2010-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットの調子が悪くて・・・・

私が使っているインターネットのネットワークは大手電話会社の一つ、
TT&T社のADSL(公称2Mbps)ですが、無料グレードアップが
二度あって、現在では公称5Mbpsということになっている。

1年ほどまえだったろうか、そのTT&T社のインターネット部分が
分離されて別会社のトリプルTインターネット株式会社ということに
なり、3BBというロゴでかなりの宣伝活動をしているようである。

私の契約も自動的にそのトリプルT会社の契約ということになり、
契約条件はそのままで請求書はトリプルT会社から来ている。

それは良いのだが、昨年の秋に電話線に故障が発生して(リスが
高圧線と電話線を跨いだのが原因)インターネットが使えなくなり、
電話会社のTT&Tへ修理の依頼に行くと、「インターネットが使えない
なら3BBに行ってくれ」といわれ、3BBに行けば、当然ながら
「電話線に原因があるのだからTT&Tの方で、電話線を直して貰って
くれ」と言う。

もう一度TT&Tに行って事情を説明したら、受付はしてくれたものの、
何日待っても修理には来てくれない。
TT&Tに何度行っても電話しても埒が明かないので、3BBの方に
「何とかTT&Tを動かす知恵はないか?」と助けを求めたら、
やれるだけやってみましょう、と色々ともがいてくれたようで、
次の日には3BBの技術員がうちに来てくれて、接続をチェックしてくれて、
「やはり電線に異常があって、信号がきていませんので、ウチとしては
何とも出来ません」と言って帰ったのだが、その直後もう一度TT&Tの
営業所に行って、「3BB会社から来てくれたけど、電線のほうの異常
なので3BBの方では手が出せないと言って帰った・・・」
と言ったら、分りました、と言うことになり、その翌朝には復旧した。
ということで、結局二週間ネットが使えなかったのだが、TT&Tからは
最後まで何の連絡もなかった。
しかし、この件には責任のなかった3BBの方では、二週間分の利用料を
次の請求書から控除してくれた。

と言うようなことがあったのだが、数日前、3BBの人が訪ねてきて
「電話(普通の有線電話)が必要か?もし必要なければ、3BBのほうで
ADSL専用の線を引くのでそれに切り替えさせて欲しい。
ただ、そうなるとその線では電話は使えないので、電話が必要ならば、
今までどおりTT&Tの線を使ってもらうことになる」ということ
だったので、「電話はなくてもいいですよ」と、3BB専用線に
切り替えることを承諾した。

で、その後もADSLは何も問題なく使えているのに、先週の土曜日
くらいから電話が使えなくなっていたので、ははぁ、切り替えが
終わったんだなあ、と理解していた。

ところが、今週の月曜日の午後からインターネットが使えなくなった。
まあ、短時間ネットが繋がらなくなることは珍しくないので、
そのうち復旧するだろうと思っていたが、なかなか回復しないので
夕方、サポートセンターに電話してみたら、「分りました。調べて
あとで電話します」ということだった。

夜になっても回復しないし電話もないので、もう一度サポートセンターに
電話してみたが、同じ事を言われた。
次の朝9時ごろ、やはり回復していなかったので、もう一度サポート
センターに電話したのだが、今度は「すでに三回電話して、三回とも
調べて電話すると言う返事を貰ったのだが、未だに誰からも電話がない」
というと、「今度は私がちゃんとお世話します」というので、
ではあなたの名前を教えてください」と言って名前を聞いて
「では、XXさん、あなたからの電話を待ってますからね」と言って
切った。でも、その日も電話はかかってこなかった。

で、今日の昼前のことだが、3BBの技術員らしい人から電話が
かかってきて、これから伺います、と言って二人来てくれてなにやら
やってくれて約48時間ぶりに回復したのだが、彼らがその時に
ポロッと言うには、なんと古い方の線(TT&Tの電話線)のADSLは
未だ生きていたのだそうだ。つまり、電話線を古いほうに戻せば
インターネットは使えていたのだ。
なんともバカな話だが、これがタイのサービスというものであろう。

