2007-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりのドイステープ

今朝起きて外を見たら、久しぶりにすっきりと晴れ上がっていました。
三日前にも一日だけですが良い天気だったので、近場のスアンルアンに行き、
キツツキの撮影に成功したのですが、今日は久しぶりにドイステ-プに登ってみることにしました。

8時過ぎに出発してドイステープに向かい、いつもの鳥見ポイントを順番に廻ってみましたが、特別変わった野鳥には出会えません。

そのうちに、空の青い部分がだんだん少なくなってきて、雲行きが怪しくなってきました。ひょっとしたら雨になるかもしれないと、途中野鳥を探しながら帰途につくことにしました。

帰り道で、ドイプイの頂上に近い峠の辺りでいつも野鳥の多いところがあるのでそこに立ち寄ってしばらく野鳥の姿を探してみました。
ここは、道路の両側の木立のなかにいろいろな野鳥が居て、しかもその木立の中に入りやすいので、最近の注目ポイントです。
やはり今日もその辺りではいろいろな野鳥が姿を見せてくれました。撮影できたのはMINIVET(サンショウクイ)のカップル、ムシクイの仲間が一種位でしたが、まだまだ多くの可能性を秘めている一級ポイントのように思います。

その後、また別のいつものポイントに立ち寄ったのですが、そこでBULBULの一種らしい野鳥に出会い写真も撮影出来ました。
帰宅して図鑑を調べたのですが、どうもぴったり来る種が見つかりません。
この写真のように腹が黄色で、烏帽子のあるBULBULはWHITE-THROATED BULBUL位しか見当たらないのですが、どうもちょっと違うような気がします。

この場でご紹介させていただきますので、心当たりのおありの方は是非ともご意見をお寄せ下さいませ。

その後、何箇所かのポイントを廻って昼過ぎには帰宅したのですが、
それからまもなくひどい夕立が降り始めました。
朝はあんなに良い天気だったのに、まさに「女心と雨季の空・・・・・MARUT」で、早めに切り上げて帰宅して大正解でした。


BULBULの仲間なんでしょうけれど・・













「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?


タイランドハイパーブログランク


スポンサーサイト

ムネアカゴシキドリに接近遭遇

今朝もチェンマイは雨模様で、鳥見には行けそうにありません。
最近、天気が良い日にはよく出かける近場のポイント、ラマ九世記念公園(通称スアンルアン)では、インドハッカ・ミミジロヒヨドリ・カノコバト・スズメ・セアカハナドリ・ハイイイロモリツバメ・オオバンケンなどが常連のおなじみ野鳥ですが、最近はオウチュウもよく見かけますし、ムネアカゴシキドリのトンク、トンク、トンク・・という木魚をたたくような独特の鳴き声も毎日のように聞こえています。

このムネアカゴシキドリは、高い木のてっぺんに近いところに止まって鳴いていることが多いので、その声はずいぶん広い範囲で聞こえますが、姿を見ることはなかなか容易ではありません。

以前、チェンマイ郊外のサラピーと言うところに住んでいた頃のことですが、
この「トンク、トンク、トンク」という鳴き声をはじめて聞いたとき、いったい何の音だろう?と不思議に思って、その音の発信元を探し回った末、ついにムネアカゴシキドリという野鳥の鳴き声だと分かって感激したことがありました。
  

先日、そのムネアカゴシキドリが、珍しく手の届きそうなくらい低い枝に止まっているのを発見して、運良く写真を撮影することが出来ました。
ムネアカゴシキドリは私の好きな野鳥の一つで、今までたくさんの写真を撮影しているのですが、殆どが高い枝に止まっているところを下から見上げて撮影したもので、今回のように低い所から撮影したものは少ないので、再びご紹介させていただくことにしました。

ムネアカゴシキドリ








「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?


