-6日前の一番涼しかった日の16度に比べると少し高いですが、それでもつい二週間前までは毎朝22-23度でしたし
湿度もずいぶん下がってきているようなので、快適さは全然違います。

今朝も、ジッとしているのは勿体無いのでフアイ・トゥン・タオ公園に
出かけました。ゲートに到着したのは7時半頃でしたが、今日は運悪く
入場料徴収の係員がもう仕事にかかっていて、20Bの入場料を払う羽目に
なりました。だいたい7時前に到着すればまずフリーパス、8時になったら
まず確実に徴収されます。その間は運次第、と言うわけです。

フアイ・トゥング・タオ公園といいましても、私が何時も行くフィールドは
公園の端の方の荒地で、ひょっとしたら公園の区域から外れているかも
しれませんが、他に入る道を知りませんので、遅くなった日の入場料は
仕方が無いものと観念しています。

先日も書きましたが、とにかくススキとオジギソウに覆われて
本来道だったところも、ところどころは両側からオジギソウが張り出して
オジギソウのトゲに引っかかれながら通過していきます。
でも、今日は、そのオジギソウとススキの陰に隠れて暫く待機して
いたところ、色々な野鳥が現れてくれて、警戒されずに撮影できました。
今後、この手は利用できそうです。

そこで、ノビタキ、ヤマザキヒタキ、カラフトムジセッカなどを
撮影できたのですが、カラフトムジセッカは初物ですので、先日からの
アリスイ、ベニスズメ、ノゴマに続いて、今シーズン4種目の新顔で
ご機嫌で帰宅しました。

つい、二週間ほど前までのフアイ・トゥン・タオ公園は、気温は余り
高くない日でも、とても蒸し暑く、撮影から戻ったら、すぐに裸になって
浴室に直行でしたが、最近は全然そう云うことはなく、快適です。
年中、こんな気候だったらチェンマイはパラダイスなんですけど、
現実は、快適なのは約4ヶ月だけで、あとはサウナか(3-5月の乾季)、
スチームバス(5-10月の雨季)の、どちらかです。

では、新顔のカラフトムジセッカとヤマザキヒタキをどうぞ。


カラフトムジセッカ(Radde’s Warbler) P1270179_R
カラフトムジセッカ(Radde’s Warbler) P1270179_R posted by (C)MARUT


カラフトムジセッカ(Radde’s Warbler) P1270178_R
カラフトムジセッカ(Radde’s Warbler) P1270178_R posted by (C)MARUT


ヤマザキヒタキ(Grey Stonechat) P1270216_R
ヤマザキヒタキ(Grey Stonechat) P1270216_R posted by (C)MARUT


ヤマザキヒタキ(Grey Stonechat) P1270205_R
ヤマザキヒタキ(Grey Stonechat) P1270205_R posted by (C)MARUT
















にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

↑ よろしかったらクリックをお願いいたします。
野鳥に関するBLOGがたくさんありますよ!!


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

最近当BLOGに掲載した写真の殆どは、「PHOTO蔵」と「FLICKR」の方にもアップロードしてあります。
そのどちらにアクセスしていただいても、アップロードした際のオリジナルサイズの大きな画像をご覧頂くことができます。
「PHOTO蔵」の方は、BLOG上の写真をクリックしていただくだけでPHOTO蔵のサイトにジャンプしますので、
そこでもう一度写真をクリックしていただくと、より大きな画像が表示されると思いますが、
その写真の上部に何種類かの表示サイズを選べるリンクがありますので、その中の「元画像」をクリックしていただくと、
アップロードした際の大きさの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、ぜひ「PHOTO蔵」の写真を大きなサイズでご覧いただければ、と思います。
楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、やむを得ずこういう方法をとっていますが、結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。

