2009-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テリオウチュウ(Spangled Drongo)が撮れました

ちょうど一週間前、Doipuiのいつものフィールドで、オナガヒロハシと
相前後して撮影したテリオウチュウ(Spangled Drongo または
Hair-crested Drongo)をご紹介します。

テリオウチュウは昨年の12月、サクラの花に寄って来ていたところを
撮影したのが最初ですが、今まで余り鮮明な写真は撮れていませんでした。
    サクラの花とオウチュウ(テリオウチュウと判明しました)

テリオウチュウはドイステープやドイプイで見かけるオウチュウの仲間
(オウチュウ、ヒメオウチュウ、ハイイロオウチュウ、
カザリオウチュウ、ヒメカザリオウチュウ、そしてこのテリオウチュウなど)
のなかでは一番の少数派で、出会ったのはこれで4度目か5度目くらいです。

テリオウチュウは一見ヒメオウチュウとよく似ているのですが、
よく観察すると、尾羽の両端が上に向けてカールしていること、
クチバシが長いこと、羽の部分がテカテカと光って見えること、などで
他のオウチュウと区別できます。
それに、目立たないのですが頭頂から後ろに掛けて長い飾り羽があるのも
テリオウチュウの特徴の一つです。

今回は、幸運なことに、一枚目の写真にはその飾り羽がはっきりと写って
います。

テリオウチュウ(Spangled Drongo or Hair-crested Drongo) IMGP127603_R.jpg
テリオウチュウ(Spangled Drongo or Hair-crested Drongo) IMGP127603_R.jpg posted by (C)MARUT


テリオウチュウ(Spangled Drongo or Hair-crested Drongo) IMGP127601_R.jpg
テリオウチュウ(Spangled Drongo or Hair-crested Drongo) IMGP127601_R.jpg posted by (C)MARUT

















にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

最近当BLOGに掲載した写真の殆どは、「PHOTO蔵」と「FLICKR」の方にもアップロードしてあります。
そのどちらにアクセスしていただいても、アップロードした際のオリジナルサイズの大きな画像をご覧頂くことができます。
「PHOTO蔵」の方は、BLOG上の写真をクリックしていただくだけでPHOTO蔵のサイトにジャンプしますので、
そこでもう一度写真をクリックしていただくと、より大きな画像が表示されると思いますが、
その写真の上部に何種類かの表示サイズを選べるリンクがありますので、その中の「元画像」をクリックしていただくと、
アップロードした際の大きさの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、ぜひ「PHOTO蔵」の写真を大きなサイズでご覧いただければ、と思います。
楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、やむを得ずこういう方法をとっていますが、結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。

「FLICKR」のほうは、直接BLOGとはリンクさせておりませんが、下記のURLにアクセスしていただくと、今までにアップロードした画像が一覧でご覧いただけます。
大きいサイズでご覧頂きたい写真があればその写真をクリックしていただいて、次の画面で、写真のすぐ上にある語群の中ほどにある「ALL SIZES」をクリックしていただくと、大きなサイズの写真が表示されます。
今までに野鳥の写真を130点ほどアップロードしておりますので、よろしかったらちょっと覗いてみて頂いて、ご意見など頂戴できたらと思います。
URLは下記の通りです。

 http://www.flickr.com/photos/marut944
スポンサーサイト

ヤマザキヒタキ(Grey Bushchat)のようです

一週間ほど前、ドイステープ(チェンマイの西山で、有名なお寺 
ワット・ドイステープがあります)で撮影した野鳥ですが、
ちょっと見るとコサメビタキのようなのですが、色が随分赤っぽくて、
のどの白い部分が大きく、お腹の部分もかなり茶色がハッキリしていて、
クチバシはやや短く、どうもコサメビタキと断定はしにくい感じがしています。

今までにコサメビタキ(と思われる野鳥)をご紹介したページのリンクを
貼っておきますので、ご意見をいただけると嬉しいです。

http://plaza.rakuten.co.jp/fromthailand/diary/200811060000/

http://plaza.rakuten.co.jp/fromthailand/diary/200804150000/

http://plaza.rakuten.co.jp/fromthailand/diary/200809220000/

2009.10.25 追記
日和hibarichic様より、Stonechatに似ている、というご指摘をいただいて
Stonechatの項目を調べてみましたら、Grey Stonechat(ヤマザキヒタキ)
と言う種の特徴がよく一致するようです。他にJerdon's Bushchat と言う
種もよく似ているのですが、こちらはかなりの珍種のようですので、
Grey Stonechat で、まず間違いなかろうと思います。
日和hibarichic様、有難うございました。


ヤマザキヒタキ(Grey Bushchat) IMGP127684_R
ヤマザキヒタキ(Grey Bushchat) IMGP127684_R posted by (C)MARUT






















にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

最近当BLOGに掲載した写真の殆どは、「PHOTO蔵」と「FLICKR」の方にもアップロードしてあります。
そのどちらにアクセスしていただいても、アップロードした際のオリジナルサイズの大きな画像をご覧頂くことができます。
「PHOTO蔵」の方は、BLOG上の写真をクリックしていただくだけでPHOTO蔵のサイトにジャンプしますので、
そこでもう一度写真をクリックしていただくと、より大きな画像が表示されると思いますが、
その写真の上部に何種類かの表示サイズを選べるリンクがありますので、その中の「元画像」をクリックしていただくと、
アップロードした際の大きさの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、ぜひ「PHOTO蔵」の写真を大きなサイズでご覧いただければ、と思います。
楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、やむを得ずこういう方法をとっていますが、結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。

「FLICKR」のほうは、直接BLOGとはリンクさせておりませんが、下記のURLにアクセスしていただくと、今までにアップロードした画像が一覧でご覧いただけます。
大きいサイズでご覧頂きたい写真があればその写真をクリックしていただいて、次の画面で、写真のすぐ上にある語群の中ほどにある「ALL SIZES」をクリックしていただくと、大きなサイズの写真が表示されます。
今までに野鳥の写真を130点ほどアップロードしておりますので、よろしかったらちょっと覗いてみて頂いて、ご意見など頂戴できたらと思います。
URLは下記の通りです。

 http://www.flickr.com/photos/marut944

(続)月の写真

先日、10月5日撮影の「二日遅れの中秋の名月」の写真をお届けしましたが
その時に書きましたように、その3日後の10日8日、今度は少し遅い時間に、
ある程度高い高度まで上ったきれいな月を見ることが出来ましたので、再び
撮影してみました。

