2008-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒイロサンショウクイの♀だろうと思います

ヒイロサンショウクイ(♀)


一ヶ月ほど前にドイステープで撮影した野鳥で、ヒイロサンショウクイの♀ではないかと思います。

このところ、新顔の写真が殆ど撮れていないので、過去の写真の中からピックアップしたものをご紹介させていただきます。

ヒイロサンショウクイの♂のほうは、名前のとおり、鮮やかな赤と黒、と言ういかにも熱帯の野鳥らしく強烈な色使いですが、♀のほうは対照的に穏やかです。

チェンマイ周辺で見かけるサンショウクイの仲間は何種類かいるのですが、オスの方は特徴が割りとはっきりしているので分類しやすいのに対して、メスの方は似たようなものが多くて、♂とペアで居てくれれば良いのですが、単独で見かけたときはちょっと分類に自信がもてません。
今回の野鳥も、多分ヒイロサンショウクイ(♀)であろう、ということで、自信の方は70%くらいしかありません(汗)。

















BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?

タイ・ブログランキング

「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。

スポンサーサイト

クモカリドリ(Spider Hunter)の一種だと思うのですが・・・・

クモカリドリの仲間?

先日、ドイステープの鳥見ポイントの一つで撮影した野鳥ですが、
資料を調べてみましたが、どうもぴったりの野鳥が見つかりません。

長いクチバシから、タイヨウチョウ(Sunbird)か、クモカリドリ(Spiderhunter)の仲間だろうと
見当はつくのですが、それ以上は分かりません。

クチバシの根元の両側に黄色い部分があること、脚の色が黄色いこと、などから
タイヨウチョウではなくてクモカリドリではないかと考えるのですが、クモカリドリの仲間でこの写真と特徴の一致するものは見つかりません。

3月7日に「ハシナガクモカリドリ」では?とご紹介した野鳥とも少し違うようです。
(その写真がハシナガクモカリドリであるかどうかもまったく自信は無いのですが)

というわけで、ちょっとお手上げになっています。
どなたか、お心当たりの方がいらっしゃいましたら、情報提供をよろしくお願いいたします。

















BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?

タイ・ブログランキング

「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。

巣立ち前のフクロウのようです

今朝は、久しぶりにラマ9世公園(Suan Luang R9)に行ってみました。
相変わらずCommon Myna(インドハッカ)やBlack-collared Starling(クビワムクドリ)が賑やかでしたが、Asian Koel(オニカッコー)が繁殖期らしく、公園内のあちこちでペアのオニカッコーが特徴のある大きな声で鳴き交わしていました。

その写真はまた次の機会にご紹介することにして、今日はたまたま遭遇したフクロウの若鳥の写真をご紹介します。
野鳥の姿を求めて公園の中を歩き回っていたら、すぐ近くの背後からパカパカというキツツキのような音が聞こえたので振り向くと、すぐそばの枯れたカイヅカの中の、なんと私の目の高さくらいのところに一羽のフクロウが大きな目で私のほうを見つめていました。

まだ巣立ち前の若鳥が親のエサを持ってくるのを待っていたのでしょうか、私のほうを興味深そうに見つけていましたが逃げる様子はありませんでしたので、何十枚かのシャッターを切らせてもらいました。

でも、あまりストレスを与えるのはかわいそうなので、10m以内に近寄るのは遠慮して、適当な枚数を撮影した後は無事な巣立ちを願いながら早めに退散しました。

でも、これからどうなるのか興味がありますので、また明日もこっそりと覗いてみようと思っています。

さて、何というフクロウなのか資料を調べましたが、ちょっと確定は出来ません。
推測ですが、以前、フアイケーオ滝で撮影したフクロウとオ同じ、オオスズメフクロウの若鳥ではないかと思います。

フクロウの若鳥



















BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?

