2010-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タカサゴモズ、ハイガシラモズ、アカモズ・・・モズを三種です

4-5日前まで、まるで雨季が明けたかのように晴天の続いていた
チェンマイですが、中秋の名月の日(今年は9月22日でした)から
また雨季が戻ってきて、雲が多くなり、時々夕立がやってきます。

でも、そろそろ渡り鳥の戻ってくる季節ですので、空模様を見ながら
いつものフィールドをあちこち偵察に出かけています。

つい先ごろまで、毎回のように出会っていたセッカ、ハタオリドリ、
などの定番の野鳥の何種類かは最近姿が見えなくなっておりますが、
その代わりにやってくるはずの野鳥はまだあまり到着していないようで、
モズをちらほら見かけるようになったのと、オジロヒタキらしいヒタキを
チラッと見かけた程度です。

では、今日は最近見かけたモズを三種類、アカモズ(Brown Shrike)と
タカサゴモズ(Long-tailed Shrike)、それにハイガシラモズ(Burmese
Shrike)をご覧頂きましょう。
手元の資料によると、タカサゴモズとハイガシラモズは渡り鳥
(冬鳥)でアカモズのほうは留鳥、とあるのですが、私はどの種類の
モズも9月~2月の間にしか見たことがありません。

注: アカモズは、亜種のシマアカモズのようです。

Burmese Shrike(ハイガシラモズ) P1230472_R
Burmese Shrike(ハイガシラモズ) P1230472_R posted by (C)MARUT


ハイガシラモズ(Burmese Shrike) IMG_4509_R
ハイガシラモズ(Burmese Shrike) IMG_4509_R posted by (C)MARUT


タカサゴモズ(Long-tailed Shrike) P1230746_R
タカサゴモズ(Long-tailed Shrike) P1230746_R posted by (C)MARUT


タカサゴモズ(Long-tailed Shrike) P1230748_R
タカサゴモズ(Long-tailed Shrike) P1230748_R posted by (C)MARUT


アカモズ(Brown Shrike) P1240148_R
アカモズ(Brown Shrike) P1240148_R posted by (C)MARUT


アカモズ(Brown Shrike) P1240116_R
アカモズ(Brown Shrike) P1240116_R posted by (C)MARUT












にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

↑ よろしかったらクリックをお願いいたします。
野鳥に関するBLOGがたくさんありますよ!!


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

最近当BLOGに掲載した写真の殆どは、「PHOTO蔵」と「FLICKR」の方にもアップロードしてあります。
そのどちらにアクセスしていただいても、アップロードした際のオリジナルサイズの大きな画像をご覧頂くことができます。
「PHOTO蔵」の方は、BLOG上の写真をクリックしていただくだけでPHOTO蔵のサイトにジャンプしますので、
そこでもう一度写真をクリックしていただくと、より大きな画像が表示されると思いますが、
その写真の上部に何種類かの表示サイズを選べるリンクがありますので、その中の「元画像」をクリックしていただくと、
アップロードした際の大きさの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、ぜひ「PHOTO蔵」の写真を大きなサイズでご覧いただければ、と思います。
楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、やむを得ずこういう方法をとっていますが、結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。

「FLICKR」のほうは、直接BLOGとはリンクさせておりませんが、下記のURLにアクセスしていただくと、今までにアップロードした画像が一覧でご覧いただけます。
大きいサイズでご覧頂きたい写真があればその写真をクリックしていただいて、次の画面で、写真のすぐ上にある語群の中ほどにある「ALL SIZES」をクリックしていただくと、大きなサイズの写真が表示されます。
今までに野鳥の写真を140点ほどアップロードしておりますので、よろしかったらちょっと覗いてみて頂いて、ご意見など頂戴できたらと思います。
URLは下記の通りです。

 http://www.flickr.com/photos/marut944

スポンサーサイト

「中秋の名月」は曇りでしたので、一日前のお月様を・・・

今年の「中秋の名月」は、9月22日だということでで、レンズの
性能チェックを兼ねて満月の写真を撮影してみるつもりでしたが、
当夜、チェンマイではあいにくの曇り空で、ときどき月のあるあたりの
雲が明るく光っているのが分る程度で、写真は撮影できませんでした。