使用した撮影機材は前回と同じですが、時間が少し遅い(10時過ぎ)ので
気温が下がって大気の揺らぎが少なくなっていることと、月の高度が高く
なっているぶん月からの光が通ってくる大気層の長さが短くなっていること
などから、予想通り、前回よりも鮮明な月の写真が撮れたように思います。

この理屈を押し進めると、もっと気温の低い季節に、夜明け前に真上に近い
位置にある月を撮影すると、一番鮮明な月がに撮れる様に思います。
大雨の後などなら空気が澄んでいて最高では無いでしょうか。

ちょっと調べてみたら、月齢が19-20の頃は、朝方4時ごろ
下半分の光る月が東の空のそれほど低く無い位置に見えるようですので
その辺りを狙って、再度TRYしてみようと思います。

お月様 P1040692_R
お月様 P1040692_R posted by (C)MARUT






















にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

最近当BLOGに掲載した写真の殆どは、「PHOTO蔵」と「FLICKR」の方にもアップロードしてあります。
そのどちらにアクセスしていただいても、アップロードした際のオリジナルサイズの大きな画像をご覧頂くことができます。
「PHOTO蔵」の方は、BLOG上の写真をクリックしていただくだけでPHOTO蔵のサイトにジャンプしますので、
そこでもう一度写真をクリックしていただくと、より大きな画像が表示されると思いますが、
その写真の上部に何種類かの表示サイズを選べるリンクがありますので、その中の「元画像」をクリックしていただくと、
アップロードした際の大きさの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、ぜひ「PHOTO蔵」の写真を大きなサイズでご覧いただければ、と思います。
楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、やむを得ずこういう方法をとっていますが、結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。

「FLICKR」のほうは、直接BLOGとはリンクさせておりませんが、下記のURLにアクセスしていただくと、今までにアップロードした画像が一覧でご覧いただけます。
大きいサイズでご覧頂きたい写真があればその写真をクリックしていただいて、次の画面で、写真のすぐ上にある語群の中ほどにある「ALL SIZES」をクリックしていただくと、大きなサイズの写真が表示されます。
今までに野鳥の写真を130点ほどアップロードしておりますので、よろしかったらちょっと覗いてみて頂いて、ご意見など頂戴できたらと思います。
URLは下記の通りです。

 http://www.flickr.com/photos/marut944

なんと! シカに出会いました

一昨日の朝、ちょっと雲は多かったのですが、雨が降りそう、という程
でもなさそうでしたので、最近訪れていないワット・ウモーン(ウモーン寺)
(わりと大きな、また由緒のあるお寺のようですが、ドイステープに連なる
山すそにあって野鳥が豊富です)に行ってみることにしました。

8時少し前に現地についたのですが、ハクオウチョウとカザリオウチュウが
たくさんいて、ギャアギャアと姦しかった以外には特に興味深い野鳥には
であえず、この寺の西門から歩いてすぐ近くにある野生動物保護センターに
行って見ました。

ここは以前一度ちらっと覗いてみたことはあるのですが、じっくりと
歩いてみたことが無いので、その日はゆっくりと園内の遊歩道(狭くて
車は入ってきません)を歩いてみたのですが、山すその原生林そのまま
という感じで、これなら野鳥に出会えるチャンスは結構ありそうだ、
と言う感触です。

そのうち、雨がポツポツと落ちてきたので、早めに切り上げて帰ること
にして出口に向かったのですが、なんと3-40m先の道路際に
シカが見えました。

そうーっと近寄りながらシャッターを切ったら、私に気が付いたらしく
じろっと私のほうも見たと思ったらそのまま藪の中に姿を消しました。

山の中で、しかも雨がポツポツというくらい状況でしたので、カメラの
感度は最大(3200)でしたので、画質はかなり荒いですが、
さいわいピントはOKでブレも殆んど無かったので、何とか見ていただけ
そうです。
シカについては殆んど知識は無いのですが、日本のシカとよく似て
いるように思えます。

この野生動物保護センター(Wildlife Conservation Center)ですが、
入り口には大きな門があり、朝6時から夕方5時まで開いていて、入場は
無料。かなり広い園内には車の通れる管理道路と、それから遊歩道が
何本も分岐していて、案内看板も随所にあり、山すそに作られた自然公園、
という感じなのですが、本当はどのような施設なのか、まだ分りません。
ということで、このシカが、天然のシカなのか、それとも、どこかで
傷ついて保護されて、ここで手当てを受けながら静養中のシカなのか、
その辺りもまだ分りません。

その日は、案内所に係員の姿が見えなかったので質問も出来なかった
のですが、次回はその辺りのことを訊いてみて、改めてご紹介しましょう。

シカ IMGP128324_R
シカ IMGP128324_R posted by (C)MARUT























にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

最近当BLOGに掲載した写真の殆どは、「PHOTO蔵」と「FLICKR」の方にもアップロードしてあります。
そのどちらにアクセスしていただいても、アップロードした際のオリジナルサイズの大きな画像をご覧頂くことができます。
「PHOTO蔵」の方は、BLOG上の写真をクリックしていただくだけでPHOTO蔵のサイトにジャンプしますので、
そこでもう一度写真をクリックしていただくと、より大きな画像が表示されると思いますが、
その写真の上部に何種類かの表示サイズを選べるリンクがありますので、その中の「元画像」をクリックしていただくと、
アップロードした際の大きさの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、ぜひ「PHOTO蔵」の写真を大きなサイズでご覧いただければ、と思います。
楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、やむを得ずこういう方法をとっていますが、結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。

「FLICKR」のほうは、直接BLOGとはリンクさせておりませんが、下記のURLにアクセスしていただくと、今までにアップロードした画像が一覧でご覧いただけます。
大きいサイズでご覧頂きたい写真があればその写真をクリックしていただいて、次の画面で、写真のすぐ上にある語群の中ほどにある「ALL SIZES」をクリックしていただくと、大きなサイズの写真が表示されます。
今までに野鳥の写真を130点ほどアップロードしておりますので、よろしかったらちょっと覗いてみて頂いて、ご意見など頂戴できたらと思います。
URLは下記の通りです。

 http://www.flickr.com/photos/marut944

オナガヒロハシに出会えたのですが・・・・

今朝もチェンマイは、晴れとは言えない曇り空でしたが、外に出て西の空を
見ると(私の部屋からは東の空しか見えないのです)、ドイステープの山々には
雲が無くてきれいに見えており、空も西の方はいくらか青空が見えて
いましたので、ドイステープ・ドイプイ方面なら多分鳥見は可能だろう、と
考えてドイプイに向かって出発しました。

ドイプイのいつものポイントについても、予想通りまあまあのよい天気で、
雲に隠れて下界は見えませんでしたが、それは野鳥には関係ありませんので、
さっそく鳥見を始めました。