で、今回の教訓であるが、前回は電話線とインターネット(ADSL)の
会社が別になって責任がハッキリしないためにサービスが変になっていた
と考えていたが、会社が一社になっても、やはり(タイの会社のことだから)
サービスは余り期待できないので、私のようなネット依存人間は
予備の接続手段を確保しておかないと安心できない、ということで、
近日中に解約する予定だったTT&Tの有線電話回線は留保しておく
ことにして、現在一本しかないビルの取り込み口から私の部屋までの
電話線を、もう一本増設してもらって、TT&Tの電話回線と3BBの
ADSL用の電話線を独立して確保しておくことにした。

そうしておけば、今後また3BBのADSLが不通になっても、
TT&Tの電話線を介して(旧式のジーコジーコのアナログ接続
ではあるが)インターネットの接続手段が確保できるわけである。
もうとっくの昔にお蔵入りしていたアナログモデムをJUNKボックスから
探し出してパソコンにインストールして動作も確認済みなので、
電話線の増設さえ完了すれば、いつでも7-8年前のアナログ接続には
戻れるようになった。



と言うようなことがあってBLOGの更新が滞っていました。
正直なところ、更新が出来なかった理由はそれだけではないのですが、
最近も山には出かけておりますし、ちょっとした新機材も入手
しましたので、近いうちにまた以前のペースで更新していくように
努めたいと考えております。






スポンサーサイト

久しぶりに撮影に行ってきました

漸くソンクラーンの喧騒が終わりましたので、一週間ぶりの野鳥撮影に
ドイプイに出かけました。

例年ならソンクラーンの頃までには一度や二度は本格的な雨が降って、
SMOGも解消する筈なのですが、今年は四月に入っても一度も本格的な
雨が降っていないので、SMOGはもう二ヶ月間も居座ったままです。

途中、展望台でも下界(チェンマイ市街)はぼんやりと霞んで見えるだけ、
でも、さすがに標高約1500mのドイプイまで上ると、下界では白
霞んだ空もかなり青さを取り戻します。
気温の方も、下界よりは7-8度は低いようで、正午近くでも
多分三十度以下でしょう、殆ど暑さは感じません。

そんな快適な環境で鳥見を始めたのですが、今日はなぜか野鳥の影が
薄いようです。
でも、先日ご紹介した小型双眼鏡を使って、あちこちを観察していたら
やはり双眼鏡の威力は大きく、今まで出会ったことの無い野鳥を二種
発見することが出来ました。残念ながら撮影は出来ませんでしたが
今後、この双眼鏡を使って野鳥発見の可能性の向上はかなり期待
出来そうです。

今日も新しい野鳥の撮影は出来ませんでしたが、このところしばしば
姿は見かけているものの、ここでご紹介出来るような写真の撮れて
いなかったアオチメドリ(White-bellied Yuhina) が、やや鮮明さに
欠ける写真ではありますが漸く撮影できましたので、ご紹介させて
いただきます。

アオチメドリは、見かける頻度が余り高くないうえに、小柄で動きが
激しいために鮮明な写真の撮影はなかなか難しいのですが、今後も
諦めずに追いかけて、いつかはバッチリ写真をご紹介させていただこうと
思います。




アオチメドリ(White-bellied Yuhina) P1090705_R
アオチメドリ(White-bellied Yuhina) P1090705_R posted by (C)MARUT















にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

最近当BLOGに掲載した写真の殆どは、「PHOTO蔵」と「FLICKR」の方にもアップロードしてあります。
そのどちらにアクセスしていただいても、アップロードした際のオリジナルサイズの大きな画像をご覧頂くことができます。
「PHOTO蔵」の方は、BLOG上の写真をクリックしていただくだけでPHOTO蔵のサイトにジャンプしますので、
そこでもう一度写真をクリックしていただくと、より大きな画像が表示されると思いますが、
その写真の上部に何種類かの表示サイズを選べるリンクがありますので、その中の「元画像」をクリックしていただくと、
アップロードした際の大きさの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、ぜひ「PHOTO蔵」の写真を大きなサイズでご覧いただければ、と思います。
楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、やむを得ずこういう方法をとっていますが、結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。

「FLICKR」のほうは、直接BLOGとはリンクさせておりませんが、下記のURLにアクセスしていただくと、今までにアップロードした画像が一覧でご覧いただけます。
大きいサイズでご覧頂きたい写真があればその写真をクリックしていただいて、次の画面で、写真のすぐ上にある語群の中ほどにある「ALL SIZES」をクリックしていただくと、大きなサイズの写真が表示されます。
今までに野鳥の写真を130点ほどアップロードしておりますので、よろしかったらちょっと覗いてみて頂いて、ご意見など頂戴できたらと思います。
URLは下記の通りです。

 http://www.flickr.com/photos/marut944

小型の双眼鏡を買いました

チェンマイは、昨日から本格的なソンクラーン入りで、昼間外出すると、
すぐに水をぶっ掛けたれてズブ濡れにされてしまいますので、
ソンクラーンの終わる明後日までは、できるだけ家の中で大人しく
していようと思います。(実は11日の日曜日辺りから、13日が
待ちきれない子供たちや、気の早い外国人観光客などが、すでに水掛け合戦
をスタートしています)

ということで、野鳥関係の記事は新しいネタがありませんので、今日は
最近購入した双眼鏡のことを話題にさせていただきましょう。

野鳥を探して山の中をさまよっていると、聞いた事のない野鳥の声が
聞こえてくるのですが、いくら探しても野鳥の姿が発見できない、
と言うことがしばしばあります。

居場所がわかって、カメラを通して野鳥を見れば、少々の高倍率望遠鏡
には負けないくらいの倍率で野鳥の観察が出来るのですが、
姿が見えないことには手も足も出ません。
そこで、野鳥を探すための双眼鏡があれば良いかなあ、と思って
以前から余り値段が高くなくて使いやすい双眼鏡を探していました。

じつは、夜店で買った小型の双眼鏡と、古物屋でかったロシア製の
大型双眼鏡(10x50)を持っているのですが、小型のものは
ほとんどオモチャ同様、大型のものは携帯性が悪くて、野鳥撮影の
補助には全く使っていませんでした。

先日、ネットでいろいろと双眼鏡に関して情報を集めておりましたら、
あるWEBサイトが目に留まりました。
聞いたことの無い小さな会社で、たった三機種の双眼鏡をネット販売
しているだけなのですが、商品の説明がとても懇切丁寧で値段は
リーズナブル、気に入らなかったら理由のいかんを問わず返品OK、
という良心的な会社です。

その説明によれば、小型の双眼鏡には高倍率は不要(というよりも、
害ばかりで益なし)という事ですので、口径20mm5倍という、
一番安い機種を注文してみたのが数日前に手元に届いたのですが、
ポケットに入るコンパクトさにナント200gに満たない軽さです。
早速外の景色を見て、口径20mmとは思えない明るさに
視野の広さ!に驚きました。しかも、夕闇が迫ってから外の景色を見たら、
明らかに肉眼で見たときの明るさよりも明るく見えているのです。
WEBサイトの説明は誇張ではありませんでした。
10倍50mmの大きな双眼鏡に全く引けをとらないどころか、
よほど見易いのです。(もちろん、遠くの細かいターゲットで見比べれば
10倍の方が細かいところまで見分けられるのは当然ですが)