ということで、その前夜にたまたまベランダから見えた月を撮影
していましたので、「中秋の名月マイナス一日」の月をお届けします。

月は世界中どこでも同じように見える(と、MARUTは信じている
のですけれど・・・そうですよね?)ので、月を撮影した写真を見ると
カメラやレンズの性能、そして撮影者の技量も良く分るそうです。

そう言えば、私も、ずっと以前から、ときどき月の写真を撮っていますが、
昔撮影した写真と今回の写真を比べてみると、今回の写真では
以前の写真と比べて随分細かいところまで写っています。

飽きもせずに、毎日毎日カメラやレンズばっかり触っていますが、
少しは進歩してるんだなぁ、と、ちょっと安心しました。


お月様(2010.09.21) IMG_4142_R
お月様(2010.09.21) IMG_4142_R posted by (C)MARUT














にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

↑ よろしかったらクリックをお願いいたします。
野鳥に関するBLOGがたくさんありますよ!!


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

最近当BLOGに掲載した写真の殆どは、「PHOTO蔵」と「FLICKR」の方にもアップロードしてあります。
そのどちらにアクセスしていただいても、アップロードした際のオリジナルサイズの大きな画像をご覧頂くことができます。
「PHOTO蔵」の方は、BLOG上の写真をクリックしていただくだけでPHOTO蔵のサイトにジャンプしますので、
そこでもう一度写真をクリックしていただくと、より大きな画像が表示されると思いますが、
その写真の上部に何種類かの表示サイズを選べるリンクがありますので、その中の「元画像」をクリックしていただくと、
アップロードした際の大きさの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、ぜひ「PHOTO蔵」の写真を大きなサイズでご覧いただければ、と思います。
楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、やむを得ずこういう方法をとっていますが、結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。

「FLICKR」のほうは、直接BLOGとはリンクさせておりませんが、下記のURLにアクセスしていただくと、今までにアップロードした画像が一覧でご覧いただけます。
大きいサイズでご覧頂きたい写真があればその写真をクリックしていただいて、次の画面で、写真のすぐ上にある語群の中ほどにある「ALL SIZES」をクリックしていただくと、大きなサイズの写真が表示されます。
今までに野鳥の写真を130点ほどアップロードしておりますので、よろしかったらちょっと覗いてみて頂いて、ご意見など頂戴できたらと思います。
URLは下記の通りです。

 http://www.flickr.com/photos/marut944


(続)チェンマイのカワセミ

昨日(9月23日)は、未明から雷を伴う夕立が降って、五日連続の
雨なし日とはなりませんでしたが、朝は多少の青空も見えて、なんとか
撮影に出られそうな雰囲気でしたので、一昨日のカワセミにもう一度
挑戦しよう、とチェンマイ大学のメーヒア学舎に出かけました。

前日は、折角遭えたカワセミでしたが、ピント合わせに苦しみ、
バッチリとピントのあった写真が少なかったので、今回は一眼レフではなく、
ファインダー像を容易に拡大してみることの出来る、ミラーレス一眼
パナソニックG1を持っての再挑戦でしたが、狙いはバッチリと
当たって、前日と同じ池のほとりで見かけたカワセミを、今回は
バッチリと捉えることが出来ました。

しかも、今回はエサの小魚を狙って待機中のカワセミではなく、
運良く、草の陰でのんびりと寛いでいるところを撮影できましたので、
本当にじっくりとピントを合わせて、絞りをいつもより少し余分に
絞ってカメラの感度も最低にセットし、シャッター速度が遅く
なりましたがシャッターリモコンを使用してブレを回避して、
今回の機材としてはほぼ最高の解像力で撮影できたように思います。

パナソニックG1は、パナソニック初の「ミラーレス」一眼カメラ
(一眼レフからプリズムと反射ミラーをなくして、電子ファインダーに
置き換えたもの)で、発売後かなりの時間が経過して買いやすい値段に
なったところを、それもレンズセットからレンズを外してBODYだけを
特価で販売していたものを、普通のコンパクトデジカメのような値段で
購入したものですが、アダプターの利用によって三十年以上前の
レンズが装着できますので、購入後すでに一年以上になりますが、
大活躍してくれています。

