2007-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アオバネコノハドリに再会しました

今度こそは本当の雨季明けのようで、この一週間毎日のように良い天気が続いており、朝の気温もずいぶん下がってきたようで、今度こそは本当の雨季明けに間違いないようです。

一昨日、久しぶりにドイステープに登り、見かける野鳥の種類や聞こえてくる囀りもも乾季のムードになっていることを確認しましたので、今日午後ふたたびドイステープに行ってきました。
下界は気温28-30度くらいの感じで日の当たるところに出るとやや暑さを感じるくらいでしたが、高度が上がるにしたがって気温はどんどん下がって、ついには長袖のシャツを着ていても(バイクの運転中は)寒さを感じる位になりました。
おそらく20度をかなり下回っていたのではないかと思います。

何故か今日は野鳥の姿は余りたくさんは見かけませんでしたが、帰りがけに王家専用のヘリポートに立ち寄ったところ、はるか遠くの梢の中にちらっと鮮やかな緑色の野鳥が見えました。
カメラを構えながらそうっと近づいていったのですが、さいわい野鳥はその木の枝をあちこち飛び回っていました。
どうやらアオバネコノハドリのようだ、というところまでは分かったのですが、地形の関係でどうしても30-40mくらいまでしか近寄れませんでしたので、やむなくその距離から切れるだけのシャッターを切りました。

帰宅してじっくりと写真を見たのですが、やはりアオバネコノハドリの♀のようです。

アオバネコノハドリ(♀)

アオバネコノハドリ(2)

図鑑によればアオバネコノハドリは渡り鳥ではなく留鳥のようですが、
もう何ヶ月もお目にかかっていませんので、ほんとうに久しぶりの再会です。
(アオバネコノハドリによく似たキビタイコノハドリは一ヶ月ほど前に見かけて写真もご紹介しましたが)

今日の画像は、やむを得ずピクセル等倍以上に拡大していますが、残念ながら私の機材ではこの大きさの野鳥にこの距離では離れすぎで、レンズとCCDの解像力の限界を超えているようです。

次回、同じ場所を攻めるときは違う方角からのアプローチするなどして、もうすこし近距離からの撮影を模索する必要がありそうです。










「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?


タイランドハイパーブログランク


スポンサーサイト

知らないうちに新種(ズグロヒヨドリ)が撮れていました

最近、殆ど毎日のように野鳥の姿を求めて近所の公園にでかけますが、
先日、その公園でお腹が黄色くて頭の黒いヒヨドリ(BULBUL)のような野鳥をを見かけて何となく数枚の写真を撮りましたが、ああ、何時も良く見かけるエボシヒヨドリだな、と思ってそのまま放置していました。

しかし、帰宅してもう一度じっくりと写真を見ていたら、今回の写真の野鳥にはエボシヒヨドリの特徴であるエボシが見えませんし、いままでエボシヒヨドリは平地で見かけたことはありません。
ひょっとしたら別の種の可能性もあるかな、と思って図鑑を調べてみたら、
ありました!
「Black-headed Bulbul ズグロヒヨドリ」が該当するようです。

というわけで、知らないうちに新種を撮影していました!!
今回は、ちょっと距離がありすぎてあまり鮮明な写真は撮れていませんが、
今後、その場所ではズグロヒヨドリのことを忘れないようにして、今度現れたときにはぜひ鮮明な写真をGETしたいと思います。

ズグロヒヨドリ



参考までに、今年の4月に撮影したエボシヒヨドリ(未公開)もあわせてご紹介しておきます。

エボシヒヨドリ













「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?


