2010-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妖しい花と、きれいな甲虫(タマムシ?)

一昨日の続きです。
フアイ・トゥング・タオ(Huay Toeng Tao)公園で、見たことの無い
花・・・美しい、と言うよりも余りに色が鮮やかで「妖しい」感じの
花ですね。
触っては見ませんでしたが、昆虫などがウッカリと止まったら、それっきり
飛び立てなくなるような、粘着性があるように見えます。
私は、植物関係の資料はまったく持っていないので、正体を調べることが
出来ないのですが、どなたか、ご存知の方がいらっしゃって
教えてくださると嬉しいです。

続いてもう一つ、帰り際に、虹色に光るカナブンのような昆虫を
見かけたので、何気なく写真を撮って帰りました。
帰宅してその写真をじっくりと見たのですが、どうもカナブンでは
ないみたいですが、じゃあ何だろう、と考えても思い当たる昆虫が
思い浮かびません。
こんなことなら、もっとじっくりと、色々な角度から写真を撮って
おけばよかった、と思っても後の祭りです。

と言うわけで、この昆虫の正体も、公開手配、ということで、読者の
皆様のお力を拝借したいと思いますので、宜しくお願いいたします。


妖しい花 DSC_3850_R
妖しい花 DSC_3850_R posted by (C)MARUT


妖しい花(拡大) DSC_3847_R
妖しい花(拡大) DSC_3847_R posted by (C)MARUT


タマムシのような・・・ P1250605_R
タマムシのような・・・ P1250605_R posted by (C)MARUT
















にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

↑ よろしかったらクリックをお願いいたします。
野鳥に関するBLOGがたくさんありますよ!!


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

最近当BLOGに掲載した写真の殆どは、「PHOTO蔵」と「FLICKR」の方にもアップロードしてあります。
そのどちらにアクセスしていただいても、アップロードした際のオリジナルサイズの大きな画像をご覧頂くことができます。
「PHOTO蔵」の方は、BLOG上の写真をクリックしていただくだけでPHOTO蔵のサイトにジャンプしますので、
そこでもう一度写真をクリックしていただくと、より大きな画像が表示されると思いますが、
その写真の上部に何種類かの表示サイズを選べるリンクがありますので、その中の「元画像」をクリックしていただくと、
アップロードした際の大きさの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、ぜひ「PHOTO蔵」の写真を大きなサイズでご覧いただければ、と思います。
楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、やむを得ずこういう方法をとっていますが、結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。

「FLICKR」のほうは、直接BLOGとはリンクさせておりませんが、下記のURLにアクセスしていただくと、今までにアップロードした画像が一覧でご覧いただけます。
大きいサイズでご覧頂きたい写真があればその写真をクリックしていただいて、次の画面で、写真のすぐ上にある語群の中ほどにある「ALL SIZES」をクリックしていただくと、大きなサイズの写真が表示されます。
今までに野鳥の写真を140点ほどアップロードしておりますので、よろしかったらちょっと覗いてみて頂いて、ご意見など頂戴できたらと思います。
URLは下記の通りです。

 http://www.flickr.com/photos/marut944



スポンサーサイト

久しぶりの新種「ベニスズメ」が撮れました

今朝も目を覚まして外を見たら、良く晴れています。
でも寒暖計を外に出して気温を見たら23度、と昨日よりも1度高いです。
朝食のパンが切れていたので近所のコンビニに買いに行きましたが、
余り涼しく感じません。と言うことは湿度が高いんだろうなあ、と
思いながらも、手早く朝食を済ませて今日も出撃です。

昨日は山に(ドイプイ・ドイステープ方面に)出かけましたが、あまり
パッとしなかったので、今日は、ここ当分ご無沙汰していたフアイ・
トゥング・タオ公園に行ってみました。

フアイ・トゥング・タオ公園は、チェンマイの町を北に外れた
ドイステープの山裾にあり、大きな貯水池を中心にした自然公園ですが、
空は比較的青空が多いにもかかわらず、どうも天候はスッキリせず、
気温はそれほど高くないはずなのに、カメラを構えるとすぐに
メガネとカメラのファインダーが曇ってくる有様で、恐らく湿度は
100%に近い状態だったのでしょう。それに、重い機材をもって
移動していると、汗びっしょりです。どうもこの天候はまだ乾季の
天候ではないみたいで、本格的な乾季入りは未だのようです。