イマドキの高性能カメラに比べると、感度は悪いし、連写速度は
ノロイし・・・おまけに、装着しているレンズは満身創痍の30年もの
と、撮影現場で他の野鳥愛好家に出会うと恥ずかしくなるような代物
なのですが、幸いチェンマイでは他の野鳥愛好家に出会うことは
滅多にありませんので、のんびりとマイペースで撮影しております。

すみません、話が横道にそれてしまいましたが、では昨日撮影した
カワセミをご覧くださいませ。

PHOTO蔵には、1600x1200ピクセルの画像をアップロード
していますが、これは4000x3000ピクセルの元画像から
トリミングで切り取ったもので、ほぼ、ピクセル等倍(リサイズは
殆どしておりません)の画像です。



カワセミ(Common Kingfisher) P1230559_R
カワセミ(Common Kingfisher) P1230559_R posted by (C)MARUT


カワセミ(Common Kingfisher) P1230581_R
カワセミ(Common Kingfisher) P1230581_R posted by (C)MARUT

















にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

↑ よろしかったらクリックをお願いいたします。
野鳥に関するBLOGがたくさんありますよ!!


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

最近当BLOGに掲載した写真の殆どは、「PHOTO蔵」と「FLICKR」の方にもアップロードしてあります。
そのどちらにアクセスしていただいても、アップロードした際のオリジナルサイズの大きな画像をご覧頂くことができます。
「PHOTO蔵」の方は、BLOG上の写真をクリックしていただくだけでPHOTO蔵のサイトにジャンプしますので、
そこでもう一度写真をクリックしていただくと、より大きな画像が表示されると思いますが、
その写真の上部に何種類かの表示サイズを選べるリンクがありますので、その中の「元画像」をクリックしていただくと、
アップロードした際の大きさの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、ぜひ「PHOTO蔵」の写真を大きなサイズでご覧いただければ、と思います。
楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、やむを得ずこういう方法をとっていますが、結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。

「FLICKR」のほうは、直接BLOGとはリンクさせておりませんが、下記のURLにアクセスしていただくと、今までにアップロードした画像が一覧でご覧いただけます。
大きいサイズでご覧頂きたい写真があればその写真をクリックしていただいて、次の画面で、写真のすぐ上にある語群の中ほどにある「ALL SIZES」をクリックしていただくと、大きなサイズの写真が表示されます。
今までに野鳥の写真を130点ほどアップロードしておりますので、よろしかったらちょっと覗いてみて頂いて、ご意見など頂戴できたらと思います。
URLは下記の通りです。

 http://www.flickr.com/photos/marut944


カワセミはチェンマイにもいるんですよ

チェンマイは、今日も良い天気です。これで3日連続の良い天気で、
雨の降らない日はもう4日続いています。
未だ雨季の終わるのは少し早すぎる感じですので、もう一度や二度は
「曇り時々雨」という典型的な雨季の天候がやってくるとは思いますが
とにかくお日様がしっかりと顔を出してくれることは大変ありがたい事
ですので、今日もカメラを持って撮影に出かけました。

昨日はHuay Toeng Tao公園、一昨日はDoi Puiに
出かけましたので、今日はチェンマイ大学のメーヒア学舎に行くことに
しました。

日本では、「暑さ寒さも彼岸まで」と、丁度今頃からが一番快適な
季節ですが、北緯119度に位置するチェンマイでは、まだまだ
太陽の高度が高くて、晴れると大変日差しがきついので、平地での
鳥見はまだ当分は暑さとの格闘です。

それはさておき、チェンマイ大学のメーヒア学舎には農業関係の
学部があり、キャンパス内には広大な実験農場があって、その為の
ため池のような池もたくさんあり、その周りで今まで何度か
カワセミを見かけたことがありますが、今まで写真は殆ど撮れていません。

今日も、池のフチのオジギソウの木の枝にカワセミが止まっているのを
見かけたので、今日はちょっと撮影に挑戦してみることにしました。

カメラも持って少し近寄っては数枚撮影して、また少し近寄っては
数枚撮影することを繰り返して行ったのですが、30mほどになると
飛び去って、50mほど先の別の枝に止まっているのが見えます。