タイ・ブログランキング

「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。

再びタテジマクモカリドリ(Streaked Spiderhunter)

今年の二月三月は、結構いろいろと新顔の野鳥に出会えたのですが、
最近、なかなか新顔の野鳥に出会うことがありません。
考えてみたら、三月ごろまでは北のほうから渡ってきた渡り鳥がたくさんいたのですが、それが皆北に向かって旅立ってしまったのでしょうね。

ということは、チェンマイの野鳥界はこれから半年ほどはあまり賑やかでは無い状態が続くと言うことだろうと思います。
まあ、渡り鳥はいなくとも留鳥だけでもまだまだ未撮影の野鳥はたくさん残っていますので、頑張って撮影を続けようとは思いますが、こういう時期は過去に撮影した写真をもう一度見直してみるのも良いのではないかと、今までに撮影した画像ファイルを再点検してみたところ、何点か面白そうなものが見つかりましたので、
今日はその中の一点を紹介させていただきます。

野鳥の種類としては、すでにご紹介したタテジマクモカリドリですが、
ちょっと構図と光線の具合が面白いのでボツ写真の中から拾い上げてみました。


タテジマクモカリドリ























BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?

タイ・ブログランキング

「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。

なぜか今まで未紹介だったチベットモズ(Grey-backed Shrike)

ソンクラーン前から約10日ほど続いていた猛暑ですが、一昨日に雨が降ったのを機に漸く峠を越えた感じで、昨日今日は打って変わって凌ぎやすい天気になっています。

最近、またまたBLOGの更新が滞ってしまっていました。
実は4月15日のBLOGにも「撮影機材の調子が悪かったのだが、漸く解決したので・・・・」と書きましたが、その直後から、また別のトラブルが撮影機材に発生してしまいまして、その解決のためにテストと実験を繰り返していたために、ついついBLOGの更新の方がおろそかになっていました。

この数日で漸く、根本的解決ではないものの、当面の写真撮影には殆ど問題の無い解決法が見つかったので、取材活動を再開したのですが、
最近はどうも野鳥の姿が少なくなっているようで、撮影に出かけてもあまり成果があがりません。
仕方がなく、過去の撮影画像を見直してみたところ、何と一ヶ月ほど前に撮影した野鳥で当BLOGでは未紹介のものが見つかりました。

多分、その頃は新種の野鳥の写真が色々と撮れていたので、そのうちに紹介しようと考えながらついつい埋もれてしまったようです。

と言うわけで、今日は初紹介のチベットモズ(Grey-backed Shrike)です。

このモズは、平地でよく見かけるアカモズハイガシラモズと違って
1000mくらいの高地でよく見かけます。

チベットモズ

チベットモズ(2)
















BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?

タイ・ブログランキング

「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。

Speckled Piculet(アジアヒメキツツキ)に再会できました

狂乱の水掛け祭り、ソンクラーンは一応15日で終わったようで、あれほど水掛け軍団でにぎわっていたチェンマイの町も昨日(16日)は打って変わって平静さを取り戻していました。

というわけで、昨日は安心してドイステープに撮影に出かけました。
一昨日は、ドイステープに上がる途中で二度も水をぶっ掛けられました。
カメラなどはバイクの後部トランクに収納していましたので無事でしたが、
対向車から突然大量の水をぶっ掛けられるのは正直なところ辟易です。

昨日は、いつもの撮影ポイントで、久しぶりの珍客。アジアヒメキツツキに出会えました。
アジアヒメキツツキは昨年の一月に、どこかからトントン、トトトン、とまるでモールス信号のような音が聞こえてきて、散々探して漸く見つけたその音の正体はアジアヒメキツツキだったという忘れられない記憶があります。

その時は、かなり距離があってしかも光線の具合も余りよくなかったので、
余り良い画質の写真は撮れなかったのですが、昨日は割りと近距離から撮影でき光線の具合もまずまずだったので前回よりもかなり鮮明な写真が撮れました。

アジアヒメキツツキは、体長10センチくらいの小型のキツツキですが、姿を見ることは少なく、ましてや写真を撮らせてもらえるチャンスは余り無いようで、
私も、前回撮影した後は、一度だけ遠くから姿を確認できたことがありますが、写真が撮れたのは15ヶ月ぶりです。
ネットを探してもあまり鮮明な写真は見たことがありませんので、今回まあまあ鮮明な写真が撮れて大変喜んでいます。

アジアヒメキツツキ















BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?

タイ・ブログランキング

「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。

久しぶりのコサメビタキ(Asian Brown Flycatcher)です

チェンマイは、この数日、まるでソンクラーンに合わせたような猛暑が続いていて、連日最高気温は38度前後まで上がっているようです。

そのせいかどうかは分かりませんが、ソンクラーンの水掛も例年以上に盛り上がっているような感じがします。

ちょっとバイクで外出すると、あっという間に道端に陣取った水掛軍団の兵士に発見され、バケツの水、ホースの水、などの集中攻撃を受けてびしょ濡れです。
でもこの暑さですから10分も走っているとシャツはすぐに乾きますけれど・・。

問題は、氷入りの水や、ちょっと清潔さに問題のある水です。
市内中心部を囲むお堀の脇はどこも水掛軍団で溢れているのですが、
その弾薬たるお堀の水は余り清潔とは言えません。
まあ、バンコクのあちこちで見かけるどぶ臭い運河の水よりははるかにマシで、
チェンマイ市当局も今年のお堀の水は清潔さに問題は無い、と宣言していますけれど・・・・。
また、そのところどころで氷、それも大きなブロック氷を売っているのです。それを大きな水槽にぶち込んで特製の氷水をぶっ掛けようと言う何とも恐ろしい作戦です。

というわけで、タイ生活8年目になるMARUTとしては、水掛に興ずるのはご遠慮して、できるだけひっそりとソンクラーンの通り過ぎるのを待つつもりでいるのですが、どうしても幾らかは巻き込まれてしまうのを避けることは出来ず、今日もちょっと外出したとたんにバシャっとやられてしまいました。

ところで、最近BLOGの更新がちょっと滞りがちでした。
じつは一ヶ月ほど前から撮影機材にちょっと問題が発生しておりまして、
それで取材の方が進まず、また問題の解決に苦慮していたりして、それでついついBLOG更新の方も滞りがちになっていたのです。

でも、友人達の協力のお陰で、昨日その問題は無事解決いたしまして、
今日は久しぶりに撮影に出かけてまいりましたが、とても充実した気分で撮影を続けることが出来ました。

今日の撮影場所では、新顔の野鳥こそ姿を見せてくれませんでしたけれども、
良く見かけるにもかかわらずこのところ撮影できなかったコサメビタキ(Asian Brown Flycatcher)が久しぶりに撮れましたので、今日はこの写真をご紹介させていただきますね。

今回のトラブルの解決に快くご協力くださった方々に、心よりお礼を申し上げます。
有難うございました。


コサメビタキ(Asian Brown Flycatcher)















BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?

タイ・ブログランキング

「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。

ルリオタイヨウチョウ?それとも ムナグロタイヨウチョウ?

最近、ドイステープで時々見かける野鳥です。
タイヨウチョウ(sunbird)の仲間のようですが、まだはっきりと分類できていません。Mrs. Gould's Sunbird(ルリオタイヨウチョウ)か、Black-throated Sunbird(ムナグロタイヨウチョウ)のどちらかの♀かなあ、でも背中に赤い部分がありますので、Mrs. Gould's Sunbird(ルリオタイヨウチョウ)の♂の若鳥かな、と思ったりしていますが、結論は出せません。
どなたか、ご意見をいただけると嬉しいです。

なお、Mrs. Gould's Sunbird(ルリオタイヨウチョウ)の♂の写真は、幾らかは撮れているのですが、余り上手に撮れたものが無いので、もう少しマシな写真が撮れるまで、発表の方は宿題とさせてください。

ルリオタイヨウチョウ?それとも ムナグロタイヨウチョウ?




















BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?

タイ・ブログランキング

「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


ふたたび、名前の分からない野鳥です(ノドジロカンムリヒヨドリ Puff-throated Bulbul?

ちょうど一ヶ月ほど前にドイステープで撮影した野鳥ですが、どうしても名前が分かりません。

コウラウンやミヤマヒヨドリなどと同じくらいのサイズで、体型も良く似ているので、BULBUL(ヒヨドリ)の仲間ではないか、と思うのですが、私の持っている資料の中のヒヨドリの仲間には該当するものが見当たりません。

他の種類もしらみ潰しにさがしたのですが、それでもやはり見つからず、
ついにギブアップして公開捜査(大げさですね!!)に出すことにしました。
どなたか、お分かりの方がいらっしゃいましたらぜひよろしくお願いいたします。

この日が初対面で、それ以後もまだ出会っていませんので、案外珍しい種なのかもしれません。

☆ REDPOLL様より、ノドジロカンムリヒヨドリ Puff-throated Bulbul の若鳥ではないか、とのご指摘をいただきました。
私も、それで間違いないと思います。
REDPOLL様、有難うございました。


名前不詳

























BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?