それに、私は公園域を外れた山裾を主に探索していますので、
(おかげで、撮影中に人に会うことはまずありません)、平地では
雑草が背丈よりも高く茂って、野鳥の声は色々と聞こえてくるのですが
姿はなかなか見えません。

大きな木の影になるところで、周囲の雑草が切れて遠くが見通せる場所を
探して、そこに三脚を据えてじっくり待機です。
そうしているうちに、時々は数羽の野鳥の群がやってきたりするので
余り退屈はしませんが、常連さんばかりで面白くありません。

やれやれ、フアイ・トゥング・タオ公園も今日はハズレだったか、と
諦めかけた頃、私のそばを赤いスズメのような野鳥が通り過ぎました。
あれ、っと思っているうちにまた飛んできて、私の近くを行ったり
来たりしていたと持ったら、近くの草むらに入って消えました。

そのうちまた、どこかから現れたと思ったら、また草むらに消えます。
これはどうにもならんワイ、と諦めかけたところに、10mほど先の
草の中に赤いモノがチラッと見えました。

そうっと近寄ってみると、その野鳥です。ヤッターと早速カメラを構え
撮影を始めたのですが、文字通りの草の中で、どう頑張ってみても
草の被らない角度からの撮影は無理でしたが、ほぼ全身の写ったコマが
ちょっとだけ(今日ご紹介する二点だけ)撮れていてラッキーでした。

帰宅して調べたら、Red Avadavat または Strawberry Finch
(和名はベニスズメ)の、繁殖期の♂だと分りました。
私の資料では、この Red Avadavat は、チェンマイ周辺には
居ないことになっていて、チェンマイでは「珍」の部類に入りそうです。

さらに調べてみたら、このベニスズメは、昔から愛玩用に世界中で
(日本でも)飼われていて、篭脱けが野生化した個体が日本でも
見られるとのことです。

と言うわけで、今日は久しぶりに一種追加ができまして、汗びっしょり
にはなりましたが、機嫌よく帰宅しました。


追伸
今日使用したカメラには、先日入手したばかりで現在はまだ試用中の
GPS受信機が取り付けてあり、画像ファイルのEXIF情報に
撮影位置情報(東経xx度xx分xx秒、北緯・・・・、高度xxmなど)
が記録されています。
今日初めて、GPS受信機をつけたカメラで撮影した画像を
「PHOTO蔵」にアップロードしたのですが、なんと「PHOTO蔵」
で、その写真を見ると、横に撮影地の地図が表示されているでは
ありませんか!
なんとも、驚くべき便利な機能なのですが、今日撮影したベニスズメは、
ひょっとするとチェンマイではかなりの珍鳥の可能性があり
(全然そうではないかも知れませんけれど)、しかも今日の写真は
営巣中の個体の可能性が高く、そう云うことなら撮影位置の情報を
公表するのは控えたほうが良いのではないか、と考えまして、慌てて「PHOTO蔵」にアップした写真をいったん取り下げ、EXIF情報を
削除した写真と入れ替えました。
その作業中にアクセス頂いた方には、ご迷惑をおかけしたかもしれません。
申し訳ございませんでした。



ベニスズメ(Red Avadavat) DSC_3831_R
ベニスズメ(Red Avadavat) DSC_3831_R posted by (C)MARUT


ベニスズメ(Red Avadavat) DSC_3828_R
ベニスズメ(Red Avadavat) DSC_3828_R posted by (C)MARUT

















にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

↑ よろしかったらクリックをお願いいたします。
野鳥に関するBLOGがたくさんありますよ!!


