2010-03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピカチュウのような野鳥(セボシカンムリガラ)が撮れました

二三日前まで、すこし回復傾向だったチェンマイのスモッグですが、
昨日辺りからまた悪化して、今朝は西山のドイステープ(私のところから
直線で3kmくらいしかありません)が全く見えなくなっていました。

でも、気を取り直して一昨日調子の良かったフィールドを目指して
出発しました。
途中、ドイステープの展望台から下界を見下ろしてみても、真っ白で
何も見えません。
目指すフィールド(標高は1400-1500ではないかと思います)
に着いても、空は殆ど青みが無く晴れているのに空は真っ白です。
早く本格的な雨が降ってSMOGには消え去ってもらいたいものです。

さて、今日は一昨日と打って変わって野鳥の影が薄く、カメラの
シャッターを押す機会がなかなかやってきません。
そのフィールドでは、何時も6-700m位の区間をゆっくりと
行ったり来たりしながらチャンスを待つのですが、探鳥を始めて
三時間ほど経過して、今日はもう諦めて帰ろうかなあ、と思い始めた頃
近くの林で二羽の野鳥が追いかけあっているのに気づきました。

さっそくカメラを向けて野鳥の姿を確認したのですが、ピカチュウに
そっくりな野鳥「セボシカンムリガラ」
です。三年前に初めて出会って
以来、何度か出会って撮影しようとするのですが、いつも動きが早くて
同じところにじっとしてくれないために、今だに鮮明な写真が撮れて
いないのです。
ヨッシャ、今日こそは!と、張り切って撮影に掛かったのですが、今日も
やはり動きが早く、しかも同じところに長くは居てくれないため、
ピントをじっくりと合わせる間が無く、やっとピントを合わせることが
できて、さあシャッターを押そう、と思った瞬間飛び去られて「残念!!」
と言うことの繰り返しです。
そうしているうちに5分ほどで居なくなってしまったのですが、
撮影した中で一枚だけ、何とか見ていただける画質で写っているのものが
ありましたので、その一枚と、ちょっとピントが甘いのですが、横顔が
写ってピカチュウらしい感じの良く分る画像の二点をご紹介します。

これでも今までに何度かご紹介したが画像よりは少しマシだと
思いますので大目に見てくださいませ。
このピカチュウ(セボシカンムリガラ)につきましては、今後も継続課題
としていつかはバッチリ、クッキリの写真を目指したいと思います。



セボシカンムリガラ(Yellow-cheeked Tit) P1070968_R
セボシカンムリガラ(Yellow-cheeked Tit) P1070968_R posted by (C)MARUT


セボシカンムリガラ(Yellow-cheeked Tit) P1070964_R
セボシカンムリガラ(Yellow-cheeked Tit) P1070964_R posted by (C)MARUT














にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

最近当BLOGに掲載した写真の殆どは、「PHOTO蔵」と「FLICKR」の方にもアップロードしてあります。
そのどちらにアクセスしていただいても、アップロードした際のオリジナルサイズの大きな画像をご覧頂くことができます。
「PHOTO蔵」の方は、BLOG上の写真をクリックしていただくだけでPHOTO蔵のサイトにジャンプしますので、
そこでもう一度写真をクリックしていただくと、より大きな画像が表示されると思いますが、
その写真の上部に何種類かの表示サイズを選べるリンクがありますので、その中の「元画像」をクリックしていただくと、
アップロードした際の大きさの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、ぜひ「PHOTO蔵」の写真を大きなサイズでご覧いただければ、と思います。
楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、やむを得ずこういう方法をとっていますが、結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。