また、少し近寄っては数枚撮影して・・・・を繰り返しながら近寄って
行くと、また30mほどのところで飛び去ってしまって、また50m
ほど先の別の枝に止まります。

結局、それを何度か繰り返して、ついに池の周りを一周(1000m
くらい)してしまいました。と言うことで、今日はカワセミに
遊ばれてしまったようです。

結局一度も30m以内には近寄らせてくれませんでしたので、
アップと言えるような写真は撮れませんでしたが、なんとか
「カワセミの写真」と言える程度の写真は何枚か撮影できましたので、
ご紹介させていただきますね。

500mmレンズに1.4倍テレコンバーター(正確にはテレコンバーター
ではなくて、マウントアダプターに付属した補正レンズですが)を
使用しての撮影でしたが、工夫によってもう少し鮮明な写真が撮れる
可能性はありそうに思いますので、次回の挑戦までには何かウマい作戦を
考えて、もう少し鮮明なカワセミの写真に挑戦したいと考えています。
今日の写真は、三枚ともピクセル等倍に近いトリミングをしています。

ちなみに、私はチェンマイに来てから鳥見をはじめましたので
日本のカワセミについては殆ど知識がないのですが、今日のカワセミは
日本のカワセミと同じ種類ですよね?



カワセミ(Common Kingfisher) IMG_4695_R
カワセミ(Common Kingfisher) IMG_4695_R posted by (C)MARUT


カワセミ(Common Kingfisher) IMG_4545_R
カワセミ(Common Kingfisher) IMG_4545_R posted by (C)MARUT


カワセミ(Common Kingfisher) IMG_4637_R(等倍切抜)
カワセミ(Common Kingfisher) IMG_4637_R(等倍切抜) posted by (C)MARUT














にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

↑ よろしかったらクリックをお願いいたします。
野鳥に関するBLOGがたくさんありますよ!!


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

最近当BLOGに掲載した写真の殆どは、「PHOTO蔵」と「FLICKR」の方にもアップロードしてあります。
そのどちらにアクセスしていただいても、アップロードした際のオリジナルサイズの大きな画像をご覧頂くことができます。
「PHOTO蔵」の方は、BLOG上の写真をクリックしていただくだけでPHOTO蔵のサイトにジャンプしますので、
そこでもう一度写真をクリックしていただくと、より大きな画像が表示されると思いますが、
その写真の上部に何種類かの表示サイズを選べるリンクがありますので、その中の「元画像」をクリックしていただくと、
アップロードした際の大きさの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、ぜひ「PHOTO蔵」の写真を大きなサイズでご覧いただければ、と思います。
楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、やむを得ずこういう方法をとっていますが、結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。

「FLICKR」のほうは、直接BLOGとはリンクさせておりませんが、下記のURLにアクセスしていただくと、今までにアップロードした画像が一覧でご覧いただけます。
大きいサイズでご覧頂きたい写真があればその写真をクリックしていただいて、次の画面で、写真のすぐ上にある語群の中ほどにある「ALL SIZES」をクリックしていただくと、大きなサイズの写真が表示されます。
今までに野鳥の写真を130点ほどアップロードしておりますので、よろしかったらちょっと覗いてみて頂いて、ご意見など頂戴できたらと思います。
URLは下記の通りです。

 http://www.flickr.com/photos/marut944

チェンマイにも秋の気配が・・・・・

チェンマイでは、昨日今日と、二日連続でとてもよいお天気で、
なんとこれで3日、全く雨を見ない日が続いているのですが、
こんなことはもう当分無かったことで、長かった雨季の終わりの兆し
ではないかと喜んでいます。

例年、雨季が明けるのは10月の中旬以降なので、これで今年の雨季は
終わり、ということはまずないと思いますが、長い雨季で思うように
鳥見に出られなかった憂鬱から漸く開放されそうな期待が沸いてきます。

折角の好天なので、家にじっとしていたのでは勿体無いので、昨日は
DOIPUI、 今日はフアイ・トゥン・タオ公園に撮影に出かけましたが
両日とも野鳥の姿は少なく、ほぼ空振りに近い終わりましたが、
シーズン入りに備えて新しく配備した機材のテストや、それらを
使いこなすためのトレーニングだと考えれば、無駄ではなかったと
思います。