タイランドハイパーブログランク



「コモンアカゲラ」らしい野鳥に出会いました

昨日のよい天気は、やはり一日だけで、今朝はどんよりと曇って今にも雨の降りそうなチェンマイです。

昨日、近所のラマ9世記念公園(スアン・ルアン)でミドリハチクイを撮影した直後、すぐそばで未だ出会ったことの無いキツツキのような野鳥に出会いました。
すぐに撮影にかかったのですが、どんどんと木の上の方に登って行き、すぐに木の葉の陰に隠れて見えなくなってしまいましたので、ほんの数枚しか撮影できなかったのですが、幸い特徴は判る程度の写真は撮れました。

コモンアカゲラ(?)

頭頂部の赤いのがとても印象的です。
早速図鑑を調べましたら、コモンアカゲラ(Fulvous-breasted Woodpecker)のようです。

チェンマイでキツツキの仲間に出会ったのは、以前、ドイステープの奥山ドイプイで出会った「アジアヒメキツツキ」に続いて二度目です。

実は、この子に出会う少し前、この公園の中の別の場所で、すぐ近いところから機関銃のようなドドドドドという音が聞こえて、「あっ、キツツキがいるのかも」と周りを必死で探したのですが何も見つからなかったと言うことがありました。その後出会ったこの子がそのドラミングの主だった、ということは充分考えられますね。

このスアンルアンは、町の中心からそれほど離れていない便利な場所にあるのですが、いろいろな野鳥に出会えます。案外鳥見ポイントの穴場なのかもしれません。秋になって多くの渡り鳥が戻ってくるのが楽しみです。








「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?


タイランドハイパーブログランク



「ミドリハチクイ」に再会しました

このところ、天候不順のチェンマイで、鳥見のほうはずっとご無沙汰になっています。
特に、昨日一昨日などは一日中雨模様で、最高気温も7月とは思えない25-6度までしか上がらなかったようです。
でも、今朝は昨日までと打って変わってきれいな青空が戻ってきました。
でも、ドイ・ステープに登るとこの季節ですから(女心と雨季の空・・・)天候はどう急変するか予測がつきませんので、自重してとりあえず近場の「スアン・ルアン(ラマ9世記念公園)」に行ってみることにしました。

久しぶりに雲が少なく青空が広がっているので、梢に止まる野鳥も青空をバックに写真が写せますので、真っ白い雲をバックに撮るよりははるかに撮りやすいので、今日みたいな日に新しい野鳥に出会えればいいのになあ、と思いながら野鳥の姿を求めて公園の中を歩きまわりました。

珍しい野鳥はいないなあ、とそろそろあきらめかけたとき、そばの樹木の上の方の枝に20センチほどの緑色の小型の野鳥が二羽止まっているのが目に入りました。

目のところにモズのようなアイパッチがあって、体が緑色で、尾羽の中心に一本だけ長いのがある・・・・ということはミドリハチクイ(Green Bee-eater)のようです。

この野鳥は、以前ランパーンに遊びに行った時にたまたま出会って、撮影したことがありますが、その時は距離が遠くてあまり鮮明な写真は撮れていなかったのですが、
    (「ミドリハチクイ」久しぶりの新種ゲットです
今日は運良く以前よりはかなり近距離から写真を撮らせてくれましたので、今日は久しぶりに野鳥の写真をBLOGでご紹介できることになりました。
前回この野鳥(ミドリハチクイ)に出会ったのは、ちょうど一年前の今日でしたので、ちょうど一周年記念日の再会と言う奇遇になりました。

ミドリハチクイ









「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?


タイランドハイパーブログランク



毎年恒例のVISAの更新手続きが終わりました

毎年恒例のVISAの更新ですが、私の滞在許可は毎年8月の上旬に切れるので、毎年7月になるとVISAの更新の準備にかかるのが通例になっています。

先日の当BLOGで書きましたように、私のパスポートは来年の初めに有効期限が来るので、早めにパスポートの更新を済ませたところですが、チェンマイ総領事館でその新しいパスポート受領した際、イミグレーションに滞在許可の延長の申請をする際に必要な年金の支払額の証明をお願いしてきました。

必要なものは社会保険庁からの「年金支払額の通知書」だけで、普通、午前中に申し込むと翌日の午後の交付になるのですが、その日は午後の申し込みになったので、受け取りは翌々日の午後と言うことになり、手数料は550Bでした。