「FLICKR」のほうは、直接BLOGとはリンクさせておりませんが、下記のURLにアクセスしていただくと、今までにアップロードした画像が一覧でご覧いただけます。
大きいサイズでご覧頂きたい写真があればその写真をクリックしていただいて、次の画面で、写真のすぐ上にある語群の中ほどにある「ALL SIZES」をクリックしていただくと、大きなサイズの写真が表示されます。
今までに野鳥の写真を130点ほどアップロードしておりますので、よろしかったらちょっと覗いてみて頂いて、ご意見など頂戴できたらと思います。
URLは下記の通りです。

 http://www.flickr.com/photos/marut944






スポンサーサイト

サンコウチョウ(♀)とオナガヒロハシが撮れました

チェンマイのスモッグは、なぜか雨も降らず強風も吹いていないのに
一昨日の午後から少し回復してきまして、視界も青空も少し戻って来ました。
日の出後の太陽も、まだかなり赤いのですが、かなり眩しさを取り戻して、
日中はかなり日差しも強くなってきました。その分暑さも厳しくなり
今日の最高気温は35度を超えていたと思います(私の体感温度計ですが)。

と言うわけで、涼しさときれいな空気(と、モチロン野鳥も!)を
求めて今朝もドイプイに出撃したのですが、野鳥もスモッグが改善
したことを歓迎してくれているのでしょうか、今日のドイプイは
とても野鳥が賑やかで、色々な野鳥が入れ代わり立ち代り姿を
見せてくれました。

その中でオナガヒロハシが今までに無く近距離で撮影でき、また久しぶりの
カワリサンコウチョウの♀(♂は以前ご紹介していますが)も撮影できて、
カワリサンコウチョウは、目だけでなくクチバシや脚までが青いことが
良く分りました。
オナガヒロハシは先日(19日)にご紹介したばかりですが、今日の写真
のほうが鮮明ですので、再掲させていただきます。
ということで、今日は収穫充分で機嫌よく引き上げました。

帰路、ドイステープの展望台からチェンマイ市内を見下ろしてみましたが
かなりまだ霞んでいます。でも、一週間ほど前には何も見えなかったので
それから比べればかなりの改善ではあります。


オナガヒロハシ(Long-tailed Broadbill) P1070587_R
オナガヒロハシ(Long-tailed Broadbill) P1070587_R posted by (C)MARUT


オナガヒロハシ(Long-tailed Broadbill) P1070596_R
オナガヒロハシ(Long-tailed Broadbill) P1070596_R posted by (C)MARUT


カワリサンコウチョウ(Asian Paradise-flycatcher) P1070676_R
カワリサンコウチョウ(Asian Paradise-flycatcher) P1070676_R posted by (C)MARUT


カワリサンコウチョウ(Asian Paradise-flycatcher) P1070670_R
カワリサンコウチョウ(Asian Paradise-flycatcher) P1070670_R posted by (C)MARUT

☆ 今日の写真は、いつもの400mmF5.6+1.4倍テレコン
ではなくて、反射型500mmレンズ(F8)を使用しましたが、
シャープさにおいては、いつもの400mmレンズのほうが勝るようです。
シャッター速度は4枚とも30分の一秒ですが、最近漸く、このカメラで
30分の一秒でほぼブレなく撮影出来るようになりましたが、
ここまで来るには随分いろいろなブレ対策が必要でした。
(このカメラ=マイクロフォーサーズ規格のミラーレス一眼デジカメです)














にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

最近当BLOGに掲載した写真の殆どは、「PHOTO蔵」と「FLICKR」の方にもアップロードしてあります。
そのどちらにアクセスしていただいても、アップロードした際のオリジナルサイズの大きな画像をご覧頂くことができます。
「PHOTO蔵」の方は、BLOG上の写真をクリックしていただくだけでPHOTO蔵のサイトにジャンプしますので、
そこでもう一度写真をクリックしていただくと、より大きな画像が表示されると思いますが、
その写真の上部に何種類かの表示サイズを選べるリンクがありますので、その中の「元画像」をクリックしていただくと、
アップロードした際の大きさの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、ぜひ「PHOTO蔵」の写真を大きなサイズでご覧いただければ、と思います。
楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、やむを得ずこういう方法をとっていますが、結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。