暫くして、3-40m先で緑色の野鳥が視野を横切ったので、そちらの方に
注目していたら、その後もその辺りで時々姿が見えます。
サンショウクイ(ヒイロ・モモイロ・ベニなど)はそう云う飛び方を
良く見かけるのですが、緑色のサンショウクイはいませんし、緑色の野鳥
と言うとコノハドリ(アオバネ・キビタイなど)くらいかな、と思っても
コノハドリ系はこういう現れ方は普通ではありません。

なんだろうなあ、と手持ち用のカメラを構えてそうーっと近寄って行ったら
なんとオナガヒロハシ(Long-tailed Broadbill) がいるではありませんか!
オナガヒロハシは、クレヨン新ちゃんのようなユニークなスタイルの
野鳥ですが、野鳥撮影を始めて一年くらいのころ、やはりこの辺りで
撮影して以来、まだ完全な写真は撮れておりませんので(つい先日も
この辺りで遭遇したのですがチャンスを活かすことが出来ませんでした)
今日こそは、と張り切って撮影にかかりました。

今日は300mmレンズをつけた一眼レフで、ちょっと焦点距離が
足りないかなあ、と心配しましたが、なんとか10mくらいのところまで
近寄らせてくれたので、飛び去るまでに、まあまあの大きさで
20枚ほどは撮影できました。

今日は何とかなったかな、と期待に胸を膨らませて、早速撮影画像を
再生してみたのですが、ショックです!! 何とかブレボケなしに
撮れた写真はどれも顔が写っていなくて、チャンと顔から尾の先まで
写った写真は、どれもボケているんです。
責めるべきは自分の腕だけですから、どこにも当たる訳には行かず、
ただただ自分の腕の未熟を嘆くのみです。

救いは、この野鳥には今まで三・四度出会っていますが、すべてこの辺り
でしたので、この先この辺りで再びこの野鳥に出会える可能性は
かなり高いだろうと思えることです。
次のチャンスには、確実に」モノに出来るようにしっかりとトレーニングを
積んでおこうと思います。

オナガヒロハシに関する過去記事のリンクを貼っておきますね。

 (続々)ドイステープの野鳥 Long-tailed Broadbill(オナガヒロハシ)

 オナガヒロハシが撮れたのですが・・・


今日はこの場所で、今まであまり鮮明な写真の撮れていない
テリオウチュウ(Spangled Drongo)のまあまあ鮮明な写真と、別の場所
ですが、コサメビタキのようではあるがちょっと違うような気がする野鳥の
割と鮮明な写真が撮れています。

テリオウチュウとコサメビタキ(?)は次回と言うことにさせていただいて
今日はオナガヒロハシの残念写真をご紹介させていただきます。
三枚目の写真では、名前(和名)のとおり、とてもクチバシの幅の
広いことがお分かりいただけると思います。


オナガヒロハシ(Long-tailed Broadbill) IMGP127575_R
オナガヒロハシ(Long-tailed Broadbill) IMGP127575_R posted by (C)MARUT


オナガヒロハシ(Long-tailed Broadbill) IMGP127568_R
オナガヒロハシ(Long-tailed Broadbill) IMGP127568_R posted by (C)MARUT


オナガヒロハシ(Long-tailed Broadbill) IMGP127572_R
オナガヒロハシ(Long-tailed Broadbill) IMGP127572_R posted by (C)MARUT

































にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

最近当BLOGに掲載した写真の殆どは、「PHOTO蔵」と「FLICKR」の方にもアップロードしてあります。
そのどちらにアクセスしていただいても、アップロードした際のオリジナルサイズの大きな画像をご覧頂くことができます。
「PHOTO蔵」の方は、BLOG上の写真をクリックしていただくだけでPHOTO蔵のサイトにジャンプしますので、
そこでもう一度写真をクリックしていただくと、より大きな画像が表示されると思いますが、
その写真の上部に何種類かの表示サイズを選べるリンクがありますので、その中の「元画像」をクリックしていただくと、
アップロードした際の大きさの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、ぜひ「PHOTO蔵」の写真を大きなサイズでご覧いただければ、と思います。
楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、やむを得ずこういう方法をとっていますが、結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。

「FLICKR」のほうは、直接BLOGとはリンクさせておりませんが、下記のURLにアクセスしていただくと、今までにアップロードした画像が一覧でご覧いただけます。
大きいサイズでご覧頂きたい写真があればその写真をクリックしていただいて、次の画面で、写真のすぐ上にある語群の中ほどにある「ALL SIZES」をクリックしていただくと、大きなサイズの写真が表示されます。
今までに野鳥の写真を130点ほどアップロードしておりますので、よろしかったらちょっと覗いてみて頂いて、ご意見など頂戴できたらと思います。
URLは下記の通りです。

 http://www.flickr.com/photos/marut944

久しぶりに、ムネアカゴシキドリです。

昨日、一昨日、と連続二日、チェンマイではとてもよいお天気が続いて、
長かった雨季もついに空けたか!と思わせるようなお天気でしたが
やはり、まだ雨期明けまでには、いま暫くの辛抱が必要なようで、
今朝は昨日一昨日とは打って変わったドンヨリとした曇り空で、
時々小雨が降ったり雷様がゴロゴロいうお天気が一日中続きました。

ということで、今日は撮影には出なかったのですが、昨日はラマ9世公園で
久しぶりにムネアカゴシキドリ(Coppersmith Barbet)を撮影しましたので
今日はその写真をお届けしましょう。

ムネアカゴシキドリは、緑色の体に、オデコと首に赤い部分があり、
目の周りは黄色、脚は赤、お腹には縦じま、上のくちばしの付け根には
見事はおヒゲ、ととてもユニークな外観を持っていますが、それにも増して
ユニークなのがその鳴き声で、まるで木魚を叩くようなポクポクというような
音がどこからともなく聞こえてきたら、多分それはムネアカ君の鳴き声です。

鳥見を始めてまだ間もない頃、このポクポクが野鳥の鳴き声だと
分ってから、姿を撮影できるまでに随分苦労したことを懐かしく
思い出します。

 http://plaza.rakuten.co.jp/fromthailand/diary/200612120000/


この公園には、いろいろと実のなる木がたくさんあるのですが、
ちょうど今頃は、この写真の木に、サクランボくらいの大きさの黄色の実が
たくさん実り、それに色々な野鳥が集まって来ますが、その中で
一番多いのがこのムネアカゴシキドリです。


ムネアカゴシキドリ(Coppersmith Barbet) P1040756_R
ムネアカゴシキドリ(Coppersmith Barbet) P1040756_R posted by (C)MARUT


































にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

最近当BLOGに掲載した写真の殆どは、「PHOTO蔵」と「FLICKR」の方にもアップロードしてあります。
そのどちらにアクセスしていただいても、アップロードした際のオリジナルサイズの大きな画像をご覧頂くことができます。
「PHOTO蔵」の方は、BLOG上の写真をクリックしていただくだけでPHOTO蔵のサイトにジャンプしますので、
そこでもう一度写真をクリックしていただくと、より大きな画像が表示されると思いますが、
その写真の上部に何種類かの表示サイズを選べるリンクがありますので、その中の「元画像」をクリックしていただくと、
アップロードした際の大きさの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、ぜひ「PHOTO蔵」の写真を大きなサイズでご覧いただければ、と思います。
楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、やむを得ずこういう方法をとっていますが、結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。

「FLICKR」のほうは、直接BLOGとはリンクさせておりませんが、下記のURLにアクセスしていただくと、今までにアップロードした画像が一覧でご覧いただけます。
大きいサイズでご覧頂きたい写真があればその写真をクリックしていただいて、次の画面で、写真のすぐ上にある語群の中ほどにある「ALL SIZES」をクリックしていただくと、大きなサイズの写真が表示されます。
今までに野鳥の写真を130点ほどアップロードしておりますので、よろしかったらちょっと覗いてみて頂いて、ご意見など頂戴できたらと思います。
URLは下記の通りです。

 http://www.flickr.com/photos/marut944

カワセミはチェンマイにもいるんですよ!

今朝も、昨日に続いてとてもよいお天気でしたので、連日ではありますが
鳥見に出かけることにしましたが、ドイステープ、ドイプイは昨日行った
ばかりなので今日は近場のラマ9世公園(Suan Luang R9)に行ってみることに
しました。

先日、ハクセキレイを撮影した場所は今日も道路が冠水していて、そこに
ハクセキレイがやってくるのではないかと待っていましたら、予想通り
今日も現れました。半分手慣らしのつもりでハクセイキレイを撮影して
いたのですが、ふと隣の池の中の方を見たら、池の中から水上に首を
出している投光器具の上に何か小さなものがが止まっているように
見えました。

以前、この辺りで一度だけカワセミを目撃したことがあったので、
ひょっとして??と、カメラをそちらの方に向けて覗いてみたら、まさに
カワセミが一羽、止まっていました。

でもその場所からは7-80mはありそうで、そこから小さなカワセミを
写しても証拠写真程度にしか写りませんので、近くに移動することにしました。
でも、移動の途中で気づかれて逃げられたのでは元も子もありませんので、
一度遠くに迂回して、カワセミから25mほど離れた立ち木の陰から
カワセミからは死角になるように接近することにしました。
かなり離れたところからようやく立ち木のところまで接近して、
そうっと立ち木の陰から首を出してカワセミを見たら、まだ飛び去って
いません。よしよし、と今度はカメラを据えた三脚をゆっくりと立ち木の
横に出しました。

ファインダーを覗いてみたら、カワセミはまだいます。慎重にピントを
合わせてシャッターを切り始めたら、ファインダーの中でカワセミが
こっちを向くのが見えました。一連写5-6枚シャッターを切ったところで
もう少し近寄ってやろう、とカメラを載せた三脚を持ち上げたところで
残念ながらカワセミは飛び去ってしまいました。
私のほうを見たときに、何か怪しいやつが近寄ってきたぞ、と警戒されて
しまったのですね。

撮影した画像をチェックしてみたら、ちょっと距離が遠くて充分に
鮮明とはいえない写りでしたが、まあ、何とか使えそう、ということで
今日はこのカワセミを掲載させていただきます。

多分、日本のカワセミと同じカワセミで、最近北の方から渡ってきたの
ではないかと思います。
この公園は郊外と言うよりは町の中と言った方が良いような感じの場所に
ありますが、ドイステープやドイプイに連なる山地の麓からそれほど遠く
離れていないので、山で見かける野鳥がこの公園でもたくさん見られて、
なかなかの鳥見フィールドなんですよ。

ちなみに、カワセミはチェンマイでは決して
珍しい野鳥ではなく、私は今までに六ヶ所でカワセミを目撃しております

もう一つ余談ですが、昨日今日ととてもよいお天気で、まるで
雨季が明けたような感じさえしたのですが、やはり雨季が空けるのは
もう少し先のようで、この公園では、今朝もまだかなり蒸し暑かったです。
本格的に乾季になると、この蒸し暑い感じは全くなくなり、12月ごろの
早朝はうすら寒ささえ感じるようになります。
チェンマイに観光にお見えになるのでしたら、気候としては11月から
2月ごろまでが最高です。


チェンマイのカワセミ P1040803_R4
チェンマイのカワセミ P1040803_R4 posted by (C)MARUT




















にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

最近当BLOGに掲載した写真の殆どは、「PHOTO蔵」と「FLICKR」の方にもアップロードしてあります。
そのどちらにアクセスしていただいても、アップロードした際のオリジナルサイズの大きな画像をご覧頂くことができます。
「PHOTO蔵」の方は、BLOG上の写真をクリックしていただくだけでPHOTO蔵のサイトにジャンプしますので、
そこでもう一度写真をクリックしていただくと、より大きな画像が表示されると思いますが、
その写真の上部に何種類かの表示サイズを選べるリンクがありますので、その中の「元画像」をクリックしていただくと、
アップロードした際の大きさの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、ぜひ「PHOTO蔵」の写真を大きなサイズでご覧いただければ、と思います。
楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、やむを得ずこういう方法をとっていますが、結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。

「FLICKR」のほうは、直接BLOGとはリンクさせておりませんが、下記のURLにアクセスしていただくと、今までにアップロードした画像が一覧でご覧いただけます。
大きいサイズでご覧頂きたい写真があればその写真をクリックしていただいて、次の画面で、写真のすぐ上にある語群の中ほどにある「ALL SIZES」をクリックしていただくと、大きなサイズの写真が表示されます。
今までに野鳥の写真を130点ほどアップロードしておりますので、よろしかったらちょっと覗いてみて頂いて、ご意見など頂戴できたらと思います。
URLは下記の通りです。

 http://www.flickr.com/photos/marut944








セグロコゲラが撮れました

今朝は、久しぶりに殆ど雲がなくきれいに晴れていました。
先日、出安居(ワン・オークパンサー)が終わって、タイの暦の上では
雨季は終わったのですが、いよいよ現実の季節の方も乾季に入りつつ
あるのでしょう。
早速、撮影の支度を整えて、四日ぶりにドイプイに向かいました。
前回は、現地に着いたらひどい霧に包まれていて、なかなか思うように
撮影は出来なかったのですが、今日は打って変わっての撮影日和と
なりました。