タイランドハイパーブログランク


渡り鳥の戻ってきたドイステープ

最近、いつもの公園で、モズ、セキレイ、ヒタキなど、北国から戻ってきた渡り鳥の姿をたくさん見かけるようになりましたので、ドイステープ(チェンマイの町を西から見下ろす1200m位の山です)の野鳥もそろそろ様変わりしているのではないかという期待を持って、今日の午後、二週間ぶりにドイステープ・ドイプイに登って見ました。

最近は下界もかなり涼しくなって来ているので、山の上は寒いかもしれない、と長袖のシャツを着て行きましたが、大正解でした。
下界では良く晴れていたのですが、山の上は雲が多く晴れたり曇ったりで、日が陰るとうっすらと寒さを感じました。
カメラを構えてしばらくそのままでいると、カメラのファインダーやメガネに吐く息が当たって曇ってきましたので、かなり気温は低かったのでしょうね。

あちこちから聞こえてくる野鳥のさえずりも今までとはかなり変わってきていて、そういえば今年の初めごろ、野鳥の姿を求めて初めてドイステープに出かけた頃もこんな感じだったなあ、と思い出しました。

やはり野鳥の相はかなり変わってきているようで、当分見かけなかった長い飾りはねを持つヒメカザリオウチュウや、真紅のサンショウクイ(ヒイロサンショウクイ)と出会うことが出来ましたし、姿は見かけませんでしたが懐かしいさえずり声がいろいろと聞こえてきました。

残念ながらそれらの写真は、全身の上手に撮れたものが無かったので、今日は紹介は遠慮させていただきますが、ヒイロサンショウクイを見かけたと同じ辺りで見かけて、ちょっと距離はありましたが何とか撮影できた黄色い野鳥の写真をご紹介しておきましょう。

モモイロサンショウクイ(♀)かな

尾羽が全部写っていないのですが、たぶんモモイロサンショウクイかヒイロサンショウクイの♀だと思います。

というわけで、今日のところは余り成果は上がりませんでしたが、
渡り鳥が本格的に戻って来ていることが確認できたので、これから当分はドイステープ、ドイプイ行きが楽しみです。













「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?


タイランドハイパーブログランク






アオショウビンに再会できましたが・・

先日19日に、いつもの公園でアオショウビンの写真を撮影してご紹介しましたが、
昨日再び、先日と余りはなれない場所でアオショウビンを発見しました。

実は、前回アオショウビンに遭遇した19日ごろは、最近日本から届いた新兵器の実戦テスト中だったのですが、結局テストの成績は余り芳しくなかったのでメインウェポンとしての採用は見送ることにしようと考えたのですが、私の使い方が未熟だった事が原因だった可能性も否定できないので、もう一度テストをしてみる事にして昨日もその新兵器を持って出ていました。

あれっ、こんどアオショウビンに出会ったら絶対にクリアーな写真を撮ってやろう、と考えていたので、使い慣れたほうを持ってきてれば良かったのに、と一瞬困ったなあ、と思いましたが、ぼやいても仕方が無いので、ピントとブレに充分注意しながら撮影を開始しました。

しかし、今回もまた私とアオショウビンの間には小川が流れていて、発見したときは7-80mの距離があったので、撮影を続けながら小川に沿って少しずつ距離を縮めて行きましたが、40m以上には接近できません。
仕方が無いのでその場所である程度の枚数を撮影したあと、アオショウビンが同じ場所にいてくれることを祈りながら橋のあるところまで移動して水路を迂回して、ふたたびアオショウビンを探しましたが、すでに飛び去ったあとでした。

というわけで、今回もまた距離がありすぎて、また新兵器のほうも実力発揮というわけには行かず、前回以上の鮮明な写真は撮れませんでしたが、
前回の写真では殆ど見えなかった鮮やかなブルーの背中が撮影できた事は一歩前進です。

アオショウビン

昨日の目的の一つだった新兵器の再テストですが、やはり私のような使い方(三脚を使用しないでいつも手持ち撮影、フォーカシングはマニュアル)ではクリアーなショットの撮れる確率が大変低く、よほど明るいところでコントラストのはっきりした被写体を撮影するとき以外は実用にはなりにくいという結論になりました。
ということで、ここ当分は20年前の製品、しかも発売当時から財布に優しい価格帯の製品だった現用機に精一杯活躍してもらいましょう。

私の使用機材について興味のおありの方は、当BLOGのHOMEページの左側にある「MAIL」欄の「メッセージを送る」をご利用ください。
私に直接メールが届きます。










「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?