タイ・ブログランキング

「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。

チェンマイに青空が戻ってきました

チェンマイはいま、一年中で一番暑い、それも半端ではなく暑い暑季まっさかりです。
でも、この数日は天候不順で、青空は殆ど見えず、小雨も何度か降る様な天気が続き、お陰で暑さのほうはずい分和らいでいました。

昨日の夕方ごろから天候は回復してきたようで、晴れ間が多くなってきて、かなり以前から当分見えなかった20kmほど東にあるドイサケット寺がきれいに見えました。
今朝は久しぶりの晴れた朝で、快晴とまでは行きませんでしたが久しぶりの爽やかな晴天でした。
でも、お日様が戻ってくると一緒に戻ってくるのが暑季の暑さです。今日は大地がまだ冷えているのでしょうか、それ程の暑さではありませんでしたが。この晴天が続くと明日明後日にはまた、暑季の強烈な暑さが戻ってくることでしょう。

先ほど(日没直後でしたが)、外を見たら、ドイサケット寺のもっと遠くにある山の姿までがはっきりと見えましたので、今日の視界は30kmくらいはあったのかも知れません。
久しぶりなのでちょっと写真を撮ってみました。

先月の中旬頃までは、5-6km先の高層マンションの姿が霞のなかに埋もれてしまってはっきりと見えないような日も時々ありましたが、チェンマイの煙害はどうも終焉となったようです。

昨年の5月の当BLOGの記事でも、ドイサケット寺の写真を掲載していますので、こちらもご覧下さいませ。



ドイサケット寺が見えました























BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?

タイ・ブログランキング

「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。

White-rumped Shama(アカハラシキチョウ)

この三日ほど、チェンマイは天候不順で、曇が多くときどき小雨も降るような天気が続いていて、暑さがずい分和らいでいるのはありがたいのですが、鳥見にはちょっと問題です。
雲が多いとなかなかきれいな写真が撮れないのと、もしも山で雨に降られると大変です。

今朝も、天気がよければ山に行ってみようと考えていたのですが、日の出の時刻からほぼ一時間たった現在も、日の射す様子はありません。

というわけで、今日は、最近撮影した野鳥の中からWhite-rumped Shama(アカハラシキチョウ)をご紹介します。
アカハラシキチョウをご紹介するのは初めてではありませんが、最近ドイステープで良く見かけて、わりと鮮明な写真が撮れましたので・・・・。

英名のとおり、尾に近い背中の部分(RUMP)に真っ白なところがあります。
ヒヨドリとスズメの中間くらいの大きさで、濃紺の体に赤茶色の腹部、長い尾が特徴で、鳴き声がとても多彩です。
レコーダーがあれば、録音してお聞かせしたいところです。
写真の機材が一段落したらレコーダーの購入も考えてはいるのですが、写真の機材はまだまだ不十分で、我が家の家計状況ではレコーダーに予算がまわるのは、まだかなり先のことになりそうです。

White-rumped Shama(アカハラシキチョウ)
















BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?

タイ・ブログランキング

「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。

«  | ホーム |  »

プロフィール

Khun Marut

Author:Khun Marut
"クン・マルッ"は、タイ人の友達がつけてくれたタイ名前です。チェンマイで質素に隠居生活をしています。タイ生活の色々を出来るだけ写真入りで綴って行きたいと思います。色々な話題がありますので、検索してみて下さいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (100)
食 (22)
タイ生活 (120)
パソコン・インターネット (53)
交通 (11)
チェンマイの気候・天候 (132)
北タイの伝統と文化 (19)
熱帯魚 (40)
チェンマイの野鳥 (663)
チェンマイの自然 (143)
日本語ボランティア (2)
チェンマイという町 (12)
日常の科学 (5)

開設者にコンタクトする

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。