ということで、ソンクラーンが終わったらこの双眼鏡が活躍して
くれることを期待しています。その結果はまた改めてご報告
いたしましょう。


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

最近当BLOGに掲載した写真の殆どは、「PHOTO蔵」と「FLICKR」の方にもアップロードしてあります。
そのどちらにアクセスしていただいても、アップロードした際のオリジナルサイズの大きな画像をご覧頂くことができます。
「PHOTO蔵」の方は、BLOG上の写真をクリックしていただくだけでPHOTO蔵のサイトにジャンプしますので、
そこでもう一度写真をクリックしていただくと、より大きな画像が表示されると思いますが、
その写真の上部に何種類かの表示サイズを選べるリンクがありますので、その中の「元画像」をクリックしていただくと、
アップロードした際の大きさの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、ぜひ「PHOTO蔵」の写真を大きなサイズでご覧いただければ、と思います。
楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、やむを得ずこういう方法をとっていますが、結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。

「FLICKR」のほうは、直接BLOGとはリンクさせておりませんが、下記のURLにアクセスしていただくと、今までにアップロードした画像が一覧でご覧いただけます。
大きいサイズでご覧頂きたい写真があればその写真をクリックしていただいて、次の画面で、写真のすぐ上にある語群の中ほどにある「ALL SIZES」をクリックしていただくと、大きなサイズの写真が表示されます。
今までに野鳥の写真を130点ほどアップロードしておりますので、よろしかったらちょっと覗いてみて頂いて、ご意見など頂戴できたらと思います。
URLは下記の通りです。

 http://www.flickr.com/photos/marut944




新しい種類が撮れたと思ったのですが・・・・ミヤマヒメアオヒタキ(♀)

今日のチェンマイは暑季真っ盛りで、良く晴れているにもかかわらず、
朝の最低気温は26.5度までしか下がりませんでした。
スモッグのほうは、今日は少しマシで、視界は5kmくらいあり、
西山のドイステープもかなり霞んではいたものの、まあまあ見えて
いましたので、涼を求めてドイプイに向かって出発しました。

このところ、ドイプイはスランプでなかなかこれは!と言う野鳥に
出会えません。最近の狙い目はキバネヒヨドリ(Ashy Bulbul)と
アオチメドリ(White-bellied Yuhina)なんですが、どちらもタマには
見かけるのですが、ちゃんとした写真はなかなか撮らせてくれません。
今日も余り調子がよくなく、ぼちぼち帰ろうかなあ、と思い始めた頃
20mほど先の木の枝に今まで見た記憶の無いムネの赤っぽい野鳥が
止まっているのを発見しました。
幸い、暫くのあいだその枝に止まってじっとしていてくれたので、
かなりの枚数のシャッターを切ることが出来たのですが、明るさが
充分でなかったため、カメラのISO感度を普通のままで撮影したものは
シャッター速度が遅すぎてブレ気味、ISO感度を上げて撮影したものは
ちゃんと写っているのですがノイズが多い、と、いずれも少々不満の
残る結果となりました。

でも、ひょっとしたら新顔かも!!と、期待に胸を膨らませて帰宅し、
早速資料を調べたのですが、どうもこの辺りでは良く見かける
ミヤマヒメアオヒタキ(Hill-blue Flycatcher)の♀のようです。
なぜか、今まで撮影できたのはオスばかりなのですが、オスがきれいな
ブルーでよく目立つのに比べて、メスは地味なのでなかなか
目に付かないのでしょうね。

なぜか色のきれいな野鳥や形のユニークの野鳥でも、目立つのは
オスだけでメスは地味なことが多いようですが、なぜでしょうねぇ???