タイランドハイパーブログランク


再度、セアカハナドリです

今朝も良い天気で、本当に雨季は明けたようですが、今朝はちょっと用事があっていつもの公園には出かけませんでしたので、最近撮影した中からセアカハナドリの写真を掲載させていただきます。

セアカハナドリ

セアカハナドリ(2)

セアカハナドリはこの公園にはたくさんいる野鳥の一つで、スズメよりも少し小柄で、小石をぶつけるようなカチッ、カチッ、とかカチャ、カチャ、カチャとか、とても特徴のある声ですぐに分かります。

木の枝の茂みの中を頻繁に動き回るので鮮明な写真を撮るのはなかなか容易ではないのですが、まあ機会が多いので下手な鉄砲を数でこなしていると、たまにチャンスが巡ってくるので、まあまあ鮮明な写真が撮れています。

個体によって、さなかの赤い部分の大きさにはかなり差があるようで、
以前ご紹介した個体は見事な赤い背中でしたが、今回のは余り赤い部分が見えません。










「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?


タイランドハイパーブログランク





お月様の写真を撮ってみました

かなり以前から、野鳥撮影のためのレンズで悩んでいて、
私の乏しい予算の中で入手できるものとして、オークションに出ている古い古い昔の製品の中から使えそうなものを探しています。

去る九月から使っている望遠レンズも、やはり20年位前の製品をオークションで安く手に入れたものですが、お値段の割にはまあまあのもので、最近の当BLOGの写真は、19日のアオショウビンの写真を除いてはどれもこのレンズを使用して撮影したものです。

今夜はとても月がきれいなので、レンズのテストを兼ねて月を撮影してみました。
やってみて初めてわかったのですが、月って言うのは結構明るいんですね。
絞りをf11に絞っても250分の1秒のシャッターが切れました(ISOは高感度の800にセットしましたが)。

お月様の写真

これで分かったのですが、月は天体望遠鏡を使わなくても結構写るんですね。
このBLOGをご覧頂いている皆様もぜひお手持ちのデジカメで試してみてください。
私は天文には疎いのですが、この写真を天文好きの方に見ていただけば、いろいろな地名のついた月面場所(何とかの海とかいうような)がいろいろと識別できるのではないかと思います。

この月の写真を、いろいろな方がいろいろな望遠レンズを使って撮影された写真と比べてみると、このレンズがどれほどのものかという客観的な評価が得られるのではないかと思うのですが、その辺りについての情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、ご意見をお寄せいただけると幸いです。









「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?


タイランドハイパーブログランク




久しぶりにオオバンケンの登場です

今日もチェンマイは良いお天気でした。
連続の公園出勤でしたが、今日は新種との遭遇はありませんでした。
でも、久しぶりにオオバンケンの全身写真が撮れましたのでご紹介させていただきますね。

オオバンケン(Greater Coucal)は、北タイでは何処でもどこでも良く見かける野鳥で全然珍しい野鳥ではないのですが、わりと用心深くて人の気配を察知するとすぐに飛び去るか茂みの中に隠れてしまうので、全身がきれいに写った写真を撮るのはなかなか容易ではないのです。

今日のオオバンケンは、草刈の済んだばかりのところで一生懸命虫を探しては捕まえて食べていたので、少し警戒心が薄くなっていたのでしょうか、30mくらいまで接近を許してくれましたので、何枚か全身の写った写真を撮ることが出来ました。

オオバンケン


草を刈った跡は虫などがたくさんいて、えさを捕るのが易しいのでしょうか、
先日のアオショウビンを最初に見つけたのも草刈の跡でした。
草刈の跡は要注意のようです。










「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?


タイランドハイパーブログランク


コモンアカゲラとアオショウビンに再会できましたが・・

チェンマイは、今日で連続四日の好天です。
今度こぞ本当に雨期明けではないかという感じがします。

写真をやっておられる方は良くご存知のことですが、
青空の広がった晴天と、曇天では(太陽は出ていたとしても)では写真の撮りやすさが全然違います。
曇っていると暗いためにシャッター速度を落とさざるを得なくなり、
そうでなくてもブレやすい望遠レンズの撮影ではますますブレやすくなります。
同様にレンズの絞りも余り絞れませんので、ピンボケ写真の発生率も大幅上昇です。
その上、背景が曇り空になると写真として美しくありませんし、
明るい雲などが背景に来るとレンズ内で発生するフレアが多くなって、ターゲットの色がにごって写真の鮮明度が落ちやすくなります。