「FLICKR」のほうは、直接BLOGとはリンクさせておりませんが、下記のURLにアクセスしていただくと、今までにアップロードした画像が一覧でご覧いただけます。
大きいサイズでご覧頂きたい写真があればその写真をクリックしていただいて、次の画面で、写真のすぐ上にある語群の中ほどにある「ALL SIZES」をクリックしていただくと、大きなサイズの写真が表示されます。
今までに野鳥の写真を140点ほどアップロードしておりますので、よろしかったらちょっと覗いてみて頂いて、ご意見など頂戴できたらと思います。
URLは下記の通りです。

 http://www.flickr.com/photos/marut944



アリスイ・・・ちょっと変った野鳥の写真が撮れました

チェンマイは今日も良い天気。朝の気温は少し上がって18.5度
遠くの景色は靄に霞んでいますが、雲は大変少なくほぼ快晴です。
昨日は日曜日で、何処に行っても人と車ばっかりだろうと家でゆったり
していましたが、今日はジッとしておれなくて、チェンマイ大学の
メーヒア学舎に出かけて見ました。

現地に着くなり、池のほとりのオジギソウの枝にカワセミが一羽。
腕慣らしとカメラ慣らしに十数枚撮影しましたが、目がきれいに写った
ショットが撮れないうちに飛び去ってしまいました。
まあ、カワセミは先日、私としてはまあまあのショットが撮れているので
よしとしましょう。
それよりも最近のこのフィールドでは、試験農場のイネが実っていて、
そのイネとイネに集まる虫を狙ってでしょうか、ミドリハチクイ、
オウチュウ、ノビタキ、シマキンバラ、などが大変賑やかなのですが、
今日はそれらの野鳥に加えて、クロノビタキ、コシジロキンバラ、なども
現れて、大変賑やかでしたし、それに今日は、先日フアイ・トゥング・
タオ公園で撮影してご紹介したベニスズメも現れました。
イネの中に隠れて見えない時間が長かったのですが、たまたま田んぼから
出てきて近くの木の枝に止まったところを、数枚撮影できました。

また、今日は変な野鳥の撮影にも成功しました。
変な野鳥と申しますのは、イネの試験田の近所に、名前は分からない
のですが、たくさんの背の高くない木を(まるで果樹園のように)
植えた林があり、その枝の中にチラッと動くものが見えたので、
双眼鏡で良く見ると、見たことのない17-8センチほどの野鳥が
一羽止まっていました。

その林の木々とは文字通りの保護色で、ちょっと目を離してから
もう一度見ると、もう野鳥の姿は見つかりません。
その野鳥も何とか撮影できて、久しぶりに豊かな気分で帰宅して
早速野鳥の本を調べました。

なかなか見つからなかったのですが、キツツキの仲間のところの
Eurasian Wryneck が該当のようで、和名を調べたらアリスイだそうです。
WIKIPEDIAでアリスイを調べたら、

> 日本では北海道、本州北部では夏季に繁殖のため飛来し(夏鳥)、
> 本州中部以西では冬季に越冬のため飛来(冬鳥)する。

と書いてありました。

キツツキの仲間ということですが、名前の通りアリを主食に
しているそうですし、体の模様はカッコーの仲間のような感じが
します。なぜこれがキツツキの仲間なのか、ちょっと訳を知りたい
気がします。


アリスイ(Eurasian Wryneck) P1260454(Origin-Resized)
アリスイ(Eurasian Wryneck) P1260454(Origin-Resized) posted by (C)MARUT
すごい保護色に感心しました!


アリスイ(Eurasian Wryneck) P1260454_R
アリスイ(Eurasian Wryneck) P1260454_R posted by (C)MARUT
トリミングで拡大してみました


ベニスズメ(Red Avadavat)P1260418_R
ベニスズメ(Red Avadavat)P1260418_R posted by (C)MARUT
クチバシまで真っ赤です!


ミドリハチクイ(Green Bee-eater) P1260547_R
ミドリハチクイ(Green Bee-eater) P1260547_R posted by (C)MARUT
ハチクイがハチを食ってます!!



















にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

↑ よろしかったらクリックをお願いいたします。
野鳥に関するBLOGがたくさんありますよ!!


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

最近当BLOGに掲載した写真の殆どは、「PHOTO蔵」と「FLICKR」の方にもアップロードしてあります。
そのどちらにアクセスしていただいても、アップロードした際のオリジナルサイズの大きな画像をご覧頂くことができます。
「PHOTO蔵」の方は、BLOG上の写真をクリックしていただくだけでPHOTO蔵のサイトにジャンプしますので、
そこでもう一度写真をクリックしていただくと、より大きな画像が表示されると思いますが、
その写真の上部に何種類かの表示サイズを選べるリンクがありますので、その中の「元画像」をクリックしていただくと、
アップロードした際の大きさの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、ぜひ「PHOTO蔵」の写真を大きなサイズでご覧いただければ、と思います。
楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、やむを得ずこういう方法をとっていますが、結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。

「FLICKR」のほうは、直接BLOGとはリンクさせておりませんが、下記のURLにアクセスしていただくと、今までにアップロードした画像が一覧でご覧いただけます。
大きいサイズでご覧頂きたい写真があればその写真をクリックしていただいて、次の画面で、写真のすぐ上にある語群の中ほどにある「ALL SIZES」をクリックしていただくと、大きなサイズの写真が表示されます。
今までに野鳥の写真を140点ほどアップロードしておりますので、よろしかったらちょっと覗いてみて頂いて、ご意見など頂戴できたらと思います。
URLは下記の通りです。

 http://www.flickr.com/photos/marut944

チェンマイは今日も秋晴れ(??)の良い天気です

チェンマイは、先月31日から、今日で8日、良いお天気が続いています。
朝の気温も16-18度と、とても涼しくて気持が良いです。
そんなことで、このところ、ずっと毎日のように撮影に出ておりましたが、
雨季が明けてから、週末に外に遊びに出かける人が急に増えた感じなので
今日の日曜日は、写真の整理などしながら家で大人しくしております。

最近撮影した写真の中から、まだBLOGにアップしていなかった写真を
数点、ご紹介させていただきますね。
特に珍しい野鳥はありませんので、解説はなし、と言うことで
お許しください。撮影日付、撮影場所、簡単な撮影データなどは、
写真をクリックして「PHOTO蔵」の方に飛んでいただければ、
ご覧いただけます。


アカモズ(Brown Shrile) P1250008_R
アカモズ(Brown Shrile) P1250008_R posted by (C)MARUT


アカモズ(Brown Shrile) P1250012_R
アカモズ(Brown Shrile) P1250012_R posted by (C)MARUT


アカモズ(Brown Shrile) P1250018_R
アカモズ(Brown Shrile) P1250018_R posted by (C)MARUT


シマキンバラ(若)(Scaly-breasted Munia) DSC_4309_R
シマキンバラ(若)(Scaly-breasted Munia) DSC_4309_R posted by (C)MARUT


シマキンバラ(若)(Scaly-breasted Munia) P1240886_R
シマキンバラ(若)(Scaly-breasted Munia) P1240886_R posted by (C)MARUT


シマキンバラ(若)(Scaly-breasted Munia) P1240902_R
シマキンバラ(若)(Scaly-breasted Munia) P1240902_R posted by (C)MARUT


シマキンバラ(若)(Scaly-breasted Munia) P1250749_R
シマキンバラ(若)(Scaly-breasted Munia) P1250749_R posted by (C)MARUT


ノビタキ(Common Stonechat) DSC_4352_R
ノビタキ(Common Stonechat) DSC_4352_R posted by (C)MARUT


ノビタキ(Common Stonechat) DSC_4392_R
ノビタキ(Common Stonechat) DSC_4392_R posted by (C)MARUT


ノビタキ(お食事中)(Common Stonechat) DSC_4278_R
ノビタキ(お食事中)(Common Stonechat) DSC_4278_R posted by (C)MARUT


ノビタキ(お食事中)(Common Stonechat) DSC_4283_R
ノビタキ(お食事中)(Common Stonechat) DSC_4283_R posted by (C)MARUT


リス DSC_4634_R
リス DSC_4634_R posted by (C)MARUT
















にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

↑ よろしかったらクリックをお願いいたします。
野鳥に関するBLOGがたくさんありますよ!!