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

最近当BLOGに掲載した写真の殆どは、「PHOTO蔵」と「FLICKR」の方にもアップロードしてあります。
そのどちらにアクセスしていただいても、アップロードした際のオリジナルサイズの大きな画像をご覧頂くことができます。
「PHOTO蔵」の方は、BLOG上の写真をクリックしていただくだけでPHOTO蔵のサイトにジャンプしますので、
そこでもう一度写真をクリックしていただくと、より大きな画像が表示されると思いますが、
その写真の上部に何種類かの表示サイズを選べるリンクがありますので、その中の「元画像」をクリックしていただくと、
アップロードした際の大きさの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、ぜひ「PHOTO蔵」の写真を大きなサイズでご覧いただければ、と思います。
楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、やむを得ずこういう方法をとっていますが、結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。

「FLICKR」のほうは、直接BLOGとはリンクさせておりませんが、下記のURLにアクセスしていただくと、今までにアップロードした画像が一覧でご覧いただけます。
大きいサイズでご覧頂きたい写真があればその写真をクリックしていただいて、次の画面で、写真のすぐ上にある語群の中ほどにある「ALL SIZES」をクリックしていただくと、大きなサイズの写真が表示されます。
今までに野鳥の写真を140点ほどアップロードしておりますので、よろしかったらちょっと覗いてみて頂いて、ご意見など頂戴できたらと思います。
URLは下記の通りです。

 http://www.flickr.com/photos/marut944


満月とキセキレイ

昨日は、午前中は雲が多かったのですが、午後からはだんだん雲が少なく
なってきて、夜には殆ど雲の無いきれいな空が広がり、きれいな満月が
(正確には満月+1日ですが)ポッカリと空中に浮かんでいるのが
見えましたので、カメラをセットして写真を撮って見ました。

月の写真は今までも何度か撮っているのですが、昨夜は空気の揺らぎが
少なくて、今迄で一番鮮明な写真が撮れたような気がしますので、
余り変り映えはしませんが、ご紹介させていただきますね。

「満月+1日」 2010_10_24 P1250488_R.jpg
「満月+1日」 2010_10_24 P1250488_R.jpg posted by (C)MARUT


一夜明けた今朝も、何ヶ月ぶりかの雲ひとつ無い快晴で、気温も22度を
下回って、今度こそ本当の雨期明けでは無かろうかと思います。
今までも、何度かそれらしい天気の日はあっても、毎回一日限りでしたが、
出安吾(オークパンサー)も過ぎたことだし、今度こそ本物の雨期明け
ではないでしょうか。

と言うわけで、いそいそと支度をして、久しぶりのドイプイ・ドイステープ
方面に向かって出発しました。

ワット・ドイステープ(ドイステープ寺)のあたりで、キセキレイが
一羽、行ったり来たりしているのを発見して、ちょうど手持ち撮影用に
持っていた300mmレンズをつけた一眼レフで追いかけてみました。
殆どジッとしていてくれないので、殆どがピンボケまたはブレた写真で
ご紹介できるレベルの写真はほんの数枚でしたが、当BLOGでは
キセキレイはまだあまりご紹介したことが無いので、ご紹介させて
いただきます。
ちなみに、キセキレイは、当地では10月ー2月頃だけに見られる
渡り鳥(冬鳥)です。

その後、ドイプイまで足を伸ばしましたが、今日は特に目新しい野鳥には
出会えませんでした。
でも、雲は少なく、空気は爽やかで、ついに待ちに待った野鳥シーズンが
到来したなあ、という実感です。
これから約4-5ヶ月のあいだ、張り切って参りたいと思います。


キセイキレイ(Grey Wagtail) DSC_3740_R
キセイキレイ(Grey Wagtail) DSC_3740_R posted by (C)MARUT


キセイキレイ(Grey Wagtail) DSC_3745_R
キセイキレイ(Grey Wagtail) DSC_3745_R posted by (C)MARUT



















にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

↑ よろしかったらクリックをお願いいたします。
野鳥に関するBLOGがたくさんありますよ!!