それが今朝は雲ひとつない見事な快晴で、さわやかなそよ風が吹き、最高の写真日和です。もちろん、カメラを持っていつもの公園に出勤(!)です。

今日はこの好天に誘われたように、いつも以上の多くの野鳥が姿を見せてくれて、あっという間に二時間が過ぎ、快い疲れとともに帰宅しました。

雨季が明けて乾季の到来と同時に多くの渡り鳥が北国から戻ってきますので、
いよいよ北タイはバードウォッチングのシーズンに入ったといっても良いのではないでしょうか。

今日、姿を見た野鳥の中のハイライトはアオショウビンとコモンアカゲラです。
アオショウビンは、突然、どう見ても美しいとはいえない鳴き声とともに私の視界に入ってきたと思ったら、3-40m前方の大木のてっぺんの枝に止まりました。

今日は見事な青い背中が見えたので、勇んでカメラを構えたのですが、シャッターを切れないうちに飛び去ってしまいました。もう二秒ほどそこにいてくれたら少なくとも数回のシャッターが切れたのですが、惜しいところでした。
でも、これで二度目の遭遇ですので、近日中にまた会えると思いますので、その日を楽しみに待ちましょう。

コモンアカゲラは、最近多くの野鳥が止まっていることが多くて注目している木で見つけました。当分の間、その木の枝のあちこちを行ったり来たり移動していましたので、何度かシャッターは切れたのですが、どうも良いアングルになってくれず、結局余り良いショットは撮れませんでした。
一枚だけご紹介しておきますね。

コモンアカゲラ

でも、コモンアカゲラのほうも、いるところがほぼ特定出来ましたので、今後またチャンスはあると思います。

他にも、今日はムネアカゴシキドリやセアカハナドリ、コシジロヒヨドリ、キバラタイヨウチョウなど、を公園内のあちこちで見かけられましたが、どれもみなちょうど繁殖期なのでしょう、二羽が戯れあっているように見えるシーンに何度も遭いました。

その中で、今日はムネアカゴシキドリを今までになく近くで撮影できましたので、ご紹介しておきましょう。

他にも今日はかなりの枚数を撮影したのですが、ご紹介はまたの機会にさせていただきます。

ムネアカゴシキドリ

ムネアカゴシキドリ(2)











「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?


タイランドハイパーブログランク



シロハラクイナ(White-breasted Waterhen)に再会しました

今朝も良い天気で、これで三日連続の晴れです。
今度こそは本当に雨季が明けたのかもしれません。
そうなら嬉しいのですが・・・・。

という訳で、今朝もカメラを持っていつもの公園に出陣です。
昨日と一昨日、実戦の場でのテストのつもりで、つい先日日本から届いたばかりの新兵器を持って出かけたのですが、どうも今回の新兵器は公式スペックは優秀なのですが実戦での命中率が大変悪く、弾薬を浪費してくれるばかりで戦果の方は今一つというより今三つという感じで、今日は既に使い慣れた現在の制式兵器(9月から先代に変わってMain Weaponになっています)の方を持って出かけました。

昨日、公園の中でもめったに人の通らない奥まったところを歩いていたら、水路に沿った遊歩道を、小型の鶏くらいの大きさの胸の白い脚の長い野鳥が歩いているのを見かけたのですが、今日も同じ辺りで同じ野鳥を見かけ、昨日は一枚も撮影できないうちに草むらに逃げ込まれてしまったのですが、今日はほんの数枚ですが撮影に成功しました。

シロハラクイナ

昨日もそうではないかと思っていたのですが、今日撮影に成功してじっくりと眺めてみたら、やはりシロハラクイナです。
昨日逃げ込んだ草むらの辺りを観察すると、どうも何時もそこを通っているらしい感じがあり、多分その奥に巣があるのでしょう。

