2008-01

パソコンがウィルスにやられてしまいました

数日前、私の住んでいるマンションの、顔見知りのタイ人から、「USBメモリーのVIDEOクリップをCDに焼いて欲しい」と頼まれました。
いいよ、と気軽に引き受けたのですが、そのUSBメモリーを私のPCに繋いだら、「VIRUS検出」の警報が出ました。
そこでそのまま中止して置けばよかったのですが、どのファイルがVIRUSなのかを調べようとして、メモリー全部をスキャンしてVIRUSファイルを特定して、それを削除した後の残りをCDに焼きました。

念のために自分のPCの全体をスキャンしてみたら、WINDOWSのなかに、VIRUSファイルが二つ発見されましたので削除しました。

その後、別に異常は感じなかったので問題はなしと判断して、そのUSBメモリーを持ってきた人には「このメモリーの書き込みに使ったPCはVIRUSに汚染されているので専門店に行って処置して貰うように」伝えました。

その後、VIRUSの事は忘れていたのですが、昨日、撮影してきた画像の入ったSDメモリーをパソコンに繋いでフォルダーを開いたら、撮影画像の入ったフォルダー以外に、先日見たばかりの拡張子vbsのついたファイルが10個ほどあり、同時にウィルスソフトが「ウィルス検出!」の警報を出してきました。

そのSDメモリーを全消去して、フォーマットを掛け、カメラに戻してカメラでもフォーマットしたあと、もう一度パソコンに繋いで見たら、やはりvbsという拡張子のついたファイルが10個ほど生成しています。

あーーあ、やられちゃった!!とがっくりきましたが、そのまま放っておくわけには行きません。
ネットをいろいろと調べて、vbs/small というコンピュータウィルスだということは分かったのですが、具体的な対処方法が見つからなかったので、
諦めてWINDOWSを全部削除して一から入れなおすことにして、一応バックアップの必要なものバックアップは取ったのですが(データ類はWINDOWSとは別のドライブに入っていてバックアップの必要は無いので、WINDOWS再インストールのためにバックアップの必要のあるのはごくわずかです)、実行する前に一応手順の確認をしたら、必要なドライバー類が無いのに気がつきました。
と言うのは、このパソコンは先日買い換えたばかりの中古パソコンで、未だリカバリー用のドライバーセットを貰っていないのです。

購入の際、以前のHDDをWINDOWSの入ったままでそのまま転用して使ったので、ハードウェアの変わった分だけはお店でドライバーを入れなおしたはずなので、お店に行けばドライバーは貰えるだろうとお店に行ってみました。

「それは今タイで流行しているVIRUSですよ。ドライバーは何とかできるけれど、WINDOWSの入れ替えまではしなくてもVIRUSだけ取り除くことが出来ると思うからパソコンを持ってきてみてよ」と言われたので、取りに帰ってパソコンを持って行きました。

何かソフトをインストールしたと思ったら、さらさらっとVIRUSを発見して削除、あと何かチョコチョコといじくったと思ったら「多分これでOK、念のために全スキャンをかけてみるから二時間後にまた来て見て」とのこと。

家に帰ってちょっと昼寝をして、二時間後に手土産にケーキを買ってお店に戻りました。
作業は全て終わっていて、「持って帰って試してみて。問題ないと思うけど」ということで一件落着です。

料金は?と聞くと「いいよいいよ、保証期間!」ということで、その言葉に甘えさせてもらってケーキ代だけで終わってしまいました。

帰宅して早速テストして見ましたが、まったく問題はありません。
さすがにプロですね。このウィルスについては感染例が多くて処置も慣れていたのかもしれませんが、それにしても手際が良かったです。
中古のタイ製パソコンではありますが、こういう頼りになる技術者がついていてくれれば今後も安心です。

数ヶ月前には、写真屋さんに持っていったUSBメモリーがウィルスに汚染された帰ってきたこともありますし、読者の皆様もVIRUSには充分にご用心くださいませ。












「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。



BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?