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

最近当BLOGに掲載した写真の殆どは、「PHOTO蔵」と「FLICKR」の方にもアップロードしてあります。
そのどちらにアクセスしていただいても、アップロードした際のオリジナルサイズの大きな画像をご覧頂くことができます。
「PHOTO蔵」の方は、BLOG上の写真をクリックしていただくだけでPHOTO蔵のサイトにジャンプしますので、
そこでもう一度写真をクリックしていただくと、より大きな画像が表示されると思いますが、
その写真の上部に何種類かの表示サイズを選べるリンクがありますので、その中の「元画像」をクリックしていただくと、
アップロードした際の大きさの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、ぜひ「PHOTO蔵」の写真を大きなサイズでご覧いただければ、と思います。
楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、やむを得ずこういう方法をとっていますが、結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。

「FLICKR」のほうは、直接BLOGとはリンクさせておりませんが、下記のURLにアクセスしていただくと、今までにアップロードした画像が一覧でご覧いただけます。
大きいサイズでご覧頂きたい写真があればその写真をクリックしていただいて、次の画面で、写真のすぐ上にある語群の中ほどにある「ALL SIZES」をクリックしていただくと、大きなサイズの写真が表示されます。
今までに野鳥の写真を140点ほどアップロードしておりますので、よろしかったらちょっと覗いてみて頂いて、ご意見など頂戴できたらと思います。
URLは下記の通りです。

 http://www.flickr.com/photos/marut944


久しぶりのヒタキ(コサメビタキ?)です

昨日は雨期明けの象徴となるオークパンサー(出安吾)の日で、
そろそろ雨期明けの期待されるチェンマイですが、このところずっと、
日本の梅雨のようなグズグズした天気の続いていました。
でも今朝は久しぶりに朝の気温が22度を下回り、まだ雲は多いものの
ある程度は青空の広がる天気になりましたので、チェンマイ大学のメーヒア
学舎に出かけてみました。

二ヶ月ほど前から、秋のシーズン入りに備えて色々と機材の整備を図り
テストと練習を重ねてきたのですが、ようやく今季の機材ラインアップ、
三脚使用の長距離路線と手持ち撮影の近距離路線の二系統に分けての
方向がほぼ決まったようです。

今日はその近距離・手持ち路線に従って、連写速度が早く、
自動露出の使いやすいNIKONカメラに、以前からメインレンズ
として使用してきた30年前のレンズ(Ai-Nikkor 400mm F5.6s)を
取り付けて、手持ち撮影のみのつもりで出かけました。

と申しますのは、二年半ほど前から三脚を常用するようになり、それ以来
ピント合わせは楽になりカメラブレもずいぶん減ったのはよいのですが、
反面、機動力が低下したために知らず知らずのうちに撮影できる野鳥の
種類とシーンがかなり限られてきているのに気がついて、今日はあえて
三脚を持たずに出かけたのです。

天候が冴えなかったので、ここ暫く野鳥撮影には殆ど出かけていなかった
のですが、知らないうちに野鳥界は季節の変化が進んでいて、前回は
余り見かけなかったヒタキ類やシキチョウ、ハクセキレイ、キセキレイ
オナガサイホウチョウ、セアカハナドリなどをあちこちで見かけました。

今日は、今季初めてのコサメビタキ(たぶん)、シキチョウ、それに
名前は分からないのですがたまたま見掛けて撮影したきれいな蝶を
ご紹介します。

キセキレイは、今まで余り撮影する機会が無かったので、出来れば
きれいに撮影したかったのですが、ちょっと距離がありすぎて
手持ちでは写程距離を越えていて、三脚に長玉があったらなあ、と
ちょっと悔しい思いがしましたが、そう云うことがあるかも、ということは
覚悟の上でしたので仕方がありませんね。

400mm(MFレンズ)を手持ち撮影だと、ピントが楽ではない上に、
かなりの早いシャッターを切っても拡大してみるとブレの見られる画像が
多くて、歩留まりは悪いのですが、長玉をつけて三脚に据えたカメラでは
とても撮影できないような状況の野鳥、たとえば、茂みや木の枝の中を
さかんに行ったり来たりするセアカハナドリやオナガサイホウチョウ、
またムシクイ類などの撮影にはやはり手持ち撮影の方が適していることを
実感しました。

ということで、出来れば、長距離用三脚システムと近距離用手持ち
システムの二本立てが一番良いと思うのですが、手持ち撮影用のカメラを
肩に掛けたままで、三脚に据えた長玉システム一式を持ってフィールドを
移動するのは、なかなかキビしいので、現実には、日によって、
また撮影フィールドによって、どちらかを選択使用する、と言うのが
よいのではないかなあ、などと考えているところです。


シキチョウ(Oriental Magpie Robin) DSC_3523_R
シキチョウ(Oriental Magpie Robin) DSC_3523_R posted by (C)MARUT


コサメビタキ?(Brown Flycatcher) DSC_3591_R
コサメビタキ?(Brown Flycatcher) DSC_3591_R posted by (C)MARUT


美しい蝶 DSC_3723_R
美しい蝶 DSC_3723_R posted by (C)MARUT
















にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

↑ よろしかったらクリックをお願いいたします。
野鳥に関するBLOGがたくさんありますよ!!