丁度今は、乾季(寒季)の間はいなくなる野鳥はすでに旅発って、
乾季の間だけタイにやって来る野鳥は未だ到着していない、と言う
いわば端境期なのでしょう。
でも、すでにヒタキの一部(オジロヒタキ?)などはチェンマイに
到着しているようで、チラホラと彼らの姿を見ることが出来ました。
まもなく次々に冬鳥がやってきて、チェンマイの山々は賑やかに
なることでしょう。

今日は、先日我が戦隊に加わったばかりの反射型1000mmレンズで
撮影したヒイロサンショウクイをご覧頂きましょう。

ご覧のように真っ赤と真っ黒、という強烈なコントラストで、
いかにも熱帯の野鳥、と言う感じですね。

今回の黄色のサンショウクイですが、実は私が勝手に「ヒイロサンショウ
クイのメス」と決め付けているだけで、サンショウクイの仲間のメスは、
どの種類も同じような黄色なのでなかなか区別は難しいのですが、
今回はヒイロサンショウクイのオス(真っ赤と真っ黒)と一緒にいたので、
「ヒイロサンショウクイのメス」としていますが、本当のところは
分りません。

反射型レンズは、屈折型望遠レンズの対物レンズに相当する「主鏡」の
真ん中に大きな穴がありますので、光学系の中心部を通り抜けて像を
むすぶ光がありませんので、ピントの外れた部分の像は、芯の無い
締まらない像になります。(点光源の像がボケるとドーナッツ形に
なることは良く知られています)

と言う事で反射型レンズでは、屈折型の望遠レンズと同じにピントが
外れたときでも、像の崩れ方が屈折型のレンズよりも激しいため、
ピント合わせに関して、より高い正確さを要求されるのですが、
現実のカメラのファインダーを通してのピント合わせでは、なかなか
充分な精度でのピント合わせができないの悩みで、それをどうやって
解決するかが、当面の課題になっています。


ヒイロサンショウクイ♂(Scarlet Minivet_male)IMG_3805_R
ヒイロサンショウクイ♂(Scarlet Minivet_male)IMG_3805_R posted by (C)MARUT


ヒイロサンショウクイ(♀)Scarlet Minivet(female) IMG_3821_R
ヒイロサンショウクイ(♀)Scarlet Minivet(female) IMG_3821_R posted by (C)MARUT


ヒイロサンショウクイ(♀)Scarlet Minivet(female) IMG_3831_R
ヒイロサンショウクイ(♀)Scarlet Minivet(female) IMG_3831_R posted by (C)MARUT
















にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

↑ よろしかったらクリックをお願いいたします。
野鳥に関するBLOGがたくさんありますよ!!


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

最近当BLOGに掲載した写真の殆どは、「PHOTO蔵」と「FLICKR」の方にもアップロードしてあります。
そのどちらにアクセスしていただいても、アップロードした際のオリジナルサイズの大きな画像をご覧頂くことができます。
「PHOTO蔵」の方は、BLOG上の写真をクリックしていただくだけでPHOTO蔵のサイトにジャンプしますので、
そこでもう一度写真をクリックしていただくと、より大きな画像が表示されると思いますが、
その写真の上部に何種類かの表示サイズを選べるリンクがありますので、その中の「元画像」をクリックしていただくと、
アップロードした際の大きさの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、ぜひ「PHOTO蔵」の写真を大きなサイズでご覧いただければ、と思います。
楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、やむを得ずこういう方法をとっていますが、結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。

「FLICKR」のほうは、直接BLOGとはリンクさせておりませんが、下記のURLにアクセスしていただくと、今までにアップロードした画像が一覧でご覧いただけます。
大きいサイズでご覧頂きたい写真があればその写真をクリックしていただいて、次の画面で、写真のすぐ上にある語群の中ほどにある「ALL SIZES」をクリックしていただくと、大きなサイズの写真が表示されます。
今までに野鳥の写真を130点ほどアップロードしておりますので、よろしかったらちょっと覗いてみて頂いて、ご意見など頂戴できたらと思います。
URLは下記の通りです。

 http://www.flickr.com/photos/marut944


ハイイロモリツバメです

チェンマイは相変わらずの雨季で、野鳥撮影に適した天候の日は、
本当に僅かしかありません。

やむなく、アパートの窓から見える色々なものを撮影して機材のテストや
整備をしながら、ウデの方が錆付かないように(と言うよりもまだまだ
磨かなければいけないウデなのですが)、機材の取り扱いの
トレーニングをしています。