ミヤマヒメアオヒタキ♀(Hill Blue Flycatcher) P1090579_R2
ミヤマヒメアオヒタキ♀(Hill Blue Flycatcher) P1090579_R2 posted by (C)MARUT


ミヤマヒメアオヒタキ♀(Hill Blue Flycatcher) P1090613_R2
ミヤマヒメアオヒタキ♀(Hill Blue Flycatcher) P1090613_R2 posted by (C)MARUT


ミヤマヒメアオヒタキ♀(Hill Blue Flycatcher) P1090625_R2
ミヤマヒメアオヒタキ♀(Hill Blue Flycatcher) P1090625_R2 posted by (C)MARUT


ミヤマヒメアオヒタキ♀(Hill Blue Flycatcher) P1090651_R2
ミヤマヒメアオヒタキ♀(Hill Blue Flycatcher) P1090651_R2 posted by (C)MARUT


以前ご紹介したミヤマヒメアオヒタキの♂です。

ミヤマヒメアオヒタキ(Hill Blue Flycatcher) IMGP29872_R
ミヤマヒメアオヒタキ(Hill Blue Flycatcher) IMGP29872_R posted by (C)MARUT


ミヤマヒメアオヒタキ(Hill Blue Flycatcher) IMGP107708_R
ミヤマヒメアオヒタキ(Hill Blue Flycatcher) IMGP107708_R posted by (C)MARUT


ミヤマヒメアオヒタキ(Hill Blue Flycatcher) IMGP102002_R2
ミヤマヒメアオヒタキ(Hill Blue Flycatcher) IMGP102002_R2 posted by (C)MARUT














にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

最近当BLOGに掲載した写真の殆どは、「PHOTO蔵」と「FLICKR」の方にもアップロードしてあります。
そのどちらにアクセスしていただいても、アップロードした際のオリジナルサイズの大きな画像をご覧頂くことができます。
「PHOTO蔵」の方は、BLOG上の写真をクリックしていただくだけでPHOTO蔵のサイトにジャンプしますので、
そこでもう一度写真をクリックしていただくと、より大きな画像が表示されると思いますが、
その写真の上部に何種類かの表示サイズを選べるリンクがありますので、その中の「元画像」をクリックしていただくと、
アップロードした際の大きさの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、ぜひ「PHOTO蔵」の写真を大きなサイズでご覧いただければ、と思います。
楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、やむを得ずこういう方法をとっていますが、結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。

「FLICKR」のほうは、直接BLOGとはリンクさせておりませんが、下記のURLにアクセスしていただくと、今までにアップロードした画像が一覧でご覧いただけます。
大きいサイズでご覧頂きたい写真があればその写真をクリックしていただいて、次の画面で、写真のすぐ上にある語群の中ほどにある「ALL SIZES」をクリックしていただくと、大きなサイズの写真が表示されます。
今までに野鳥の写真を130点ほどアップロードしておりますので、よろしかったらちょっと覗いてみて頂いて、ご意見など頂戴できたらと思います。
URLは下記の通りです。

 http://www.flickr.com/photos/marut944


ノドジロカンムリヒヨドリとハイムネヒタキです

最近、ドイプイでは常連さんばかりで、なかなか新しい野鳥の撮影が
できていませんので、NEWではありませんが最近の撮影画像の中から
ノドジロカンムリヒヨドリとハイムネヒタキをご覧頂きましょう。

ノドジロカンムリヒヨドリは、ドイステープ、ドイプイで出会うことのある
ヒヨドリの仲間の中では少ない方で、今回で三度目くらいの出会いです。
光線の具合はあまり良くなかったのですが、まあまあ鮮明に撮れました。
咽喉のところのフワフワの羽毛と、頭のテッペンのエボシですぐに見分けが
つきます。

ハイムネヒタキは、ドイプイではかなりポピュラーな野鳥なのですが、
体が小さくて、よく動き回るので、写真の撮影はなかなか容易では
ありません。
ただ、お気に入りの場所を見つけると、何度も同じところに戻って
くることが多いので、あらかじめその辺りにピントを合わせて待ち伏せ
をすると成功することが多いです。
今回もその手でうまく行きました。


ノドジロカンムリヒヨドリ(Puff-throated Bulbul) P1090036_R
ノドジロカンムリヒヨドリ(Puff-throated Bulbul) P1090036_R posted by (C)MARUT



ハイムネヒタキ(Grey-headed Canary Flycatcher) P1080944_R
ハイムネヒタキ(Grey-headed Canary Flycatcher) P1080944_R posted by (C)MARUT
















にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

最近当BLOGに掲載した写真の殆どは、「PHOTO蔵」と「FLICKR」の方にもアップロードしてあります。
そのどちらにアクセスしていただいても、アップロードした際のオリジナルサイズの大きな画像をご覧頂くことができます。
「PHOTO蔵」の方は、BLOG上の写真をクリックしていただくだけでPHOTO蔵のサイトにジャンプしますので、
そこでもう一度写真をクリックしていただくと、より大きな画像が表示されると思いますが、
その写真の上部に何種類かの表示サイズを選べるリンクがありますので、その中の「元画像」をクリックしていただくと、
アップロードした際の大きさの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、ぜひ「PHOTO蔵」の写真を大きなサイズでご覧いただければ、と思います。
楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、やむを得ずこういう方法をとっていますが、結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。

「FLICKR」のほうは、直接BLOGとはリンクさせておりませんが、下記のURLにアクセスしていただくと、今までにアップロードした画像が一覧でご覧いただけます。
大きいサイズでご覧頂きたい写真があればその写真をクリックしていただいて、次の画面で、写真のすぐ上にある語群の中ほどにある「ALL SIZES」をクリックしていただくと、大きなサイズの写真が表示されます。
今までに野鳥の写真を130点ほどアップロードしておりますので、よろしかったらちょっと覗いてみて頂いて、ご意見など頂戴できたらと思います。
URLは下記の通りです。

 http://www.flickr.com/photos/marut944

ちょっと変わった花です(コンロンカと言うのだそうです)

一時、かなり改善していたチェンマイのSMOGは、最近また悪化してきて
深刻な状況に逆戻りしています。
視界は約2-3kmと言ったところで、私の住むところから2-3km
ほどのところにある西山のドイステープも殆ど見えない日が多くなっています。

そのうえ、本格的な暑季入りで、朝の最低気温は24度ほどまでしか
下がらず、昼間の最高気温は37-8度、と大変過ごしにくい毎日が
続いています。

でも、野鳥撮影に山に出かけると、空気はかなりきれいですし、気温も
涼しいと言えるところまでは行かないにしても、平地の猛暑と比べれば
別天地ですので、殆ど毎日のように山に出かけています。

でも、野鳥の方は端境期なのでしょうか、常連さんばっかりで、なかなか
BLOGでご紹介するような写真は撮れません。

そんなことで、最近はときどき野鳥以外のものにもカメラを向ける
ようになっているのですが、今日も前回に続いて山の中の道路際で
見かけた、ちょっと変わった野草をご紹介しましょう。

花のように見えるのはどうも雌しべのようで、葉のように見えるのは
ガクではないかと思ったりするのですが、本当はどうなんでしょう?

植物には丸っきりの素人(ドがつきます)で、ひどい見当違いを
書いているかもしれませんが、お許しください。

ちょっと変わった花 P1090085_R
ちょっと変わった花 P1090085_R posted by (C)MARUT


ちょっと変わった花(拡大) P1090085_R2
ちょっと変わった花(拡大) P1090085_R2 posted by (C)MARUT






















にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

最近当BLOGに掲載した写真の殆どは、「PHOTO蔵」と「FLICKR」の方にもアップロードしてあります。
そのどちらにアクセスしていただいても、アップロードした際のオリジナルサイズの大きな画像をご覧頂くことができます。
「PHOTO蔵」の方は、BLOG上の写真をクリックしていただくだけでPHOTO蔵のサイトにジャンプしますので、
そこでもう一度写真をクリックしていただくと、より大きな画像が表示されると思いますが、
その写真の上部に何種類かの表示サイズを選べるリンクがありますので、その中の「元画像」をクリックしていただくと、
アップロードした際の大きさの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、ぜひ「PHOTO蔵」の写真を大きなサイズでご覧いただければ、と思います。
楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、やむを得ずこういう方法をとっていますが、結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。

「FLICKR」のほうは、直接BLOGとはリンクさせておりませんが、下記のURLにアクセスしていただくと、今までにアップロードした画像が一覧でご覧いただけます。
大きいサイズでご覧頂きたい写真があればその写真をクリックしていただいて、次の画面で、写真のすぐ上にある語群の中ほどにある「ALL SIZES」をクリックしていただくと、大きなサイズの写真が表示されます。
今までに野鳥の写真を130点ほどアップロードしておりますので、よろしかったらちょっと覗いてみて頂いて、ご意見など頂戴できたらと思います。
URLは下記の通りです。

 http://www.flickr.com/photos/marut944

名も知らぬ花・・・ドイプイにて(野牡丹と教えていただきました)

このところ、野鳥の良い写真が撮れていませんので、穴埋めに、
最近ドイプイのあちこちで見かける花の写真を掲載させていただきます。
高さが2-3mにしかならない低い木で、赤い可憐な感じの花を
つけています。

花をカメラの視野に入れてピントを合わせていたら、そこにアブ
でしょうか、ミツバチよりも一回り大きな昆虫が飛び込んできたので、
シャッターを切りました。

花の名前も昆虫の名前も分かりません。 

以上です。(まことに愛想なしで、申し訳ございません)


名も知らぬ花 P1080298_R
名も知らぬ花 P1080298_R posted by (C)MARUT









にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

最近当BLOGに掲載した写真の殆どは、「PHOTO蔵」と「FLICKR」の方にもアップロードしてあります。
そのどちらにアクセスしていただいても、アップロードした際のオリジナルサイズの大きな画像をご覧頂くことができます。
「PHOTO蔵」の方は、BLOG上の写真をクリックしていただくだけでPHOTO蔵のサイトにジャンプしますので、
そこでもう一度写真をクリックしていただくと、より大きな画像が表示されると思いますが、
その写真の上部に何種類かの表示サイズを選べるリンクがありますので、その中の「元画像」をクリックしていただくと、
アップロードした際の大きさの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、ぜひ「PHOTO蔵」の写真を大きなサイズでご覧いただければ、と思います。
楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、やむを得ずこういう方法をとっていますが、結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。

「FLICKR」のほうは、直接BLOGとはリンクさせておりませんが、下記のURLにアクセスしていただくと、今までにアップロードした画像が一覧でご覧いただけます。
大きいサイズでご覧頂きたい写真があればその写真をクリックしていただいて、次の画面で、写真のすぐ上にある語群の中ほどにある「ALL SIZES」をクリックしていただくと、大きなサイズの写真が表示されます。
今までに野鳥の写真を130点ほどアップロードしておりますので、よろしかったらちょっと覗いてみて頂いて、ご意見など頂戴できたらと思います。
URLは下記の通りです。

 http://www.flickr.com/photos/marut944

«  | ホーム |  »

プロフィール

Khun Marut

Author:Khun Marut
"クン・マルッ"は、タイ人の友達がつけてくれたタイ名前です。チェンマイで質素に隠居生活をしています。タイ生活の色々を出来るだけ写真入りで綴って行きたいと思います。色々な話題がありますので、検索してみて下さいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (100)
食 (22)
タイ生活 (120)
パソコン・インターネット (54)
交通 (11)
チェンマイの気候・天候 (132)
北タイの伝統と文化 (19)
熱帯魚 (40)
チェンマイの野鳥 (663)
チェンマイの自然 (143)
日本語ボランティア (2)
チェンマイという町 (12)
日常の科学 (5)

開設者にコンタクトする

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。