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

最近当BLOGに掲載した写真の殆どは、「PHOTO蔵」と「FLICKR」の方にもアップロードしてあります。
そのどちらにアクセスしていただいても、アップロードした際のオリジナルサイズの大きな画像をご覧頂くことができます。
「PHOTO蔵」の方は、BLOG上の写真をクリックしていただくだけでPHOTO蔵のサイトにジャンプしますので、
そこでもう一度写真をクリックしていただくと、より大きな画像が表示されると思いますが、
その写真の上部に何種類かの表示サイズを選べるリンクがありますので、その中の「元画像」をクリックしていただくと、
アップロードした際の大きさの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、ぜひ「PHOTO蔵」の写真を大きなサイズでご覧いただければ、と思います。
楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、やむを得ずこういう方法をとっていますが、結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。

「FLICKR」のほうは、直接BLOGとはリンクさせておりませんが、下記のURLにアクセスしていただくと、今までにアップロードした画像が一覧でご覧いただけます。
大きいサイズでご覧頂きたい写真があればその写真をクリックしていただいて、次の画面で、写真のすぐ上にある語群の中ほどにある「ALL SIZES」をクリックしていただくと、大きなサイズの写真が表示されます。
今までに野鳥の写真を140点ほどアップロードしておりますので、よろしかったらちょっと覗いてみて頂いて、ご意見など頂戴できたらと思います。
URLは下記の通りです。

 http://www.flickr.com/photos/marut944



今季、初めてのノビタキ、ハクセキレイ、など・・・

北タイのチェンマイでは、まだ完全に雨季が明けた感じはないのですが、
気候のフェーズがかなり変ってきた感じで、完全な雨期明けもまもなく、
と言う感じです。

鳥見に出かけてみても、すでに何度かハクセキレイやノビタキ、
オジロヒタキなどの姿を目撃しています。

昨日は、朝から雲が多くて、余り良い天気ではなかったのですが、
冬鳥の写真が撮れるかもしれないと思って、チェンマイ大学のメーヒア
学舎に出かけてみました。

現地に着いてカメラの準備が出来たと、思ったら比較的近いところに
ノビタキがやってきて止まりましたので早速、今季初めてのノビタキを
撮影させてもらいました。その後、ハクセイキレイも撮影できて
渡り鳥のシーズンに入ったことを実感しました。

ヒタキの仲間も、このところの鳥見何度も姿を見たり声を聞いたり
しているのですが、まだ今季、写真は撮れていません。

ということで、冬の渡り鳥は順調にやってきつつあるのですが、
北緯19度に位置するチェンマイでは、まだ太陽の高度が高く
日中の気温は結構高くて、特に、日が射し始めると、あっというまに
35度くらいにはなってしまいます。
しかも、まだ雨季が明けていませんので湿度が高く、曇り空でも
かなり蒸し暑く感じます。

毎回、鳥見に出かけるときには500mlくらいの飲料水を持って
出かけるのですが、3-4時間くらいの鳥見の間に全部飲んで
しまうことが多いです。

では、昨日撮影した写真、冬鳥のノビタキ、ハクセキレイ、それに、
冬鳥ではありませんが、アカトンボを捕まえてご機嫌のミドリハチクイ、
久しぶりに顔を見たキムネコウヨウジャク(ハタオリドリ)を
ご覧ください。


ノビタキ(Common Stonechat) P1240663_R
ノビタキ(Common Stonechat) P1240663_R posted by (C)MARUT


ノビタキ(Common Stonechat) P1240643_R
ノビタキ(Common Stonechat) P1240643_R posted by (C)MARUT


ハクセキレイ(White Wagtail) P1240767_R
ハクセキレイ(White Wagtail) P1240767_R posted by (C)MARUT


ミドリハチクイ(Green Bee-eater) P1240686_R
ミドリハチクイ(Green Bee-eater) P1240686_R posted by (C)MARUT


キムネコウヨウジャク(Baya Weaver) P1240731_R
キムネコウヨウジャク(Baya Weaver) P1240731_R posted by (C)MARUT












にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

↑ よろしかったらクリックをお願いいたします。
野鳥に関するBLOGがたくさんありますよ!!