タイ・ブログランキング

スポンサーサイト

ちょっと変だった昨日のチェンマイの天気

チェンマイは今、一年で一番快適な季節の乾季(寒季)なのですが、
そろそろ終わりに近づいているようで、少し天気に変化が出てきているようです。

チェンマイの乾季は文字通りの乾燥した季節で、殆ど毎日のように快晴、雨はもう何ヶ月も一滴も降っていません。
内陸性の気候のせいでしょうか、チェンマイでは昼と夜の気温の差が大きく、乾季には早朝の気温は12-3度まで下がる日も珍しく無く、しかしそんな日でも最高気温は30度前後まで上がります。でもこの季節は湿度が低いので、気温は30度になっても木陰に入れば暑さは殆ど感じません。

そんな乾季ですが、昨日の朝目覚めて窓を開けたところ妙に生暖かく、外の温度計を見たらなんと23度もありました。えーーー?と思いながら空を見ると一面雲に覆われて青空は見えません。
いくら曇っているから、と言っても、つい一週間ほど前には朝の気温は13度前後まで下がった日もあり、そんな日と比べるとなんと10度も違います。

面白いことに、気温はその後は殆ど上がらず、昼過ぎになってもやはり24度ほどで、今度は逆に肌寒く感じるようになりました。
ちょっと郵便局に用事があって出かけようとすると、なんと雨がパラパラと落ちてきました。
本降りにはなりませんでしたが、その後も昨日は一日中晴れ間は殆ど見えず、雨が時々パラつく肌寒い天気が夕方まで続きました。

最後に雨が降ったのは何時だったかなあ、と考えましたが思い出せません。
多分三ヶ月か、もっと長く雨は降っていないのではないでしょう。
今日はまた良い天気が戻ってきて、朝の気温は17度ほどでしたが、
昨日の天気は乾季がそろそろ終わりに近づいてきている兆候だろうと思います。

もう一ヶ月もすると、北タイではそろそろ恐怖の暑季が始まり、4月5月には、それこそ飛んでいる鳥がヤキトリになって落ちてくるのではないかと思われるほどの暑い日が続きます。

でも、悪いことばかりではなく、ドリアンなどのすばらしい果物が出回るのもこの季節ですし、日が暮れてから飲む生ビールが一番美味しく感じられるのもこの季節です。

とは言いながら、出来ることならこの季節はサクラの咲く日本ですごしたいものだ、というのが正直なところです。













「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。



BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?

タイ・ブログランキング

チェンマイ、ドイステープの不思議な木

私はチェンマイの町の中でもドイステープのふもとに近いところに住んでいて、
野鳥の写真を撮りにしばしばドイステープに出かけますが、ドイステープの周辺では
日本では見たこともないような美しい木々や花々、また変わった植物に出会うことがしばしばあります。

先日も、野鳥の撮影にドイステープに出かけた帰路、変わった木々に出会て、写真を撮りましたのでご紹介させていただきます。

まず最初は、大きな木なのですが、しっかりと繁った深い緑色の葉の中に真紅の花がたくさん咲いていて、まるで、子供の頃に受けさされた色覚検査の絵柄のようです。
最初の写真では花の様子は分かりませんが、野鳥を撮影する望遠レンズで撮影した花の写真を見ていただくと花の様子が分かると思います。

緑の木の葉の中に赤い花が

緑の木の葉の中に赤い花が(2)



次は、この写真の木の隣に生えていた別の木です。
木の幹に緑色の粒々が張りついているのがおわかりでしょうか?
これを望遠レンズで撮影して拡大してみると、なんと
イチジクのような形の実が無数についているのです。
ちなみに、有名なドリアンやジャックフルーツの実も、木の幹に直接なります。
その様子を見るたびに私は、コブ取り爺さん(おとぎ話の)の頬についたコブを連想してしまいます。

木の幹に張り付いているのは?

イチジクのような実が幹から直接生えています












「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。



BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?

タイ・ブログランキング


ネズミではないようですが・・・・・?

掲載予定の写真を入れたフォルダーを整理していましたら、三ヶ月ほど前に撮影した、ちょっと得体の知れない動物の写真が目に付きました。

いつもの公園で、ネムの花に寄ってくる野鳥やリスを撮影していた時に、ネズミよりはるかに大きな見たことのない動物が目の前を横切りました。
野鳥撮影用の望遠レンズのカメラを持っていたので、それを反射的にその動物に向けてピントを合わせてシャッターを切りましたが、シャッターチャンスはホンの一瞬で、一度しかシャッターが切れなかったのでまずピンボケかカメラブレで、動物の正体の分かるような鮮明な写真は撮れていないだろうと思いましたが、再生してみると、幸運にも、鼻先がちょっと切れてはいるものの、けっこう鮮明に写っていました。

尻尾がフサフサなので、ネズミでは無い事は分かりますが、では何でしょう?というと見当もつきません。

どなたか心当たりがおありでしたら、どうぞ教えてくださいませ。


さて、この動物は???