シロハラクイナは以前住んでいた、チェンマイ郊外のSARAPHIの家で、
雨季に隣の空き地が水溜りだらけになっていたころに、一度だけ私の前に姿をみせてくれて、運良くその時に撮れた写真が残っているだけでした。

その当時よく通ったSARAPHIの公園にも、今日の公園と同じように大きな池と水路があり、そこでもシロハラクイナはよく見かけたのですが、人の気配を察知するとすぐに草むらに逃げ込んでしまう用心深い野鳥で、今日まで再び撮影できる機会がありませんでした。

以前にも同じような事を書きましたが、真っ白い顔に黒い大きな目は、地獄からの使者のような何とも不気味な感じのする野鳥です。

今日は、それまで明るいところを撮影していて、カメラの絞りがかなり絞った設定になっていたのを、うっかり設定を変えないでそのまま撮影してしまったため、シャッタースピードがかなり低速になり、手ぶれ、被写体ぶれのためにあまり鮮明な写真になりませんでしたのでアップでのご披露はご遠慮させていただきました。(まだまだ修行の足りない未熟者です!)

でも、フォーカスはほぼOKのようで、やはりこちらの方が試験中の新型兵器よりは戦力として頼りになるようで、新型機の制式採用は見送らざるを得ないようです。

ここ当分、その辺りを通るときにはシロハラクイナに気をつけて、次のチャンスにはもっと鮮明な画像をゲットしてご披露したいと考えています。











「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?


タイランドハイパーブログランク


大型のカワセミ、アオショウビンが撮れました

先日来、日本から届いた新兵器のテストと使いこなしのためのトレーニングを続けてきましたが、ほぼ感じがつかめたので(使いこなせるようになった、とは未だ到底言えないのですが)、昨日今日と良い天気が続いており、特に今朝は雲が少なく青空が広がっていたので、いつもの公園に新兵器を持って初出陣しました。

公園に入って未だ間もない頃、公園内の小川に沿って歩いていたら、対岸の草原にハトくらいの大きさの青っぽい一羽の野鳥が何かを食べているのが見えました。

あれっ、見たこのない野鳥だな、と思いながらそっと近寄って行ったら、射程距離に入らないうちに飛び立ってしまいましたが、すぐにまた30mほど前方の木の枝に止まってくれました。
また近寄っていって逃げられては元も子もありませんので、とりあえずこの距離からでも撮れるだけの写真は撮っておこうと、数回のシャッターを切ったところで案の定飛び去ってしまいました。

幸い、数枚はシャッターを切ることが出来たので、早速拡大して見たら、なんと大型のカワセミ、アオショウビンでした。
アオショウビンと言えば、今年の1月に、当時住んでいたSARAPHIの公園で一度見かけて写真を撮りましたが、アオショウビンかヤマショウビンかはっきりとは区別できず、状況証拠からとりあえずアオショウビンと言うことにしていました。

ちょっと距離がありすぎて、おまけにまだ使い慣れていない新兵器を使ったため、ピントが少し甘くて撮れた写真はあまり鮮明とは言えずちょっと不満は残りますが、逃げられてまったく撮れないよりははるかにマシで、特に今回は全身が撮れたので疑問の余地無くアオショウビンと同定できますので、良しとしましょう。

アオショウビン










「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?


タイランドハイパーブログランク


(続)日本からの荷物

昨日の朝、一番にプラシン郵便局にって日本からの荷物を受け取りに行きました。
アパートの管理人さんに場所を聞いて出かけたのですが、有名なワット・プラシンの前の通りにある大きな郵便局で、探すというほどのこともなく、すぐに分かりました。

通知票を渡すとすぐに段ボール箱を持ってきてくれて、514B払ってくださいというので支払って、パスポートを提示して受取書にサインをして終わりです。

かえってゆっくりと書類を眺めたら、4000Bの価値に対して、関税が5%と、関税を加えた額に7%の消費税、それに何かの手数料20Bで514Bになっていました。

4000Bと言うと日本円で13000円ほどなので、まあそんなものかなぁ、という感じです。
実は、納品書やEMSの送り伝票の申告欄に記入してあった額はもう少し少なかったのですが、税関の職員は4000Bと査定したと言うことでしょう。