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

最近当BLOGに掲載した写真の殆どは、「PHOTO蔵」と「FLICKR」の方にもアップロードしてあります。
そのどちらにアクセスしていただいても、アップロードした際のオリジナルサイズの大きな画像をご覧頂くことができます。
「PHOTO蔵」の方は、BLOG上の写真をクリックしていただくだけでPHOTO蔵のサイトにジャンプしますので、
そこでもう一度写真をクリックしていただくと、より大きな画像が表示されると思いますが、
その写真の上部に何種類かの表示サイズを選べるリンクがありますので、その中の「元画像」をクリックしていただくと、
アップロードした際の大きさの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、ぜひ「PHOTO蔵」の写真を大きなサイズでご覧いただければ、と思います。
楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、やむを得ずこういう方法をとっていますが、結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。

「FLICKR」のほうは、直接BLOGとはリンクさせておりませんが、下記のURLにアクセスしていただくと、今までにアップロードした画像が一覧でご覧いただけます。
大きいサイズでご覧頂きたい写真があればその写真をクリックしていただいて、次の画面で、写真のすぐ上にある語群の中ほどにある「ALL SIZES」をクリックしていただくと、大きなサイズの写真が表示されます。
今までに野鳥の写真を140点ほどアップロードしておりますので、よろしかったらちょっと覗いてみて頂いて、ご意見など頂戴できたらと思います。
URLは下記の通りです。

 http://www.flickr.com/photos/marut944


キジのような野鳥に出会ったのですが・・・・

今朝は、青空が殆ど見えず、撮影に出かけても雨になる可能性があるなあ、
と考えて、雨になったらいつでも中断して帰れる、近場のチェンマイ大学の
メーヒアキャンパスに出かけました。

じつは、過日ある方が、NIKONのD300というデジタル一眼レフを
「自分はほとんど使っていないので、当分好きに使って下さい」と
仰ってくださって、お言葉に甘えさせていただいて、先日から
有難く使わせていただいているのですが、そのカメラに、これも先日から
我が戦列に加わっている反射型1000mmレンズを組み合わせたら
どんな感じになるだろうかという興味がありまして、そろそろ冬の
渡り鳥がやってくる頃ではありますし、そのテストを兼ねてNIKON D300
+ Reflex Nikkor 1000mm F11 というニコンづくしで出かけました。

さすがに、レンズと同じメーカーのNIKONのカメラですね、
30年前のレンズを装着しても、オートフォーカスこそ使えないものの、
他の機能は、殆ど制約なしに使えて、大変便利です。

特に有難いのが、絞り優先自動露出とISO感度の自動コントロールの
組み合わせです。予め、ISO感度自動設定の変更範囲(上限と下限)と、
同じくカメラの設定するシャッター速度の下限値を設定しておくと、
普通の「絞り優先」の機能に加えて、暗くなって来て予め設定した下限の
シャッター速度でもまだ露出不足、と言うような状況になると、今度は
ISO感度の方を上げてくれ、ISO感度を上限まで上げても未だ
露出不足だ、という厳しい状況になれば、こんどは予め設定した下限の
シャッター速度を超えて更に遅いシャッター速度を設定してくれる、
という大変賢い動きをしてくれます。

普通の絞り優先AEだと、気付かないうちにカメラの自動機構によって
ひどく遅いシャッター速度が決定されて、露光量は適正でも、
画像としてはブレブレで使い物にならないショットばかり、という
情けない思いをさせられることがしばしばあったのですが、
さすがは老舗のNIKONですね、恐れ入りました。

今日のMEAーHIAは、まだすこし渡り鳥には早かったのかも
しれませんが、それでも、オジロヒタキやハクセキレイ、それに
ビンズイなど、先陣の渡り鳥の姿を見ることが出来ました。