「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。



BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?

タイ・ブログランキング




パソコンが安くグレードアップできました

昨年12月にパソコンのハードディスクを160GBのものから320GBに交換して、
かなり動きの遅さは回復したのですが、それでも大量の画像ファイルの入ったフォルダーの中から必要な画像を選別したりするときなど、画像の切り替わるのに時間がかかってイライラさせらりたり、フォトショップなどで一度に何枚かの画像を開いたりする時にはスムーズに動いてくれなかったり・・・などなどパソコンの根本的な能力不足を実感することがしばしばです。

このパソコンは、5年ほど前に日本で購入したものですが、当時はけっこうスイスイ動いていましたし、この5年間にメモリーは4倍、HDDも5倍に増強、DVDの書き込みも出来るようにドライブを変更、電源もオーバーホール、などなど、経年劣化と扱うデータ量の増加に伴って対策をして来たのですが、100GBを超える量のデータをスイスイと扱うにはやはりCeleron 2GHz というCPUではちょっと力不足になってしまったようです。

まあ、5年近くも使ってきたんだから、そろそろ現役引退も仕方が無いか!と考えて、
いつもの中古パソコン屋さんに行って相談してみました。
ちょうど良いのが入ってるよ、と見せてくれたのがBELTAというブランド(タイの会社のようです)のデスクトップで、CPUは Pentium4 3GHz、マザーボードは以前私も自作で使ったことのある定評のあるASUS製、メモリーはDDR 256MB、NVIDIA Geforce MX4000 というビデオーカードも入っていて、ちょっとした3Dゲームにも対応できそうです。

メモリーのタイプは私が現在使っているものとおなじDDRタイプなので、
メモリー、DVD±R、昨年末に交換したばかりの320GB HDDなどは今使っているPCのものを転用するということで、今使っているPCと入れ替えると差額はいくらになるのか尋ねたところ、私のPCの小型のアルミケースはタイには無いもので高めに評価できるので、4000Bの追加でどうか?とのこと。

BELTAという会社はどうか?と聞くと、
「三年間の保証をして売ってる会社だから品質は良いですよ。
使っているパーツもわりと良いものを使っているし、壊れたらウチで面倒見ますから心配しなくていいです(三年のメーカー保証も未だ数ヶ月残っているし)」とのこと。

昨年末にHDDを入れ替えた頃、CPUを最近のものと交換したらいくら位かかるか調べたことがあったのですが、CPUを最近のものと交換するとマザーボードも交換せざるを得ないのですが、タイでは私のパソコンのケースに合うような小型のマザーボードは殆ど売っていなくて、結局CPUを交換するにはケースまで交換と言うことになり、とても一万Bではすまない、と言うことで結局CPUの交換は断念した、という経緯があり、それが今回4000Bで可能と言うことはとても魅力的なので、早速OKしました。

すぐに家に帰ってパソコンを持って行き、HDD、DVD±R、メモリー、などを入れ替え、BIOSの設定やドライバーなどを新しいハードウェアに適合するように設定変更してもらいました。

一時間ほどで全ての作業が終わり、早速持って帰って使ってみたのですが、
外観こそ一回り大きくなってまったく変わったものの、デスクトップなどの表示や各ソフトウェアの設定はまったく今までのままで、レスポンスだけが生まれ変わったようにスムーズになってスイスイ動くようになり、とても快適です。
またGoogle Earth のように高い画像処理能力を要求するソフトも、ずいぶん動きが良くなりました(これはビデオカードのご利益でしょう)。

CPUがCeleronからPentium4になったと言うことも有るのでしょうけれど、
2GHzのクロックが3GHzに変わっただけにしてはずい分早くなったなあ、
と思い、ネットで検索して調べてみましたら、このCPUではHyper Threadingという新らしいテクニックが採用されていて、CPUは一つですが、何かの作業をしている時に遊んでいるCPUを別の作業に割り当てて、まるでCPUが二個あるように動作するのだそうです。

その成果かどうか私には分かりませんが、現実に期待以上の性能向上です。
昨年末に交換して外付け(バックアップ用)になっていた160GBのHDDも本体内に収容して使いやすくなりましたし、今回の投資は良い投資だったと思います。

この数日、パソコンのことでちょっとBLOGの更新が疎かになりましたが、
またがんばって更新してまいりたいと思いますので、よろしくお願いいたします。








「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?