申し込みの際は、年金支給額の証明願と言うことでしたが、
証明書(英文)を受け取ってみたら、私(申請人)が自分の年金に状況について自己申告書をつくり、その下の方の余白に領事館の書記官が、「この(申請人の)署名は純正なものに相違ないことを証明する」という形になっていました。

ともあれ、タイのイミグレーション当局と日本大使館との間で、日本人年金受領者の長期VISAの要件についてはこれで行こうという申し合わせが出来ているようで、これで問題ないということです。

その2~3日後、必要書類を持ってチェンマイのイミグレーションオフィスに行ってメインイベントの滞在許可の延長申請をしてきました。

必要なものは
写真(6x4センチ)1枚
パスポート
前記の年金額の証明書
銀行の残高証明書(上記と合わせて80万B以上)
手数料 1900B  です。
☆ 昨年まで必要だった健康診断書は不要になっています。

イミグレーションオフィスは朝8時半から夕方4時半までと言うことになっていますが、朝一番に行って早い順番で受け付けてもらうのが早く済ませるコツなので、8時ちょっとすぎにはイミグレーションオフィスに行き、順番の受付簿に名前を書きました。

2番窓口にはRETIREMENT / EXTENSIONとかいてあり、
そこの受付簿にはまだ誰も名前を書いていなかったので、一番のところに名前を書きました。

その後、4番の窓口を見ると 
LONG STAY / EXTENSION up to 1 year と書いてあり、
そこにはすでに5~6人の名前がありました。

ちょっと不安になって、イミグレーションの職員らしき人にパスポートを見せて、このVISAの延長の申請は2番窓口でよろしいのでしょうか?と聞くと
良いですよ、ということで安心しました。

まだ受付開始の8時半には時間があったので、コピーを要求されそうなもの(パスポートの関係ページ、貯金通帳の表題部と最新ページ、年金の支払額通知書など)を構内別棟にある食堂(コピーサービスもやっている)でコピーして、
イミグレの受付窓口が開いたらすぐに、滞在許可延長の申請用紙をもらって、
書き込みを済ませておいて、呼ばれるのを待ちました。

始業時間から20分ほど過ぎた頃、名前を呼ばれたので窓口に行き、
係官(男性)に「サワディークラップ」と笑顔で挨拶をして、準備した書類一式を渡しました。
しばらく待っててください、と言われ座って待っていると、
2~3分してもう一度呼ばれて、預金通帳の全ページをコピーしてくるように言われました。

あれれ、意味のないことをさせるんだなあ、と思いましたが逆らっても仕方がないので「クラップ!」(はい!)と言ってもう一度コピーショップに行ってコピーをして来て係官に渡しました。

3~40分経った頃、また名前を呼ばれて、オフィスの中に入るように言われ
彼のデスクの前に座りました。
書類を1ページずつめくりながら2~3当たり障りのない質問をされましたが、とりたてて問題はなく最後に「では、1900Bを払ってください」と言われそれを渡すと「奥の部屋に行き座って待っててください」と言われました。

奥の部屋はちょっと偉い人の部屋のようで、三人のデスクが入り口に向かって横並びになっていて、女性が二人男性が一人、書類を見てはサインをしていました。皆さん机の上には Police Capt. という肩書きの名札がおいてありましたので、警察大尉といった感じでしょうか。

そのうちに男性のところに私の書類が運ばれてきて、名前を呼ばれましたので、
彼の前に行き彼にも「サワディークラップ」と挨拶をして用意されている椅子に座りました。
彼からは何も質問はなく、ざっと書類に目を通しただけで
「OK、では外でしばらく待っててください」といわれたので、
「コップン・カップ」と礼を言って外に出て待っていると、すぐに受付窓口から名前を呼ばれ、一年間の滞在の延長を許可しますと言うスタンプを押したパスポートを返してもらい、これで一件落着です。
9時40分頃でしたので、8時過ぎにイミグレーションに着き、1時間半で終了と言うことで、やはり、朝早く行った甲斐はあったようです。
これで今後一年間のタイ国滞在の根拠が出来たわけで、何はともあれ一安心です。