「FLICKR」のほうは、直接BLOGとはリンクさせておりませんが、下記のURLにアクセスしていただくと、今までにアップロードした画像が一覧でご覧いただけます。
大きいサイズでご覧頂きたい写真があればその写真をクリックしていただいて、次の画面で、写真のすぐ上にある語群の中ほどにある「ALL SIZES」をクリックしていただくと、大きなサイズの写真が表示されます。
今までに野鳥の写真を130点ほどアップロードしておりますので、よろしかったらちょっと覗いてみて頂いて、ご意見など頂戴できたらと思います。
URLは下記の通りです。

 http://www.flickr.com/photos/marut944

アジアヒメキツツキです

昨日一昨日と、二夕連続で夕立が降って、今日は少しだけスモッグが
マシになったようです。
日の出後2時間経っても未だ太陽は真っ赤、その後も相変わらず日差しは
弱々しい、と言う有様でしたが、それでも視界は5KMくらいまでは回復
したようで、もう二三回雨が降ってくれたらかなり改善しそうです。

それはさておき、昨日ドイプイで撮影したアジアヒメキツツキの写真を
ご紹介しましょう。
アジアヒメキツツキは、12-3センチの小さなキツツキです。
地味な色でなかなか目に付かないのですが、山の中で野鳥を
追いかけている時、何処からとも無くトン・トン・トトン・トトトン
と言う風なモールス信号のような音が聞こえてきたら、たぶん
アジアヒメキツツキです。

三年ほど前、昨日の場所と余り離れていないところで、そんな音が
聞こえてきて、さんざん探した挙句に漸く見つけたのがこの
アジアヒメキツツキとの最初の出会いでした。

今回は二羽いて、何かを口移しにやり取りしていたような光景も
見えましたが、何をしていたのかは分りません。
親鳥が雛にエサを与えていたのでしょうか?それとも、カワセミの様に、
ペアになりたい相手に贈り物を贈っていたのでしょうか?
マイクを持って行ってこの子達にインタビューしたいところです。


アジアヒメキツツキ(Speckled Piculet) P1070299_R
アジアヒメキツツキ(Speckled Piculet) P1070299_R posted by (C)MARUT


アジアヒメキツツキ(Speckled Piculet) P1070276_R
アジアヒメキツツキ(Speckled Piculet) P1070276_R posted by (C)MARUT


アジアヒメキツツキ(Speckled Piculet) P1070285_R
アジアヒメキツツキ(Speckled Piculet) P1070285_R posted by (C)MARUT


アジアヒメキツツキ(Speckled Piculet) P1070287_R
アジアヒメキツツキ(Speckled Piculet) P1070287_R posted by (C)MARUT














にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

最近当BLOGに掲載した写真の殆どは、「PHOTO蔵」と「FLICKR」の方にもアップロードしてあります。
そのどちらにアクセスしていただいても、アップロードした際のオリジナルサイズの大きな画像をご覧頂くことができます。
「PHOTO蔵」の方は、BLOG上の写真をクリックしていただくだけでPHOTO蔵のサイトにジャンプしますので、
そこでもう一度写真をクリックしていただくと、より大きな画像が表示されると思いますが、
その写真の上部に何種類かの表示サイズを選べるリンクがありますので、その中の「元画像」をクリックしていただくと、
アップロードした際の大きさの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、ぜひ「PHOTO蔵」の写真を大きなサイズでご覧いただければ、と思います。
楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、やむを得ずこういう方法をとっていますが、結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。

「FLICKR」のほうは、直接BLOGとはリンクさせておりませんが、下記のURLにアクセスしていただくと、今までにアップロードした画像が一覧でご覧いただけます。
大きいサイズでご覧頂きたい写真があればその写真をクリックしていただいて、次の画面で、写真のすぐ上にある語群の中ほどにある「ALL SIZES」をクリックしていただくと、大きなサイズの写真が表示されます。
今までに野鳥の写真を130点ほどアップロードしておりますので、よろしかったらちょっと覗いてみて頂いて、ご意見など頂戴できたらと思います。
URLは下記の通りです。

 http://www.flickr.com/photos/marut944




久しぶりに「オナガヒロハシ」に出会いました

昨日の夕方6時ごろから一時間ほどの間、久しぶりに夕立が降りました。
待ちに待った雨で、先日来急速に悪化しているチェンマイのスモッグが
これで解消するのではないかと期待したのですが、今朝起きて外を見たら
昨日と殆ど変わりません。現実はそれほど甘くは無かったようです。