Blue-throated Barbet アオノドゴシキドリでしょうか?

今日もチェンマイは快晴のよいお天気でした。
朝の最低気温はなぜか昨日の朝よりも2度ほど高い14.5度でしたが、その後は気温があまり上がらず冷たいそよ風が止まらないうすら寒い天気になりました。

三日ぶりにドイステープに上がってみることにしたのですが、寒さ対策としてしっかりと着込んで出かけたのが正解で、寒さを感じることは殆どありませんでしたが、平地にいるときのような軽装で出かけたら、寒さで写真どころではなくなるところでした。

でも、なぜか野鳥のほうはさっぱりで、結局収穫なしで(魚つりで言うところのボウズ!)岐路についたのですが、ドイステープ寺のそばまで戻ったところで、大きな木に色々な野鳥が止まっているのが見えましたのでバイクを止めてカメラを取り出し、カメラを通してしばらく様子を見ました。

殆どがコシジロヒヨドリでしたが、小型のオウチュウ・・・たぶんヒメオウチュウ・・・・が現れたりしているうちに頭の赤い緑色の野鳥が現れました。
あれ、こんなところにもムネアカゴシキドリがいるのかしら、と不思議に思いながら良く見たら、胸に赤い部分が無く耳から頬、喉のあたりにかけてが空色です。

おっ、これはBarbet(ゴシキドリ)の仲間ではあるけれどムネアカではなくて初物だぞ、と俄然張り切って撮影を続けたのですが、結局30m以内には近寄ってくれず、鮮明なアップは撮れませんでしたが、いちおう特徴のわかる程度の写真は撮れました。

帰宅して図鑑を調べたのですが、アオノドゴシキドリ(Blue-throated Barbet)の特徴と殆ど一致するのですが、額の赤い部分と、頭頂の赤い部分の間が、私の手持ちの本のうちでこの種を掲載している二冊とも空色なのですが、今回の私の写真では黄色と黒です。

でも、他のゴシキドリは棲息域や外見の特徴がぜんぜん合致しませんので、たぶんアオノドゴシキドリだろうと思います。

今回の写真では、残念ながら画質が今ひとつでしたので、この場所を注目ポイントに追加して今後重点的に再会を狙ってみたいと思います。

アオノドゴシキドリ

アオノドゴシキドリ(2)






















「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?

カオジロヒヨドリ(Flavescent Bulbul)の最近の写真です

最近撮影した中から、カオジロヒヨドリ(Flavescent Bulbul)をご紹介します。
これは、こちらでは1000m以上の高地に上がるとときどき見かけるヒヨドリ(Bulbul)の一種で、平地で見かけたことはありません。
以前、すでにご紹介したことがあるのですが、その時よりは鮮明な写真が撮れましたので改めて・・・ということで。

カオジロヒヨドリ

ちなみに、チェンマイ地方でよく見かけるヒヨドリ(BULBUL)の仲間ですが、コウラウンミミジロヒヨドリコシジロヒヨドリエボシヒヨドリズグロヒヨドリミヤマヒヨドリ、などと結構種類が多いです。
コウラウン、ミミジロさん、コシジロさん、は近くの公園で、行くたびに必ず見かけますし、エボシさんとミヤマさんはちょっと標高の高いところに行かないと見かけません。
ミヤマさんにはなかなか出会いませんが、エボシさんにはドイステープに行くと必ずといっていいほど出会います。












「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?

藤棚のような・・・・

何時も、ドイステープ、ドイプイに撮影に行く時は、チェンマイ大学やチェンマイ動物園の前を通るのですが、最近その途中に藤棚のようなものがあってきれいに咲いているのが目に付きました。

一昨日のBLOGに書きましたが、最近近距離も撮影できるカメラを手に入れましたので、それを持ってチェンマイ大学の辺りに散歩に出かけました。
その辺りにはスアン・スカパープ(健康公園とでも訳すのでしょうか、ちょっとした森になっていて、ジョッギングや散歩、体操、昼寝、に最適)やフアイケーオ滝、チェンマイ大学の自然博物館、SRISADA寺、など色々な施設があります。