そんなことで、なかなか新しい写真は撮れていませんので、未発表の
ストックの中から、ハイイロモリツバメをお届けしましょう。

ハイイロモリツバメはチェンマイでは割と良く見かける野鳥で、
飛んでいる姿を見るとツバメととてもよく似ているのですが、じつは
全く別の種類の野鳥です。

チェンマイ大学のメーヒアキャンパスの中や、チェンマイ市内西部を
南北に流れる運河(チョラパターン運河)沿いのあちこちで、また
ラマ9世公園などでも良く見かけます。

電線などに数羽が並んで寄り添って止まっている姿も良く見かけますが、
まるで家族が団欒を楽しんでいるような微笑ましい感じがします。


ハイイロモリツバメ(Ashy Wood-swallow) P1170704_R2
ハイイロモリツバメ(Ashy Wood-swallow) P1170704_R2 posted by (C)MARUT


ハイイロモリツバメ(Ashy Wood-swallow) P1170702_R3
ハイイロモリツバメ(Ashy Wood-swallow) P1170702_R3 posted by (C)MARUT


















にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

↑ よろしかったらクリックをお願いいたします。
野鳥に関するBLOGがたくさんありますよ!!


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

最近当BLOGに掲載した写真の殆どは、「PHOTO蔵」と「FLICKR」の方にもアップロードしてあります。
そのどちらにアクセスしていただいても、アップロードした際のオリジナルサイズの大きな画像をご覧頂くことができます。
「PHOTO蔵」の方は、BLOG上の写真をクリックしていただくだけでPHOTO蔵のサイトにジャンプしますので、
そこでもう一度写真をクリックしていただくと、より大きな画像が表示されると思いますが、
その写真の上部に何種類かの表示サイズを選べるリンクがありますので、その中の「元画像」をクリックしていただくと、
アップロードした際の大きさの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、ぜひ「PHOTO蔵」の写真を大きなサイズでご覧いただければ、と思います。
楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、やむを得ずこういう方法をとっていますが、結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。

「FLICKR」のほうは、直接BLOGとはリンクさせておりませんが、下記のURLにアクセスしていただくと、今までにアップロードした画像が一覧でご覧いただけます。
大きいサイズでご覧頂きたい写真があればその写真をクリックしていただいて、次の画面で、写真のすぐ上にある語群の中ほどにある「ALL SIZES」をクリックしていただくと、大きなサイズの写真が表示されます。
今までに野鳥の写真を130点ほどアップロードしておりますので、よろしかったらちょっと覗いてみて頂いて、ご意見など頂戴できたらと思います。
URLは下記の通りです。

 http://www.flickr.com/photos/marut944

久しぶりのキバラタイヨウチョウです

今朝のチェンマイは、雨季には珍しく雲が少なく、晴れ間が多く
見えましたので、最近入手した30年物の500mmレンズの実地テストの
つもりで、久しぶりにラマ9世記念公園に行ってみました。
ここは町の中に在るのですが、広くて樹木が多いし、ドイステープ山系の
山裾から余り離れていないので、結構色々な野鳥に出会える穴場です。

そろそろ花が咲いているのではないかなあ、と期待していたネムの木に
まだ余り沢山ではありませんでしたがいくらかの花が咲いていて、
しばらく待っていたらキバラタイヨウチョウがやって来ましたので、
ちょっと撮影してみました。
未だ使い慣れていないので、ジャスピンの写真はなかなか撮れなかったの
ですが、中でもマシな方の写真をちょっとご紹介させていただきます。

もう半月か一ヶ月ほど経つと、このネムの木にはもっとたくさんの花が
咲いて、野鳥もたくさんやってきますし、その頃にはレンズの操作にも
慣れていることでしょうから、その季節がやって来るのが楽しみです。