納品書が査定に影響したかどうかは微妙なところです。
次回、機会があればまた試して見ましょう。

ともあれ、理不尽な課税をされるという事は無く、今回の日本からの荷物は無事に私の手元に届きました。
協力してくださった友人には感謝感謝!です。

先週火曜日の発送でしたので、四日で通知書(郵便局まで受取りに来るように、と言う)が届いたと言うことです。
ちなみに、外部から見たときは開封の痕跡は良く分からなかったのですが、
中にはタイの新聞紙などがかなり詰め込まれていたので、やはり税関で開封して中味をチェックしたのでしょう。


早速これから、新兵器のテストと習熟にかかります。
BLOGにその効果が現れるのは何時のことになるかは何ともいえませんが、
何かを感じられたときは、コメント欄に書き込みをいただけると嬉しいです。











「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?


タイランドハイパーブログランク


日本からの荷物

昨年の正月明けごろから、野鳥の写真撮影はじめたのですが、
今ではこれが日課のようになり、カメラに触らない日は殆どなくなりました。

BLOGに少しでもマシな写真を掲載したいものだと、いろいろと勉強しておりますが、やはり機材の方もある程度は揃えてやらないと、気持ちだけでは如何ともしがたい場面が多くあります。

写真の機材に関しては、経済的なゆとりがあれば、いくらでもすばらしい撮影機材が手に入りますが、貧乏隠居の私にとっては目の毒になるようなものばかりで、なかなか思うようにはなりません。
そこで考えたのが、昔よくお世話になっていたYAHOOオークションです。

幸いなことに、写真の世界では20年も30年も前に製造された機材で今も現役で使えるものがたくさんあります。
私が現在メインで使っている望遠レンズも実はオークションで購入した20年前の製品で、しかも発売当時から財布に優しい価格の製品で、決して高級品ではありませんでした。

それでも、レンズとしての性能はまあまあで、使いこなせればそこそこの画質の写真が撮れます。
でも、最近それだけでは撮影できる機会が限定されてしまって、折角のチャンスを歯軋りしながら見逃すようなことがしばしばあり、どうしてももう少し機材を充実したいものだと考えるようになり、この一ヶ月ほどの間でオークションで2-3の撮影機材を補充することが出来ました。

今回購入した品物もまた、10年~20年くらい以前に製造されたものばかり、しかも安い製品ばかりで、もし、それらの購入価格を当BLOGをご覧いただいている皆様に公表したら笑われるのは間違いなさそうなので、公表は控えさせていただきますが、とにかく、とても安い価格である程度の撮影機材のレベルアップが図れました。

オークションでは殆どの出品者が海外発送はしてくれませんので、落札した品物はとりあえず日本にいる友人にお願いして代理で受け取って保管しておいて頂いて、先日まとめて私に向けて発送していただきましたが、心配だったのは、タイの税関です。

日本むけの荷物は、現在までに関税の引き下げが相当進んできているので、
昔と違ってよほど高額な品物とか販売用に大量に送るのでなければ、税金の心配は余りしなくて良いのですが、タイでは(昔は日本もそうでしたが)先進国からの荷物に関税を掛けることに大変熱心(貪欲と言ったほうが適切?)です。

タイでは何事につけて、マニュアルが整備されていなくて「担当者の裁量による」と言うことが多くて、それで泣かされる人が多いのですが、私の今回の買い物でも、実際の購入額は低くても、タイの税関職員が高額な品物、または課税率の高い品物だと認定したら、それによって課税されてしまいます。

そういう懸念から、今使っている望遠レンズは、ちょうどその頃日本からチェンマイに来られる方がおられたので、その方にご無理をお願いして運んでいただいたのですが、あまりしばしば他人様を当てにするのは申し訳ありませんので、今回は郵送してみることにしました。

とはいえ、今回の品物の中には一見きれいなものもありますし(どれも古いものばかりなのですけど)、写真関係に知識の無い人が見たら高価そうに見えてしまう可能性は無いとは言えませんので、運が悪ければ購入額と同額またはそれ以上の関税や消費税を課されてしまう畏れも否定できません。