スアン・スカパープ




藤棚のように見えたものは、スアン・スカパープの道路向かいの歩道にあるのですが、近づいてよく見たら藤の花とはまったく違っていました。
でも、藤棚のような棚が作ってあって、花の色はフジと良く似ているので、
離れて見ると本当に藤棚に良く似ています。

ふじだな(?)1

ふじだな(?)2

ふじだな(?)3

先日の「満開のサクラ?」に続いて、またしても日本のものに良く似たもののご紹介になりました。

最近は、外出する時には出来るだけ広角レンズのデジカメを持って出かけるようにしておりますので、今後、町で目に付いたものを撮影して、少しずつご紹介して行きたいと思います。













「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?

久しぶりにカザリオウチュウが撮れました

昨日は、サクラの話と撮影機材の話で終わってしまいましたので、
今日は昨日撮影した写真をご紹介します。

以前ご紹介しましたが、タイにはカザリオウチュウという尾羽根に長い飾り尾のついたオウチュウがいます。

カザリオウチュウには、少し大柄で前額部に飾り(クレスト)のあるGreater Racket-tailed Drongo(カザリオウチュウ)と、少し小柄で前額部にクレストないLesser Racket-tailed Drongo の二種類あるようで、Greater のほうは平地から少し高いところまでに棲み、Lesserの方は高地に棲み平地で見ることはないようです。

どちらも、見かけることはたまにあるのですが、例の飾り尾をまるで凧の尾のようになびかせながら突然あらわれ、私の視界の中をすーっと横切ってそのまま消え去っててしまうことが多く、写真を撮影出来る機会は本当に少ないのです。

昨日、ドイステープからの帰り道ですが、大きな木の途中の枝にカラスよりは一回り小さな黒い鳥が止まっているのが見えました。
チェンマイでカラスを見かけたことはありませんので、さて何だろうと思いながらカメラを出して覗いてみましたら、Drongo(オウチュウ)のようです。

なんだ!Drongoか、と思ったのですが、もう一度良く見たらなんと尾羽の先に飾り尾があるではありませんか。おっ、カザリオウチュウだ!と俄然張り切って撮影にかかりました。
でも、ターゲットはかなり高い枝に止まっていて、私からの距離は30m以上あって、無理やり木に近づけば真上を撮影することになり、それでは写真になりませんので、どうすることも出来ません。
仕方なく30mの距離から数枚を撮影した後、もう少し大きく撮影するためにバイクのトランクからテレコンバーターを出してきてカメラに取り付けたのですが、準備が出来てさあ、撮影しようと思ったらターゲットはすでに飛び去った後でした。

あまりアップでは撮影できませんでしたが、久しぶりのカザリオウチュウですので、ご紹介させていただきますね。

写真を良く見たらクレストのようなものが見えますし、尾羽の先がV字型になっていますのでGreaterのほうですね。
場所の方もかなり平地に近いところまで下ったところで、棲息場所に関しても矛盾しませんので、Greater Racket-tailed Drongo(カザリオウチュウ)で間違いないと思います。

☆ 今日の教訓! 予備の電池やテレコンバーターのように急に必要になるかもしれないものは、常にポケットに入れておくべし!

カザリオウチュウ














「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?

チェンマイのサクラは終わったようですが

今日のチェンマイは雲ひとつ無い良い天気、西の山々にもまったく雲はかかっていません。
こんな絶好の鳥見日和を見逃すわけには行かないなあ、と早速出発の準備にかかりました。
今朝の最低気温は13度、とかなり下がっていたので山の上はかなり冷え込むのではないかと、長袖のシャツを二重に着込んで10時過ぎに出発しました。

サクラはついに完全にお仕舞いになって、どこに行っても見られなくなってしまいましたが、ドイステープ寺に到着する途中で、まるで満開のサクラのようなものが目に付きました。
道路際にバイクを停めて花をそばで見たのですがやはりサクラの花とは全然違います。
でも、遠くからみると本当にサクラにそっくりです。
花の名前を知りたいのですが、植物については手元に全然資料がありませんのでお手上げです。
どなたかお分かりの方がいらっしゃいましたらよろしくお願いいたします。