でも、そろそろ、夕立のある季節になりそうですので、今後は時々
昨夜のような夕立が期待でき、何度かの降雨があればスモッグは解消すると
思いますので、今しばらくの辛抱でしょう。

下界は暑苦しく空気が大変悪いので、今日もカメラを持ってドイプイ
(チェンマイの西山で、1500mくらいの標高があります)に
出かけましたが、ドイプイに上がってもやはり陽射しは弱々しく、
青空は見えませんでした。
でも、さすがに気温はかなり下がって大変気持ちが良く、元気を出して
野鳥を追い求めて彷徨いました。

今日は久しぶりにオナガヒロハシとアジアヒメキツツキが撮影
出来ました。
オナガヒロハシは、ドイプイではたまに見かける野鳥ですが、
緑色の体に黒いオカッパ頭、その一部にまるでハゲのように見える
黄色の部分があり、私はこの野鳥をひそかに「しんチャン」と呼んでいます。
漫画のクレヨンシンチャンをご存知の方はお分かりいただけると思います。

私のお気に入りに野鳥の一つで、今まで何度かは出会っているのですが、
なかなか「ヨッシャ!」と言えるような写真が撮れてません。
今回の写真も欲を言えば不満が残っているのですが、過去に撮影した
「しんチャン」の写真よりは良いと思いますし、後頭部や背中の部分が
初めて鮮明に撮れて、二枚目と五枚目には後頭部に今まで気づかなかった
面白い模様が写っています。

では、久しぶりのクレヨンシンチャン、じゃなかった、オナガヒロハシを
ご覧くださいませ。
アジアヒメキツツキは次回にご紹介させていただきますね。




オナガヒロハシ(Long-tailed Broadbill) P1070152_R
オナガヒロハシ(Long-tailed Broadbill) P1070152_R posted by (C)MARUT


オナガヒロハシ(Long-tailed Broadbill) P1070158_R
オナガヒロハシ(Long-tailed Broadbill) P1070158_R posted by (C)MARUT


オナガヒロハシ(Long-tailed Broadbill) P1070141_R
オナガヒロハシ(Long-tailed Broadbill) P1070141_R posted by (C)MARUT


オナガヒロハシ(Long-tailed Broadbill) P1070142_R
オナガヒロハシ(Long-tailed Broadbill) P1070142_R posted by (C)MARUT


オナガヒロハシ(Long-tailed Broadbill) P1070156_R
オナガヒロハシ(Long-tailed Broadbill) P1070156_R posted by (C)MARUT
















にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

最近当BLOGに掲載した写真の殆どは、「PHOTO蔵」と「FLICKR」の方にもアップロードしてあります。
そのどちらにアクセスしていただいても、アップロードした際のオリジナルサイズの大きな画像をご覧頂くことができます。
「PHOTO蔵」の方は、BLOG上の写真をクリックしていただくだけでPHOTO蔵のサイトにジャンプしますので、
そこでもう一度写真をクリックしていただくと、より大きな画像が表示されると思いますが、
その写真の上部に何種類かの表示サイズを選べるリンクがありますので、その中の「元画像」をクリックしていただくと、
アップロードした際の大きさの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、ぜひ「PHOTO蔵」の写真を大きなサイズでご覧いただければ、と思います。
楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、やむを得ずこういう方法をとっていますが、結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。