同じことをされる方々へのアドバイスですが、
イミレーションの中のコピーサービスは1枚2Bですが、
市中一般のコピーサービスは50サタン(0.5B)から高くても1Bですので、必要なコピーはあらかじめイミグレーションの外で準備されるのが経済的です。私もそうしたかったのですが、当日朝、行きつけのコピー屋さんはまだ開いていなくて、やむを得ずイミグレの中でコピーをすることになってしまいました。まごまごしていて、受付が遅くなると手続きの終わるのがずいぶん遅くなってしまう恐れがありますから。

蛇足ですが、
滞在許可の延長の許可は取っても、これは一度出国すると無効になりますので、それを防ぐためには出国の予定が決まったら出国前にイミグレーションに出頭して再入国許可(リエントリー・パーミッション)を取得しておかなければいけません。
(手数料は、一回だけの許可1000B、期限内なら何度でも出入国可能なもの3800B)

このことは、今までイミグレーションでの諸手続きの中で誰も教えてくれませんでしたので、このことを知らなくてせっかくの一年VISAを失効させてしまった方が少なからずいらっしゃるようですが、今回はパスポートに押された「滞在許可延長」のスタンプの下に、「出国の際は、再入国許可の件に関してイミグレーションオフィスに連絡してください」と赤字で書いてあります。
タイのイミグレーションも少しずつサービスが良くなってきているようですね。

蛇足 その2
VISAは入国査証と呼ばれているように入国の際に意味があり、入国の後は入国の際イミグレーションでパスポートに押される「xx月xx日までの滞在を許可する」というスタンプ(滞在許可)が意味を持ち、入国前に取得したVISA(入国査証)は意味がなくなるものだと私は認識していますが、
そういう狭義のVISA以外に、VISAなしでの入国の際にパスポートに押される「xx月xx日までの滞在を許可する」というスタンプや、今回私の取得した「さらに1年の滞在を許可する」というスタンプなども広義でVISAと呼ばれているようです。

タイに入国するときに提出する入国カードでも、
VISA所有者はVISA番号を書くことになっていますが、
私のようなケースでは元の(すでに失効した)VISA番号ではなく、
再入国許可の番号を書くように言われます。

私が長期滞在のためにマレーシアのコタバルで最初に取得したのが
Non-Immigrant カテゴリ O というVISAで、そのVISA自身はとうに失効していますが、そのVISAがもとになって今も滞在許可の延長を繰り返している私は、やはりNon-Immmigrant O のVISAに基づいて滞在していることになるようです。








「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?


タイランドハイパーブログランク

タイ(チェンマイ)でパスポートの更新

私の、チェンマイ滞在の元になっているVISAはVISAは、VISAは、4年ほど前にマレーシアのコタバルで取得した Non-Immigrant ビザで、爾来それを毎年更新して現在に至っています。

毎年8月の初旬にその期限が来ますので、今年も7月中にはその手続きを済ませておかなければいけないのですが、今回VISAを更新するとその有効期間中に私のパスポートの期限が来てしまうのです。

こういう場合、どうなるのか、どうすればよいのかチェンマイ総領事館でお尋ねしたら、
「そのままVISAの更新を申請しても大丈夫と思うが、新しいVISAの有効期限はパスポートの有効期限内になるでしょうね。有効期限満了まで1年を切っていれば新しいパスポートの申請が出来るので、先にパスポートの更新を済ませておいてからVISAの更新を申請されたらどうですか?」とのアドバイスをいただきました。

大使館(または総領事館)に在留届が出ていれば、パスポートの更新の申請に必要なものは写真だけということでしたが、最近のパスポートはICタグを内蔵したハイテクパスポートになっていると言うことで、申請書に添付する写真の寸法は35mmx45mm、顔の長さ(タテ)が34mm±2mm、と厳密に規定されています。