本格的に乾季に入れば毎日がこんな感じなのですが、五月に雨季に
入ってから現在まで、こういう天候に恵まらることはマレなのです。
天候に恵まれると、なぜか野鳥の方もいろいろと姿を現してくれて、
まったく退屈することなく昼ごろまで野鳥との出会いを楽しんで
帰宅しました。

今日は、初めての野鳥セグロコゲラに出会うことが出来て、ちょっと
遠かったのですが、何とか数枚の撮影に成功しました。
三脚に据えたカメラで撮影できればよかったのですが、とても動きが
早くて三脚に据えたカメラで追いかけることは出来ませんでしたので、
レンズのテストに持って行っていた300mmレンズをつけたカメラで
手持ちで撮影しました。今日使用した300mmレンズは、
以前、オーークションで安く手に入れたものなのが、不具合が色々と
あって使えなかったので日本で修理に出していたのが、修理が終わって
帰ってきたので、実戦テストのために持って出ていたのですが、
ピントがバッチリ合った時は大変シャープな写真が撮れることが
分りました。ただ、このレンズはフォーカシングヘリコイドの回転角が
小さくて、ちょっとヘリコイドに触っただけでフォーカスポイントが
大きく変わるので、ピント合わせはかなり苦労いたしました。
このレンズを手持ちで使いこなせるようになるには、かなりの練習が
必要なようです。

セグロコゲラという和名はGrey-capped Pygmy Woodpecker という
英名から引っ張ってきたのですが、資料によっては英名でも
Pygmy という語が入っていないものもあり、またGrey-capped ではなくて
Grey-headed と書いたものもあり、ラテン語名も異なるものがあり、
ちょっと自信はありません。


セグロコゲラ(Grey-capped Pygmy Woodpecker) IMGP126900_R
セグロコゲラ(Grey-capped Pygmy Woodpecker) IMGP126900_R posted by (C)MARUT


セグロコゲラ(Grey-capped Pygmy Woodpecker) IMGP126867_R2
セグロコゲラ(Grey-capped Pygmy Woodpecker) IMGP126867_R2 posted by (C)MARUT


セグロコゲラ(Grey-capped Pygmy Woodpecker) IMGP126882_R
セグロコゲラ(Grey-capped Pygmy Woodpecker) IMGP126882_R posted by (C)MARUT





















にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

最近当BLOGに掲載した写真の殆どは、「PHOTO蔵」と「FLICKR」の方にもアップロードしてあります。
そのどちらにアクセスしていただいても、アップロードした際のオリジナルサイズの大きな画像をご覧頂くことができます。
「PHOTO蔵」の方は、BLOG上の写真をクリックしていただくだけでPHOTO蔵のサイトにジャンプしますので、
そこでもう一度写真をクリックしていただくと、より大きな画像が表示されると思いますが、
その写真の上部に何種類かの表示サイズを選べるリンクがありますので、その中の「元画像」をクリックしていただくと、
アップロードした際の大きさの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、ぜひ「PHOTO蔵」の写真を大きなサイズでご覧いただければ、と思います。
楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、やむを得ずこういう方法をとっていますが、結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。

「FLICKR」のほうは、直接BLOGとはリンクさせておりませんが、下記のURLにアクセスしていただくと、今までにアップロードした画像が一覧でご覧いただけます。
大きいサイズでご覧頂きたい写真があればその写真をクリックしていただいて、次の画面で、写真のすぐ上にある語群の中ほどにある「ALL SIZES」をクリックしていただくと、大きなサイズの写真が表示されます。
今までに野鳥の写真を130点ほどアップロードしておりますので、よろしかったらちょっと覗いてみて頂いて、ご意見など頂戴できたらと思います。
URLは下記の通りです。

 http://www.flickr.com/photos/marut944

ハクセキレイに再会・・・久しぶりのラマ9世(Suan Luang R9)にて

昨夜は良く晴れてきれいな月が見えていましたし、今朝早く外を見た時も
よく晴れているように見えたので、この調子なら今日は鳥見日和だなあ、と
楽しみにしていたのですが、6時ごろになってもう一度外を見たら、
かなり雲が多くなって、青空は殆ど見えなくなっていました。

雨が降りそう、というほどの曇りではないので、遠出はやめて、
久しぶりに近場のマイフィールドのひとつ、ラマ9世公園に行ってみる
ことにしました。

キバラタイヨウチョウ、セアカハナドリ、インドハッカ、カノコバト、
オウチュウ、ハイイイロモリツバメ、コウラウン、コシジロヒヨドリ、
ヒメコノハドリ、インドコムクドリ、ムネアカゴシキドリ、シキチョウ、
などの常連、準常連は相変わらず賑やかでしたが、やはり季節が変わって
いるのですね、この公園では久しぶりのノビタキとハクセキレイに
対面できました。

最近良く雨が降るので、公園内の一部の池からあふれ出た水が隣の池に
流れ込んでいて、池と池の間の道路が一部冠水しているのですが、そこで
戯れていた(のか、餌を探していたのかは分りませんが)ハクセキレイを
撮影しました。ハクセキレイはなぜか、そういう浅く冠水した部分が、
お気に入りのようで、昨年の今頃も、同じ状況でハクセキレイを撮影した
記憶があります。

では、写真ですが、ノビタキはHuay Toeng Tao 公園で
撮影したものを先日ご紹介したばかりですので、今日はハクセイキレイと、
もう一種、これは渡り鳥ではありませんがシキチョウを
ご覧いただきましょう。



ハクセキレイ(White  Wagtail) P1040521_R
ハクセキレイ(White Wagtail) P1040521_R posted by (C)MARUT


ハクセキレイ(White  Wagtail) P1040537_R
ハクセキレイ(White Wagtail) P1040537_R posted by (C)MARUT


ハクセキレイ(White  Wagtail) P1040552_R
ハクセキレイ(White Wagtail) P1040552_R posted by (C)MARUT


シキチョウ(Oriental Magpie Robin) IMGP126672_R
シキチョウ(Oriental Magpie Robin) IMGP126672_R posted by (C)MARUT





















にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

最近当BLOGに掲載した写真の殆どは、「PHOTO蔵」と「FLICKR」の方にもアップロードしてあります。
そのどちらにアクセスしていただいても、アップロードした際のオリジナルサイズの大きな画像をご覧頂くことができます。
「PHOTO蔵」の方は、BLOG上の写真をクリックしていただくだけでPHOTO蔵のサイトにジャンプしますので、
そこでもう一度写真をクリックしていただくと、より大きな画像が表示されると思いますが、
その写真の上部に何種類かの表示サイズを選べるリンクがありますので、その中の「元画像」をクリックしていただくと、
アップロードした際の大きさの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、ぜひ「PHOTO蔵」の写真を大きなサイズでご覧いただければ、と思います。
楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、やむを得ずこういう方法をとっていますが、結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。