たまの晴れ間とはいえ、やはり雨季で、湿度がすごく高いのでしょうね、
とても蒸し暑くてて、二時間も経たないうちに全身汗びっしょりになり
ギブアップして帰宅して浴室に直行しました。
カラッと涼しい乾季が待ち遠しいのですが、まだ二ヶ月は辛抱が必要
でしょう。


キバラタイヨウチョウ(Olive-backed Sunbird) IMG_1437_R
キバラタイヨウチョウ(Olive-backed Sunbird) IMG_1437_R posted by (C)MARUT


キバラタイヨウチョウ(Olive-backed Sunbird) IMG_1463_R
キバラタイヨウチョウ(Olive-backed Sunbird) IMG_1463_R posted by (C)MARUT














にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

↑ よろしかったらクリックをお願いいたします。
野鳥に関するBLOGがたくさんありますよ!!


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

最近当BLOGに掲載した写真の殆どは、「PHOTO蔵」と「FLICKR」の方にもアップロードしてあります。
そのどちらにアクセスしていただいても、アップロードした際のオリジナルサイズの大きな画像をご覧頂くことができます。
「PHOTO蔵」の方は、BLOG上の写真をクリックしていただくだけでPHOTO蔵のサイトにジャンプしますので、
そこでもう一度写真をクリックしていただくと、より大きな画像が表示されると思いますが、
その写真の上部に何種類かの表示サイズを選べるリンクがありますので、その中の「元画像」をクリックしていただくと、
アップロードした際の大きさの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、ぜひ「PHOTO蔵」の写真を大きなサイズでご覧いただければ、と思います。
楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、やむを得ずこういう方法をとっていますが、結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。

「FLICKR」のほうは、直接BLOGとはリンクさせておりませんが、下記のURLにアクセスしていただくと、今までにアップロードした画像が一覧でご覧いただけます。
大きいサイズでご覧頂きたい写真があればその写真をクリックしていただいて、次の画面で、写真のすぐ上にある語群の中ほどにある「ALL SIZES」をクリックしていただくと、大きなサイズの写真が表示されます。
今までに野鳥の写真を130点ほどアップロードしておりますので、よろしかったらちょっと覗いてみて頂いて、ご意見など頂戴できたらと思います。
URLは下記の通りです。

 http://www.flickr.com/photos/marut944

木星の衛星が撮れました

暫く更新が滞って申し訳ございません。
このところ、チェンマイは雨季真っ盛りで、なかなか野鳥撮影に適した
天候になりません。たまに、雨が上がって青空がきれいに見えたりすると
勇んで撮影に出かけるのですが、今度はメチャ蒸し暑くて、まるで
スチームバスに入っているような感じで、すぐに音を上げてしまいます。

というようなことで、野鳥の写真撮影のほうはほとんど進歩が無い上に
最近、撮影の機材のことで悩んでいることが色々あって、
なかなかBLOGの更新に取り掛かる気分になりませんでした。

先日、30年前に製造された1000mm反射型望遠レンズが我が戦列に
加わりましたが、続いてもう一台、やはり30年前に製造されたレンズ、
これは反射型ではありませんが、長年プロに酷使されて満身創痍の
望遠レンズを、オークションでJUNK価格で落札したものが
手元に届きました。

このレンズには最後尾のレンズに曇りとも汚れともつかないものがあり、
こちらの修理業者を探して清掃を依頼したのですが、以来の数日後に、
「壊すと大変なので勘弁してくれ」と手付かずで戻ってきましたので、
やむなく自分でTRYしてみたら、レンズの汚れはきれいに取れて
すっかりきれいになりましたので、先日ご紹介した1000mm反射型
レンズや、従来からメインレンズとして使用してきた400mmレンズ
などとの比較試験を続けています。

遠くに見える色々なものを撮影したり、アパートの廊下の踊り場を利用して
(ちょうど10mの距離が取れますので)、レンズの性能を調べる
チャート(自作)を撮影してチェックしたり、思いつく色々な方法で
機材テストをしていますが、各レンズにかなりの個性があって、
興味深いものがあります。