今後10年付き合うことになるパスポートなので、あまりみすぼらしい写真では面白くないと思い、何年かぶりにネクタイを締めて背広を着て近所の写真屋さんに行き写真を撮ってもらいました。

最近はタイでも証明写真もデジタルになっているので、顔の大きさなどは簡単に調節できますので、顔のサイズはパスポート用、プリントのサイズはVISA申請用の60mmx40mmにしてもらい、パスポート用にはそのうちの一枚を規定サイズに切り抜いて使うことにして、4枚で120Bでした。

というわけで、先週の月曜日にチェンマイ総領事館に新しいパスポートを申請して、木曜日の午後には新しいパスポートをいただきました。
表紙は以前と変わりませんが、真ん中のページに厚い紙のページがあり、その中にICタグが仕込まれているようです。
パスポート受領の際にICタグの内容をパソコンモニターのようなものに表示させて、その内容が正しいかどうか確認を求められたのですが、名前、生年月日、発行日、本籍地、写真、などがICタグに記録されているようでした。
ちなみに手数料は10年物で5200Bでした。

ところで、新しいパスポートには、当然のことながらVISA条項がまったく記載されていませんので、このままこのパスポートを携帯していると、タイの官憲に提示を求められた際、VISAがない、と言うことでトラブルになりかねませんので、
新旧のパスポートをイミグレーションオフィスに持参して、古いパスポートのVISA条項を新しいパスポートに転記してもらわなければいけません。

ということで、先日イミグレーションに出頭して、VISAの移転をお願いしました。
旧パスポートのVISA関係のページをコピーしてくるように言われて、それを持っていったら、簡単に終わりました(もちろん、手数料は無料でした)。

というわけで、VISA更新の準備は着々と進んでいますので、
そちらのほうについては、近日中に改めてご報告させていただきます。







「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?


タイランドハイパーブログランク


「チョウトンボ」・・・・美しい黒いトンボです

一昨日の土曜日に、最近よく行く鳥見ポイント「ラマ9世記念公園(通称スアンルアン)」で見かけた美しい黒いトンボをご紹介します。

公園内を流れる小川に生えている背の高い草に止まっていたのですが、
黒い胴体についた黒い羽根がまるでタマムシのように光ってとても美しいトンボです。

残念ながら昆虫図鑑を持っていないので、名前を確認する方法がありませんので
写真のみのご紹介でお許しくださいませ。

2007.07.10 追記
ヤギヤさまより「チョウトンボ」という日本にも居るトンボの一種でしょう、と言うご指摘をいただきました。

チェンマイの美しいトンボ








「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?


タイランドハイパーブログランク


Plain Prinia(アジアマミハウチワドリ)でしょうか・・・

一昨日のチェンマイは、朝から一日中小雨が降ったり止んだりの、まるで日本の梅雨のような天気でしたが、昨日はうって変わって朝からとても良い天気だったので、先日ご紹介したばかりのラマ9世記念公園(スアンルアン)に再び出かけてみました。

最近のチェンマイは渡り鳥の殆どが、どこか余所の国に渡って行ってしまって、
チェンマイ近辺には居なくなってしまっているらしく、見かけることの出来る野鳥の種類は大変限られているようで、
にぎやかなのはスズメ、ハト、インドハッカばっかりで、それ以外の野鳥を見かけることは少ないです。

でも、あきらめずにカメラを持ってぶらぶらしていましたら、すぐそばの潅木の小枝に小さな野鳥が止まっていました。
早速カメラを構えて撮影にかかりましたが、どうも巣作りの最中のようで、さかんにどこかから長い草を銜えて来ては、そのあたりに隠しているようです。
さいわい、当分の間その周辺を行ったりきたりしてくれて、光線の具合もよかったので、鮮明な写真を撮ることが出来ました。

帰宅して調べてみたら、Plain Prinia(アジアマミハウチワドリ)のようで、すでに一度ご紹介したことがあるのですが、今回の写真のほうが鮮明なので改めてご紹介させていただきます。

Plain Prinia(1)

Plain Prinia(2)













「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?