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

最近当BLOGに掲載した写真の殆どは、「PHOTO蔵」と「FLICKR」の方にもアップロードしてあります。
そのどちらにアクセスしていただいても、アップロードした際のオリジナルサイズの大きな画像をご覧頂くことができます。
「PHOTO蔵」の方は、BLOG上の写真をクリックしていただくだけでPHOTO蔵のサイトにジャンプしますので、
そこでもう一度写真をクリックしていただくと、より大きな画像が表示されると思いますが、
その写真の上部に何種類かの表示サイズを選べるリンクがありますので、その中の「元画像」をクリックしていただくと、
アップロードした際の大きさの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、ぜひ「PHOTO蔵」の写真を大きなサイズでご覧いただければ、と思います。
楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、やむを得ずこういう方法をとっていますが、結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。

「FLICKR」のほうは、直接BLOGとはリンクさせておりませんが、下記のURLにアクセスしていただくと、今までにアップロードした画像が一覧でご覧いただけます。
大きいサイズでご覧頂きたい写真があればその写真をクリックしていただいて、次の画面で、写真のすぐ上にある語群の中ほどにある「ALL SIZES」をクリックしていただくと、大きなサイズの写真が表示されます。
今までに野鳥の写真を140点ほどアップロードしておりますので、よろしかったらちょっと覗いてみて頂いて、ご意見など頂戴できたらと思います。
URLは下記の通りです。

 http://www.flickr.com/photos/marut944

初めての野鳥・・・ノゴマが撮れました

チェンマイは今日も秋晴れ(とは、こちらでは言わないのですが)の
良い天気、きょうで5日連続です。
朝の気温は18度、昨日の朝よりもちょっと上がりましたが、それでも
ヒヤッとして良い気持ちです。

五ヶ月ほども続いた長い雨季で野鳥撮影の欲求不満がしっかりと
溜まっておりますし、渡り鳥がたくさんやって来ているので、
今日もジッとしておれず、4日ぶりのフアイ・トゥング・タオ公園に
向かいました。

何時も、野鳥撮影用の望遠レンズしか携行しないので、
野鳥撮影フィールドの様子を写真でお伝えすることが出来ないのですが、
このフィールドには広大な草原があります。
毎年4月ごろに野焼きをした後は、雑木がチラホラと散在するだけの
焼け野原なのですが、今の季節には背丈をはるかに越える高さの、
萱やススキ、オジギソウ(タイのオジギソウは、草ではなくて木と
呼びたいです)でギッシリと覆われて、細い野道以外はとても
歩けませんし、その野道もところどころ、両側からオジギソウなどに
侵食されていて、三脚を広げた状態ではとても通り抜けられません。
僅か半年でこの様子、ということはチェンマイの原野はとても肥沃
なのでしょうね。

オークションの出品物の撮影に使っている古い広角デジカメが
ありますので、近いうちにこれを撮影フィールドにもって出て
MARUTがどんなフィールドで撮影しているのか、その様子を
お伝えしようと思います。

さて、今日はこのフィールドで、先日のベニスズメに続いてもう一種
初めての野鳥が撮影できました。
遠くの木に一羽の目立たない野鳥が止まるのが見えたので、
たぶんヒタキかモズだろうと思いながら、双眼鏡で確認したら、
なんと喉のところが真っ赤です。
オジロヒタキの繁殖期の♂も喉が赤いですがそんな程度ではありません。
しかも目の上と下にハッキリとした白い線が!! わっ、ノゴマだ!!と
慌てて撮影にかかりました。