「FLICKR」のほうは、直接BLOGとはリンクさせておりませんが、下記のURLにアクセスしていただくと、今までにアップロードした画像が一覧でご覧いただけます。
大きいサイズでご覧頂きたい写真があればその写真をクリックしていただいて、次の画面で、写真のすぐ上にある語群の中ほどにある「ALL SIZES」をクリックしていただくと、大きなサイズの写真が表示されます。
今までに野鳥の写真を130点ほどアップロードしておりますので、よろしかったらちょっと覗いてみて頂いて、ご意見など頂戴できたらと思います。
URLは下記の通りです。

 http://www.flickr.com/photos/marut944


ルリモンアゲハがきれいに撮れました

昨日の朝、夜明け前に目覚めて外を見たらとてもよい天気でしたので、
「これは、鳥見に行かざるべからず」と嬉々として準備にかかりました。
前日はHuay Toeng Tao公園に行って、ひどく高い湿度に
悩まされましたので、やはり高地で気持ちの良いDoi Puiに
向かいました。

途中、プーピンパレス(王室の別荘)の辺りから霧が濃くなって
きたのですが、その辺りでは霧が出ていても目的地のDoi Puiまで
行けば晴れていることはしばしばあることなので、
気にしないで続行しました。

ところが、目的地に着いたら、なんとひどい霧に包まれて100m先の
見えないような状況です。でもせっかくここまで来たんだから・・・と
ぼちぼちと野鳥探しを始めました。
でもその霧は、その後二時間ほどのあいだ消えたりまた現れたりで、
9時半ごろになってようやく霧は完全にはれて青空の良いお天気に
なりました。

結局、昨日も野鳥に関しては特に収穫はなかったのですが、帰り道の
道路際できれいな蝶が舞っているのを見かけたので、これを撮影して
みました。
以前、名前も知らずにご紹介して、読者の方からルリモンアゲハだと
教えていただいた蝶と同じだと思うのですが、ポーズ、鮮明度とも
今回の方が良いと思いますので、三度目になりますが、掲載させて
いただきますね。


ルリモンアゲハ(Papilio Paris) IMGP126145_R
ルリモンアゲハ(Papilio Paris) IMGP126145_R posted by (C)MARUT


ルリモンアゲハ(Papilio Paris) IMGP126183_R
ルリモンアゲハ(Papilio Paris) IMGP126183_R posted by (C)MARUT


ルリモンアゲハ(Papilio Paris) IMGP126196_R
ルリモンアゲハ(Papilio Paris) IMGP126196_R posted by (C)MARUT


ルリモンアゲハ(Papilio Paris) IMGP126132_R
ルリモンアゲハ(Papilio Paris) IMGP126132_R posted by (C)MARUT






















にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

最近当BLOGに掲載した写真の殆どは、「PHOTO蔵」と「FLICKR」の方にもアップロードしてあります。
そのどちらにアクセスしていただいても、アップロードした際のオリジナルサイズの大きな画像をご覧頂くことができます。
「PHOTO蔵」の方は、BLOG上の写真をクリックしていただくだけでPHOTO蔵のサイトにジャンプしますので、
そこでもう一度写真をクリックしていただくと、より大きな画像が表示されると思いますが、
その写真の上部に何種類かの表示サイズを選べるリンクがありますので、その中の「元画像」をクリックしていただくと、
アップロードした際の大きさの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、ぜひ「PHOTO蔵」の写真を大きなサイズでご覧いただければ、と思います。
楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、やむを得ずこういう方法をとっていますが、結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。

「FLICKR」のほうは、直接BLOGとはリンクさせておりませんが、下記のURLにアクセスしていただくと、今までにアップロードした画像が一覧でご覧いただけます。
大きいサイズでご覧頂きたい写真があればその写真をクリックしていただいて、次の画面で、写真のすぐ上にある語群の中ほどにある「ALL SIZES」をクリックしていただくと、大きなサイズの写真が表示されます。
今までに野鳥の写真を130点ほどアップロードしておりますので、よろしかったらちょっと覗いてみて頂いて、ご意見など頂戴できたらと思います。
URLは下記の通りです。

 http://www.flickr.com/photos/marut944




二日遅れの「中秋の名月」です

一昨日の10月3日は、中秋の名月ということでしたが、チェンマイは
あいにくの曇り空で月は見えませんでした。昨夜はどうだろう、と
期待していましたが、やはり同じような曇り空で、二日遅れの今夜、
ようやくきれいな月が昇ってきました。
二日遅れと言うことで、すでに満月から少し欠けていて、まん丸お月様では
ないのですが、とてもきれいなお月様です。

最近、野鳥撮影のための機材をちょっとだけ更新して、そのために機材の
テストを色々と繰り返しておりましたが、その総仕上げとして、
お月様の写真を撮ってみることにしました。

最近のテストの結果で、私の手持ちの機材のうちで一番高い解像力の
期待できる組み合わせ、つまり
マイクロフォーサーズ1200万画素のカメラBODYに、
25年前の名レンズ、ペンタックスA☆300mmF4に、同じく
ペンタックスの2倍テレコンをセットして撮影してみました。

出来るだけ解像度を稼ごうと、まずカメラのISOを100にして
撮影してみたところ、なんと二分の一秒くらいの露出時間のうちに
月が動いて上下方向に被写体ブレを起こしていました。

これはいかん!とカメラのISO感度を400に上げて、露出時間も
不足気味にして20分の一秒にセットしてみたら、ブレはほぼ止まり
ました。
この機材の組み合わせで月を撮影したのは今回が初めてですが、
今まででは一番鮮明な月の写真が撮れたようです。

もう少し遅い時間まで待つと、気温が下がって大気の揺らぎが
減るでしょうし、月の高度が高くなって月の表面からの光が私の
ところまでやってくる間に通過する空気層の距離が短くなって、
もう少し鮮明な写真が撮れるのではないかと思いますので、近いうちに
もう一度TRYしてみて、良い結果が得られたらご報告させていただきます。