まるで満開のサクラのようですが

サクラの花とはぜんぜん違うのですが・・・

というわけですが、すでにお気づきの方もいらっしゃると思いますが、
久しぶりに当BLOGに望遠レンズによる写真ではない写真が登場しました。
つまり、このところ当BLOGは野鳥関係の記事ばっかりだったのですが、実はちょっと事情がありました。
冬至の日の記事にもちょっと書いたのですが、最近の私の撮影機材は遠距離用だけになってしまって、普通のスナップ写真や人物ポートレート、風景などを撮影するための機材が無かったのです。

でもこれでは余りにも不便なので何とかしなきゃ、と思っていたのですが、
先日漸くオークション(日本の)で、中古のデジカメを安く手に入れました。
4年半くらい前に発売された製品で、現役時代はコンデジ(コンパクトデジカメ)としてはかなり高級品だったようですが、日進月歩のデジカメの世界ですからスペックは冴えませんし、外観も見るからに時代物、と言う感じです。
でも、私の用途、つまり風景やスナップ用には何の問題もありません。それどころかズームは28ミリ相当(35ミリ判カメラ換算で)の広角から使えますし、内蔵ストロボで光量が不足する時は外部ストロボも装着できます。おまけに、10センチの接写も可能で、必要ならば秒三コマの連写も可能という優れもので、実写テストの結果でも期待以上のシャープな写真が撮れています。

風景やスナップだけではなく、野鳥の撮影に出かける時にも、ジャンパーのポケットにこのコンデジを入れておいて、野鳥を撮影した時の周囲の状況などもメモのようにスナップしておくと、あとでその時の状況を思い出す助けになると思いますし、いずれにしてもこの年代物デジカメはかなり活躍しそうです。

あとは故障しないことを祈るのみです(いったん故障したら、買った時の値段以上の修理代がかかることは目に見えていますので、修理に出すことは多分ないでしょうから)。

そういうことで久しぶりに近距離用のカメラが使える環境が戻りましたので、
また以前のように、野鳥関係の記事だけでなくチェンマイに関する諸々についての記事も掲載して行きたいと思います。

今日は野鳥の撮影に出かけたのですが、BLOGはサクラの話と機材の話で終わってしまいました。
じつは野鳥のほうでも今日は少し収穫がありましたので、明日にでもご紹介したいと思います。















「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?

名前のわからない野鳥です

昨日もチェンマイはたいへん良いお天気でしたので、お昼前からドイステープ、ドイプイに登ってみました。

昨日のドイステープ、ドイプイは数日前と打って変わって暖かく、
長袖のシャツに迷彩色のジャンパーを着て行くのですが、じっとしている時は良いのですが、少し動き回ると汗ばむほどでした。
気温は恐らく24~5度はあったと思います。

最近は頭部が真っ黒で首から下が真紅のサンショウクイ(ヒイロサンショウクイ Scarlet Minivet)を良く見かけるのですが、昨日も行く先々でこのサンショウクイに出会いました。
昨シーズンは、たまに見かけても全身のちゃんと写った写真が撮れなかったのですが、お蔭様で今シーズンになって何枚も撮影できています。

でも、期待の新種にはなかなか出会えず、帰宅して写真を調べたら一種だけ名前のわからないのが写っていました。

おそらくWARBLER(ムシクイ)の一種だろうと思うのですが、
手持ちの本では特徴の一致するものが見つかりません。
先輩方で心当たりのおありの方、是非よろしくお願いいたします。

名前不詳












「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?

何故か今まで未紹介のハジロマユヒタキ

昨日も未だ見ぬ野鳥の姿を求めてドイステープに出かけたのですが、
残念ながら大した収穫はありませんでした。
でも、帰宅して撮影した写真を整理していたら、ちょうど昨年の今頃ドイプイで初めて撮影した野鳥と同じ野鳥を撮影していることが分かったのですが、なぜかその野鳥はまだこのBLOGではご紹介していないようです。

考えてみたら、ちょうど同じ日に同じ場所でギンムネヒロハシを撮影しているのですが、間違えてそれと同じ種として分類したままになっていたようです。

図鑑をもう一度良く調べてみたら、どうみてもこれはギンムネヒロハシではなくて、たぶんLittle Pied Flycatcher(ハジロマユヒタキ)だと思います。

と言うわけで、昨日に引き続いて今日も、努力なしに新種を一種追加と言うことになりましたが、「新年のお年玉」ということで素直に喜んでおきましょう。

2008.03.30 追記
どうも、この野鳥はLittle Pied Flycatcher(ハジロマユヒタキ)ではなくて、
アカバネモズチメドリ(White-browed Shrike Babbler)の♂のようです。
背中の側の写真が撮れて、間違いが分かりました。

  「White-browed Shrike Babblerアカバネモズチメドリ(♂)が撮れました」





ハジロマユヒタキ

ハジロマユヒタキ(2)


















「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?