かと言って、万が一にもそのような事になっては堪らないので、
なけなしの知恵をしぼったのですが、今までその品物を預かってくれていた友人にお願いして、中古品販売業者として中古品販売の納品書を作って頂いてパッケージの中に同梱していただくようにして、EMSのラベルを書くときに、内容物、価額の申告欄にはその納品書と同じ品名や金額を記入してもらうようにお願いしました。

こうしておけば、税官吏が内容物を見たときに、EMSの申告欄に書いている内容が正直なものであると言う「さりげない・・・・つまりワザとらしくない」証明になると考えたのです。
EMSの申告欄に記入するだけだと、安めに記入しているだろう、と考えられてしまうでしょうし、現実に正直な金額を記入する人は少ないでしょう(笑)。

でも、こうしておけば、最低でも何がしかの税金(関税)は免れないかわりに、不当な課税をされる可能性は下がるのではないか、と考えたわけです。

昨日の土曜日、課税荷物が届いているので郵便局まで受け取りに来るように、という通知書が郵便局から届いたのですが、土日は郵便局の窓口は開いていないので、明日、受け取りに行ってこようと考えていますが、果たして税金はどうなっているでしょうか。
ちょっとハラハラドキドキです。









「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?


タイランドハイパーブログランク


タテジマクモカリドリ Streaked Spiderhunter

まだ、チェンマイの雨季は明けていないようですが、
気象のパターンや雲の雰囲気は雨季真っ盛りとはかなり違ってきていますので、
いよいよ雨期明けもすぐそこまで来ているのだろうと思います。

今日の午後、すっきりと晴れと言うわけではなかったのですが、ドイステープを見てもまったく雲はかかっていませんでしたし、空もかなり青空の部分が多く見えたので、久しぶりにドイステープに上がって見ました。

何箇所かの今まで実績のある鳥見ポイントを廻ったのですが、
どういうわけか、どこも野鳥の姿は大変少なく、見かけるのはいつもの常連の
コシジロヒヨドリやエボシヒヨドリばっかりで、期待はずれでした。
平地では最近良く渡り鳥の姿を見るようになって来ているのですが、
山地では渡り鳥の戻ってくるのが少し遅いのかもしれません。

空模様も怪しくなってきたので、「ドイステープでの鳥見はまだ少し早いのかも・・・」と思いながら帰途についたのですが、その途中の道路わきの林の梢に一羽の野鳥を見ましたので、
ちょっと足を止めて観察していたら、タイヨウチョウのような長い湾曲した嘴を持っているのですが、体が一回り以上大きいのです。

あれっ、これはいつものタイヨウチョウではないぞ、と早速撮影にかかりました。
明るさが充分でなく余りシャープな写真は撮れなかったのですが、野鳥の特徴の分かる程度の写真は撮れましたので、帰宅して早速図鑑を調べたら、
タイヨウチョウではなくて、Streaked Spiderhunter タテジマクモカリドリのようです。
タイヨウチョウはどれも脚が黒っぽいのですが、今日の野鳥の脚はオレンジ色なので、まずタテジマクモカリドリで間違いないと思います。

Spiderhunterの名のつく野鳥は、タイには7種類くらいが居るようですが、
お目にかかれたのは今日が初めてです。

タテジマクモカリドリ












「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?


タイランドハイパーブログランク



ネムの花を貪り食うリス

今朝のチェンマイはとても涼しく、多分20度近くまで下がっていたのではないでしょうか、朝目覚めて窓を開けるととても涼しい風が入ってきて驚きました。
雨季も終わりに近づいて天候が不安定になっているのに加えて、台風崩れの熱帯性低気圧がもう一度格下げになった弱い低気圧が北部タイに来ているらしく、その影響でこの2-3日はかなり天候がいつもと違う感じがします。

そんなわけで、青空が殆ど見えないので写真の撮影には出かけていませんので、
今日は、先日来ご紹介してきたいつもの公園の、ネムの花を食べるリスをご紹介しましょう。

ネムの花を食べるリス


このリスは半年前まで住んでいたチェンマイ郊外のSARAPHIでも良く見かけた種類のリスで、体が20センチくらいで、それに同じくらいの長さのふさふさとした尻尾があります。
SARAPHIでは、もう一種、同じような大きさで色がずっと濃くて縞の無いリスも、よく見かけましたが、その種類のリスはこの公園では未だ見かけません。

チェンマイのリスに関する私の今までの記事み興味のおありの方は、
当BLOGのホームページつまり、表紙ページの左の方に「Keyword Search」という欄がありますので、そこに「リス」と打ち込んでいただいて「このBLOG」をクリックしていただくと、このBLOGの中のリスに関する記事の一覧が表示されますので、ご利用ください。










「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?