ノゴマは、チェンマイにもいるだろうとは、考えていましたが
チェンマイで野鳥観察を始めて五年近くのあいだ、未だ一度も
見かけたことがないのです。

ちょっと距離が遠かったのですが、先ほど説明したような草原の中の
木に止まっていたために、道なりに移動してほぼ30mくらいまでは
近寄ったのですが、それ以上近寄ることは全く不可能でした。
でも、最近のメイン装備の「500mm+1.4倍テレコン」の
おかげで、何とかご紹介できる鮮明度の写真が撮影できました。

このレンズは、30年前の製品で、操作は難しいし、老朽化による
問題点もあるのですが、レンズ自体は大変優秀で、大いに役に立って
くれています。 OHが出来れば最高なのですが、このレンズの
メーカーが古い製品に冷たいことは有名で、当然のごとくOHは
受けてくれませんので、不便を忍びながら使い続けるしかないようです。

では、ノゴマの写真をご覧くださいませ。


ノゴマ(Siberian Rubythroat) P1260082_R
ノゴマ(Siberian Rubythroat) P1260082_R posted by (C)MARUT


ノゴマ(Siberian Rubythroat) P1260063_R
ノゴマ(Siberian Rubythroat) P1260063_R posted by (C)MARUT




















にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

↑ よろしかったらクリックをお願いいたします。
野鳥に関するBLOGがたくさんありますよ!!


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

最近当BLOGに掲載した写真の殆どは、「PHOTO蔵」と「FLICKR」の方にもアップロードしてあります。
そのどちらにアクセスしていただいても、アップロードした際のオリジナルサイズの大きな画像をご覧頂くことができます。
「PHOTO蔵」の方は、BLOG上の写真をクリックしていただくだけでPHOTO蔵のサイトにジャンプしますので、
そこでもう一度写真をクリックしていただくと、より大きな画像が表示されると思いますが、
その写真の上部に何種類かの表示サイズを選べるリンクがありますので、その中の「元画像」をクリックしていただくと、
アップロードした際の大きさの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、ぜひ「PHOTO蔵」の写真を大きなサイズでご覧いただければ、と思います。
楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、やむを得ずこういう方法をとっていますが、結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。

「FLICKR」のほうは、直接BLOGとはリンクさせておりませんが、下記のURLにアクセスしていただくと、今までにアップロードした画像が一覧でご覧いただけます。
大きいサイズでご覧頂きたい写真があればその写真をクリックしていただいて、次の画面で、写真のすぐ上にある語群の中ほどにある「ALL SIZES」をクリックしていただくと、大きなサイズの写真が表示されます。
今までに野鳥の写真を140点ほどアップロードしておりますので、よろしかったらちょっと覗いてみて頂いて、ご意見など頂戴できたらと思います。
URLは下記の通りです。

 http://www.flickr.com/photos/marut944

ハイガシラモズなど・・ついにチェンマイは本格的に乾季入りしたようです

前回の記事で、10月31日は久しぶりにスカッと晴れて、
これで本格的な乾季入りになってほしいものだ、と書きましたが
その後も、期待通り毎日快適な好天が続いていて、朝の最低気温も
毎朝のように最低を更新して、今朝はついに17度を切りました。
つい数日前までは、毎朝のように判で押したように22-24度だったのが
ウソのように爽やかで、ついに念願の乾季入りです。

というわけで、家でじっとしているのは勿体無いので、毎日のように
撮影に出かけております。期待とはウラハラに成果の方は今ひとつですが
撮影に出かけない限り成果はありませんので、コツコツと努力を
積み上げて行くしかないのでしょう。