では、二日遅れのチェンマイの中秋の名月をどうぞ。



二日遅れの中秋の名月(チェンマイ)P1040438_R
二日遅れの中秋の名月(チェンマイ)P1040438_R posted by (C)MARUT






















にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

最近当BLOGに掲載した写真の殆どは、「PHOTO蔵」と「FLICKR」の方にもアップロードしてあります。
そのどちらにアクセスしていただいても、アップロードした際のオリジナルサイズの大きな画像をご覧頂くことができます。
「PHOTO蔵」の方は、BLOG上の写真をクリックしていただくだけでPHOTO蔵のサイトにジャンプしますので、
そこでもう一度写真をクリックしていただくと、より大きな画像が表示されると思いますが、
その写真の上部に何種類かの表示サイズを選べるリンクがありますので、その中の「元画像」をクリックしていただくと、
アップロードした際の大きさの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、ぜひ「PHOTO蔵」の写真を大きなサイズでご覧いただければ、と思います。
楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、やむを得ずこういう方法をとっていますが、結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。

「FLICKR」のほうは、直接BLOGとはリンクさせておりませんが、下記のURLにアクセスしていただくと、今までにアップロードした画像が一覧でご覧いただけます。
大きいサイズでご覧頂きたい写真があればその写真をクリックしていただいて、次の画面で、写真のすぐ上にある語群の中ほどにある「ALL SIZES」をクリックしていただくと、大きなサイズの写真が表示されます。
今までに野鳥の写真を130点ほどアップロードしておりますので、よろしかったらちょっと覗いてみて頂いて、ご意見など頂戴できたらと思います。
URLは下記の通りです。

 http://www.flickr.com/photos/marut944




タカサゴモズ・・・久しぶりのHuay Toeng Tao にて

今日は、タイの暦では、ワン・オークパンサ(出安居)・・・つまり雨季明け
の日です。もちろん暦の上でのことで、実際の雨期明けの日とは
合わないのが当然ですが、タイの人たちは、これで長かった雨季が明ける、と
喜んで、あちこちで色々な行事が行われます。

実際の天候の方も、雨期明けが近くなってかなり様相が変わってきて
いるようで、このところ、夜明けからドンヨリと曇りの日やシトシト雨の日が
多いです。

そんなわけで、最近は鳥見に出かける日がめっきりと少なくなっていて、
毎朝のように空を眺めては「今日もダメか!」と、ため息をついて
いるのですが、今朝は夜明け前に外を見たら、東の空に火星が明るく
輝いていて、南の空の高いところにはオリオンがきれいに見えました。

これならイケそうだ!と手早く食事を済ませて、出動の準備も完了して
6時すぎにもう一度空を見たら、ナント、またしてもドンヨリと曇って
青空は殆ど見えなくなっています。

これはダメだなあ、と思いましたがせっかく出動の準備はしたのだし、
3-4ヶ月前まで良く通ったけれどこのところ長く顔を出していない
比較的近場のフィールドには、そろそろ渡り鳥の姿が見える頃なので、
様子を見るだけになっても良いから行って見よう、ということで
今朝は約三ヶ月ぶりの Huay Toeng Tao公園(正確には
公園内ではなくて、公園に隣接する草原と雑木林ですが)に向かいました。

三ヶ月前には、殆どの木々の枝に茂っているのは若葉だけで、中には
葉の殆ど無い木々もたくさんありましたし、草々もそれほどは
茂っていなかったのですが、あらゆる木々や草々が、雨季の間に
たっぷりと水を貰って、濃い緑色の葉がギッシリと茂り、農道とも
遊歩道ともつかない小径は、背丈以上もあるカヤやオジギソウで覆われて、
そこを抜けて行くのは大変な苦行になりました。

視野はすべて茂った背の高い草に隠されて、すぐ目の前の足元以外は
何も見えないような状況に何度か陥りましたが、幸いこのフィールドは
すでに何度も通って地理は知り尽くして(危険なものは無いことが分って)
おりますので、無理やりにでも通り抜けましたが、もしも初めてだったら
到底恐ろしくて前進できなかったことでしょう。

今日は、あまり天気が良くないので、いつ雨が降り始めて撤収、という事に
なるやも知れないので、重装備はやめて、手持ち用の一眼レフに
1.4倍のテレコンバーターをつけた300mmレンズを装着して携行
したのですが、これは正解でした、もしも三脚を持って行っていたら、
草に覆われた小径を抜けることは殆ど不可能だったと思います。

それはさておき、三ヶ月ぶりのHuay Toeng Taoでは、
やはり季節の変化でしょうね、見かける野鳥の種類がかなり入れ替わって
います。渡り鳥もボチボチやって来ているのでしょう、ハクセキレイや
ノビタキをはじめ、何種類かの久しぶりの野鳥に出会うことが出来ました。

最近、このHuay Toeng Tao に無沙汰していたには
実はわけがあります。
と言うのは、このHuay Toeng Tao はいつも(乾季は別ですが)
とても(異常に、と言いたいです)蒸し暑いのです。
多分、この一帯では土地の水捌けが悪いのでしょうね、足元は殆どいつも
湿っていて、特に林の中に入ると湿度はほぼ100%なのでしょう、
カメラを構えるとすぐにメガネが曇って来ます。
三ヶ月前もそうでしたが、今朝も朝早い時間で気温はまだ25-7度位のはず、
と思う時間から、大変蒸し暑くなって、ちょっと歩いただけで汗が
滴り落ちてくるのです。

その点、ドイステープやドイプイに行くと、朝早い時間なら気温は15度、
昼ごろになっても30度になることはマレという別天地なので、
雨季が明けるまでは、平地は(特にHuay Toeng Taoは)
出来るだけ遠慮したいと言うのが本音でした。

でも、秋の彼岸もすぎて、太陽はずいぶん南寄りになり、日差しも
一時に比べれば随分柔らかくなってきた感じがしますので、
完全な雨期明けにはまだもう少し時間がかかると思いますが、
これからは、時々は平地の鳥見フィールドにも様子を見に行くように
したいと考えています。

では、今日撮影した野鳥の一部をご紹介させていただきますね。

ノビタキ(Common Stonechat) IMGP125883_R
ノビタキ(Common Stonechat) IMGP125883_R posted by (C)MARUT


ノビタキ(Common Stonechat) IMGP125888_R
ノビタキ(Common Stonechat) IMGP125888_R posted by (C)MARUT


クロノビタキ(Pied Bushchat) IMGP125879_R
クロノビタキ(Pied Bushchat) IMGP125879_R posted by (C)MARUT


タカサゴモズ(Long-tailed Shrike) IMGP125920_R
タカサゴモズ(Long-tailed Shrike) IMGP125920_R posted by (C)MARUT