ハリオツバメが撮れました

チェンマイでもツバメはとても一般的な野鳥です。
いつものスアンルアン公園でも上空を旋回しているのを良く見かけるのですが、
何時も高速で飛びまわっているので本気で写真を撮る気にはなれません。
先日、適当な距離に前もってピントを合わせておいて、戯れに飛行中のツバメを追いかけてみたのですが、案の定まともな写真は撮れませんでした(一応、ご紹介しておきますね)。

飛行中のツバメ

でも、こんな写真でも日本のツバメと同じツバメ(Barn Swallow)だろうと言う事はほぼ判ります。
今は日本は寒いので暖かいタイに避寒にきているのでしょうけれど、繁殖行動をするのは日本だけで、こちらでは巣は作らないのでしょうか?
巣を作って繁殖行動をしてくれれば色々な写真を取れる機会もあるのでしょうけれど・・・・よくわかりません。

ところで、私の住んでいる近所で何時もツバメのような野鳥が電線に止まっているのを見かけるところがあります。
いつもそこを通りがかる度に、カメラがあったらなあ、と思うのですが、
今日、たまたま撮影に出かけた帰りに、ちょっと遠回りをして写真屋さんに頼んであったプリントを取りに寄ったのですが、その帰り道にその辺りを通りがかったら、やはり電線に野鳥がたくさん止まっているのが見えました。

今日はカメラを持っていたので、バイクを道路際に寄せて駐めて、カメラを取り出して野鳥を観察してみました。

殆どはインドハッカ(カバイロハッカ)ハイイロモリツバメでしたが、どうもツバメの仲間らしいのが二羽いたのでそれを重点的に撮影してみました。

帰宅して拡大してみたら、どうも日本のツバメとは違うみたいで、
頭に赤いカンムリのような部分があり、尾の先が針金のように細くて長くなっています。
図鑑を調べたら、ハリオツバメ(Wire-tailed Swallow)という種類のようで、普通のツバメのような渡り鳥ではないようです。

今日は、偶然に恵まれて全然苦労なく新種が追加できました。
こんな具合にどんどん新種が増えていくと楽なんですけど、
でも、あまり苦労ナシに新種が増えると有難味がなくなってしまうかもしれませんので、程々がいいですね。

ハリオツバメ(1)

ハリオツバメ(2)













「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?

久しぶりのヒメオウチュウ(Bronzed Drongo)です

今日のチェンマイも大変良いお天気だったので、連日のドイステープ出撃になりました。
昨日は薄着で出かけて寒かったので、今日はジャンパーの下に長袖のシャツを着て、その下にもう一枚シャツを着て出かけたのですが、今日は昨日よりももう少し気温が低かったのでしょう、防寒対策はまだ不充分で結構寒い思いをしてしまいました。
ちなみに今朝のチェンマイの最低気温は約15度(実測)でした。
日中の最高気温は、推測ですが24度くらい、山の中では12度くらいではなかったか思います。

それはさておき、今日は結構いろいろな野鳥に出会うことが出来ました。
新種には出会えませんでしたが、久しぶりにヒメオウチュウ、ヒメカザリオウチュウに出会うことか出来ました。
ヒメカザリオウチュウは、残念ながらカメラの支度をしている間に飛び去ってしまったのですが、ヒメオウチュウのほうは数カットの撮影が出来ました。

ヒメカザりオウチュウよりもひとまわり大型で真っ黒な普通のオウチュウ(Black Drongo)は平地にもいて、いつものスアンルアン公園でも良く見かけるのですが、小型で青っぽいヒメカザリオウチュウ(Bronzed Drongo)のほうは山地の森の中でしか見ることは有りません。
これに飾り尾のついたヒメカザリオウチュウのほうは、見かけるだけでも幸運で、
よほど運が良くないと写真までは撮らせてもらえません。

昨年の今頃だったでしょうか、運良くヒメカザリオウチュウの写真が撮れたことがありましたが、残念ながらピントが甘かったので、ずっと再度のチャンスを待っているのですが今日も駄目でした。

ヒメオウチュウ












「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?