今日は、チェンマイ大学のMEA HIA キャンパスに出かけたの
ですが、今までよりもずいぶんと爽やかな気候で、ポケットの一杯
ついたベストを着ていても暑さは感じなくなりましたし、もちろん
カメラのファインダーが曇って困ることもありません。

広大なキャンパス内にある試験農場では、色々な種類の稲が実っていて、
それに、シマキンバラ、コシジロキンバラ、ノビタキ など、いろいろな
種類の野鳥が集まっていました。

見かける野鳥を適当に撮影しながらキャンパス内を移動して行ったの
ですが、ハクセキレイ、ビンズイ、などに加えて、久しぶりのカワセミや
ハイガシラモズ(尾の長いモズです)に出会ったりで、楽しい時間を
過ごしました。

今日は、最近のメインレンズ(30年前に製造された500mmレンズ
に1.4倍テレコンを装着)に、いつものパナソニックのマイクロ
フォーサーズカメラ(DMC-G1)ではなく、NIKONの一眼レフを
装着して(テレコンは使いませんでしたが、このレンズをNIKON
カメラに装着するアダプターには補正レンズが入っていて、
1.4倍テレコン使用とほぼ同じ効果があります)、パナソニックの
カメラには、300mmレンズを装着して手持ちで使いました。

長い焦点距離のレンズを使用する場合に、センサーサイズの小さい分
望遠効果の高いマイクロフォーサーズカメラと、上質な光学ファインダー
を装備して、肉眼でのピント合わせのやさしいNIKONのどちらが
有利だろうか、のテストが目的でした。

オマケですが、NIKONの方にはGPSをセットしておきましたので
NIKONで撮影した方の画像には位置情報が記録されています。
PHOTO蔵の方に飛んでいただいて画像をご覧頂くと、
同じページの中にGOOGLE MAPの地図情報と航空写真が
ご覧いただけます。

では、今日撮影した中から、ハクセキレイ、ノビタキ、カワセミ、
ハイガシラモズ、をご覧ください。


(お詫び)ハイガシラモズは、当初タカサゴモズとしてご紹介
しておりましたが、「くるくる」様よりハイガシラモズの♀ではないか、
とのご指摘のコメントを頂きました。再確認してみたところ、
「くるくる」様のご指摘どおりで、私の早とちりでした。
たいへん申し訳ございませんでした。今後はもっと慎重に同定に
当たりたいと思います。
「くるくる」様、どうもありがとうございました。


ハクセキレイ(White Wagtail) P1210423_R
ハクセキレイ(White Wagtail) P1210423_R posted by (C)MARUT


ハクセキレイ(White Wagtail) P1210420_R
ハクセキレイ(White Wagtail) P1210420_R posted by (C)MARUT


ノビタキ(Common Stonechat) P1240865_R
ノビタキ(Common Stonechat) P1240865_R posted by (C)MARUT
(この写真だけ、去る10月12日の撮影です)


ノビタキ(Common Stonechat) P1210372_R
ノビタキ(Common Stonechat) P1210372_R posted by (C)MARUT


ノビタキ(Common Stonechat) P1210361_R
ノビタキ(Common Stonechat) P1210361_R posted by (C)MARUT


カワセミ(Common Kingfisher) DSC_4503_R
カワセミ(Common Kingfisher) DSC_4503_R posted by (C)MARUT


カワセミ(Common Kingfisher) DSC_4492_R
カワセミ(Common Kingfisher) DSC_4492_R posted by (C)MARUT


カワセミ(Common Kingfisher) DSC_4486_R
カワセミ(Common Kingfisher) DSC_4486_R posted by (C)MARUT


ハイガシラモズ♀(Burmese Shrike) P1210393_R2
ハイガシラモズ♀(Burmese Shrike) P1210393_R2 posted by (C)MARUT


ハイガシラモズ♀(Burmese Shrike)  DSC_4569_R
ハイガシラモズ♀(Burmese Shrike) DSC_4569_R posted by (C)MARUT



















にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

↑ よろしかったらクリックをお願いいたします。
野鳥に関するBLOGがたくさんありますよ!!