それに、今日は面白い野鳥に遭遇しました。
メーヒアキャンパスには、畜産関係の学部もあるようで、
牛を放し飼いにしている広い囲いがあるのですが、その中の草むらに
ちょっと大型の野鳥がチラッと見えました。
ここは「インドトサカゲリ」という「ケリ」のたくさん居るところなので
ああ、「ケリ」か、と思ったのですが、念のためにカメラのファインダーを
通して覗いてみたところ、ケリではありません。

鮮やかな顔面をみて、一瞬、クジャク?と思いましたが、まさか
こんなところにクジャクが居るはずはないし、じゃあキジ?
それともタイのニワトリ?と考えてみても答えは見つかりませんので
とりあえず撮影してみました。

なかなか用心深いヤツで、つねに外界に警戒を怠らず、草むらから
出てくることはなく、全身を見せてくれることも一度もありませんでした
ので、撮影できたのは部分ばかりで、全身のきれいに揃ったショットは
一枚も撮れませんでしたが、辛うじてほぼ全身の写ったショットが
一枚だけ撮れていました(三枚目の写真)。

帰宅して、資料を調べたのですが、特徴の完全に合致する種は
見つかりません。
でも、首に白い輪があるところなどはまさにコウライキジの特色ですし、
どうもキジの仲間のような気がします。

どなたか、この野鳥の同定に関して、情報をお持ちの方はぜひご協力を
お願いいたします。

では、写真の方をご覧くださいませ。




キジ?(Phesant?) DSC_1169_R
キジ?(Phesant?) DSC_1169_R posted by (C)MARUT


キジ?(Phesant?) DSC_1364_R
キジ?(Phesant?) DSC_1364_R posted by (C)MARUT


キジ?(Phesant?) DSC_1378_R
キジ?(Phesant?) DSC_1378_R posted by (C)MARUT


























にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

↑ よろしかったらクリックをお願いいたします。
野鳥に関するBLOGがたくさんありますよ!!


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

最近当BLOGに掲載した写真の殆どは、「PHOTO蔵」と「FLICKR」の方にもアップロードしてあります。
そのどちらにアクセスしていただいても、アップロードした際のオリジナルサイズの大きな画像をご覧頂くことができます。
「PHOTO蔵」の方は、BLOG上の写真をクリックしていただくだけでPHOTO蔵のサイトにジャンプしますので、
そこでもう一度写真をクリックしていただくと、より大きな画像が表示されると思いますが、
その写真の上部に何種類かの表示サイズを選べるリンクがありますので、その中の「元画像」をクリックしていただくと、
アップロードした際の大きさの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、ぜひ「PHOTO蔵」の写真を大きなサイズでご覧いただければ、と思います。
楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、やむを得ずこういう方法をとっていますが、結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。

「FLICKR」のほうは、直接BLOGとはリンクさせておりませんが、下記のURLにアクセスしていただくと、今までにアップロードした画像が一覧でご覧いただけます。
大きいサイズでご覧頂きたい写真があればその写真をクリックしていただいて、次の画面で、写真のすぐ上にある語群の中ほどにある「ALL SIZES」をクリックしていただくと、大きなサイズの写真が表示されます。
今までに野鳥の写真を140点ほどアップロードしておりますので、よろしかったらちょっと覗いてみて頂いて、ご意見など頂戴できたらと思います。
URLは下記の通りです。

 http://www.flickr.com/photos/marut944

«  | ホーム |  »

プロフィール

Khun Marut

Author:Khun Marut
"クン・マルッ"は、タイ人の友達がつけてくれたタイ名前です。チェンマイで質素に隠居生活をしています。タイ生活の色々を出来るだけ写真入りで綴って行きたいと思います。色々な話題がありますので、検索してみて下さいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (100)
食 (22)
タイ生活 (120)
パソコン・インターネット (54)
交通 (11)
チェンマイの気候・天候 (132)
北タイの伝統と文化 (19)
熱帯魚 (40)
チェンマイの野鳥 (663)
チェンマイの自然 (143)
日本語ボランティア (2)
チェンマイという町 (12)
日常の科学 (5)

開設者にコンタクトする

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。