このタカサゴモズですが、かなり離れたところ(40mくらい)に、
モズのようだけれどひどく尾の長い野鳥が見えたので、ちょっと遠すぎて
今日の装備では無理かなあ、と思いながらも撮影してみたのですが、
幸い、このショットを含む2-3枚はブレボケにならずに写っていて、
帰宅して確認したら、黒い頭部と長い尾が決め手で、私には初顔の
「タカサゴモズ」と分りました。
掲載した写真は、元の写真(4672 x 3104 pix)の大きさの約8.5%を
(リサイズなしで)切り取ったものです。
次回はもう少し近距離から撮影したいものです。

他にも、今日はフクロウも見かけて撮影したのですが、あまり出来が
良くなかったので、公開は控えさせていただきます。

蛇足ですが、オジギソウはチェンマイではどこにでも見られるごく一般的な
雑草なのですが、名前の可憐さ、花の愛らしさとはうらはらに、
大変タチの悪い植物で、とても丈夫なうえに繁殖力も強く、
いったん庭などに定着すると根絶するのは大変困難なのだそうです。
しかも放っておくと短時間のうちに背丈以上の高さに成長し、そうなると
根元の方の茎は、茶色のとても丈夫な、まるで潅木の幹のように
とても草とは呼べないものになり、おまけに茎にはバラのように
鋭い棘があるので、今日のようにこのオジギソウに道をふさがれると、
通り抜けるのは大変なんです。















にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

最近当BLOGに掲載した写真の殆どは、「PHOTO蔵」と「FLICKR」の方にもアップロードしてあります。
そのどちらにアクセスしていただいても、アップロードした際のオリジナルサイズの大きな画像をご覧頂くことができます。
「PHOTO蔵」の方は、BLOG上の写真をクリックしていただくだけでPHOTO蔵のサイトにジャンプしますので、
そこでもう一度写真をクリックしていただくと、より大きな画像が表示されると思いますが、
その写真の上部に何種類かの表示サイズを選べるリンクがありますので、その中の「元画像」をクリックしていただくと、
アップロードした際の大きさの写真で細部まで鮮明にご覧いただけますので、ぜひ「PHOTO蔵」の写真を大きなサイズでご覧いただければ、と思います。
楽天さんの写真容量の限度を使い切ってしまったために、やむを得ずこういう方法をとっていますが、結果としては今までよりも大きなサイズの写真を見ていただけるようなりました。

「FLICKR」のほうは、直接BLOGとはリンクさせておりませんが、下記のURLにアクセスしていただくと、今までにアップロードした画像が一覧でご覧いただけます。
大きいサイズでご覧頂きたい写真があればその写真をクリックしていただいて、次の画面で、写真のすぐ上にある語群の中ほどにある「ALL SIZES」をクリックしていただくと、大きなサイズの写真が表示されます。
今までに野鳥の写真を130点ほどアップロードしておりますので、よろしかったらちょっと覗いてみて頂いて、ご意見など頂戴できたらと思います。
URLは下記の通りです。

 http://www.flickr.com/photos/marut944

知らないうちに速くなっていたADSL

私は、昨年の7月から TT&T という電話会社のADSLを契約して
使用しています。
それ以前は、同じくタイの電話会社である TOT のADSLを
使用していましたが、当初は快適だったのですが、だんだんと日本のサイトと
接続した時の速度の低下がひどくなってきて、ついには耐え難いものになり
いくら改善を申し入れても効果が無かったので、ついに諦めて会社を
変えました。
その時の経緯は、当時の記事に書いております。

TT&TのADSLですが、昨年7月の使用開始当時はもちろん快適で、
下り2Mbpsの契約で、日本のサイトと接続しても、ほぼ常時 1.7Mbps
とか 1.8Mbpsの速度が確保できておりました。

その後、共用(私と)ユーザーが増えてきたのでしょう、夕方から
夜9時ごろまでのラッシュアワーには、充分な速度の出なくなることが
時々発生していましたが、不思議に数週間後には改善され、またそのうち
遅くなったかなぁ、と感じる日が続くと、また知らない間に回復している、
という状態が続いておりました。

恐らく、TT&T社は(TOT社と違って)定期的に(あるいは抜き取りで)
現状の接続速度を調査して、問題が見つかった回線には改善措置をとって
いるのでしょう。

ところで、2-3ヶ月前から、街を走っているTT&T社の車の看板に
書かれているADSLの広告の数字が、2Mbps 590Bから
3Mbps 590Bに変わっているのに気づいていました。

(私の契約は同じ2Mbpsでも590B(税別)ではなく、
990B(税別)ですが、これは海外接続でもスピードがあまり落ちない
外国人向け契約ということで割高ですが、その価値はあるようです)

さてさて、大人しく待っていれば自動的に私の契約も3Mbpsに
アップグレードしてくれるのかなあ・・・・・。
黙ってたらそのまま、と言うことであれば、すでに契約後一年経過して
解約のペナルティはなくなっていることだし、いったん解約して再契約
したほうが良いのかなあ・・・などと考え始めたところでしたが、
一週間ほど前、朝早い時間でしたが、インターネットの表示が
ずいぶん早くなっているように感じました。

あれれ、と思って早速いつも使っている日本の測定サイト
Radish Network Speed Testing
に接続して速度を測ってみたら、やはり 2.6Mbpsと、今までよりは
ずいぶん速い速度が出ています。

その後も、その状況は続いており、一時的な試用期間などではなく、
無料のアップグレードだったようです。
これだけのスピードが出てくれると、YouTubeなどの動画サイトも
全く途切れることなくストレスなく見ることが出来ますし、
色々なソフトのアップデートなども短時間にすますことが出来て、
大変快適です。

映画などの大きなファイルを快適にダウンロードするのは、まだまだ
到底無理ですが、普段の用途には充分と言えるようになりました。

私がチェンマイで初めてADSLを契約した時(2005年2月)には、
公称 256Kbps という、ADSLと呼ぶのが恥ずかしいような速度でしたが
これで漸くチェンマイのインターネット環境も、ADSLと呼んでも
おかしくないところまで来たようです。




«  | ホーム |  »

プロフィール

Khun Marut

Author:Khun Marut
"クン・マルッ"は、タイ人の友達がつけてくれたタイ名前です。チェンマイで質素に隠居生活をしています。タイ生活の色々を出来るだけ写真入りで綴って行きたいと思います。色々な話題がありますので、検索してみて下さいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (100)
食 (22)
タイ生活 (120)
パソコン・インターネット (53)
交通 (11)
チェンマイの気候・天候 (132)
北タイの伝統と文化 (19)
熱帯魚 (40)
チェンマイの野鳥 (663)
チェンマイの自然 (143)
日本語ボランティア (2)
チェンマイという町 (12)
日常の科学 (5)

開設者にコンタクトする

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。