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

最近当BLOGに掲載した写真の殆どは、「PHOTO蔵」と「FLICKR」の方にもアップロードしてあります。
そのどちらにアクセスしていただいても、アップロードした際のオリジナルサイズの大きな画像をご覧頂くことができます。
「PHOTO蔵」の方は、BLOG上の写真をクリックしていただくだけでPHOTO蔵のサイトにジャンプしますので、
そこでもう一度写真をクリックしていただくと、より大きな画像が表示されると思いますが、
その写真の上部に何種類かの表示サイズを選べるリンクがありますので、その中の「元画像」をクリックしていただくと、
アップロードした際の大きさの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、ぜひ「PHOTO蔵」の写真を大きなサイズでご覧いただければ、と思います。
楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、やむを得ずこういう方法をとっていますが、結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。

「FLICKR」のほうは、直接BLOGとはリンクさせておりませんが、下記のURLにアクセスしていただくと、今までにアップロードした画像が一覧でご覧いただけます。
大きいサイズでご覧頂きたい写真があればその写真をクリックしていただいて、次の画面で、写真のすぐ上にある語群の中ほどにある「ALL SIZES」をクリックしていただくと、大きなサイズの写真が表示されます。
今までに野鳥の写真を140点ほどアップロードしておりますので、よろしかったらちょっと覗いてみて頂いて、ご意見など頂戴できたらと思います。
URLは下記の通りです。

 http://www.flickr.com/photos/marut944






久しぶりのクロエリヒタキ&GPSについて

昨日(10月31日)朝は、久しぶりにすっきりと晴れ上がり、しかも
気温は19度、とこの季節一番の冷え込みである。
これが、数日続くようだといよいよ本物の雨期明け・乾季入りなんですが
さてさてどうなりますやら?

とまれ、この良い天気に撮影に出かけないのは勿体無いので、支度をして
フアイ・トゥング・タオ公園に向かいました。
今までだと、気温は余り高くなくても蒸し暑くて余り快適ではないのですが
昨日は、今までとは打って変わった快適さで、気温だけでなく湿度の
方もかなり下がっているようで、ついに本格的な乾季入りかもしれません。

野鳥の方は余りパットしなかったのですが、一種だけ、久しぶりの
クロエリヒタキを撮影できました。
クロエリヒタキは、それほど珍しい野鳥ではないのですが、体は小さいのに
結構動きが活発で、なかなかマトモな写真を撮らせてもらえない野鳥の
一種ですが、さいわい昨日は三脚に据えた長玉以外に、MF300mm
レンズをつけた一眼レフを肩に掛けていたので、それを使ってで漸く
撮影出来ました。

ところで、三週間ほど前のことですが、YAHOOオークションに、
カメラ用GPS受信機が出てるのを見つけました。
私はチェンマイの奥山に良く撮影に行くのですが、九十九折の山道を
行くので、何度も行って様子の良く分っているポイントでさえ
地図で見るとどの辺りか正確には分らないところが結構あるのです。
Google Earthで見ても、森の中の細い道は衛星からの写真には
ほとんど写っていないのです。
何とかしてその位置を地図上で確認したいものだと思うのですが、
その方法はGPSを使用するくらいしか思いつきません。
でも、GPSナビゲーターは安いものでも三万円以上して、
ただ撮影地を特定するだけのために三万円以上の投資には
踏み切れません。

今使っているNIKONの一眼レフには、外付けアクササリーとして
GPS受信機が用意されていることは知っていましたが、これも
けっこう高いもので、やはり踏み切れなかったのですが、今回YAHOO
オークションで見た台湾製のGPS受信機は、今私の使っている
NIKON用で、しかも一万円少々で買えそうでした。
これで、ずっと課題になっていた撮影地の正確な場所が特定できるなら、
投資する価値があるなあ、と入札してみたら11、000円で買えました。