「FLICKR」のほうは、直接BLOGとはリンクさせておりませんが、下記のURLにアクセスしていただくと、今までにアップロードした画像が一覧でご覧いただけます。
大きいサイズでご覧頂きたい写真があればその写真をクリックしていただいて、次の画面で、写真のすぐ上にある語群の中ほどにある「ALL SIZES」をクリックしていただくと、大きなサイズの写真が表示されます。
今までに野鳥の写真を130点ほどアップロードしておりますので、よろしかったらちょっと覗いてみて頂いて、ご意見など頂戴できたらと思います。
URLは下記の通りです。

 http://www.flickr.com/photos/marut944




アカバネモズチメドリ・・・別天地のドイプイにて

最近のチェンマイはすっかり暑季入りで、毎日最高気温は35度を
超えているようです。
おまけに、最近は毎年恒例になってしまった煙害(スモッグ)で、晴れても
空は殆ど青さを感じませんし、昇ってくる太陽や月はかなりの高度に
昇るまでは赤い月に赤い太陽で、本当に憂鬱です。
気のせいか、よくセキも出ているようで、はやく雨が降ってきれいな大気が
戻ってきてくれないと、このままでは遠からず健康を害しそうです。

そんなことで、今朝は汚染のひどい大気から脱出してやろう、と
チェンマイの西山の奥にあるドイプイ(プイ山)に出かけました。
ドイステープ辺りではまだ汚染が残っている感じですが、さすがに
ドイプイまで行きますと、8時ごろの気温はまだ20度には届かず、
ヒンヤリと気持ちよく、空は澄んだ濃い青空で、暑くて汚い下界とは
まさに別天地です。

マイフィールドの一つで野鳥を追い求めたのですが、野鳥の方は
常連さんばかりで目新しい野鳥には出会えませんでした。でも緑に
囲まれた気持ちの良い環境で三時間ほど過ごして、身も心も洗われた
ような感じで昼前に帰宅しました。

今日撮影した写真の中からベニサンショウクイ(Grey-chinned Minivet)
とアカバネモズチメドリ(White-browed Shrike-Babbler)の♀を
ご紹介します。

その時のアカバネ君はじっと何かを眺めていて、何をしているんだろう、
と不思議に思ったのですが、その直後パクッと咥えたのを見てナナフシの
ような昆虫と分りましたが、それまで保護色と擬態で、まさか昆虫とは
全く気づきませんでした。
写真にはチャンと写っているのですが、お分かりでしょうか?


ベニサンショウクイ(Grey-chinned Minivet) IMGP3221_R
ベニサンショウクイ(Grey-chinned Minivet) IMGP3221_R posted by (C)MARUT


アカバネモズチメドリ(White-browed Shrike-babbler) P1060674_R2
アカバネモズチメドリ(White-browed Shrike-babbler) P1060674_R2 posted by (C)MARUT














にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

最近当BLOGに掲載した写真の殆どは、「PHOTO蔵」と「FLICKR」の方にもアップロードしてあります。
そのどちらにアクセスしていただいても、アップロードした際のオリジナルサイズの大きな画像をご覧頂くことができます。
「PHOTO蔵」の方は、BLOG上の写真をクリックしていただくだけでPHOTO蔵のサイトにジャンプしますので、
そこでもう一度写真をクリックしていただくと、より大きな画像が表示されると思いますが、
その写真の上部に何種類かの表示サイズを選べるリンクがありますので、その中の「元画像」をクリックしていただくと、
アップロードした際の大きさの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、ぜひ「PHOTO蔵」の写真を大きなサイズでご覧いただければ、と思います。
楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、やむを得ずこういう方法をとっていますが、結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。

「FLICKR」のほうは、直接BLOGとはリンクさせておりませんが、下記のURLにアクセスしていただくと、今までにアップロードした画像が一覧でご覧いただけます。
大きいサイズでご覧頂きたい写真があればその写真をクリックしていただいて、次の画面で、写真のすぐ上にある語群の中ほどにある「ALL SIZES」をクリックしていただくと、大きなサイズの写真が表示されます。
今までに野鳥の写真を130点ほどアップロードしておりますので、よろしかったらちょっと覗いてみて頂いて、ご意見など頂戴できたらと思います。
URLは下記の通りです。

 http://www.flickr.com/photos/marut944

手製の照準器

望遠レンズのついたカメラを使って野鳥を撮影するようになって以来
かなりの年月が経ちますが、目標の野鳥が止まっている限りは、目標を
カメラの視野の中に捕えることに苦労したことは、割と最近まで、
殆どありませんでしたが、最近になって、肉眼で発見した野鳥がカメラで
なかなか捕まらなくて、もたもたしているうちにチャンスを逃してしまう、
ということが時々発生するようになりました。