タイランドハイパーブログランク


ネムの花に集まるさまざまな虫や鳥、動物たち

今朝はちょっと曇り空でしたが、今日もいつものようにスアンルアン公園に出勤しました。
先日キバラタイヨウチョウをご紹介したネムの木ですが、この木は今ちょうど満開の花をつけていますので、キバラタイヨウチョウ以外にも何種類かの野鳥、チョウなどの昆虫類、リスなどがたくさん集まります。

今日はその中で、カナブンくらいの大きさですがどうもカナブンではなさそうな黒い(黒に近い濃い青かもしれません)甲虫の写真をご紹介します。

花に集まる昆虫(1)

花に集まる昆虫(2)

申し訳ございませんが、例によって野鳥以外は殆ど資料が手元にありませんので、写真のご紹介だけ、という無責任なことになりますがご容赦くださいませ。
この写真の昆虫について、ご存知のお方がいらっしゃいましたら、ぜひコメントをお願いいたします。









「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?


タイランドハイパーブログランク

久しぶりに「コシジロヒヨドリ」です

今朝もチェンマイは良い天気でした。
雨季が明けたかどうかはまだ何とも言えませんが、二三週間前の気候とは、
かなり様子が違ってきている感じがします。
ということで、今朝もカメラを持って近所のスアンルアン公園に出かけました。

一昨日、キバラタイヨウチョウを撮影したネムの花が今日もきれいに咲いていたので、
この枝のこの花に、こちら側から来て蜜を吸ってくれれば、背景も光線の具合も最高なんだけどなぁ、なんて勝手なことを考えながらそういう状況が来るのを待っていましたが、やはりそうは問屋が卸してくれず、惜しいところまでは行ったのですが、
ねらい通りの写真は撮れませんでした。まあ、自然が相手ですから、そんなことは当たり前のことで落胆もしませんが、やはり野鳥の写真は難しいです。

その後も、当ても無く公園の中をさまよっていたら、一羽のコシジロヒヨドリが、
カイズカのような木に止まって、さかんに小さなムシを探しては捕まえて食べていました。
エサ探しに夢中だったのでしょうか、私の接近を気にすることなくエサ捕りをつづけてくれたので、思いのほか近距離から写真を撮らせてくれたので今迄にない鮮明な写真が撮れましたので、今日は久しぶりにコシジロヒヨドリの登場です。

コシジロヒヨドリは、コウラウンと大きさも形も良く似ていますが、コウラウンのようなエボシはなく、頬の赤い班もないので容易に区別がつきます。
今年の二月まで住んでいたチェンマイの南にある町サラピーでは、このコウラウンがたくさん居たのですが、スアンルアン公園ではコウラウンよりもコシジロヒヨドリのほうが多いようです。

コシジロヒヨドリ














「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?


タイランドハイパーブログランク


«  | ホーム |  »

プロフィール

Khun Marut

Author:Khun Marut
"クン・マルッ"は、タイ人の友達がつけてくれたタイ名前です。チェンマイで質素に隠居生活をしています。タイ生活の色々を出来るだけ写真入りで綴って行きたいと思います。色々な話題がありますので、検索してみて下さいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (100)
食 (22)
タイ生活 (120)
パソコン・インターネット (54)
交通 (11)
チェンマイの気候・天候 (132)
北タイの伝統と文化 (19)
熱帯魚 (40)
チェンマイの野鳥 (663)
チェンマイの自然 (143)
日本語ボランティア (2)
チェンマイという町 (12)
日常の科学 (5)

開設者にコンタクトする

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。