タイランドハイパーブログランク



ガソリンよりも1割安いガソホール

自動車の燃料として、タイではかなり以前からガソリンにエタノールを混ぜた「ガソホール」という燃料が販売されており、政府はこれの普及を推進していますが、
燃費が悪いのではないか・・・、車に悪い影響があるのではないか・・・などというユーザーの懸念が払拭されていないためでしょうか、なかなか普及が進んでいないようです。

でも、一時落ち着いていたように見えたガソリンの値段は最近また上がり始めたと思ったら、あっさりとリッター30Bの壁を越え、ハイオクガソリンの値段はついに史上初(多分?)の31B台になっています。

私は日常の足として、ホンダの110CCバイク(WAVE)を使っていますが、以前は60Bで満タン(91・・つまりレギュラーガソリン)に出来たのが、今では100B買わないと満タンになりません。

そういう状況のもと、最近ふと気がついたのですが普通のガソリンとガソホールの値段がかなり開いているのです。
以前はガソリンとガソホールの値段の差はリッターあたり1.5Bくらい(ガソホールのほうが安い)だったのですが、なんと今はその違いが3B以上になっているのです。

日本でも最近バイオエタノール入りのガソリンが発売になったようですが、
日本ではガソリンと同じ値段だそうですね。バイオアルコールのコストはガソリンよりも高いのですが、政府の指導やメーカーの努力で同じに抑えていると聞いていますが、タイではエタノール入りのほうが1割も安いということです。

タイも日本と同じように石油の殆どを輸入に頼っていると聞いていますが、タイ政府はバイオアルコール燃料の普及に関しては日本よりも強い指導力を発揮していると言うことでしょうか。

とまれ、このガソリンの価格高騰のもとで、一割安いと言うことは大変魅力なので、先日ついに我がバイクにもガソホールを給油してみました。

燃費が悪くなるかも、と言ってもアルコールの混入量は10%ほどと聞いていますので、アルコールがまったくエネルギーにならなくても10%の効率低下ということで、まさかアルコールがぜんぜんエネルギーにならないはずはないので、10%以上燃費が低下することもないだろうと思いますし、
実際、その燃料で満タンにした後ドイステープ、ドイプイに登ってみましたが、
燃費も馬力もまったく低下した感じはありません。

ドイプイの山頂では標高が1600mほどで、気圧がかなり低いせいか、エンジンのアイドリング回転数が下がってしまってエンストしやすくなるので、日ごろからアイドリングを少し高めに設定しているのですが、その辺りにもガソホールの影響はまったくありません。

というわけで、当分は家計に優しいガソホールを使ってみようと思います。

最近のガソリンの店頭表示
近所のガソリンスタンドの値段表示。上からガソホール91、ガソリン91、ディーゼル燃料、95ガソホールの値段です。
91、95はオクタン価(91はレギュラー、95はプレミアム)です。







「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?


タイランドハイパーブログランク







新しい鳥見ポイント「ラマ9世公園(スアンルアン)」

先日、たまたまラマ9世記念公園を訪れる機会がありました。
チェンマイの旧市内からメーリム方面に向う国道107号線を北に向かい、
スーパーハイウェーを横切って1kmほど行った左側に大きな公園がありますが、
それが「ラマ9世記念公園(通称スアンルアン)」です。

私の想像では、以前のいつか、何か大きな節目の年に莫大な予算を投入して作られた公園のようで、
広大な敷地に多くの立派な設備が整っています。
随所に立派な野外彫刻やモニュメント、運動のための遊具のようなもの、憩いのための大きな小屋などがあり、開場当時は相当豪華なものだったことでしょう。

でも、現在では管理費用の予算が十分でないのでしょうか、立派な噴水設備のある池は草ぼうぼうで水は流れていませんし、随所にある外灯も割れたものが多いです。
草刈さえ行き届かず、入り口から近くて人がたくさん利用する区域以外は雑草がかなり伸びています。
ちょっと奥のほうに入るとサッカーグラウンドや屋外ステージなどもありますが、もう長く使われた形跡は見えません。

それはさておき、この公園には広大な敷地に大きな池があり、たくさんの樹木が植えられています。
その樹木の中には野鳥の好む実をつけるものもたくさんあり、かなりの野鳥が棲んでいそうです。
またこの公園の周囲にも軍の駐屯地、ゴルフ場など緑が大変多く、
そういう点からも鳥見ポイントとしてはかなり期待できそうです。

というわけで、先日来二度、カメラを持って野鳥探索に出かけました。
一番目立つのはインドハッカです。これはチェンマイには大変多い野鳥ですが、
この公園でも相当な数が棲んでいるようです。
ほかには、今までに、スズメ(日本のスズメと同じ種だと思います)、セアカハナドリ、クビワムクドリ、シキチョウ、コウラウン、コシジロヒヨドリ、ミミジロヒヨドリ、ハイイロモリツバメなどを見かけています。

今は、多くの渡り鳥が北に渡っていて、チェンマイの野鳥界はあまり賑やかではないのですが、秋になって渡り鳥が戻ってくれば、この公園でもいろいろな野鳥に出会うことが出来るのではないかと楽しみにしております。

ラマ9世公園にて(1)

ラマ9世公園にて(2)

ラマ9世公園にて(3)









「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?


タイランドハイパーブログランク










チェンマイで日本のナンバーをつけた車を見かけました

先日のことですが、チェンマイ市内で日本のナンバーをつけた車を見かけました。
以前にも一度見かけたことがありますが、今回はたまたま撮影の出来る状態のカメラを持っていましたので、写真をとることが出来ましたのですが、
この車(プライバシー保護のために一部ボカしましたが)、日本人が日本で今まで乗っていた車をタイに運んでそのまま乗っているとはちょっと考えにくく(状況によっては不可能ではないらしいですが)、おそらく、所有者はタイ人だと思います。

日本の常識では信じられないことですが、タイではナンバーのついていない車は珍しくありません。
レンタルバイクなどでもナンバーのないのが堂々と走っていますし、
乗用車などでも、ピカピカの新車がナンバープレートをつけずに走っているのを良く見かけます。

言うまでもなく、タイでも車はすべて登録したナンバーをつけなければ公道は走れない筈ですが、日本と違うことは、地位やコネやカネがあれば仮におまわりさんに捕まっても事件にならないことが多いと言うことです。
ということは、勘ぐれば、ナンバーなしの車を乗り回していると言うことで、自分はVIPだ、(または、コネまたはカネがある)ということを自慢しているのかもしれません。

今回のこの浜松ナンバーの車も、そういうタイ人のお金持ちか政治家などのドラ息子がイキがって(またはフザけて)日本のナンバーをつけて乗り回していう可能性が高いと思います。

日本のナンバープレートの車






「フォトハイウェー」 に、今までに当BLOGに掲載した写真を、画像アルバム「チェンマイの野鳥」としてアップしております。
まだ、全部の作業が終わっていませんが、随時追加してまいります。
よろしかったらお訪ねくださいませ。
ただ、サムネイルから画像を選択してクリックするとあまり大きな画像が開きません。
スライドショウでご覧いただくと原寸大で表示されますので、できるだけスライドショウでご覧いただくのがよろしいかと思います。


BLOG RANKING BANNER  ←ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックを!

タイランドリンクランキングバナー  ←よろしかったらこちらにもポチッとお願いできますか?


タイランドハイパーブログランク


«  | ホーム |  »

プロフィール

Khun Marut

Author:Khun Marut
"クン・マルッ"は、タイ人の友達がつけてくれたタイ名前です。チェンマイで質素に隠居生活をしています。タイ生活の色々を出来るだけ写真入りで綴って行きたいと思います。色々な話題がありますので、検索してみて下さいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (100)
食 (22)
タイ生活 (120)
パソコン・インターネット (54)
交通 (11)
チェンマイの気候・天候 (132)
北タイの伝統と文化 (19)
熱帯魚 (40)
チェンマイの野鳥 (663)
チェンマイの自然 (143)
日本語ボランティア (2)
チェンマイという町 (12)
日常の科学 (5)

開設者にコンタクトする

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。