考えてみたら、以前はAPSーCサイズのカメラを使っていたのですが、
最近は「フォーサーズ」サイズのカメラですので、同じレンズを使用しても
視野が以前の60%ほどしかありません

おまけにレンズの方も、以前使用していた500mmレンズが、
最近では560mm(400mmに1.4倍テレコンを組み合わせ)に
なっていますので、撮像素子の小型化と合わせて、ファインダーの視野の
広さは以前の54%ほど(60x500/560)です。
しかも、最近はレンズの絞りを開放で使うことが多いので、視野の中に
あったとしてもピントがあっていないと殆ど何も見えません。

と言うようなことで、撮影目標をカメラの視野の中に捕まえるのが
難しくなった原因は納得できたのですが、深刻な問題ですので
なんとか解決したいものだ、と思いながら、高倍率撮影に関するサイトを
色々と調べてみたら、射撃用の照準器を野鳥撮影にも利用している方が
たくさんおられて、その為の製品も色々市販されていることがわかりました。

しかし、使い勝手の良さそうなものはどれも1万円以上のお値段で、
しかも私の場合はそれをこちらに送ってもらわなければいけないので
色々と余分な経費が掛かります。
何でも節約第一!の貧乏隠居のMARUTとしては、少しでも安く
上げたいものだ、と無い知恵を絞ってみました。

幸い私の現在使用している望遠レンズはフォーカシングの時にレンズの
先端部分は回転しません(レンズによってはピントを調節すると
レンズの前部が一緒に回転するタイプのものがあります・・・
以前使用していた500mmレンズもそうでした。それはそれで良い点も
あったのですが)。

さらに、じっくりと眺めていたら、私のカメラのホットシュー(外付けの
ストロボなどを取り付けるための受け金具)は、レンズの中心線の
真上にありますので、レンズの先端に何か目印になるようなものを
取り付けてやれば、ホットシューと組み合わせて照準器として
使えるのではないか・・・と考えました。

まずちょっと厚手の紙を切って山型のものを作ってセロテープで
レンズの先端部に貼ってみましたら、この山形のものを取り付ける場所が
適当であれば、その山型の中を通して見える部分はほぼファインダーの
中央に近い部分に捕まえることが出来ることが分りました。

しかし、問題はその山型のものをどうやって正確な位置に取り付けるか、
です。色々と試行錯誤を繰り返して、結局、プラスチックの薄い板を
切り抜いてベースを作ってその上に厚紙で照準器(銃で言えば「照星」
ですね)を先に作り、それから、それをレンズの上において
ファインダーを覗きながら取り付ける位置を探って、適当な位置が
見つかったらそこに印を付けておいて、今度は本格的に両面テープで
固定する、と言う方法でうまく行きました。

費用はゼロですが、これを使うようになって以来、一度で目標物を
ファインダーの視野の中に捕まえることが出来るようになって、
大変重宝しています。

厚紙では、移動中にちょっと何かに触っただけで変形したり壊れたり
しますので何度か作り直した後、厚紙に接着剤を吸わせて強化してみたら
結構丈夫になったようで、現在はその状態で使っています。

☆ 写真では、随分大口径のレンズに見えますが、これは近距離から
撮影したために遠近感が誇張されて写っているだけで、本当は普通の
(口径71ミリの)400mmF5.6レンズです。




ミヤマヒメアオヒタキ(ストックから)

今日もドイステープに出撃しましたが、戦果はありませんでしたので、
未発表の写真の中からと、発表済みではありますが画像処理をやり直したら
良くなったものの中から、ミヤマヒメアオヒタキをご紹介させていただきます。