それが、一週間ほどまえに私の手元に届たので、いろいろとテストを
していたのですが、全く問題なく使用できる事が確認できました。

このGPSは、カメラのアクセサリーシューに取り付けるのですが、
とても小型で邪魔にはなりませんし、常時ONにしていてもカメラの
電池の寿命に大きく影響するほどの電力は消費していないようです。

これをONにしておいて撮影すると、自動的に写真のEXIF情報に
GEOTAGという位置情報が記録され、GOOGLE MAPなどの
ソフトを使うと、撮影地の航空写真や地図が簡単に表示できるのです。
何とも恐ろしい時代になったものです。

と言うことで、今日のクロエリヒタキの写真は、GPSをONにして
撮影しましたので、PHOTO蔵では写真と共に地図も自動的に表示
されるはずです。

大変便利な機能ですが、釣りマニアなどが、極秘ポイントで大物を
釣り上げて、GPSのことを忘れてその記念写真をWEBに
アップロードしたりすると、その極秘ポイントの正確な位置情報が
世界中に広まってしまう、などということが起こり得るので、
ちょっと要注意かもしれません。


クロエリヒタキ(Black-naped Monarch) DSC_3990_R
クロエリヒタキ(Black-naped Monarch) DSC_3990_R posted by (C)MARUT


クロエリヒタキ(Black-naped Monarch) DSC_4023_R
クロエリヒタキ(Black-naped Monarch) DSC_4023_R posted by (C)MARUT



















にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

↑ よろしかったらクリックをお願いいたします。
野鳥に関するBLOGがたくさんありますよ!!


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

最近当BLOGに掲載した写真の殆どは、「PHOTO蔵」と「FLICKR」の方にもアップロードしてあります。
そのどちらにアクセスしていただいても、アップロードした際のオリジナルサイズの大きな画像をご覧頂くことができます。
「PHOTO蔵」の方は、BLOG上の写真をクリックしていただくだけでPHOTO蔵のサイトにジャンプしますので、
そこでもう一度写真をクリックしていただくと、より大きな画像が表示されると思いますが、
その写真の上部に何種類かの表示サイズを選べるリンクがありますので、その中の「元画像」をクリックしていただくと、
アップロードした際の大きさの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、ぜひ「PHOTO蔵」の写真を大きなサイズでご覧いただければ、と思います。
楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、やむを得ずこういう方法をとっていますが、結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。

「FLICKR」のほうは、直接BLOGとはリンクさせておりませんが、下記のURLにアクセスしていただくと、今までにアップロードした画像が一覧でご覧いただけます。
大きいサイズでご覧頂きたい写真があればその写真をクリックしていただいて、次の画面で、写真のすぐ上にある語群の中ほどにある「ALL SIZES」をクリックしていただくと、大きなサイズの写真が表示されます。
今までに野鳥の写真を140点ほどアップロードしておりますので、よろしかったらちょっと覗いてみて頂いて、ご意見など頂戴できたらと思います。
URLは下記の通りです。

 http://www.flickr.com/photos/marut944


«  | ホーム |  »

プロフィール

Khun Marut

Author:Khun Marut
"クン・マルッ"は、タイ人の友達がつけてくれたタイ名前です。チェンマイで質素に隠居生活をしています。タイ生活の色々を出来るだけ写真入りで綴って行きたいと思います。色々な話題がありますので、検索してみて下さいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (100)
食 (22)
タイ生活 (120)
パソコン・インターネット (53)
交通 (11)
チェンマイの気候・天候 (132)
北タイの伝統と文化 (19)
熱帯魚 (40)
チェンマイの野鳥 (663)
チェンマイの自然 (143)
日本語ボランティア (2)
チェンマイという町 (12)
日常の科学 (5)

開設者にコンタクトする

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。