と言うようなことで、まだ機材テストは終わっていないのですが、
今日は、機材テストの途上で撮影した木星の衛星の写真をご紹介
しましょう。

数日前の夜、たまたま雲の切れ目から見えていた明るい星にカメラを
向けてみたら、カメラのファインダーのなかに、明るい星と一直線上に
並んだ四つの小さな光る点が見えました。まるでレンズのゴーストの
ように見えたのですが、レンズにゴーストが出るほど明るい星を
見ているわけではないので、一体これは何だろう?と不思議に思った
のですが、とにかく撮影してみました。

何度か、シャッター速度や絞り、カメラの感度などを変えながら撮影して
漸くまあまあ見られる写真が撮れましたが、この四つの光る点は依然と
ナゾです。まずは、メインのほうの明るい星の正体から調べてみよう、と
時々利用させて貰っている無料の星座ソフトを調べたところ
この時間に東の空に見えるのは木星と分りました。そういえば木星には
衛星がたくさんあったはずだぞ、ひょっとして小さな四つの光る点は
木星の衛星? と、今度は木星の衛星について検索してみましたら
「ピンポン!当り!」でした。
ガリレオの時代から知られている木星の衛星が四個あり、
目の良い人なら肉眼でも確認できることがある、とのことです。
なーんだ、私が知らなかっただけなんだ!!と言うことで一件落着です。

でも、ご存知の方ばかりではないと思いますので、ちょっとご紹介して
おきましょうね。

木星と衛星 IMG_0399_R
木星と衛星 IMG_0399_R posted by (C)MARUT

木星本体は少しボケて見えますが、木星本体は衛星に比べて明るさが
桁違いに明るいので露出オーバーになって滲んでしまったのかも
しれません。次回木星がハッキリと見える日があったら木星に露出を
合わせて再TRYしてみたいと思います。木星には縞模様があって
良い望遠鏡ならハッキリと見えるそうですので、それにもちょっとTRY
してみたいなぁ、と思ったりしております。
ちなみに、この写真は、自分でレンズ掃除をしたジャンク(ガラクタの意)
レンズ CANON FD500mm F4.5L(30年前には結構な高級レンズだったと
思います)で撮影しました。










にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

↑ よろしかったらクリックをお願いいたします。
野鳥に関するBLOGがたくさんありますよ!!


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

最近当BLOGに掲載した写真の殆どは、「PHOTO蔵」と「FLICKR」の方にもアップロードしてあります。
そのどちらにアクセスしていただいても、アップロードした際のオリジナルサイズの大きな画像をご覧頂くことができます。
「PHOTO蔵」の方は、BLOG上の写真をクリックしていただくだけでPHOTO蔵のサイトにジャンプしますので、
そこでもう一度写真をクリックしていただくと、より大きな画像が表示されると思いますが、
その写真の上部に何種類かの表示サイズを選べるリンクがありますので、その中の「元画像」をクリックしていただくと、
アップロードした際の大きさの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、ぜひ「PHOTO蔵」の写真を大きなサイズでご覧いただければ、と思います。
楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、やむを得ずこういう方法をとっていますが、結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。

「FLICKR」のほうは、直接BLOGとはリンクさせておりませんが、下記のURLにアクセスしていただくと、今までにアップロードした画像が一覧でご覧いただけます。
大きいサイズでご覧頂きたい写真があればその写真をクリックしていただいて、次の画面で、写真のすぐ上にある語群の中ほどにある「ALL SIZES」をクリックしていただくと、大きなサイズの写真が表示されます。
今までに野鳥の写真を130点ほどアップロードしておりますので、よろしかったらちょっと覗いてみて頂いて、ご意見など頂戴できたらと思います。
URLは下記の通りです。

 http://www.flickr.com/photos/marut944

«  | ホーム |  »

プロフィール

Khun Marut

Author:Khun Marut
"クン・マルッ"は、タイ人の友達がつけてくれたタイ名前です。チェンマイで質素に隠居生活をしています。タイ生活の色々を出来るだけ写真入りで綴って行きたいと思います。色々な話題がありますので、検索してみて下さいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (100)
食 (22)
タイ生活 (120)
パソコン・インターネット (54)
交通 (11)
チェンマイの気候・天候 (132)
北タイの伝統と文化 (19)
熱帯魚 (40)
チェンマイの野鳥 (663)
チェンマイの自然 (143)
日本語ボランティア (2)
チェンマイという町 (12)
日常の科学 (5)

開設者にコンタクトする

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。