ミヤマヒメアオヒタキは、チェンマイの山の中で時折見かける野鳥で
青い美しい体とともに、長い特徴のあるフレーズを歌うのがユニークです。
この鳴き声を聞くと、おっ、どこかにミヤマヒメアオヒタキがいるぞ、と
すぐに分るのですが、その後現実の姿を発見できることはマレです。

ミヤマヒメアオヒタキ(Hill Blue Flycatcher) IMGP107699_R
ミヤマヒメアオヒタキ(Hill Blue Flycatcher) IMGP107699_R posted by (C)MARUT


ミヤマヒメアオヒタキ(Hill Blue Flycatcher) IMGP102002_R2
ミヤマヒメアオヒタキ(Hill Blue Flycatcher) IMGP102002_R2 posted by (C)MARUT


ミヤマヒメアオヒタキ(Hill Blue Flycatcher) IMGP101997_R
ミヤマヒメアオヒタキ(Hill Blue Flycatcher) IMGP101997_R posted by (C)MARUT















にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

最近当BLOGに掲載した写真の殆どは、「PHOTO蔵」と「FLICKR」の方にもアップロードしてあります。
そのどちらにアクセスしていただいても、アップロードした際のオリジナルサイズの大きな画像をご覧頂くことができます。
「PHOTO蔵」の方は、BLOG上の写真をクリックしていただくだけでPHOTO蔵のサイトにジャンプしますので、
そこでもう一度写真をクリックしていただくと、より大きな画像が表示されると思いますが、
その写真の上部に何種類かの表示サイズを選べるリンクがありますので、その中の「元画像」をクリックしていただくと、
アップロードした際の大きさの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、ぜひ「PHOTO蔵」の写真を大きなサイズでご覧いただければ、と思います。
楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、やむを得ずこういう方法をとっていますが、結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。

「FLICKR」のほうは、直接BLOGとはリンクさせておりませんが、下記のURLにアクセスしていただくと、今までにアップロードした画像が一覧でご覧いただけます。
大きいサイズでご覧頂きたい写真があればその写真をクリックしていただいて、次の画面で、写真のすぐ上にある語群の中ほどにある「ALL SIZES」をクリックしていただくと、大きなサイズの写真が表示されます。
今までに野鳥の写真を130点ほどアップロードしておりますので、よろしかったらちょっと覗いてみて頂いて、ご意見など頂戴できたらと思います。
URLは下記の通りです。

 http://www.flickr.com/photos/marut944




カザリオウチュウです

最近、渡り鳥が北の国に向かって旅立ってしまったのでしょうか、
いくつかある私の鳥見フィールドの何処に行っても、見かける野鳥の種類が
随分少なくなってきたような感じがします。

そんなわけで、このところ新しい野鳥の写真はなかなか増えませんので、
今日は最近撮影した未発表の写真の中からカザリオウチュウをご紹介します。

カザリオウチュウは、チェンマイの山では良く見かける野鳥で、平地部でも
山に近いところでは時々見かけるのですが、木の多いところが好きなようで
写真を撮影しても体のどこかが木の枝や葉で隠れている写真が殆どで、
全身のきれいに揃った写真はなかなか撮れないのですが、今日の写真は
珍しく全身が写っていて、しかも横顔がきれいなので気に入っています。

この写真は二週間ほど前、チェンマイ大学のメーヒアキャンパスで撮影
したのですが、面白いことにここではカザリオウチュウと
クロラケットオナガがいつも一緒にいて、行動も共にしているようです。
違う種類の野鳥が行動を共にするというのは、自然界ではよくあること
なのでしょうか・・・・?

カザリオウチュウ(Greater Racket-tailed Drongo) P1030855_R
カザリオウチュウ(Greater Racket-tailed Drongo) P1030855_R posted by (C)MARUT













にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

最近当BLOGに掲載した写真の殆どは、「PHOTO蔵」と「FLICKR」の方にもアップロードしてあります。
そのどちらにアクセスしていただいても、アップロードした際のオリジナルサイズの大きな画像をご覧頂くことができます。
「PHOTO蔵」の方は、BLOG上の写真をクリックしていただくだけでPHOTO蔵のサイトにジャンプしますので、
そこでもう一度写真をクリックしていただくと、より大きな画像が表示されると思いますが、
その写真の上部に何種類かの表示サイズを選べるリンクがありますので、その中の「元画像」をクリックしていただくと、
アップロードした際の大きさの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、ぜひ「PHOTO蔵」の写真を大きなサイズでご覧いただければ、と思います。
楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、やむを得ずこういう方法をとっていますが、結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。

「FLICKR」のほうは、直接BLOGとはリンクさせておりませんが、下記のURLにアクセスしていただくと、今までにアップロードした画像が一覧でご覧いただけます。
大きいサイズでご覧頂きたい写真があればその写真をクリックしていただいて、次の画面で、写真のすぐ上にある語群の中ほどにある「ALL SIZES」をクリックしていただくと、大きなサイズの写真が表示されます。
今までに野鳥の写真を130点ほどアップロードしておりますので、よろしかったらちょっと覗いてみて頂いて、ご意見など頂戴できたらと思います。
URLは下記の通りです。

 http://www.flickr.com/photos/marut944

17夜の月です (3/3 写真を追加しました)

一昨日は満月をご紹介しましたが、今日はその二日後、月齢17の月を
撮影して見ました。
たったの二日違うだけですが、一昨日の満月に比べると月の上部が
かなり欠けて、クレーターに影が出来て、随分立体感が出てきました。

それと撮影法に少し工夫を加えたので、一昨日の写真よりも少し鮮明度が
増しているのではないかと思います。
レンズ、カメラは一昨日と同じです。


P1050875_R2
P1050875_R2 posted by (C)MARUT


お月様 P1050875_R2s
お月様 P1050875_R2s posted by (C)MARUT
















にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

最近当BLOGに掲載した写真の殆どは、「PHOTO蔵」と「FLICKR」の方にもアップロードしてあります。
そのどちらにアクセスしていただいても、アップロードした際のオリジナルサイズの大きな画像をご覧頂くことができます。
「PHOTO蔵」の方は、BLOG上の写真をクリックしていただくだけでPHOTO蔵のサイトにジャンプしますので、
そこでもう一度写真をクリックしていただくと、より大きな画像が表示されると思いますが、
その写真の上部に何種類かの表示サイズを選べるリンクがありますので、その中の「元画像」をクリックしていただくと、
アップロードした際の大きさの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、ぜひ「PHOTO蔵」の写真を大きなサイズでご覧いただければ、と思います。
楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、やむを得ずこういう方法をとっていますが、結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。

「FLICKR」のほうは、直接BLOGとはリンクさせておりませんが、下記のURLにアクセスしていただくと、今までにアップロードした画像が一覧でご覧いただけます。
大きいサイズでご覧頂きたい写真があればその写真をクリックしていただいて、次の画面で、写真のすぐ上にある語群の中ほどにある「ALL SIZES」をクリックしていただくと、大きなサイズの写真が表示されます。
今までに野鳥の写真を130点ほどアップロードしておりますので、よろしかったらちょっと覗いてみて頂いて、ご意見など頂戴できたらと思います。
URLは下記の通りです。

 http://www.flickr.com/photos/marut944

«  | ホーム |  »

プロフィール

Khun Marut

Author:Khun Marut
"クン・マルッ"は、タイ人の友達がつけてくれたタイ名前です。チェンマイで質素に隠居生活をしています。タイ生活の色々を出来るだけ写真入りで綴って行きたいと思います。色々な話題がありますので、検索してみて下さいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (100)
食 (22)
タイ生活 (120)
パソコン・インターネット (53)
交通 (11)
チェンマイの気候・天候 (132)
北タイの伝統と文化 (19)
熱帯魚 (40)
チェンマイの野鳥 (663)
チェンマイの自然 (143)
日本語ボランティア (2)
チェンマイという町 (12)
日常の科学 (5)

開設者にコンタクトする

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。