ミヤマヒヨドリとヒイロサンショウクイが撮れました

今日もチェンマイは良いお天気でした。
朝の最低気温は約16度、と涼しくて気持ちの良い朝でした。
午前中はいつものスアンルアン公園にカメラを持って出かけたのですが、ほとんど収穫はありませんでしたので、午後からはドイステープに行ってみました。

チェンマイでは(多分、タイ国内ではどこも大同小異だと思いますが)今日、一月二日はもう正月気分は殆ど抜けて殆ど平常どおりで、学校もちゃんと授業をしていました。
でも、さすがにドイステープ寺は参詣者、観光客が多く、登山道路は結構交通量が多かったです。

今日は晴天と言ってもかなり雲が多く、そのせいかどうか気温もちょっと低めで、私の体感温度計ではドイステープ辺りの気温は12-3度ではなかったかと思います。

なのに今日はうっかりと半袖のYシャツの上にジャンパーを羽織っただけと言う軽装で出かけてしまったため、バイクで走っていると高度が上がるに従ってだんだんと寒さを感じるようになり、ついにはバイクを降りてからも薄ら寒く感じるようになってしまいました。

今日は出かけるのが少し遅かったということもあり、余り奥には行かないことにして、プーピン宮殿のあたりで折り返して、野鳥を探しながら戻りました。

途中、何箇所か私の探鳥ポイントがあるのですが、その一つでヒイロサンショウクイ(Scarlet Minivet)ミヤマヒヨドリ(Mountain Bulbul)を撮影できました。
どちらもお初ではないのですが、今までの写真よりは鮮明なものが撮れたように思いますのでご紹介させていただきますね。

ヒイロサンショウクイという鳥は、オスは鮮やかな真紅色で雌の方は黄色と、雄と雌とではまったく色が違うのですが、雄の色鮮やかな写真は未だ撮れていなかったの今日は一歩前進です。

ヒイロサンショウクイ

ミヤマヒヨドリ

☆ このヒイロサンショウクイの写真は、どうも色がおかしいので、
ずっと気になっておりましたが、本日(2009.08.14)思い切って
画像処理をやり直してみました。
その結果がこれですが、以前のものよりもかなり自然に見えるようになったのではないでしょうか。

ヒイロサンショウクイ♂(Scarlet Minivet) IMGP18465_R
ヒイロサンショウクイ♂(Scarlet Minivet) IMGP18465_R posted by (C)MARUT














「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?

チェンマイより、謹賀新年

謹 賀 新 年

 

 


旧年中は当BLOGをお引き立て頂き、まことに有難うございました。
今年も、チェンマイ生活のさまざまと、チェンマイの野鳥のご紹介を続けてまいりたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。

昨年暮れに何度かご紹介させていただいたドイステープのサクラですが、
今シーズンは昨シーズンよりもかなり早く開花し、すでに殆どが終わってしまいましたが、一部ではまだ満開の状態のサクラの木も残っていると思いますので、ドイステープのサクラをお楽しみになりたい方はお急ぎくださいませ。

今日は、満開のドイステープのサクラの花を夢中で食べるリスをご紹介します。
まるで軽業師のようにうしろ足だけで枝に摑まって器用に花を食べています。
以前、スアンルアン公園でネムの花を食べるリスをご紹介したことがありますが、リスは花が大好物のようです。

ちなみに、チェンマイにはたくさんのリスが棲んでいて、町の中でも山の中でもしばしば姿をみかけますし、電柱の間に張られた電話線の上をリスが歩いている姿をみかけるのも珍しいことではありません。

サクラの花を食べるリス











「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?

«  | ホーム |  »

プロフィール

Khun Marut

Author:Khun Marut
"クン・マルッ"は、タイ人の友達がつけてくれたタイ名前です。チェンマイで質素に隠居生活をしています。タイ生活の色々を出来るだけ写真入りで綴って行きたいと思います。色々な話題がありますので、検索してみて下さいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (100)
食 (22)
タイ生活 (120)
パソコン・インターネット (54)
交通 (11)
チェンマイの気候・天候 (132)
北タイの伝統と文化 (19)
熱帯魚 (40)
チェンマイの野鳥 (663)
チェンマイの自然 (143)
日本語ボランティア (2)
チェンマイという町 (12)
日常の科学 (5)

開設者にコンタクトする

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR