2008-06

久しぶりのドイステープでハイムネヒタキが撮れました

今日は、夕方からかなり晴れてきて、ドイステープの頂上付近も雲には覆われていなかったので、
4時ごろからドイステープに上ってみました。

始めのうちは雲が多くて写真日和ではなかったのですが、
だんだん雲が減ってきて日の射す時間が多くなり、今の季節としてはまあまあの写真日和になりました。

新種の野鳥には出会えませんでしたが、今まで証拠写真程度のものしか撮れていなかった
ハイムネヒタキ(Grey-headed Canary Flycatcher)のまあまあの写真が撮れました。
ほかに、ムナグロタイヨウチョウ(Black-throated Sunbird)やビロードゴジュウカラ
(Velvet-fronted Nuthatch)などにも出会えて、結構楽しい時間をすごすことが出来ました。

でも、ムナグロタイヨウチョウとビロードゴジュウカラは、光線の具合が悪くて、
きれいに色が再現できていません。
もう少しマシな色で撮影できた時のBLOGのページへのリンクを貼っておきます。

http://plaza.rakuten.co.jp/fromthailand/diary/200803170003/

http://plaza.rakuten.co.jp/fromthailand/diary/200803110000/


先日のケムシ騒動ですが、おかげさまで今日は腫れもかなり引いて、痒みの方も
殆ど治まりました。
ご心配を頂いた方々にはこの場を借りて深くお礼を申し上げます。

ハイムネヒタキ(Grey-headed Canary Flycatcher)

Black-throated Sunbird(ムナグロタイヨウチョウ)

Velvet-fronted Nuthatch(ビロードゴジュウカラ)

























BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?

タイ・ブログランキング

「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。
スポンサーサイト

毒ケムシにやられてしまいました

一昨日の夜、久しぶりに友達と食事に出かけました。
タイにはスアン・アーハーンという屋外(または半屋外)レストランがたくさんあります。
日本語(英語?)でいうとガーデンレストランとでも言いましょうか、
屋外、または屋根だけの簡単な建物にテーブルと椅子を並べて営業しています。
一口にスアン・アーハーンといっても、メニューの種類はいろいろ、クラスもピンからキリまで
いろいろあるのですが、その日行ったのは気取らない(=高級ではない)イタリアンレストランでした。

一応屋根のあるところに陣取ったのですが、壁や窓はありません。
食事中、ふと首の辺りがむずむずするので、手で触ったところ三センチほどの毛虫が床に落ちました。

あれれ、毒ケムシでなければ良いがなあ、と思いながら一応ハンカチをコップの
氷水で濡らして毛虫の這った辺りをごしごしと拭きました。
その後、少し首の辺りが痒いような感じはありましたが大したことはなく、そのまま
食事を済ませて帰宅しました。

帰宅したあと、少しずつ痒みが強くなってきているような気もしましたが、
見たところ異常は無いようだったので、常備薬の上標油(メンソレータムのような家庭用万能薬)
を塗って寝ました。

ところが、翌日起床したら、首の周りに見事な無数の大きな赤い発疹が出来ていて、しかもひどく痒いです。
あれれ、やっぱり無事では済まなかったなあ、と、行きつけの近所の薬局に相談に行きました。

予め辞書でケムシを調べたら、タイ語では「トゥア・ブン」と言うのだそうです。
ついでに、痒いは「カン」です。
薬局で、昨夜ケムシに触って、今日はこんなになってしまって(と、患部を見せて)、
とても痒いので何か薬をください、と言うと、これをつけて下さい、と軟膏を出してくれました。

早速帰って患部に塗りましたが3-4時間たってもなかなか痒みは治まりません。
たまたまたアパートのマネジャーに会ったので、「毛虫にやられてこんなになっちゃった」と
赤くはれたところを見せたら、「カラマイ」という水薬があるからそれをつけると良いよ、
というので、それはどこで売ってるの?と聞くと「薬屋さんにあるよ」というので、
先ほどの薬局にもう一度行って聞いてみたら、「あるよ」という。
見せてもらったら、赤いドロッとした液体でカーマインローションのようです。
成分を見たらやはりカーマインが主成分で、抗ヒスタミン剤も入っているようです。

ついでに、抗ヒスタミン剤の内服薬はありませんか、と聞くとありますよ、というのでそれも併せて
購入して、早速ローションを塗って内服薬を服用しました。

その後、数時間で赤い発疹はすこし和らぎ、痒みの方の少し治まりました。
最初の軟膏は、調べてみたらステロイド(副腎皮質ホルモン)剤でしたが、そちらの方は、
なぜか、あまり効果が出なかったようです。

今日も、2-3時間おきにカーマインローションを塗り、内服薬も服用しているのですが、
昨日よりはかなりマシになりました。
でも、まだ赤い発疹はかなり残っていて、それほどひどくは無いものの、痒みも未だ
残っていますので、完治まではもう2-3日かかりそうです。

山には野鳥の撮影にしばしば出かけていますので、蛇やハチにはいつも用心しているのですが、
レストランで毛虫にやられて苦しむのが先になろうとは、ちょっと予想外でした。



















BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?

タイ・ブログランキング

「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。

セアカスズメのアップが撮れました

今朝も、昨日と同じような半曇りの天気でした。
雨季ではこの程度の天気は良しとしなければ、撮影に出かけられる日は殆どありませんので、
今日も、Suan Luang公園に出かけました。

野鳥の様子のほうは昨日と同じで、新しい野鳥に出会うこともありませんでしたが、
セアカスズメがかなり近いところにいるのを見つけて、撮影を始めても当分逃げませんでしたので、
わりと鮮明なアップが撮れました。

セアカスズメ(Plain-backed Sparrow)が撮れました

昨日は、夕方まで天気が持てば、ドイステープにお上ってみようかと考えていたのですが、夕方4時ごろから急に空が黒くなってきたと思ったら雷が鳴り始め、夕立が来ました。
やはり、今の季節は好天は続きません。

今日も、朝のうちは昨日と同じような天気でしたが、ドイステープの高いところは雲に覆われていて、とても写真を撮りに出かける雰囲気ではありませんでした。
それでも、もし夕方になって良い天気だったら・・・・と願っていたのですが、
逆に、先ほどから(午後三時ごろ)雨になっています。

と言うような様子で、なかなかドイステープまで足を伸ばす気持ちになるような天気にはなってくれません。

























BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?

タイ・ブログランキング

「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。

再度、オオバンケンです

今朝は、起床して外を見たら久しぶりに青空が広がっていたので、急いで支度をして
Suan Luan R9 公園に出かけました。
とはいえ、青空の部分もうっすらと薄い雲がかかったようになっていて、抜けるような深いブルーとは
ぜんぜん違っていたのですが、今の季節のことですから贅沢は言えません。

今の季節は、珍しい野鳥に会える可能性はあまり高く無いので、どちらかと言えば、
すでに撮影できている野鳥の、より良い写真を撮ることの方に重点を置いています。
とは言え、まだまだ未撮影の野鳥はたくさんいますので、いつ新しい野鳥に出会っても良いように、
常に油断はしないように気をつけていますけれど・・・。

そんなわけで、今日はインドハッカやオウチュウなどを適当に撮影しながら公園内を
移動していたところ、目の前の道路をオオバンケンが歩いて横切りました。
今までになく近い距離に現れたので、これはアップの写真が撮れるかも、とすぐにカメラを構えて
シャッターを切ったら、幸い何枚かはまともに撮れていました。

拡大してみたらカタツムリを咥えています。
雑食性とは聞いていましたが、前回のナナフシといい、今回のカタツムリといい、
本当に雑食性のようです。

まるで鉄製のような黒い光沢のある脚もよく写っていますので、先日紹介したばかりの
オオバンケンですが、再度の登場とさせていただきます。

他にも、今日は久しぶりのシロハラクイナが割りと近距離から撮影できましたので、
これは、次回のネタとさせていただきます。

オオバンケン

オオバンケン(カタツムリ)



























BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?

タイ・ブログランキング

「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。

ミドリハチクイです

チェンマイは相変わらずの天候不順で、このところ雨を見ない日はありません。
一日中降り続くような雨は滅多に降らないのですが、一日中カラッと晴れることがなく、
晴れ間がたくさん出ているから、と安心していると急に雲が増えてきたと思ったら、
雨が降り始める、と言うようなことがしばしば起きます。

そんなわけで、先日Suan Luang公園で撮影した「オオバンケン」をご紹介して以後、
まだ一度も撮影に出かけておりませんので、今日はその日に撮影したミドリハチクイを
ご紹介させていただきますね。

その日は、数羽のミドリハチクイが来ていたようで、何度か撮影チャンスがありましたので、
今までに撮影したものよりも幾らかマシな写真が撮れたようです。

ミドリハチクイ

ミドリハチクイ(2)


























BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?

タイ・ブログランキング

「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。

クビワムクドリです

クビワムクドリはチェンマイでは珍しい野鳥ではないのですが、今まであまり鮮明な写真を
ご紹介できていません。

彼らにはいつものSuan Luang 公園に行けば必ず会えるので、急ぐ必要は無い、と言う気持ちも
あったのですが、あまり鮮明な写真が撮れていない事はよく承知していたので、機会があれば
撮ってみようという気持ちは何時も心の片隅に持っていました。
  
でも、彼らは傍を通り過ぎる分にはあまり警戒心を露わにはせず、結構近くまで寄らせて
くれるのですが、まるで、テレパシーか何かで私の関心が彼らに伝わるような感じで、
写真を撮ろうとして立ち止まるととたんに飛び去ってしまうので、今まで、気にはしていたものの
撮影には至っておりませんでした。

ところが、数日前のことですが、たまたま彼らから見て大きな木の後ろになる場所にいた時に
クビワムクドリを見かけて、そのまま木の陰からカメラを構えて彼らの姿を追っていたら、
15m位の距離になるまで私に気がつかなかったので、それまでに何枚かの撮影が
できたと言うわけです。

クビワムクドリ

大きさはハトよりもやや小型でしょうか、首に黒い太い輪のような模様があるのと、
目の周りに大きな黄色のマスクが特徴です。
インドハッカ(カバイロハッカ)も、目の周りに黄色のマスクをかぶっていますが、
体色が全然違うので見間違うことはありません。
また、カバイロハッカは目の周りだけでなく、クチバシも黄色です。

また鳴き声の方も、カバイロハッカの方はギャアギャア、という感じですが、
クビワムクドリの方は、まるで高さの違う二つの音声を混ぜたような濁った音で
ガーガーと鳴きます。
ただ、どちらも声色で有名な九官鳥の仲間の例に漏れず、色々な音を模倣した声を出しますので、
鳴き方は大変多彩です。

 クビワムクドリに関する以前の記事です。
   http://plaza.rakuten.co.jp/fromthailand/diary/200708030000/
   http://plaza.rakuten.co.jp/fromthailand/diary/200608140000/ (このページに、カバイロハッカに関する記事へのリンクもあります)


























BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?

タイ・ブログランキング

「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。

久しぶりのオオバンケンです

チェンマイは今朝も雲が多く写真日和とは程遠い天気でしたが、今は雨季ですので
絶好の写真日和のやって来るのを持っていても、一体何時のことになるか分かりません。
幸い今朝は少しは青空が見えていましたので、運が良ければ晴れてくるかもしれないと、
思い切って出かけてみることにしました。

とは言え、ドイステープまで上ってすぐに雨に降られたのではたまらないので、
近場のSuan Luang R9(ラマ9世・・・現国王のこと)公園に行くことにしました。

公園では相変わらず、ムクドリ組(インドハッカ、クビワムクドリ)、
ヒヨドリ組(コウラウン、ミミジロヒヨドリ、コシジロヒヨドリ、など)、セアカハナドリ、
アジアマミハウチワドリ(Plain Prinia)、ムネアカゴシキドリ、オウチュウ、ヒメコノハドリ
などの声が賑やかでした。

今日も、新顔の野鳥は撮影できませんでしたが、いろいろと撮影した野鳥の中から、
今日はオオバンケンの写真をご紹介しましょう。

オオバンケン(Greater Coucal)は、全長が30-50センチの、チェンマイで見られる野鳥の
中では大型の部類に族し、公園や空き地の茂みや草の中に住んでいるようで比較的良く
見かける野鳥ですが、大変用心深くて、見通しの良い草原に姿を現すことはあっても、
人の気配を察するとすぐに飛び立つか茂みの中に隠れてしまうので、全身を近距離から
撮影出来るチャンスは少ないのです。
大きさや色合いが少しキジに似ているうえに近距離から目撃する事は少ないので、
「キジを見かけたよ」という人も多いです。

さて、今日はそのオオバンケンが潅木の茂みに首を突っ込んで何かを探しているところに
遭遇したので、撮影しながらそうっと少しずつ近寄って行ったのですが、良い餌場を
見つけたのでしょう、夢中になってエサをとっては食べているらしく、警戒心が薄かったのか、
何時になく接近しての撮影を許してくれました。
と言っても最後のショットを撮影した時の距離は20m位だったと思いますが、大きな鳥なので
20m離れてもまあまあの大きさで撮影でき、捕まえたエサのようなものも写っています。
拡大してみましたが、木の枝に擬態した昆虫のような気がします。

オオバンケン

オオバンケンのお食事

他にも、今朝は、ミドリハチクイやクビワムクドリなどの今までのものよりも鮮明な写真が
撮れましたので、後日改めてご紹介させていただこうと思います。

















BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?

タイ・ブログランキング

「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。








アオムネハチクイの少しマシな写真が撮れました

今朝も、外を見るととてもよいお天気のように見えましたので、8時ごろからドイステープに
上って見ました。
現地についても、青空率は60%以上のようで、気分よく撮影にかかりました。

以前、ちょっと書きましたが、この場所は今の時期、大変蚊が多くて、油断していると、
あっという間にあちこちを刺されて掻きまくる羽目になりますので、最近は OFF FAMILY
と言う名前の蚊除けクリームを腕の露出した部分に塗ることにしていますが、効果は結構ありまして、
クリームを塗った部分を刺される事はまず無いようです。
また、ここの蚊は小型の黒い蚊なので、衣服やソックスの上から刺すことは先ずありませんので、
このクリームでまず大丈夫です。

さて、本論に戻りますが、今日は今までに二度ご紹介しているアオムネハチクイの
少しマシな写真が撮れました。
地形の関係で30m以内には近寄れませんでしたので、少し鮮明さにかけますし、
横から直の日光が射していたので明暗の差がひどいのですが、それでも過去二回の写真よりは
マシなようなのでご紹介させていただきます。

最近は、殆ど毎回のようにこの辺りでアオムネハチクイを見かけておりますので、
そのうちいつかは鮮明なアップが撮れるのではないかとそのチャンスを心待ちにしています。

アオムネハチクイに関する過去記事のリンクです
  アオムネハチクイ(Blue-bearded Bee-eater)が撮れました
  久しぶりのアオムネハチクイでしたが・・・・

現地に着いた時にはとてもよい天気でしたが、徐々に雲が増えてきて、一時間半もたった頃には
全く青空は見えなくなり、近くに見えるテレビ塔の上の方は隠れて見えなくなってきましたので、
切り上げて帰途につきました。
下界に下りたら、また青空が所々に見えてきましたが、今の季節の山の天気は本当に不安定です。

アオムネハチクイ


























BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?

タイ・ブログランキング

「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。

見たことのない花です・・・・名前は「ネコノヒゲ」だそうです

最近は野鳥BLOGになってしまった感の「KHUN MARUTのタイ日記」ですが、
決してそういうわけではないのです。
でも、タイに住み始めた頃は何事も珍しく、毎日のように新鮮な感動があり、
BLOGのネタに苦労することは全く無かったのですが、在タイも八年目ともなると、
当初の新鮮な感覚がだんだん薄れてきて、滅多に感動することがなくなってしまい、
BLOGのネタを探すのもなかなか簡単でなくなってきました。

たまたま、二年半ほど前から少しずつ野鳥の写真を撮影するようになり、
それがだんだんと面白くなり、今では生きがいのようになってきているのですが、
野鳥に関しては何時も新鮮な気持ちが薄れないので、ついついBLOGのネタが野鳥に
偏ってしまった、というわけです。

でも、当初の「つれづれ日記」という方針が変わったわけではありませんので、
出来るだけ野鳥以外の記事も載せるように努めて参りたいと考えています。

と言うわけで、前置きが長くなりましたが、今日は何時も野鳥の探索に出かけるドイステープで見かけた
きれいな花をご紹介します。
見たことの無い花ですがとても清楚で可憐な花ですね。
野鳥に限らず、自然の造形の美しさには感動するばかりです。

名前も何にも分かっておりませんので、ただ写真をご紹介するだけと言う無責任をお許しください。

追記
カオヤイさまよりこの花の素性についてのコメントを頂きました。
 花の名前は、ねこのひげ (猫の髭 クミスクチン)
 Orthosiphon aristatus, cats whiskers  多年草
 【しそ科オルトシフォン属】 原産 東南アジア・・・・との事でございます
カオヤイさま、有難うございました。


名も知らぬ・・・・・・花

















BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?

タイ・ブログランキング

「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


トビモノに再度挑戦・・・・・ミドリハチクイでした

今朝、目を覚まして外を見たら久しぶりに良く晴れていました。
僅かに雲はあるものの、雲の動きはたいへんゆっくりで、これならしばらくは
晴れ間が持つだろうと、カメラの支度をしてSuan Luang 公園に向かいました。

Suan Luang 公園では、相変わらずインドハッカ、やクビワムクドリが賑やかでしたが、
彼らのことは無視して、何か他の変わった野鳥はいないものか、と公園内の探索を続けました。

長く使われていないので草原と化したサッカーグラウンドに差し掛かったとき、
目の前の低いところを緑がかった感じのツバメくらいの野鳥が羽ばたきながら通り過ぎました。

この大きさで緑がかった野鳥というとムネアカゴシキドリかなあ、と思いましたが
ムネアカ君は地表に近いところではまず見かけることはありませんので、ひょっとすると新顔かも、
と周囲を注意深く探してみました。

すると、サッカーグラウンドのあちこちにその緑がかった野鳥が何羽か降りているのが
見えましたが、撮影の準備をしているうちにみんな飛び立ってしまいました。
でも、しばらくは比較的私から近いところを飛び回っていたので、
ちょっと飛んでいるところを撮影してみましたら、殆どは失敗でしたが、
何枚かは
正体の分かる程度には写っていました。

拡大してみると、先日もこのあたりで撮影してご紹介したミドリハチクイで、
そのうちの一枚では、なんとトンボを咥えています。

この辺りには色々な種類のトンボが多いのでそれを狙って狩りをしていたようです。

ミドリハチクイの飛行と狩り


また現れてくれないかなあ、とその後しばらくの間はその辺りで待機したのですが、
その後はもう姿を現してくれませんでした。

今日は、一昨日当BLOGでご紹介した「手ブレを減らす工夫」を初めて実戦で使用しましたが、
けっこう効果はあるようで、今までよりも一段遅いシャッター速度が使えるようになった感じがします。




















BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?

タイ・ブログランキング

「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。

カメラブレを減らすための工夫について

このところのチェンマイは雨季真っ盛りで、天候は大変不順で、撮影日和の好天はたいへん少なく、
昨日のように、たまに良い天気と思って出かけても、天候が急変して雨になる、というようなことも多く、
撮影のアクティビティは大幅な低下を余儀なくされております。

北タイの雨季は、9月の末ごろまで、まだまだもう4ヶ月ほど続きますので、焦ってもどうにもなるものではないので、最近はちょっと撮影機材を見直しております。

最近の一番の悩みは、カメラブレによって鮮明度の上がらない写真の多いことです。
昔の35ミリカメラの画角で言うと600mm相当、と言う長焦点のレンズのついたカメラを
手持ちで使っているので、カメラブレとの戦いは宿命のようなものですが、
そうは言ってもあきらめるわけには行かず、少しでもカメラブレの少ない鮮明な写真を撮るために
無い知恵を絞っています。

目標の野鳥が晴天の下にいてくれる時は、レンズの絞りを少々絞ってもかなり高速のシャッターが
切れるので、カメラブレの心配は先ず無いのですが、日が翳った時の木陰はかなり暗くて、
ましてや林の中などに入ると昼間でもうっそうとしていて、そういうところにいる野鳥を
撮影しようとすると、カメラの感度をISO800まで上げてやってもシャッター速度が
30分の一秒以下になることもしばしばです。

私の使っているカメラには一応手ぶれ補正装置がついているのですが、
私の使用機材の組み合わせでは、カメラブレの心配を余りしないで切れるシャッター速度は
今のところ、250-300分の一秒程度で、それよりも遅いシャッターを切ると
歩留まり(成功率)がかなり下がります。

でも、これでは無駄なショットが多くて、ここ一番と張り切って撮影した画像が
カメラブレで使い物にならなくて歯ぎしりの目にあうこともしばしばで、
何とかこの問題を解決(改善)したいものと悩んできました。

ご承知のように、望遠レンズのついたカメラを手持ちで構えて、遠くの物体を
ファインダーを通して覗くと、どうしてもゆらゆらと揺れて見えますが、何とかして
この揺れを抑えたいものだと、まず、この揺れがどこから来ているかを考えて見ました。

カメラブレの起きるメカニズムについて考えてみると、カメラ(レンズも含めた一つの系として)が
上下左右に動くことによるカメラブレと、レンズの中心線が回転する事による
カメラブレがあると
思うのですが、後者の方、それも、中心線を軸としての回転よりも、中心線上の一点を
中心としての回転(つまり、中心線の傾きが変化すること)よるカメラブレがより深刻だと思います。

なにせ、レンズの中心線が角度としてホンの少し傾いただけで、何十メートル先の被写体は
ずい分移動してみえますので。
その点、カメラ系全体が上下左右に動く分は(カメラ系の傾きが変わらないとすれば)
1ミリの移動は100m先でも1ミリですから、よほどの接写の時以外はそれほど深刻では無いと思います。

そこで考えたのですが、カメラ系がレンズの中心線上の一点を中心として回転する時には、
カメラ系の慣性モーメントが大きなファクターになるはずですから、
カメラ系全体の慣性モ-メントを大きくしてやれば、カメラ系の回転の度合いは
少なくすることが出来ると思います。

今私の使っているカメラでは、レンズの重量は約1kg、カメラ本体は約800gで、
右手でカメラのBODYの右の部分をつかんで、左手でレンズの先端に近い部分を支えていますが、
冷静に分析してみると、その重量の殆どを右手で支えているようで、左手には殆ど重量が
かかっていないようで、左手がフラフラしやすいことによりカメラブレが発生しているような感じです。
その理由は、私の構え方にもあるかもしれませんが、なんと言ってもカメラ系の重心が
かなりカメラBODYに近いところにあるということです。

ということならば、レンズの先端部分にカウターウェイトをつけて重心を前の方に
(レンズの先端のほうに)移動させてやれば、系全体の慣性モーメントを増加させることが出来て
・・・つまりレンズ中心線の角度ブレを減らすことが出来て、なおかつ重心の移動によって
左手に負担させる重量が増えることにより安定感を増すことが出来るのではないでしょうか?

そう考えて早速、100gのナマリの棒を二本、ハンマーで叩いて細長い棒状に加工して
レンズの先端に巻きつけて、その上からビニールの絶縁テープでぐるぐる巻きにして被覆してみました。

テープの重さと合わせて230gほどの重量増加ですが、重心は目に見えてかなり前のほうに
移動して、今まで左手には殆ど重量がかからなかったのが、左手にもかなりの重量が
かかるようになり、左手がフラフラする、と言う感じは大幅に減少しました。

早速ファインダーを覗いて見ると、遠くの景色の揺れ具合がはっきりと減っているのが
分かります。
定量的な測定は出来ていませんが、見当では半分くらい、またはそれ以下に減っているような
感じです。

テスト撮影もしてみましたが、100分の一秒くらいのシャッター速度でのブレ率は
かなり下がったような感じです。

というわけで、未だ現場でのテストはしておりませんが、窓の外の景色(窓から見える
景色の中には、日頃から私がレンズテスト用に設定しているターゲットがたくさんあるのです)
を色々と撮影してみたところでは、かなりの効果がありそうです。

ただ、全体の重量増加としては15%くらいなのですが、カメラを持った感じでは50%以上
重くなったような感じがします。

実際に野鳥撮影の現場に出て効果があるかどうかにつきましては、
後日、改めてご報告させていただきます。















BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?

タイ・ブログランキング

「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。

シジュウカラはチェンマイにもいるんですよ

今日は、朝のうちは晴れとは少し言いにくい程度の曇りでしたが、時間とともに晴れ間が大きくなってきて、午後からは青空率が50%を越えて、雲の動きもゆったりとしていましたので、この調子なら今日は雨は降らないだろう、とカメラの支度をして三時ごろからドイステープに出かけました。

いつものポイントに着いてからも、時々太陽が雲に隠れることはあっても、けっこう青空の部分が多く、
まあまあの撮影環境だったのですが、どうも今の季節は探鳥にはオフシーズンのようで、
いつもの常連の鳥さん以外にはなかなか出会えません。

でも、あきらめずに野鳥の姿を追い求めていたら、近くの木の枝に見慣れない野鳥がいるのが見えました。
その木の小枝には虫の卵らしきものがたくさん産み付けられていて、
それをついばんだり(三枚目、四枚目の写真)、毛虫のような虫を捕まえて食べたりしていたようで、
当分の間その木の枝の中を行ったり来たりしていましたので、
その間にかなりの数のシャッターを切ることができまして、
そのうちの何枚かはまあまあ使えそうな写真が撮れていました。

頬に白いパッチがあったので、以前一度ご紹介したことのあるシジュウカラかも知れない、
と思ったのですが、タイにはシジュウカラはあまり多くなく、私も以前一度だけ今日の場所のそばで
出遭ったことがありますが、鮮明な写真は撮れていなかったので、記憶はあいまいで、自信はありませんでした。
帰宅して早速資料を調べたらやはりシジュウカラで、新種の追加にはなりませんでしたが、
以前の写真よりもかなり鮮明に撮れていますので、良しとしましょう。

その後、だんだん雲が多くなってきたなあ、と思っていたら急に暗くなって、
すぐに大粒の雨が降り始めました。
今日は雨は無いだろうと予想してドイステープに出かけたのですが、見事に予想は裏切られてしまいました。
そんなこともあるかもしれない、と、雨の用意は一応しておりましたので、問題はありませんでしたが、
まさに「女心とウキの空・・・・by Marut」、油断は大敵です。

シジュウカラ(1)

シジュウカラ(2)

シジュウカラ(3)

シジュウカラ(4)
























BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?

タイ・ブログランキング

「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。

ヒイロサンショウクイの♀でしょうか・・・・

昨日、一昨日と、朝からどんよりと曇っていて、なかなか探鳥には出られそうにありません。

一昨日、久しぶりにドイステープに出かけて、短時間ではありましたが幾らかの写真が撮れました。
そのうち、久しぶりに撮影できたヒイロサンショウクイの♀をご紹介します。
ちょうどお食事中のようで、このあたりで何度もエサの昆虫を捕まえて食べていたようです。

サンショウクイの仲間は、メスはどれも良く似ていて区別が難しいので、
この個体がヒイロサンショウクイであるかどうか100%の自信は無いのですが、
ヒイロサンショウクイのメスの特徴と矛盾は無いようですし、この場所ではヒイロサンショウクイの♂をよく見かけていますので、たぶんOKと思います。

☆ 九州の延谷さま、先日「メッセージを送る」からメッセージを頂きまして、
返信を差し上げましたが、「存在しないアドレス」ということで送信が出来ません。
恐れ入りますが、できればもう一度メッセージをいただけませんでしょうか。
別のアドレスをお持ちでしたら、それを記入していただけると幸いです。

お食事中のヒイロサンショウクイ(♀)です

お食事中のヒイロサンショウクイ(♀)です(2)






















BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?

タイ・ブログランキング

「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。

久しぶりのアオムネハチクイでしたが・・・・

昨日の朝のことですが、朝起きて外を見たら、青空率90%以上の晴天に見えたので、
これはドイステープに行かなきゃ、と手早く支度をして出かけたのですが、
一時間もしないうちにガスが出てきて、視界が悪くなってきて青空も見えなくなってきたので早々に引き上げました。

今朝も、6時前に目が覚めて、外を見たら昨日に勝るとも劣らない好天だったので、
今日こそはと、ドイステープに再チャレンジしました。
7時40分ごろにはドイステープのいつもの場所に着いたのですが、さいわい天気は好天を保ってくれていたので、張り切って野鳥探しに取り掛かりました。

でも、常連のコウラウン、ミミジロヒヨドリ、エボシヒヨドリ、コシジロヒヨドリ、などのヒヨドリ系が殆どで、目新しい野鳥にはなかなか出会えません。
そうしているうちに青空がだんだん少なくなってきて、遠くの山がガスに霞んで見えるようになってきました。

やれやれ、今日も駄目なのかなあ、とそろそろ撤収を考え始めたころ、
30mほど離れた木の高いところにちょっと見慣れない野鳥の姿が見えました。

その距離で結構大きく見えましたので、これはかなり大型の野鳥だなあ、と思いながらカメラを通して野鳥の姿を確認しようとしたのですが、バックが明るい白い雲で、肝心の野鳥はシルエット状態で、色などはまったく確認できません。

仕方なく、その状態のまま数ショットを撮影して、もう少し近寄れば逆光でももう少し何とかなるかも、と10mほどその木に近寄って再度カメラを構えたのですが、その野鳥はすでに飛び去った後でした。

撮影した画像をチェックしてみたら、カメラを覗いて見たときの画像よりはもう少しマシに写っていて、なんとか野鳥の正体は分かりました。
二月に一度ご紹介したアオムネハチクイでした。

アオムネハチクイ

もしも天気が良くって、背景が白い雲でなく青空だったら、もっときれいな写真が撮れたのに、と大変残念ですが、泣く子と天気には勝てません。
またの機会に期待と言う事で諦めざるを得ませんが、実は昨日もこの場所でこの野鳥をチラッと見かけているのです。
と言う事で当分の間、この場所ではこのアオムネハチクイが重点目標です。

その後、ますます天候が怪しくなってきたので、雨にならないうちに、と引き上げましたが、下界も青空は殆どなくなっていて、帰宅して一時間ほどしたころから雨が降り始めました。
いくら晴れていても雨季の天気は本当に不安定で、まったく油断が出来ません。


















BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?

タイ・ブログランキング

「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。

«  | ホーム |  »

プロフィール

Khun Marut

Author:Khun Marut
"クン・マルッ"は、タイ人の友達がつけてくれたタイ名前です。チェンマイで質素に隠居生活をしています。タイ生活の色々を出来るだけ写真入りで綴って行きたいと思います。色々な話題がありますので、検索してみて下さいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (100)
食 (22)
タイ生活 (120)
パソコン・インターネット (54)
交通 (11)
チェンマイの気候・天候 (132)
北タイの伝統と文化 (19)
熱帯魚 (40)
チェンマイの野鳥 (663)
チェンマイの自然 (143)
日本語ボランティア (2)
チェンマイという町 (12)
日常の科学 (5)

開設者にコンタクトする

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR